Beekon さん プロフィール

  •  
Beekonさん: Feastrex フルレンジスピーカーと健康・きのこ
ハンドル名Beekon さん
ブログタイトルFeastrex フルレンジスピーカーと健康・きのこ
ブログURLhttp://shinshu.fm/MHz/06.94/
サイト紹介文Feastrex・フルレンジスピーカー生産奮闘記とキノコ研究+etc.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/02/08 17:03

Beekon さんのブログ記事

  • チャセイヨウショウロ
  • Face bookの友人から、セイヨウショウロが届きました。イボセイヨウショウロ(黒)とチャセウヨウショウロの2種です。 [続きを読む]
  • サマートリュフが出始めている。
  • 先日サマートリュフが採れたので、昨日は次男とトリュフ探索に行ってきました。「イボセイヨウショウロの幼菌でしょうか」「合計425g」「幼菌は赤みがかっていて大変美しい」「未熟のトリュフは断面が白い」香りも殆どなく、冷蔵庫で熟成することにしました。熟成が進むと、断面は濃い色の大理石模様になり、香りが強くなります。「イングリッシュオークのドングリ」「マイコのトリュフ園」のオークのドングリが大きくなってき [続きを読む]
  • サマートリュフを採りました。
  • 「マイコのトリュフ園」の工事が忙しく、ブログは久しぶり。水路がかなり出来上がったので、一息入れにマイルと出動しました。様々なキノコが出ていて、楽園の様でした。今季初めてお目にかかったトリュフです。いわゆるサマートリュフと言うのでしょうか。今年の冬のものよりも、赤身が強くて幼菌だと思いました。トリュフは香が出ていないので、マイルは知らん顔でした。これがトリュフだよと指さすと、気が付いて止める間もなく [続きを読む]
  • トリュフ園の地鎮祭を行いました
  • 7月23日に「マイコのトリュフ園」の地鎮祭を行いました。ウインドヒルゴルフ練習場、株式会社アイビーアイ・菌糸体培養プラントに次いで、3回目の地鎮祭です。「長男の鍬入れ」「次男の鍬入れ」「午後に着工、排水路エンドの道路横断を設置しました。春から育てている「イングリッシュオーク」にドングリが出来始めています。ドングリを育てれば、イングリッシュオークは無限に生産可能になります。Joyの散歩は、大好きな水路に入 [続きを読む]
  • ビーコンがお星さまになりました。
  • 長男が拾ってきた野良ネコの子、ビーコンがお星さまになりました。大変美しい毛並みの、とびきりの美人猫でした。「家の猫だって・・・笑う!」ビーコンは、我が家に来て21年、私の人生の1/3位の歳月を共に過ごしましたので、普通の猫の天寿以上の長生きでした。「亡くなる2日前の写真です」ビーコンは年老いてから、普段は長男と2階で過ごすことが多くなっていました。1週間ほど前から食事をとらず、死期が近いと長男から知らさ [続きを読む]
  • トリュフ犬、マイルの初仕事
  • 家に来て2日目ですがマイルは落ち着きがあり、お座り、お手はもう覚えました。白トリュフの匂いに反応が良いので、マイルのトリュフ訓練を開始しました。初日はお遊びで、トリュフペーストの匂いの布で遊ばせましたが、大変優秀で投げたボールを拾って、持ってくるまで出来ました。「トリュフ探索中のマイル」家に来て3日目ですが、メイコの訓練を兼ねてフィールドテスト。何と、落ち葉で隠したトリュフ布を探し出して持ってきます [続きを読む]
  • まいこのトリュフ園の新入Shine!
  • まいこのトリュフ園の、新入Shineをご紹介します。名前は、「マイル」スマイルのマイルです。まいこみたいな笑顔豊かな成長を願っています。この子は雑種で、里親探しのNPOにより保健所から救出して頂きました。気が強いのに、おとなしい性格の頼もしい子です。千葉県からの帰りに、途中で休憩しました。マイルは、生まれて初めて土の上を自由に走りました。3か月間オリに中で生活していましたので、本当に嬉しそう!楽しくて、嬉 [続きを読む]
  • メイの妹分が来ます。
  • 昨日は、ゴミゼロの日、次男の誕生日。千葉の里親探しのNPO法人に、Mayの妹を探しに行きました。左側の子が可愛かったんですが、右側の子の気が強く根性がありそう。持参した白トリュフペーストに激しく反応、小さな容器に入れたペーストを、あっと言う間になめつくした子です。まいこによく似た感じで、この子に決めました。急死する子犬も多いようです、Mayだけでは不安なので2匹体制を調えるつもりです。今日はHKB隊長より、ま [続きを読む]
  • まいこ
  • まいこの追悼と、私を慰めるために、友人たちが趣向を凝らしてくれました。まいこ色の花が咲くようにと、赤い花の「ハナミズキ」が届きました。「山ちゃんと鷲見さんからでした」HKB隊長の鷲見さんは、デジブックも作ってくれました。ここ⇒「まいこのデジブック」を して見てください。昨日は、HKB隊山梨オフ会の幹事打ち合わせで、まいことMayの首輪とキーホルダーを頂きました。右側のまいこアルバムは、40年ぶりに会っ [続きを読む]
  • トリュフドックの小屋に屋根をかけました。
  • 「メイは落ち着きが出てきて頼もしい」JoyとMayの小屋に日陰を欲しいので、3m×3mの屋根を作りました。大き目のケージも作りましたが、息子たちが手伝ってくれますので、楽ちんでした。「完成のお披露目です」トリュフ園の苗木たちが若葉を出して、にぎやかになってきました。イングリッシュオークの葉は丸く可愛いく、まいこを思い出します。国内ではまだ珍しい、オークの仲間も植えましたので,トリュフが出来るまでは、若葉と [続きを読む]
  • トリュフ農園の新入社員とまいこの木
  • 一昨日、神奈川県のブリーダーさんに、トリュフ犬候補を探しに行きました。まいこがいなくなって、力を落としていましたが、トリュフ栽培の研究にはどうしても優秀な犬が必要なのです。体が小さなラブラトールか黒柴が良いかなと思いましたが、次男が犬の中で一番頭が良い、ボーダーコリーを推薦しました。私が力を落としているので、次男が飼育と訓練を頑張ります。この子の名前は「メイ」、MycoにちなんでMay、爽やかな5月の日に [続きを読む]
  • まいこが、お星様になってしまいました。
  • 「3月20日我が家に来たばかりのまいこ」昨日の事、仕事場にいたがまいこが見えない、呼んでも返事がない。探してみると、私の作業台の下にまいこの姿が見えました。急いで抱き上げると、既にこと切れていました。「我が家に来て1週間目でキノコ採りに行きました。」半田ごてのケーブルを噛んでいるように見えたので、感電死と思いましたが、今日よく調べるとそのケーブルには電流が流れていないし、他のケーブルにも噛み痕はありま [続きを読む]
  • まいこ退院しました。
  • まいこは、4泊5日の入院をしましたが、昨夜元気に退院することが出来ました。次男といっしょに迎えに行きました。病院の看護師さんが、みるみる大きくなりましたと言う通り、一回り大きくなって帰ってきました。家に帰ったまいこは、嬉しすぎて制御不能の大暴れでした。今日は、まいことアミガサタケの様子を見に行きました。花がいっぱい咲いて、天気も良く、ご機嫌のまいこです。神奈川の友人たちが、来週アミガサタケパーティー [続きを読む]
  • まいこ緊急入院
  • 昨夜、まいこが元気がなく、息が荒くてあまりにも変なので、長男が動物病院に連れて行きました。左右の肺が破れて、空気が漏れているとのことで、緊急入院になりました。本日は、次男とまいこの面会に行きました。まいこは、酸素室に入れられて、シュンとしていました。今日になって、片側の肺の漏れが止まり、落ち着いてきたとのことでした。家に連れて帰りたかったのですが、家で運動をしすぎると悪化する可能性もあるので、もう [続きを読む]
  • ハンガリーからのお客様
  • 「我が家の枝垂桜が五分咲きに!」「ハンガリーからお客様」ハンガリーでトリュフ栽培を行っている、FBフレンド・スティーブ君が訪ねてきました。トリュフ栽培歴20年のベテランの登場で、我が社の栽培に大きな助けになるでしょう。スティーブ君が、日本のトリュフ発生環境を是非見たいと言うことなので、まいこを伴って現場に行きました。「トリュフの残骸を何個か見つけました。」「まいこは気合が入って、土を掘ります。」スティ [続きを読む]
  • トリュフ園に植樹の追加
  • 開花が遅れていた、我が家の枝垂桜がようやく開き始めました。天気も良いので、松本までコナラの苗木を持ちに行って、トリュフ園に追加植樹を行いました。「まいこは、車に乗ると寝てしまいます。」「写真は、手伝いをしてくれた次男が撮りました。」「まいこも一生懸命に手伝ってくれました。」「まいこは、Joyとも仲良くなって、いっぱい遊んでもらいました。」コナラ261本、コンコルディア3本、レッドオーク12本、ピンオーク1本 [続きを読む]
  • トリュフ栽培・地元新聞に掲載されました。
  • トリュフ栽培の取り組みが、地元紙の山梨日日新聞に掲載されました。葡萄や桃、ワインと共に、山梨の食文化がより豊かになれば嬉しいし、トリュフと言えば山梨と言われるように頑張りたいものです。4月になれば、オーストラリアのトリュフ農園で経験を積み、現在は母国のハンガリーでトリュフ農園を営む、43歳のFacebookフレンドが私の所に遊びに来ます。「オーストラリアのトリュフ園」20年近くトリュフの栽培にかかわっているそ [続きを読む]
  • トリュフ栽培 進行中
  • トリュフ栽培用に西洋ハシバミを植樹しました。ハシバミは、トリュフが生産されるまでの時間を短縮できます。さらに、トリュフが出来るまでにヘーゼルナッツが採れるので、楽しみ2倍です。「ハシバミの実」これの皮をむいて、ローストすれば香ばしくコリコリ食感の、ヘーゼルナッツが食べられます。トリュフ犬養成中の、まいこはお利口ですが、いたずらも大好きです。トイレのしつけにケージに入れると、自分の住家と思ったらしく [続きを読む]
  • まいこ・トガリアミガサタケデビューの巻き
  • 今日はトリュフ犬・まいこのトレーニングにと、トガリアミガサタケに会いに行ってきました。「まいこ・元気いっぱい!」「いきなりトガリアミガサタケにガブ!」生で食べると毒って書いてあるんだけど、まいこは少し食べました。「大きなトガリアミガサタケ」まいこがガブ! バラバラになってしまって、現地に散布して帰ってきました。まいこは、柴犬とジャックラッセルテリアのミックス。調べてみると双方共に猟犬で気が強く、強 [続きを読む]
  • まいこ・トリュフ園デビュー
  • 日本初の名トリュフ犬になる予定の、まいこ(Myco・生後2か月)のトリュフ園デビューです。まいこは、ジャックラッセルテリアと柴犬のミックスですが、ジャックのように足が太く耳が垂れて、気性も荒そうな活発な子犬です。ジャックも柴犬も小型犬で、飼育や車での移動が楽です。ヨーロッパのトリュフ犬も小型種が多く愛されているようですので、小型犬を選んだのです。大姉御のJoyはまいこを警戒気味、マイコは一喝されてビビり [続きを読む]
  • 日本初のトリュフ犬を目指して!
  • 昨日は、トリュフ犬養成の為に信州中野市の里親探しの方から、子犬を頂いてまいりました。名前は、まいこ(Myco)と呼ぶことにしました。Myco:キノコ(mushroom):mycology.「キノコ,菌類」を表す連結形です。まいこは、柴犬(上)とジャック・ラッセル・テリア(下)のミックスです。柴犬は日本でトリュフを探し当てた子犬が話題になり、ジャックは猟犬の血筋で、双方ともに小型犬です。トリュフ犬は純血種よりミックスが適している [続きを読む]
  • 大阪・兵庫に行ってまいりました。
  • 16・17・18日は、大阪府と兵庫県に行ってまいりました。出発して、塩尻地内でトリップメーターが、77777Kmになりました。大阪のFeastrexユーザー様を訪ねて、部品などをお渡しし、久々に良い音を聴かせていただきました。このシステムは、すべてFeastrexのチューン済みで、オールファインメットです。ご興味があれば、ご視聴可能ですから筆者にお問い合わせください。「ホンセイヨウショウロ」いわゆる白トリュフで、兵庫県内の西 [続きを読む]
  • トリュフ園のスタッフ
  • 日本初かもしれない、トリュフ園のスタッフたちを紹介します。トリュフのホストになる苗木を、とりあえず7種270本用意しました。7月の植え込みまでは、トリュフの胞子を感染させる準備期間です。「ピンーオーク・アメリカガシワ」深い切れ込みがある形状の葉が付きます。ドングリは丸い形で、ストライプの可愛い実を付けます。「イギリスナラ・コンコルディア」黄色が強い若葉が美しい、印象的な木です。「レッドオーク」苗木の木 [続きを読む]
  • 3月なのにトリュフが採れた
  • 3月7日にトリュフ採りに出動。無いと思っていたけどまずまずのトリュフが3個採れた。今採取しているトリュフは、胞子をドングリの木に植え付けるための元になりますから、とてもありがたい。顕微鏡で胞子水の観察を行いましたが、綺麗に分散していて良好です。ノーベル賞を受賞した、韮崎市の大村智先生の銅像が建てられ、近くを通ったので写真に撮りました。富士山と大村博士、共に越えがたい最高峰の存在です。私は日本初のト [続きを読む]
  • トリュフ 栽培
  • 昨日は啓蟄、とても穏やかで暖かな日でした。トリュフ栽培のための胞子のトリュフ水を制作しました。「クロトリュフ(イボセイヨウショウロ)の胞子です」「採取して保存しておいたトリュフ」「トリュフ・スライス」100人分のパスタが作れそうなほどのスライスをして、準備開始。胞子を目覚めさせるための、目覚め液に漬けこんで、胞子水を制作します。完成した胞子水を使用して、トリュフを育てる苗木と共生させる作業を行って、 [続きを読む]