ぱぴこ さん プロフィール

  •  
ぱぴこさん: うわのそら
ハンドル名ぱぴこ さん
ブログタイトルうわのそら
ブログURLhttp://papiko.exblog.jp/
サイト紹介文もくもく日記、こつこつ短歌。日々の出来事と想いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/02/12 20:47

ぱぴこ さんのブログ記事

  • 表現
  •  今日は日記を書かないつもりでいたのだけれど、Siaの『Big Girls Cry』と『Chandelier』を繰り返し聴いていたら、なんか書かなきゃ!という気持ちになりました。珍しく、youtubeを張ったりまでして。  最近、女性アーティストに出会いたくていろいろ聴いていたら、Siaに出会いました。ハスキーでパワフルな歌声も詞もすてきだし、それに、ミュージックビデオに出てくるダンサーのすさまじさに釘付けになります。こんなふうに、 [続きを読む]
  • れりぴー
  •  今日は次女とふたりで、幼稚園へ遊びに行くはずでした。しかし、駄目でした。出かける前の段階で、何かいつもと私の様子が違うと察知した次女がどこへ行くのかしつこく尋ね、私が「今日はちょっと幼稚園へ行ってみようかと思って」と一言言った瞬間から、「いやだ、いかない」と、しくしく泣き出してしまいました。それでも楽しそうな幼稚園の前まで連れて行けば気分が変わるかもしれないと思い、自転車に乗せて連れて行ったので [続きを読む]
  • 土日の日記
  •  土曜日、午前中は一家でカラオケに行きました。子どもたちの遊べるキッズスペースが設けてあるところで、前回連れて行ったときにはそこでたっぷり遊んでいてくれて、夫と2人でのびのび歌えたので、今回も2人で歌ってストレス発散する気満々だったのですが、今回、早く行きすぎてキッズスペースの準備がまだ整っておらず、照明が暗かったりふわふわドームにまだ空気が入っていなくてへちゃげていたりしたことで、次女の心に大きな [続きを読む]
  • 怖いんですそしてやたらと疲れます優しい人はどこにいますか
  •  ようやく金曜日。長女も元気に帰ってきました。火曜、水曜あたりが、心身ともに一番しんどかったようです。これまで、長女が外で溜めてきたストレスを家で私や妹にぶつけるなんてことはほとんどなかったので、破裂寸前の風船みたいな長女のとげとげしい態度に戸惑いましたが、これからはこういうこともしばしば起こるのだなと、よい勉強になりました。今日は宿題もご機嫌に終わらせて、そのあとは次女と仲良く、頭にスズランテー [続きを読む]
  • たったいま胸に芽生えた革命を強く踏み込むペダルだけ知る
  •  近所の田んぼに水が張られて、そばを通ると時折カエルの合唱が聞こえるようになりました。朝、次女と公園へ行く途中、田んぼ中にサギがいて、クチバシでのんびり水面をついばんでいたので、次女に話しかけるともなく「今、サギはお食事中なんだね」とつぶやいたら、それを聞いた次女はサギの様子をじっと観察しながら「サギは、何を食べてるの? 田んぼのお空を食べてるの? 」と、質問をしてきました。今日はよく晴れていて風も [続きを読む]
  • みんな疲れ気味
  •  午前中、次女とふたりで電車に乗って、数駅先の大きな公園へ行きました。電車の時間があるのでそんなにゆっくりとは遊べませんでしたが、電車に乗ることも含めて、次女は楽しんでくれたようです。土日だと大きい子がいっぱいいてなかなか挑戦できないような、丸太の吊り橋や一本橋や鉄棒などにも今日は積極的に取り組み、やり遂げて嬉しそうにしていました。ここ数ヶ月で手足の長さ太さがしっかりしてきて、上ったりぶら下がった [続きを読む]
  • 新品のシューズを履いて必要のないポシェットをさげ公園へ
  •  長女が元気に小学校へ行き、ほっと一息つく間もなく、今日も次女と公園へ。川沿いにある公園へ行き、ひとしきり遊んだあと、川縁の道を散歩して帰りました。今日も浅瀬の飛び石でカメたちが甲羅干しをしていました。石の上にいたカメが川に飛び込むと、ぼちゃんと音がして、こちらまで涼しい気持ちになります。小さいカメは、私たちが通ると、その音か振動に反応してすぐ飛び込むのだけど、大きめのカメは、長年生きた経験で肝が [続きを読む]
  • ラララ
  •  長女の熱が下がってすっかり元気になり、今日は図書館や公園へ行くことができました。図書館では、長女の読む児童書をたくさん借りました。今、児童書の世界に私も魅せられつつあり、読みたいものが次から次へと出てきます。まだ長女には難しそうな児童書を今のうちにたくさん読んで、大きくなった長女にお勧めをあれこれ紹介できる私になっておこう。次女用の絵本も借りたかったのですが、今日は次女がいまいち図書館気分でなか [続きを読む]
  • 聞きたくもないよね私も本当はもうこれ以上しゃべりたくない
  •  朝はまだ微熱のあった長女でしたが、一日大人しく、DVDを見たり本を読んだりして過ごし、夕方には平熱になって、いつもの調子が戻ってきました。長女と遊べないと次女もストレスが溜まるらしく、ちょっかいを出しては冷たくあしらわれ半泣きになっています。長女が頭を冷やすのに使っていた保冷剤を横取りして長女を泣かしたりもしていました。長女とかくれんぼするのが大好きなのです。明日はできるようになっているかな。 今 [続きを読む]
  • ごめんねと言うべきだった愛してるなんてずるいね届きすぎるよ
  •  長女の風邪が悪化して夜中から発熱し、今日一日、しんどそうにしていました。朝は39度あって起き上がるのも辛そうな感じでしたが、夕方にはなんとか37度台まで下がりました。明日には平熱になりますように。今日は学校で長女の楽しみにしていたことがあったので、内心とても無念だったろうけれど、きっとそれを口に出してしまうとくじけてしまいそうだったのでしょう、朝熱を測って休むことが決まってからも、そのことについ [続きを読む]
  • 恋したくなったら君の髪を切る63年ジョンレノン風
  •  長女が昨日から風邪気味で、今日は下校後すぐに小児科へ行き風邪薬をもらって、夕食後に飲んだらとても効いたらしく、次女より早く寝てしまいました。気温が落ち着かないし、ちょうど春の疲れも出てくるころなのかもしれません。明日は学校でまた楽しみにしていることがあるみたいだから、今日たっぷり寝て、明日には今日より元気になっていますように。図工で絵の具セットもそろそろ使い始めるみたいで、持って行くのが嬉しくて [続きを読む]
  • 雨の日は心の中に虹が出て太鼓のバチで叩いて渡る
  •  朝から雨降り。長女は長靴を履いて登校しました。私が長靴を出すと「でもみんなあんまり履いてないもん・・・」と、履くのをしぶっていましたが、みんながどうであれ靴下や靴が濡れたら気持ち悪いし体にも悪いからと説得して、キキに「お母さんのホウキを持って行きなさい」と言ったコキリさんもこんな気持ちだったのだろうなと思いながら、しぶしぶ長靴を履いて出て行く長女を見送りました。 そろそろ長女に『魔女の宅急便』の [続きを読む]
  • 子の遊ぶ砂場の脇で本を読み3ページ目でケーキができる
  •  今日も朝から次女に急かされ公園へ。行ったのは、公園のすぐ近くに川があり、向こう岸の雑木林あたりからウグイスの鳴き声が響いてきて、晴れた日には浅瀬の飛び石の上でカメが甲羅干しをしている、いちばんお気に入りの公園です。お砂場セットとシャボン玉を自転車の荷台に積んで行きました。早い時間なのもあってか、たいてい誰もいません。ある時、公園を見渡しつつ私が「だれもいないねえ」とつぶやいたら、「でも、いるけど [続きを読む]
  • 「おやすみ」のあとの会話が止まらない眠ってしまえば散らばる記憶
  •  今日は次女の日本脳炎の予防接種を受けに行きました。家で熱を測ったり母子手帳を用意したりしているうちに、どうやらこれから病院らしいと感づいた次女は、まず「歯医者さん、いくの?」と恐る恐る質問し、私が「違うよ、今日は小児科」と答えると「でも、お風邪じゃないし、ねえ、なんにもしないよねえ・・・?」と、大人のようなこわばった笑顔でギリギリ冗談めかして言い、「今日は注射だよ」ときっぱり私が答えたとたん、み [続きを読む]
  • 抱きしめるたび泡だって赤ちゃんじゃなくなっていくでも抱きしめる
  •  長くハードに感じた5月が過ぎ去り、気づけばもう6月4日。なんとなく、6月は早く過ぎていきそうな気がします。 5月、長女の運動会があって小学校の運動会の迫力に圧倒されたり、次女とバスで少し遠くの図書館までお出かけして木陰のバス停でパンを食べたことが宝物の思い出になったり、長女が小学校から持って帰ってきたアサガオの種を次女と植えたらあっという間に芽が出たり、日記に書き留めておきたいことは、たくさんた [続きを読む]
  • 新しいかばんが欲しい待つ人も行くあてもない雨降りの日は
  •  久しぶりに雨が降って、公園へ行かずに体力を温存することができたので、ふだん見て見ぬふりをしていた、洗濯機やらお風呂の隅のほうの掃除をしました。洗濯機が磨けば磨くほどピカピカになって、思いのほかいい気持ちでした。こういう掃除は、もっと頻繁にやらなければと、やるたび思うのに、汚れが目視できるようになるまで、つい後回しにしてしまいます。 雨が降ると、公園大好きの次女もさすがに諦めがつくらしく、今日は一 [続きを読む]
  • 聞いて聞いてだけどこっちを向かないで見て見てだけど問いかけないで
  •  午前中のうちに公園と買い物を済ませて、午後は長女が帰ってくるまで家でゆっくり過ごすのが、ここのところの日課です。公園ではお砂場遊びを15分ぐらいして、さらりと遊具遊びをして、その辺に転がっていた木の棒で土の上にお絵かきをして、最後に私が足で書いた簡単な迷路とケンケンパをしてから公園を出る(三輪車の場合は三輪車に乗る)というルーティーンができあがっています。私の書いた雑なケンケンパを短い足で一生懸命 [続きを読む]
  • どうすればいいか教えて泣きながら九九を覚えたあの日の私
  •  長女が帰宅してから数時間の過ごし方が、まだうまく定まりません。長女が帰ってくるまで、静かな湖をのんびりゆっくり進んでいたような時間が、長女の帰宅したとたん、激流川下りになります。家に帰ってきて、おやつを食べてからお勉強タイムに入りますが、小学校で味わった興奮をそのまま身体中に充満させて帰ってきている長女は、どうも落ち着きがなくて、集中力が持続しません。計算の途中で、学校の出来事を話し始めたりしま [続きを読む]
  • なにげない落書きにさえ容赦なく時の流れが刻み込まれる
  •  5時間授業を終えて長女が学校から帰ってくる時間が、わりと16時前だったりして、着替えておやつを食べて宿題とドラゼミをして、夫が帰ってきてご飯を食べてお風呂に入ったら、もうあっという間に寝る時間で、一緒に過ごす時間の短さに、驚きます。小学校になったら一緒に過ごす時間ってこんなに短くなるのか。やはり、幼稚園までとは何もかもがまるで違います。もう、長女は長女の世界を生きている。 今日は雨が降っていたから [続きを読む]
  • 今年のゴールデンウィーク。次女3歳4カ月。
  •  GWが終わります。遠出の旅行はしなかったけれど、家族でカラオケに行ったり、あちこち買い物に出たり、録画していた映画を観たり、公園へ行って、少し前に買ったワンタッチテントを初めて広げ、その中でおにぎりを食べたり、毎日それなりに楽しく充実した過ごし方ができました。何より、長女が自転車に乗れるようになったのが、今年のGWのハイライトです。4日には母の実家の用事で岡山に来ていた私の両親がうちにも遊びに来て「 [続きを読む]
  • もし空を飛べたらきっとこんなふう初めて一人で乗れた自転車
  •  5月になりました。長女が小学校に入学してもうすぐ1カ月です。少し前までは、ランドセルを背負っている姿が何かの冗談みたいに思えていましたが、最近はもう、幼稚園に通っていたころが遠い昔のことに思えてきました。長女は毎日はりきっていて、宿題も翌日の準備も楽しそうにやっています。長女はやる気満々だというのに、私ときたら体操服のゼッケン位置を微妙に間違えていたり、夏スカートの注文が遅くなったりして、反省しき [続きを読む]
  • いろいろなこと
  •  気がつけば、岡山に住み始めてからすでに3年が過ぎ、4度目の春を迎えています。次女が生まれた年の3月に引っ越してきて、最初の1年はこの場所で、0歳児と3歳児を育てながら暮らしていたなんて、その日々がどんなふうだったか、思いだそうとしても、もうほとんど思い出せないのです。二人ともが3歳ずつ小さいわけだから、やっぱり今より、大変だったのかな。それとも気楽だったのかな。当時のことを思いだそうとして最初に浮かん [続きを読む]
  • ジェット機の横切る空に目を凝らしそのまま瞼が閉じそうな春
  •  はじめての宿題、はじめての参観日、はじめての図書室。はじめてだらけの毎日を、長女は全力で楽しんでいて、帰ってきてからその日の出来事をたくさん話してくれます。給食のメニューや、授業の内容や、先生が言ったことなど、幼稚園のころよりも詳しく細かく話してくれるので、話を聞くのが楽しみです。このままの調子で、楽しく日々を過ごしていけますように。まだ友だちはさほどできていないようですが、それについて焦ってい [続きを読む]
  • 昨日より遠ざかる君伝えたいことより聞きたいことがたくさん
  •  長女を小学校へ送り出してから、次女を鏡の前に座らせて散髪しました。背中までのびていた髪を肩くらいまで切り、切り終えたあと遊んでいる次女のほうを何げなく見たら、その後ろ姿が3歳のころの長女にそっくりで、今日次女の着ていた服が長女の3歳時代によく着ていたワンピースだったのもあってか、3歳のころの長女が目の前に現れたような気がして、不意打ちの強烈な懐かしさに、涙があふれて慌てました。 幼いわが子と過ごせ [続きを読む]