コースケ さん プロフィール

  •  
コースケさん: EUREKA
ハンドル名コースケ さん
ブログタイトルEUREKA
ブログURLhttp://www.experience-transporters.com/kosuk
サイト紹介文プランナー、加藤康祐の日記ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/02/06 21:50

コースケ さんのブログ記事

  • 夢を叶える方法
  • 夢なんですか、って言われると割と困るんですけどね。夢を叶える方法ってあると思っています。 大事なのは意味付け。 例えば、同じ練習をしても、上達する人としない人がいる。こういう時に上達する人は、一つ一つの動きや、一つ一つの工夫にきちんと意味をつけて、次に繰り越せる。この意味付けがきちんとできないと、やっただけ、になります。 例えば、同じ本を読んでも、学びがある人とない人がいる。こういう時に気づきがあ [続きを読む]
  • プロットとライティング
  • 最近、何の臆面も無く殴り書きノートを晒していますが、流行っててw。ノートがそろそろ終わりそうなので、見返していたのだけど、あるスケッチを見つけました。これ、僕がカナエールで記事を書くために描いたスケッチです。ブループリントというか、設計図というか。 実際に書いた記事がこちら。 「希望格差のない社会へ」カナエールと子どもたちの7年間、そして、最後の開催と、これから。 | カナエール 公式Webサイト [続きを読む]
  • 色鉛筆は役に立つ ? 無印良品の色鉛筆
  • 色鉛筆、買ったの半年くらい前で、なんかたまに落描きでもするのに使おうかなあくらいの気分で無印良品で買ったのですが、最近、すごい便利だなあと気づきまして。ここのところブログにアップしてるラフスケッチでも使ってますが。 こういうのとか。 こういうのとか。 何が良いかということですが、「描く」に加えて「塗る」ができるのが良いと思いました。これはSketchやKeynoteで画面上で設計をしている時にでき [続きを読む]
  • 「設計すること」の対義語は「経験すること」という話
  • 今日、休みにかこつけて昼寝し過ぎてて、夜な夜なポトフを煮てしまい、それでも力余って、ノートにちょっとこんなスケッチをしていました。「写真」を起点に、自分のできることをマッピングしていってみました。こういうのたまにやると面白くて、ノートも賑やかになって良いです(そこかよ)。大体、内容的にはETのサイトに書いてある事業内容と、そんなに齟齬ないのかなあと思います。 ET, Inc. / 株式会社イーティ [続きを読む]
  • 『大地という名の食卓』 石川直樹
  • 最近、割と読んでないもの手当たり次第当たってみている石川直樹さん。グルメ本、ではなく、エッセイ+写真集という塩梅の冒険先の極地での食生活にまつわる本です。限界の環境で生きるために何食べてきたかという。 大地という名の食卓 (CHART BOOKS SPECIAL ISSUE) posted with amazlet at 17.08.06 石川 直樹 数研出版 売り上げランキング: 308,110 [続きを読む]
  • ラグビーのパフォーマンスTシャツ便利
  • 俺らの時代にはあったっけかな?と思うもので、最近便利だなあと思うものに、ラグビーのパフォーマンスTシャツというのがあります。ラグビージャージというのはご存知の通り、試合中に着るもので、引っ張っても破けないような頑強なものなのですが、それと比べて薄くテロンテロンで速乾性のあるスポーツ用のTシャツ。各国代表やプロチームのものがあります。値段もジャージに比べると廉価で大体5,000円くらいでしょうか。 [続きを読む]
  • soarのサポーターになってみた話
  • そう言えば、というか。soarというNPOのサポーターになってみました。先日、おはよう日本にも取り上げられていたのですが、2年ほど前に立ち上げられたsoarというメディアの運営を主軸に、イベント開催やコミュニティ作りなどの活動をしている団体です。 soar(ソア)|人の持つ可能性が広がる瞬間を伝えていくメディアプロジェクト soarは困難を抱える方と彼らをサポートする人々を応援し、誰もが可能性とと [続きを読む]
  • 福屋
  • 前に初めてランチで来た時は、うな重を頼んだのですが、その時、カウンターで隣のお姉さんが美味しそうにほうばっていたのが、八幡丼。正体がとても気になっていました。今回、ランチ二度目の訪問で、念願の八幡丼。蓋を開けると、鰻のタレとゴボウが香ります。鰻とゴボウが卵でとじてあるどんぶりで、これうな重とかより好きかも、と思ってしまった。とても美味しい。ご飯も味噌汁もおひたしも美味しい。夜に行っても、季節の肴や [続きを読む]
  • 勝烈庵
  • 横浜住んでると、子どもの頃に記憶するとんかつ屋の名前は勝烈庵じゃないかと思うのですが(主にデパ地下テイクアウトで)、昨日はお店へ。ジョイナス地下の勝烈庵に伺いました。ジョイナス定食という限定メニューを頼んだのですが、1,700円で鶏の梅肉挟み揚げや、海老とアボカドのメンチカツなど、変わり揚げにヒレかつついて、色々楽しめるセットでした。お店も活気ある感じでした。 [続きを読む]
  • 移動コストと趣味の時間 ? 展示とか読書とかイベントとか
  • 今までもわかっていたであろうことと、今までもやってただろおまえということとあるのですが、繁忙期を過ぎたこともあり、何となく新しい試みとして、東京に出た時などに適宜趣味の時間を恣意的に紛れ込ませよう、みたいなことをやっています。例えば、東京に行くとすると、東戸塚と恵比寿間を考えても30分?2、家から東戸塚駅に出て電車に乗るのに30分?2とかで、ざっくり2時間くらい移動にかけることになります(実際もっ [続きを読む]
  • 達の話
  • そう言えば、ふと思い出したのだけど、昨晩、「達人」ということを考えていて、Facebookで見かけた動画で「好きなことを仕事にする」ということを「その道の達人になる」みたいに言ってたのだけれども。確かに、好きなことを仕事にするって、そんな難しいことじゃない気もしていて、でもそれできないから困るんであって、じゃあその解決策というと「その道の達人になる」。これくらい覚悟を要求して「好きなことを仕事にす [続きを読む]
  • ニューオリンズ
  • 学生時代の旧友が湘南台にいるので、たまに話しがてらニューオリンズ行くのですが、相変わらず美味しい。アサリとごぼうとベーコン、だったかな。大盛りです。学生時代に(だから今から19年前とかですよね)練習帰りに通った店です。にんにくとたかのつめ、というのが定番なのですが、色々美味しい。行くたびに新メニューも出てるので、そういうの試すのも楽しい。ソウルフード。 [続きを読む]
  • かつくら
  • 東戸塚で食べれる揚げものシリーズ。かつくら、こないだ賀茂茄子田楽とヒレかつ膳というクラブオン会員限定のメニューが出てて、良かったです。カツは80gと少なめなのですが、とろっとした賀茂茄子田楽で食べるご飯が美味しい。もう一回くらい期間中に行きたいですね。 [続きを読む]
  • ハゲ天
  • 外で食べて美味しいものにやはり揚げ物というのがあり、天ぷら屋さんはたまに行くのに良いですよね。良い油で、揚げたてが食べれる。こちら大海老天丼というやつなのですが、東戸塚で食べれるご馳走の一つだと思います。お気に入り。 [続きを読む]
  • Vietnam Frog
  • 汐留の商業施設の中で入ったベトナム料理屋さん。ブンというビーフンを頼みました。揚げ春巻き乗せビーフン。野菜とパクチーが別盛りで来て、具の上からタレをかけて、ぐちゃぐちゃひき肉などと一緒にかき混ぜながら食べます。 これすごい良かった。野菜バキバキ食べれますし、パクチーもたっぷり、揚げ春巻きもとても美味しい。 結構良かったので、夜も行ってみたいですね。チェーン店ぽいけど、良い気がしました。 [続きを読む]
  • 包む ? ブックカバーの話
  • 最近、良いもの見つけると手を出してしまうものにブックカバーがあります。先日はアフリカの生地のものを見つけ。先週末、行って来た日本民藝館のミュージアムショップで、良さげなブックカバーを見つけました。インドの生地で作ってあって、GAYAとラベルが貼ってありました。 GAYA|Official Web Site インド手工芸品 Storyのところに生地の作り方が書いてあって面白いです。日本民藝館のミュー [続きを読む]
  • 子どもたちと三角形 ? 社会の見え方の話
  • 子どもの頃、亀の上に象が乗り、象の上に大地が乗っている、そんな絵を見たことがないでしょうか。天文学が発達する前、人は世界の有り様を様々な捉え方をしていました。そのうち、世界や地球の有り様がわかって、宇宙、深海、見果てぬものは尽きぬものの、何となく共通認識として1つの世界、1つの地球を描けるようになりました。一方、社会の有り様というと。 なんでこんな書き出しをしたかというと、この数年で社会の見え方変 [続きを読む]