ふくろう さん プロフィール

  •  
ふくろうさん: ふくろうの日記
ハンドル名ふくろう さん
ブログタイトルふくろうの日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/fukurou1972/
サイト紹介文慢性腎炎(巣状糸球体硬化症)、脊柱側弯症、心室性期外収縮をもった40代の主婦です。
自由文脊柱側弯症、へノッホ・シェーンライン紫斑病、ネフローゼ症候群、巣状糸球体硬化症などお持ちの方と、情報を交換できたら良いなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/02/12 16:15

ふくろう さんのブログ記事

  • 母心
  • 下の娘がお腹をこわしました。合宿の買い物の最中も、デパートでトイレ通い 3日ぐらい調子が悪かったけれど、悪化してきたとのこと 家に帰ってからも、痛い痛いと言いながら、さっさと寝てしまいました。 寝ている間はトイレに行っていないようなので、それほど重症ではないようでしたが、このまま続くと、合宿で悲惨なことになるかもしれません そこで、ツボ押し(指圧)をしてみました。マッサージとツボ押しの間ぐらいと言い [続きを読む]
  • 体に良いもの
  • 界隈では、酢生姜が流行っています。血圧が高めで悩んでいる友人も、酢生姜や酢レモンを続けています。また、納豆などの発酵食品もよいのですが、そこで頂いたのが、コチラ?きざみ生姜納豆酢生姜に納豆が入っているのです。体に良いものが、まとめて食べられる中はこんな感じです?納豆は少なめでしたご飯にかけても、なかなかですしかし、減塩ではないのが残念なところむしろ、しょっぱかったせっかく頂いたのですが、、、 [続きを読む]
  • 地味に痛い
  • 腰やら臀部やら足やら、いつもどこかが痛いです。2年前の受診では、貼り薬や飲み薬が処方されて終わりでしたが(対処療法しかないのです)ストレッチや筋トレ(軽め)でしのぎました。 バランスの悪さからくる筋肉の痛みなので、固まった筋肉をほぐすことで、かなり良くなりました。ただし、ストレッチをさぼれば元どおりです。 ストレッチポールも買いました。 ? すると出てきますこれはとても良かったです。背中 [続きを読む]
  • MRIによる診断
  • 2年前の側弯外来の続きです。 再診で、MRIを診てもらいました。 腰の一番下と下から2番目の椎間板は綺麗なまま。 下から3番目(L3ーL4)は痛んでいる。 その上の2つも、痛み始めている。 おそらく、側弯の為に負担がかかっているためではないか。 胸椎は今55度程度で一年に0.5〜1度ずつ進行するとしたら、 70代で70度になるのでは?という質問には、 「そこまでにはならないでしょう。ある程度のところで落ち着きます。 呼吸 [続きを読む]
  • 側弯外来受診
  • 前回の続きで、約2年前のことです。高3くらいまで通っていたその大学病院はその頃から順番に施設を建て替えていましたが、 久しぶりに行ってみると予想に反して、エントランス部分は昔のままでした。諭○先生のでっかい胸像もそのままです。 確か、通院の最後の方で整形外科外来の建物がきれいになったのを思い出しました。 昔は大学の建物の古くて狭くて物がいっぱい置いてある部屋に行って、 モアレを撮っていたのですが、 [続きを読む]
  • 側弯症が進んでいることに気がついたきっかけ
  • いよいよ40代に入ってからのお話です。やっとだ・・・ 2015年のことでした。この年の夏は後半に長雨が降りました。そのためか腰が痛くなり、 どうせ10年前に言われたヘルニアだろうからと放っておきましたが、 だんだん我慢が限界に来たので、整形外科に行きました。 本当に、鬱になりそうな痛みでした。 整形外科で、特発性の側弯があることを話し、 (話をしなくても見れば分かりますが) レントゲンを撮って角度をきくと、なん [続きを読む]
  • 側弯歴(30代)
  • はるか昔に側弯症の記事を書き、そのまま放置になっていたので続きを書こうと思います。 「この病気は成長期を過ぎれば決して進行しない」という医師の言葉を信じて、(当時はそう思われていたのでしょうがないのです)30代もすっかり安心して過ごしていました。右の肩甲骨はでっぱっていましたが、自分には見えないし 子どもが小さく、育児が大変な時期でしたから、初めてのギックリ腰になり、右足首の力が少しだけ弱くなってしまい [続きを読む]
  • 扁桃腺について
  • 長女の受験が終わったら、扁桃腺を取ろうという話だったのですが、4月に主治医が変わり、様子をみることになりました。 というのも、尿蛋白がほとんど出なくなったので血尿は相変わらずだし、クレアチンは微妙に上がっておりますが、まあ、取らないなら取らないで、痛い思いをせずに済むなら、それでいいです。 なぜ尿蛋白が消えたのか。昨年と今年で、何が違うのか。 考えたのですが、歯科治療を頑張ったことでしょうか。歯周病 [続きを読む]
  • そこそこ元気です
  • かなり、さぼってしまいました 特に具合が悪かったわけでも無く、 長女の大学受験やら、単身赴任中の旦那の引越しやらで、ハマっていました 長女はなんとか大学生になり、5月病にもならず。旦那も引越し先で元気そうです。 私はふたりのサポート終了後、疲れと安堵から、良性発作性頭位めまい症とやらに罹ってしまいました。景色がグルグル回転して、死ぬか、、、と思いましたが、特に心配のない症状だったようです [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 結婚して19年経ちました。あっという間でしたね。私が病気をしたり、子どもの病気もあったりと、いろいろありました。もっとやれたかもしれないけど、そこそこ頑張ったので、自分で自分を褒めたいと思います そして20周年でもない、微妙な数字ではありますがなぜか奮発して、家族で某ホテルにフルコースを食べに行きました(こんなことは初めて)家族四人分で、私の腎生検入院費と同じくらいかかりましたが ま、保険もおりたしそれ [続きを読む]
  • 情報収集は続く
  • 家族のことに振り回されると、どうも規則正しい生活ができませんね。不安定な受験生がいると、なおさらですはやく、春が来ないかな〜さて、腎炎との付き合いは長いのですが、途中ずっと完全寛解だったので、未だによく分からない部分もあります。しかし一回目の腎生検で微小変化型と診断され、その後、巣状糸球体硬化症と診断されることは、よくあるパターンみたいですね。均等に硬化するわけではないので、腎生検で綺麗な糸球体だ [続きを読む]
  • 徹夜 体に悪い!
  • 昨夜、ちょっとやることがありました。ぬいぐるみをちくちく縫っていたのですが、とうとう、朝の4時までかかってしまいました。約二時間の睡眠、、、朝は子どもたちのお弁当づくりがあります。そんな状態だったので、今朝はやはり尿蛋白増えました一時的なものだと思いますが。睡眠時間の確保は、大切ですね。 午後から出かけるので、今から犬の散歩して、終わったら仮眠とります。 [続きを読む]
  • 歯科治療
  • 台風は明日近づいてくるらしいですが、東京は雨です うちには20kgぐらいの犬がいるのですが、トイレは外派なので、雨だろうが台風だろうが、散歩に行きます。 腎臓のためには散歩をした方が良さそうなので、ちょうど良いのですが、歩く早さが犬次第なので、ちゃんと運動になっているかは不明です 今日なんかは、途中の軒先でだいぶ雨宿りをしましたので(お犬様のご要望)距離はたいしたことなかったと思います 今朝は歯科医院にも [続きを読む]
  • アレルギー性紫斑病の時のこと 2
  • 30年ぐらい前の、高校時代の話です。胃の激痛、嘔吐は5日ぐらい続きました苦しくて苦しくて、ろくに眠れず。うめき声で、家族も眠れずやっと治まったころには、足全体に出ていた湿疹も引いていて、突然、元気になりましたこの時は、変な風邪を引いたとの認識でした。体力も奪われていたので、何日か様子を見てから、登校しました。登校したのは、土曜日でした。週休二日になるよりかなり前でしたので、午前中だけ授業がありました [続きを読む]
  • アレルギー性紫斑病の時のこと
  • 30年近くも前の話です。(なのでちょっと記憶があやしいです) まだ高校1年生だった頃に、アレルギー性紫斑病に罹りました。ヘノッホ・シェーンライン紫斑病ともアナフィラクトイド紫斑病とも言うそうですが、最近はIgA血管炎に名称変更したらしいですね。なんでこんなに呼び方があるのでしょうかね。うちの母はずっと、アレルギー性血管炎と言っていました             なんかちょっと違うような・・・ ・・・あ [続きを読む]
  • 食塩ゼロ麺に家族も巻き込む
  • うちは旦那が単身赴任中なので、普段は娘2人との三人暮らしです。娘たちは、高校3年生と中学3年生の難しいお年頃です。しかし、母親のことを気遣ってくれる優しい子たちです。(思春期なので、それなりにアレ・・・ですが) 薄味料理も一言も文句を言わずに付き合ってくれます。産まれた時から薄味に慣らされていたからかもしれませんがさすがに、ここまで徹底してはいなかったので、あまり薄いと、無言で醤油とかかけてますけ [続きを読む]
  • 巣状糸球体硬化症!?
  • 腎生検で思いもよらぬ結果が出たので、簡単には受け止めきれずに日々を過ごしています。 かつてネフローゼにかかった時に、いろいろな書物で調べました。巣状糸球体硬化症の説明には、決まって、 予後は不良末期腎不全になるステロイドが効かないことも多い などと書いてあり、腎機能が悪くなることはほぼなく、再発は多いけどステロイドがよく効く微小変化型で、不幸中の幸いだったのかもしれないと思うことにしていました その時 [続きを読む]
  • 腎生検の結果
  • 腎生検の結果を聞いてきました。 どうせIgA腎症だろうと、軽いか重いかの違いだろうと、そう思い込んでいましたし、主治医も入院中の担当医も、そう予想していました・・・ 症状はIgA腎症そのものでしたから。(38度以上の発熱で、肉眼的血尿あり) しかし・・・ 驚愕の結果でした・・・ 診断名は、巣状糸球体硬化症 さもなくば微小変化型 って書いてありましたよ・・・(英語でしたが) どうも、医師の説明が分かりにくい [続きを読む]
  • 緊張しています
  • 今、腎生検の結果を聞くために、病院に向かっていますかなり緊張しています何らかの腎炎であることは確かなのだから、緊張する必要はないんですけどね急に透析ってわけでもない感じだし、悪くても、きっとステロイドで寛解できるし(あまい)でも、緊張する〜〜 [続きを読む]
  • 循環器でびっくり
  • またまた、台風が発生しましたねしかも、また東日本を狙っているようですね・・・ホントに来なくて良いんですけど。北海道や岩手がお気の毒です。どうか被害が出ませんように。 4月に、心室性期外収縮でエコー検査を受けたのですが、結果がちょっと衝撃的でした。 とりあえずは何ともないから経過観察で良いそうで、医師もさらっと流して終わりましたが。これはよくある話なんでしょうかね 僧帽弁が肥厚 と [続きを読む]
  • 突然の不整脈 3
  • 不整脈の記事が途中だったので、続きです。今年の4〜5月ぐらいのことです。大学病院(整形外科も腎内も同じ病院)では、エコーと24時間ホルター心電図などの検査をしました。それと、血液検査では甲状腺なども調べました。甲状腺が悪いと不整脈が出ることもあるそうです。結論から言うと、特に命に関わるような脈は出ていませんでしたしかし、1日に1万6千回ほど期外収縮が出ていました。どうりで、一日中気持ち悪いわけです。胃が [続きを読む]
  • 味は薄いですが
  • 腎生検の結果が分かるまで(来週です)次のアクションも分かりません。「いかがですか?」と皆さん気を遣ってくださるのですが、もともと症状もないので、返事に困ります。何でも出来るけど無理はできない。元気そうだけど過労は禁物。「あなたは座ってて〜」とか言われた時に、"大丈夫ですよ"と動けても、次に、「こっちの手伝いできる?」と言われた時に"大事をとって帰ります"みたいなことになる時もあり我が儘に思われているかもしれま [続きを読む]
  • たまには解禁
  • 減塩生活が地味にストレスですが、?蛋白制限、?カリウム制限、とステージが上がっていかないようにと思って、頑張るしかありません。血圧もビミョーなのでね。しかし、たまには好きなもの食べていいですよと、言われているので、家族で月島にもんじゃを食べに行ってきました結局、今年の夏は子どもたちを、どこにも連れていけませんでしたし。長女は受験生だから、それでいいんですけどね次女はかわいそうだったかな。ゴジラを観 [続きを読む]
  • 食事制限
  • 腎生検の入院中に、栄養指導を受けました。慢性腎炎は毎日の積み重ねがとても大事だそうで、食事に気を付けることと、風邪をひかないことが、腎臓を守ることになるんですね。入院中は、たんぱく質50gで塩分6gの内容でした。昔のネフローゼの時の病院では、たんぱく質が足りない分をエネルギーで補うために、油脂と糖分てんこ盛りでした。毎日、野菜の天ぷらと缶詰のシロップ漬け果物が出ていました。今回は炭水化物でエネルギーを [続きを読む]
  • 蓄尿はつらいよ
  • 腎生検の入院前に、初めて自宅での蓄尿をしました。以前のネフローゼの時は、長期入院の間に蛋白が陰性になり(潜血はもともと陰性だった)その後、治療中は全く出なかったこともあり、自宅で蓄尿したことがなかったのです。 病院でもらった専用のビニール袋にためたのですが、なんだかとっても疲れました。 2ℓのペットボトルの上の方を切って、そこにビニールを入れてためると良いと書いてあったので、そのよう [続きを読む]