ふぐ屋のオヤジファイト さん プロフィール

  •  
ふぐ屋のオヤジファイトさん: オヤジファイトウエルター級初代チャンプ
ハンドル名ふぐ屋のオヤジファイト さん
ブログタイトルオヤジファイトウエルター級初代チャンプ
ブログURLhttp://yaplog.jp/akasakafugu/
サイト紹介文東京乃木坂にあるふぐ料理専門店赤坂参虎の社長が創業以来23年間を振返り、観た事、感じた事、想った事
自由文2年前115kgで高血圧症の心臓病で1か月入院、担当医から減量しないと2年持たないと言われ、ボクササイズ、ダイエットで半年で35Kg減、ボクシングのおやじ大会に出場、勝ち抜いて、おやじファイトウエルター級初代チャンピオンになった(07年)。
高血圧症で、6種類の薬漬けになったり、仕事中心臓病で倒れたり、ボクシングで殴られて倒れたり、プロテイン漬けになったり、サプリメント漬けになったり、のふぐ屋の親父の55年。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/02/11 08:48

ふぐ屋のオヤジファイト さんのブログ記事

  • 皆さま今までありがとうございました(息子より)
  • 小林まさひろは6月22日 朝6時40分、享年62歳にて永眠しました。酒、タバコ、食事が大好きな父でしたが、ガンを患い、病が進行するにつれ、酒、タバコを楽しめなくなり、最後となってしまった入院では、ついに食事もできなくなりました。そんな中、唯一の楽しみしていたのことが、ブログの更新でした。病気と向き合う辛い時間を忘れられる楽しみを、皆さまに作っていただき、本当に感謝をしています。ありがとうございました。生前 [続きを読む]
  • 面会ラッシュだ
  • 妹と母が病院へ来た残され家族3人で幼いころの話を沢山した昼過ぎ嫁が義理の姉夫婦を連れてきた親父が逝った1週間前と同じに面会ラッシュだ父は私を呼び「俺の体そんなに悪いのか」と聞いてきたのを覚えている私の場合はすべて医師から聞いているので自分の体は自分が一番知ってる [続きを読む]
  • 叔父の体が日章旗に包まれていた
  • 数年前叔父の葬儀に行ってビックリした叔父の体が日章旗に包まれていた私の父より数歳下終戦時15歳徴兵、志願兵の違いもあると思い日章旗を見るとヤンキーゴーホームとか基地闘争が書いてある明らかに戦中に書かれたものではない従弟に何度も説明しても理解できていないそのうち幼い彼の孫が来て「俺のマグロを食べたイクラを食べた」と喧嘩をしている話は、うやもやのまま本物の日章旗として葬儀後のあいさつをしていた先日葬儀屋 [続きを読む]
  • 俺の娑婆での最後のアドバイス
  • あと数時間後ホスピスの入院ベットに寝ているやはり気になる事がある、もうすぐ選挙又、小学校の同級生のK,Kが電話をかけて来て誰と誰に票入れろと言ってくる、ポスターを張らせとか新聞を取れと言ってくる一般常識もありおとなしく相手の話も聞ける奴だがこの宗教と政党がかかわると聞く耳を持たない性格が良いK,Kだから直に云えないブログを使っていう強引な押し付けは友達をなくすぞー俺の娑婆での最後のアドバイスK,K [続きを読む]
  • 一般常識が無く出入り禁止
  • ホスピスから連絡があり火曜日に入院になる今日は一日準備に追われる、心に気になる事がある昨日打ち合わせの葬儀屋の潮田会堂(7年前父の葬儀をお願いした所)この場所がよくこのブログに出て来るわがままで自分勝手自己中な奴一般常識が無く出入り禁止にした小学校の同級生Yの家がそばにある、一番来てほしくない奴の家がある家族3代タッパーを持ち込み料理を詰め込む位の事はしそうだお通夜も出入り禁止にしたい [続きを読む]
  • 私によく似た息子
  • 昨日土曜日娘と息子が来た娘は昼過ぎに来て1時間ほど小さい頃の話をする私と性格がよく似ているからあうんの呼吸ですべて理解できている最後に葬儀の時のメイキングを頼むもちろんプロの化粧師が付くが娘には白髪、ハゲ、しわの事を頼んだ夕方来た息子は字が書けなくなった私の入院案内の契約書の代筆や保証人の印鑑、32歳の息子のここまで背負わせてかわいそうな気もするがそれをこなす私によく似た息子 [続きを読む]
  • ズカズカと人の会話に入ってきた人
  • 今週、済生会病院で最後の血液検査を並んでしていると、隣に座る今時ポマードてかてか中年の男性が私と看護師の会話を聞いてズカズカと人の話に入ってきた「どうですか小林さん、食べてますか?」「いやほとんど吐いてますね」いきなり隣のポマードが「ダメですよ無理やりでも食べなきゃ治る病気も治りませんよ」「あ・・・はい食べるようにします」と答えるが思い出せばこの私も同じ様な事を散々この採血室で云っていた10人並んで [続きを読む]
  • GPSの様に
  • 2週間前、電動ベットで寝てから寝ようとして目をつぶると映像が頭に広がる様になった自分が寝ている姿がGPSの様に上からの角度で見えるのだもちろん幻想だと思っている父も逝く前私に何珠年も前に死んだ弟が来たとかおふくろと話したと真剣な顔で言っていた私ももしかしたら同じような幻想しか見えなくなったのかと思ったがこのGPSは現実しか見せてくれないゴボウの様になった腕、フラミンゴの様な腿を教えてくれた驚いて目 [続きを読む]
  • 2週前の不審者が籠の鳥
  • 即入院かと思ったホスピスはやはりベットの空き待ちでも2〜3日で用意連絡しますよと言われたケア医に色々質問や説明を受ける今まで病院にはバイクに乗って行けたのがもう乗れなくなっていたとも語った、この日は初めてタクシーで妻と一緒にこのポスピスに向かった一般病棟は大部屋が多いがケア病棟は個室化多いと説明を受けた、「はい知ってます実は2週間前見に来たのです、見舞客のふりをして空き室から窓の風景まで確認しました [続きを読む]
  • 「あの時の俺」
  • [高校生の俺」「30代の俺」「50代の俺」「1年前の俺」「3か月前の俺」に今現在の俺を語ってもきっと分らない食えなく痩せて衰弱する俺「3か月前の俺」にも理解できない「50代の俺」は減量楽でいいなーなんて事言っているかもだんだん歩けなくなっていく「1年前の俺」はスポーツクラブへ通えと言っているだろう体が細くなってどんな洋服も入る「3か月前の俺」は「吊るしのスーツ買えるね安いし品物豊富」「3か月前の俺」に細くなっ [続きを読む]
  • 体重計に
  • 10年前のブログを見ると過酷なダイエットの様子が書いてあった(登録ブログによっては見る事が出来ない)102kgを67kgまで3か月で落としてボクシングの試合をした同級生や知り合い達に言われたのが疲れやすくない?息ハアハアしない?体がだるくない?力が出ないだろ?しわだらけになっていない?食事制限でないダイエット、運動のみで痩せたので元気そのものだった3か月前105kgの体重が今日体重計に載ったら75kgそれも腹水で [続きを読む]
  • 遠くの親戚より近くの他人
  • 遠くの親戚より近くの他人と云う言葉がある私の実家から30分程の三ッ沢の市営墓地に行く途中いつも気になる従兄弟の家と不動産屋がある母方の兄の子供私が小さい時は年も一つ違いで仲が良かった泊ったり泊まりに来たりそれも中学になるとお互いに行き気が無くなるその後会ったのはお互いの結婚式ぐらいかなまるっきり合わなくなりここ10年お互いの親の葬式で会うが赤の他人の様な会話うちの息子も従兄弟の子も「あのひと誰」お互い [続きを読む]
  • 私の最後の料理
  • 今が旬の穴子を持って来ながらお見舞いだと云うSさん10キロほど持って来た以前穴子煮と穴子の佃煮を作ってあげたがその味が忘れられずに持って来たが下処理はすでに済んでいたので軽く水洗いをしてすぐ煮込んだ残っていたザラメ、味醂煮酒は豪快にふたの空いている、貴重な日本酒越乃寒梅や久保田、八海山をドボドボ先ず6時間で摂り出し、穴子煮その後8時間煮て佃煮が出来上がった後は冷えてから切り出しをしてもう一度有馬山椒を [続きを読む]
  • 病院で付添いと云う通訳
  • 昨日金曜日は済生会病院のケア診断へ妻と一緒に行った以前私がブログでよく書いた通訳(名前も生年月日も答えられず全て付き添いの奥さんが答える)受付で同じ様に看護師にやられたがすべて自分で答えた、その介護士が妻に小さな声で「今月まだ月初めなので保険書は?」の会話が聞こえたので私はバックの中から出した診察室の会話も「今朝は何を食べましたか今何歳、今日の曜日は?何月何日?仕事で聞くからしょうがないがまるでボ [続きを読む]
  • 西口にあるケア病院へ移る
  • 今店の整理の為、自宅には戻らず店の宴会場にベットを置いて寝ている昨日猛烈な寒さが襲う咳が止らない真冬の様に布団を二枚毛布も出した寝巻の上に一枚バスロープの様なものを着てもまだ寒い、心拍数が多くなり血圧が下がってくる、60台まで下がったら救急車を呼ぼうと思った携帯電話いつのまにか2時間ほど寝ても携帯は手に握りしめていた心拍数も戻り血圧も平常値寒さも無くなり暑さに変わっていた布団を剥がし毛布一枚になり上 [続きを読む]
  • 自分の事を福の神と言う人
  • 小さい頃から「我慢しなさい、世間様に申し訳ない、言いたい事を言うのはわがままだよ」自分の事より相手の事を考えて喋りなさいと母に教育されてきた私昨日夜11時頃店の入り口を叩き「おい起きているか」という声ベットから起き上がり店の電気をつける入口のドアーの鍵を開けると知り合いがいいた「どうした、ずーと休んでいたから心配して来てあげた」と言う世間様何て言葉きっと知らない、自己中な人以前から開店前の時間から来 [続きを読む]
  • 保育園を建てないで
  • 杉並区役所と住民の話し合い保育園を区立公園の40%を使って建てる計画を住民に説明すると集まった300人の近隣の人が大反発ネットで様子を見るとテレビカメラが映している事もあり、象徴的な意見を云う「遊びに来る子供が可哀そうだ」「子供達は何処に行けばいい」「保育園は必要だけど、もっと時間をかけて他の土地を探すべき」子供の意見も聞かれた「公園の隣に空き地があるのに公園潰して保育園を立てないで」住民の気持ちもわ [続きを読む]
  • 生まれ変り
  • 日曜日、妹の長女が旦那と私の母に曾孫を妊娠したと報告しに来た小さい頃から可愛がっていた姪っ子、結婚してくれた葉隠の地元出身の婿さんも気に入っていた「おじさん具合はどう」と聞く姪っ子に病院の血液検査やCTの資料を見せると元病院勤めだからすぐ察しがついたみたいだそんな姪っ子に今製作中の葬式で流すビデオを見せる、私が赤ちゃんの時の写真から幼稚園、小学校、成人式、結婚式、子供が生まれ出演映画写真や映像、ボ [続きを読む]
  • 介護保険
  • 介護保険を利用してパラマウントベットが来た80代の母も父も利用しなかった介護保険を60代の私が認定され、早速電動ベットのレンタルをした何故か申し訳ないが毎日少しずづ衰えていく体力食事はほとんど水しか採っていないのにお腹はメタボのまま(腹水でパンパン)手首や足腰はどんどん細くなっていく自分の体は自分が一番よく知っていると云うがこの脹らんだお腹の事だけはわからない父が逝く1年前から使っていた古い電動ベットは [続きを読む]
  • 涙腺が又緩くなった
  • 一つ下の妹が見舞いに来て幼い頃の話をした、私は記憶がないが父に殴られたと云う、私は1度だけ小学校5年空手道場に通い始め師範に「雨の日も風の日も稽古をしろ」と云われ家の庭で雨に濡れながら稽古していたら、父が会社から帰って来て「風邪ひいたらどうする」と言いながらぶたれた、これが最初で最後私が息子を叩いたのは、息子が幼稚園の頃園で覚えた悪い言葉を言う、たしか「なめるなよ、ぶっ飛ばす、ざけるなよ」「こらそん [続きを読む]
  • 父の遺伝子
  • 老いの事を書いたら同年代だけではなく40代50代もいずれ来る老いを心配してコメントを書いてくる中には70代で老いなんか俺には関係ないと言う人のコメントも来た同級生のM君、学生時代から体が丈夫人一倍大きな体で力仕事を今でもこなす俺は100歳まで現役で働くから国民年金なんか頼らないと云い無年金だ確かに63歳の今でも船の操舵をして力仕事もこなしている、もちろんボケてはいないし耳や目は老化していない平日の昼間、町の [続きを読む]
  • ボケの入り口は物忘れ
  • 頭に浮かんだ人の顔や物の名が出てこない「あれ」「これ」と繰り返すそれをわからない相手を怒る眼も見づらくなり耳も遠くなる自分が言った事を言ってないと云い言わない事を言ったと云う会社のトップや組織のリーダーが自ら引退する時はその事を自分で感じて後輩に道を譲るよく同窓会等でボケて死ぬか、ボケないで死への恐怖を感じながら夜、目を閉じるか?ボケて死ぬのは本人にとって幸せ、だが周りの人や身内にはこんな残酷はな [続きを読む]