tina さん プロフィール

  •  
tinaさん: 《いのり》が教えてくれたこと
ハンドル名tina さん
ブログタイトル《いのり》が教えてくれたこと
ブログURLhttp://ameblo.jp/peaceful-tina/
サイト紹介文末っ子のいのり(2歳)はダウン症♪長男(アスペルガー症候群/17)、長女(13)、次男(11)のカラフル子育て日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 226日(平均0.2回/週) - 参加 2008/02/08 10:05

tina さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ちょっと残しておきたいから書いとこう
  • 久々にブログを開きました2年くらい前から私や私の周り(環境)が色々と大きく変わってそれからだいたい2年経って振り返ってみて気づくことがたくさんあるなーとそれをちょっと残しておきたくなりました2年前にはあったものは、今ほとんど、私の周りにはなかったり新しいものに変わったりしていたり引っ越しもしたしね唯一残っているのは家族かもしれないな数年前の私は色々なことに興味があってやりたいことがたくさんあって [続きを読む]
  • 明日が来ること
  • 最近思うこと・・・ただ普通に眠って目が覚めたら当たり前に今日になっていてそれ、本当に当たり前なのかな…って最近すごく、そんなことを思っている目が覚めた朝に、昨日と変わらず母がいてくれることや朝見送ったいのりが何事もなく元気に帰ってきてくれることや息子や娘たちが無事に帰宅した時や…あぁ、良かった。有り難い。って最近、毎日そう感じているもちろん、私自身が今日も変わらず元気に過ごせたこともね今は、大き [続きを読む]
  • 親が思うほど
  • 現在、3つの職場を掛け持ちしている私。介護の施設、居宅、障害児の施設…と色々と実際に自分の目で見て、関わってみたくてまだ、自分はどこに居ようかと決められずに。おかげで休みなし。と、それについてはまた改めて・・・そんな状況なので、いのりさんは当然、毎日が学校から放課後デイ。ガイドヘルパーさんに送ってもらって、という日々。はじめは、色々な心配をした。体力的なことはもちろん、情緒面でも色々と。スクール [続きを読む]
  • 放課後等デイサービス
  • 放デイって、一体なんなんだろう…っていうのが最近の関心事。介護と障害児実際に仕事という形で関わらせていただいてから見えたこともたくさんあって。親として家族として考えさせられることも、もちろんいっぱいあるし専門家?という人たちが専門的な色々を教えてくれる中で、その前に人としてどうなんだ(もちろん利用者の方に)…という場面もたくさん見えて。資格とかすごく重視してる世界に(私は)見えるけど、専門家等っ [続きを読む]
  • 今日1月5日は母の84回目の誕生日。大晦日に救急に行ってインフルエンザと診断されてからちょっと呼吸が苦しくなり…3日に再受診。とうとう喘息になってしまって。(今まで、喘息気味で来たのだけど…ついに太鼓判押されてしまった??)それからも、あまり改善しないので(肺炎が心配で)今日もまた病院へ・・・。そんな、84歳のお誕生日となりました(^_^;)※肺炎にはなっていなくて、ホッ1991年6月30日、母は脳梗 [続きを読む]
  • とうとう いのりもか
  • 年明け初日 1月1日いのりがやけにご機嫌ナナメぐずる、、おこる、、新年早々、一体どうしたってんだ!?で、夕方からやけにおとなしくなりごはんも食べず泣くどうした?どうした?って抱っこしたらあっけなく寝たまさか まさか??で、夜になって・・・・・大学病院ーーー!!熱が39度8分実は昨年末12月28日、次男がそして29日、ワタシ大晦日には、おばあちゃんも救急にかかり、みんなインフルエンザだったのだとうと [続きを読む]
  • あけましておめでとう
  • あけましておめでとうございますかなり、ずっと放置していたブログ久しぶりに読み返して…このブログは私にとって大切なことがたくさん詰まっているなーとまた再開してみようかなという気持ちになったいのりがお腹の中に来てくれた頃から始めたブログタイトル「いのりが教えてくれたこと」の通りにいのりは、お腹の中にいる時から私に色々教えてくれているそれは今も尚、現在進行形で生命の尊さとか、愛とか、諦めないこと、信じ [続きを読む]
  • 新しい副籍先のこと
  • 久しぶりのアメブロ更新です!まずはFacebookに投稿した近況をコピペ??バスお迎えからデイに向かう途中のこと自転車で走っていたら、後ろから「いのりくーーん!」と呼ぶ声が慌てて自転車を停めると、小学生らしき男の子と女の子が4人走って近づいてきてくれた実は引っ越しに伴い、いのりの副籍校が変わってしまい(若干距離が遠くなり、希望が通らなかった)前の小学校ではまだお互いの違いを感じることも少ない1年生から通 [続きを読む]
  • 過去の記事 …