ぱぴこ さん プロフィール

  •  
ぱぴこさん: うわのそら
ハンドル名ぱぴこ さん
ブログタイトルうわのそら
ブログURLhttp://papiko.exblog.jp/
サイト紹介文もくもく日記、こつこつ短歌。日々の出来事と想いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/12 20:47

ぱぴこ さんのブログ記事

  • 補助輪がついてたころはあんなにも仲良しだったくせに自転車め
  •  充実した週末。土曜日は、午後に私の両親と下の妹が遊びにきて、うちで一緒に夕食を食べました。両親が来週から友だちと旅行へ行くため下の妹に犬を預けに来て、そのついでに孫たちの顔を見に来たようです。夕食までの時間は、長女の生活発表会を撮影したものを見せたりして、のんびり過ごしました。長女は生活発表会の映像をみんなに見せたがっていたので、両親と下の妹に見てもらえて、かわいいかわいいと言ってもらえて、大満 [続きを読む]
  • 泣きながらそれでもあとをついてくる母親だからただそれだけで
  •  昨日とは打って変わって、今日はつらい気持ちの一日でした。長女のワガママが久しぶりに炸裂して、しかも炸裂したのが幼稚園の帰り際で、ほかの子がいる前で容赦なく大泣きしたので、情けなくて、恥ずかしくて、落ち込みました。人前で大声で泣くのは恥ずかしいという感覚が、まだこの子にはないのかという驚きもありました。今回ワガママが炸裂してしまったのは、長女だけに原因があるわけでなく、今日ちょうどいくつかの特殊な [続きを読む]
  • 何でもない日
  •  寒さが和らいだからか、なんとなく、気持ちのいい一日。朝、長女を幼稚園に送り届けたあと、そのまま自転車で次女とショッピングセンターに寄りました。開店時間前に着いたため駐車場はまだガラガラで、人の気配も声もなく、広々としたアスファルト全体が朝日を強く反射して、地面の上を歩いている気がしなくなり、このままふわふわ過去か未来か、もしくは見たことのない場所へ、たどり着いてしまいそうでした。駐輪場に自転車を [続きを読む]
  • 上履きを忘れた私ひとりだけ廊下が長く固く冷たい
  •  何かとやるべきことが多くて気を張っていた一週間が、なんとか終わりました。3学期になってからは幼稚園だけでなく小学校に行く予定もちょこちょこ入ってくるようになり、行事の前には緊張しすぎて動悸を抑えるツボをネットで調べたりしています。 これまで自分は、わりと神経が図太いというか、メンタルが強いほうだと思っていたのですが、子どもが生まれてからというもの、あれやこれや怯えっぱなしで、それが疑わしくなって [続きを読む]
  • 私から見える世界の半分が君の背後に広がっている
  •  幼稚園関係の行事が立て続けに差し迫ってきたりすると、相変わらず私の心は逃げ場を求め、最大の癒やしであり刺激でもあるビートルズにのめり込んでいきます。具体的に何が辛いというわけでもないのだけれど、母親たちの集団がどうしてもどうしても苦手で、比喩でなく本当にめまいや耳鳴りがしてきたりするので、それを回避するためには、自分の好きなもののほうに向かって、全力で心を逃がすしかありません。急激にしんどくなっ [続きを読む]
  • 次女3歳1カ月と、二人で聴くビートルズ。
  •  次女が3歳になって、今日で1カ月になりました。3歳になってからの次女は、自己主張と甘ったれが暴走しがちで、毎日くたびれます。思えば長女も3歳のころが一番ワガママで自己主張が暴走して大変だったような気がします。一度「いやだ!」モードに突入すると、なんでもかんでも「いやだ!」になるし、大声で泣いて主張を通そうとするし、急いでほしいときに限って自分でやりたがったり変なところにこだわって次の段階に進めな [続きを読む]
  • もうそんなことを言うのかまだそんなことで泣くのか卒園間近
  •  節分の日。去年の節分では、鬼がくる豆まきが怖くて幼稚園を休んだ長女でしたが、今年は「○○ちゃんが、ただのお面だから怖くないって言ってたもん」と、勇気を奮い立たせていきました。お迎えに行くと、園庭じゅうに豆が散らばっていて、次女が「どんぐりみたい」と夢中で拾い集めていました。かなりの数がまんべんなく散らばっていたので、鬼も園児も、相当走り回ったのでしょう。帰ってきてから感想を聞くと「ただの人間がお [続きを読む]
  • つむじ風くるくる高く舞い上がる違う景色に連れて行ってよ
  •  昨日あたりから、長女がふいに、大人びたような気がしています。ここ1か月くらいソワソワ楽しみにしていた6歳の誕生日祝いが終わったことで、心が安定したのでしょうか。何がどう変わったのか、うまく説明できないのだけれど、ちょっとしたしぐさや、声のトーンや、言葉のセレクトが、どことなくこれまでと一味違うように感じたのです。 一番はっとしたのは、幼稚園からの帰り道、次女がいつものように「あしがつかれたあー」 [続きを読む]
  • 一週間遅れの誕生日パーティー
  •  今日は先週から延期になっていた長女の誕生祝いの一日でした。長女の願いをできる限り叶えるための一日です。 まず午前中は、1時間半ほどカラオケをしました。私は昨日から喉の調子が悪くて、普通ならカラオケができるコンディションではなかったのですが、私のせいで長女の願いのひとつを潰すわけにもいかないので、レコーディング日にジョンレノンが風邪をひいていてギリギリの状態で歌った『Twist and Shout』のかすれ声が [続きを読む]
  • 伸びをする何処へ向かって走っても君とばったり会えそうな朝
  •  長女が完全復活して幼稚園へ通い始め、生活が通常運転に戻りました。夫は少し風邪気味で、私は口内炎ができているけれど、どうやらインフルエンザはわが家から追い出すことに成功したようです。今のところ、次女がいちばん元気です。 幼稚園全体で風邪が流行っているので、園児全員マスクをして登園するように言われていて、長女も毎日つけていっています。これまで子供用サージカルマスクをつけていっていましたが、インフルエ [続きを読む]
  • 長女6歳
  •  長女のインフルエンザは、幸い重症化することもなく、昨日と今日でほぼ完治しました。明日病院へ行って、登園許可をもらえれば、明後日からは幼稚園へ登園することができます。症状の一番重たかった3日間、長女が子ども部屋で過ごし夜もひとりで寝てくれたことと、マスクと除菌を徹底したのがよかったのか、今のところ、家族のだれにも感染しておらず、このまま収束することを祈るばかりです。私は看病のたび手にアルコール消毒 [続きを読む]
  • 健康に悪いと誰かが唱えてたものをせっせと摂取し生きる
  •  明日は待ちに待った長女の誕生日。それなのに、なんとこのタイミングで、長女が人生初のインフルエンザを発症してしまいました。一昨日まではピンピンしていたのですが、昨日の朝、いつもの時間に起こしたらなんだかぐったりしていて、朝食を出しても「喉が痛い」とうずくまっていて食べようとせず、どうもおかしいと熱を測ってみたら、その時点では37.8分の熱がありました。すぐ幼稚園に欠席の連絡を入れたところ、「インフルエ [続きを読む]
  • ありったけ愛をあなたに注いだら愛はそのままあなたの形
  •  ずっと気になっていたシンク下の戸棚を、大々的に整理しました。引っ越してからもうじき3年になり、そろそろあちこちの収納が、ごっちゃりしてきたのです。押し入れなどは数ヶ月おきに一応整理していたのですが、シンク下の戸棚は1年くらい手つかずで、最近いよいよ使いたいものがすぐ見つからなくて困るような事態になったので、重い腰を上げてがんばりました。中のものを一度全部だして、いるものといらないものを仕分けして [続きを読む]
  • 玉ねぎを剥き始めてはみたものの今夜の献立まだ決まらない
  •  長女の幼稚園、3学期が始まりました。ついに最後の3か月です。小学校からは毎日徒歩通学になるので、最近はその練習をかねて、お迎えのときだけ歩いて帰るようになりました。本当は朝も歩けばいいと思うのですが、次女も一緒にとなるとかなり時間がかかるので、朝は自転車でばーっと送っています。 昨日、長女が幼稚園へ行っているあいだに、私の歯医者があり、次女とふたりで行きました。前々回のように、次女がひとりで遊ん [続きを読む]
  • もうすぐであなたに潜り込めそうで席を立てない言葉が出ない
  •  明日からいよいよ新学期。長い休みで身も心もだらけきっていましたが、長女と一緒に準備をするうちに、ちょっとずつ、気持ちがシャキッとしてきました。約2週間乗っていない自転車、うまく漕げるだろうか。ちょうど明日から、私も仕事始めになりそうで、一気にまた、それなりに忙しい日常が始まります。 昨日は車で行ける距離にある科学館へ行き、長女も次女も、私と夫も、科学の不思議をそれぞれに楽しみました。長女は体験で [続きを読む]
  • 「ふうせんがおならをしたよ」妹とわたしの呪文かなしいときの
  •  楽しみにしていた冬休み中のイベントも一通り終わって、あとは3学期が始まるのを待つだけの日々。私も長女もなんとなく、だらけた感じで過ごしています。ちゃんとしなきゃと思えば思うほど、身も心も極限までだらけたがるのです。自分はだらけているくせに、長女がだらけているのには苛立って、「探せばいくらでもやることあるでしょう」とか「こんな散らかしっぱなしで一年生になれるのかな」とか、言ってしまいました。たぶん [続きを読む]
  • 君の絵を額に入れたら思い出がちゃんと遠くへいってしまった
  •  夫の正月休み最後の一日。みんなで図書館へ行きました。よく行く何か所かの図書館の中で、もっとも海外作家の絵本や児童書を多く置いている図書館で、心惹かれる表紙の絵本がたくさんあるので、気づくと何冊も手にとっていて、毎回借りすぎてしまいます。今回もどんどん手が伸びて、限度いっぱいまで借りてしまいました。手にとってぱっと開いて、美しい絵と魅惑的な言葉が飛び込んできたら、もう借りずにはいられません。日本の [続きを読む]
  • 次女3歳の誕生日
  •  1月4日、次女が3歳になりました。いつまでも赤ちゃんみたいに思ってしまう小さな小さな次女が、ついに、3歳。 朝、妹の誕生日を祝おうと前日から盛り上がっていた長女が一番に起きて、なにやらドタバタと動き始めました。アナ雪のスピンオフ映画『エルサのサプライズ』と同じようなサプライズを自分もしようとして、数日前から準備をしていたのです。ひとりで準備をするのは大変そうだったので、途中から私も一緒に起きて、 [続きを読む]
  • 新年
  •  2017年、あけましておめでとうございます。昨年この日記を読んでくださった方、ありがとうございました。今年も書き続けていきますので、読んでくださったら幸せです。 写真は、長女がサンタさんにもらったカメラで、横浜から岡山へ向かう新幹線で撮った1枚。行きは曇っていてよく見えなかった富士山が、帰りはとてもきれいに見えました。今日は、帰省した年末年始の日々を書きたいと思います。 30日の夕方4時ごろ夫の実家に [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  •  2016年もあとわずかになりました。明日から夫の実家へ帰省するため、これが今年最後の日記になります。そんなわけで、今日は、今年のまとめ日記を書くことにします。 今年を象徴するものとして、まず、私にとってもっとも大きな出来事だったのは、父方の祖父の死でした。子どもの頃から、眠れない夜など、身近な人の死というものを幾度となく想像しては胸を痛めてきたけれど、実際に体験するそれは、そんな何十回何百回してきた [続きを読む]
  • 手をつなごう歌をうたおう人生が君と重なり合ってるうちに
  •  クリスマスと年越しのあいだの、穏やかな一日。午前中は歯医者へ行き、午後はもたもたと片付けなどして過ごしました。痛かった歯は、今日の治療で無事治療が終わりましたが、まだほかにも虫歯があるらしく、しばらく歯医者通いが続きそうです。子どもたちは歯医者さんのおもちゃでおりこうに遊んでくれていて、前回のように次女が泣くこともなかったので、助かりました。次は年明け、次女ひとりだけ連れて行くことになります。歯 [続きを読む]
  • クリスマス
  •  クリスマス。真夜中のまだ暗い時間帯に、一度長女が寝ぼけて目を覚まし、私のところにもぞもぞ近づいてきて、「いやな夢をみたの・・・長女のパーティー帽子を捨てられちゃう夢・・・」と、半泣きでささやきました。私は7割ぐらい寝ながら「大丈夫、あれは捨てないから、来年もかぶろう」みたいなことを言い、すると長女は頷いて、もう一度寝ようと布団に潜ろうとしたとき、枕元のクリスマスプレゼントに気づいて、「あっ、おか [続きを読む]
  • クリスマスイブ
  •  クリスマス・イブ。起きた瞬間からハイテンションだった子どもたちに朝ご飯を食べさせ、跳ね回るのをなんとか落ち着かせて着替えさせ、夫と子どもたちがスーパーに行っているあいだに、部屋の片付けをしました。スーパーから帰ってきた子どもたちはやっぱりハイテンションで、次女がただいまより先に「けーきの、いちごを、買ってきたのー!」と大きな声で報告してくれました。 その後図書館へ行って、昼食を食べたあとは、いよ [続きを読む]
  • あの人が知らない人と住んでいる住所で漢字を三つ覚える
  •  昨日の夜中、次女が急に耳を痛がって泣き出し、朝までずっと寝たり起きて泣いたりを繰り返していたので、朝一で慌てて小児科へ駆け込みました。ちょうど耳鼻科が休みだったためかかりつけの小児科で診てもらったのですが、丁寧に診ていただいて、軽い中耳炎になっていると言われ、抗生物質を出してもらいました。まだ自分でうまく鼻をかめないため、鼻吸いもしてもらって、かなりすっきりしたのではないかと思います(吸ってもら [続きを読む]