笹舟倶楽部 さん プロフィール

  •  
笹舟倶楽部さん: ラヂヲ少年なれの果て
ハンドル名笹舟倶楽部 さん
ブログタイトルラヂヲ少年なれの果て
ブログURLhttp://nishinomiya.areablog.jp/sasafune
サイト紹介文ラジオにかじりついていた少年 西宮に自分専用のジャズ喫茶 楽しい日々です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2008/02/11 17:14

笹舟倶楽部 さんのブログ記事

  • 毒と薬
  • 笹舟倶楽部のお客様にMRやMS、知り合いに医者やナース、薬剤師など医療関係者が結構いるのでこの手のハナシは大好きです。 ■今日ヤフオクから届いた本 ■百円でした。 ■ 「毒と薬」amazonでは・・・ [続きを読む]
  • 昨日の大雨丸橋町では84mm
  • 全国に大雨と強風をもたらした低気圧の影響で、兵庫県内では17日から18日未明にかけ、24時間雨量が生野(朝来市)で153・5ミリ、後川(篠山市)で93ミリ、西宮で71・5ミリに達するなど、県内3カ所で4月の観測史上最多を記録。神戸空港では最大瞬間風速25・7メートルを観測した。 芦屋市大原町の阪急神戸線芦屋川−夙川間では18日午前8時15分ごろ、線路脇ののり面が崩れているのを近くに住む男性(50) [続きを読む]
  • 門戸活動写真上映会
  • ■門戸活動写真上映会本日、5か月ぶりの登場となります。 国立演芸場(東京)の平成28年度花形演芸大賞で銀賞を授与した江戸の活動写真弁士;坂本頼光さんの活弁公演は17時開演です。 活弁という話芸をぜひ味わってみて下さい。■笹舟倶楽部は15:00の早終い [続きを読む]
  • 阪神間ゆかりの作家たち
  • 定休日の午前中、芦屋市民センターへ文学の講演会に行ってきました。 ■阪神間ゆかりの作家たち いま、地域の文化財として作家を読み直す試みが全国で広がっています。商都・大阪の住宅地として発展した阪神間には、日本の近代文学に大きな足跡を残した作家たちが多く住みました。文豪谷崎潤一郎から「火垂るの墓」の野坂昭如まで。幅広いジャンルの作品を生み出した阪神間ゆかりの作家たちから、現代的視点をまじえ文学 [続きを読む]
  • 世界はビーズでつながっている
  • ■本日の笹舟倶楽部は早終いです。■グランフロントでセミナーみんぱく × ナレッジキャピタル ビーズ−つなぐ・かざる・みせる 第1回 世界はビーズでつながっている時間 2017年4月12日(水) 19:00〜20:30 ※開場18:30会場 CAFE Lab. / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1Fビーズはモノとモノとをつないだモノであるだけではなく、モノと人、人と人をつなげてきました。とくに貝、石、ガラスなどのビーズは、交易品とし [続きを読む]
  • 12歳中一でTOEIC980点
  • ■昨日の神戸新聞夕刊にクリビツテンギョウ!わずか12歳で、TOEIC980点(990点満点)というずばぬけた英語力を持つ、神戸市東灘区の藤田紅良々(くらら)さんが11日、市立本山南中学校に入学する。昨年11月のTOEICで取得。約9万人の受験者中、895点以上はわずか3%程度しかいなかった。小学校5年生で英検準1級にも合格しており、紅良々さんは「帰国子女でもなく、留学経験もないのですが…」とはにか [続きを読む]
  • 会話力
  • 長いはさみ振り回し新聞スクラップの日々ですが、溜まったものも整理中■本日の整理、産経新聞の曽野綾子ほんのさっき知り合った人とでも話し始めれば、嘘か本当かは別として、その人の「半生」か「三分の一」生くらいはわかる。それは現世の悦楽の一つなのだが、同時に哀しさや寂しさを味わえる機会でもある。 考えてみると会話力というものは恐ろしいものだ。その人の出自がわかる。教養、性格、人生観、くせ、興味の対象などが [続きを読む]
  • 最近読んだ地球温暖化の本
  • ■ブックオフで¥200の本、地球温暖化ネタが面白い。 ■地球温暖化は本当か? 宇宙から眺めたちょっと先の地球予測 (知りたい★サイエンス) 温暖化脅威論でも温暖化批判でもなく、温暖化をNASAのハンセンという気象学者がはじめて言い出してからの歴史やアメリカが京都議定書を拒否している理由、アメリカや日本のいろんな学者が温暖化について言っていることなどを科学ジャーナリストが客観的に追跡している。温暖化を主 [続きを読む]