かみ〜 さん プロフィール

  •  
かみ〜さん: 気分爽快♪(麺食いのための
ハンドル名かみ〜 さん
ブログタイトル気分爽快♪(麺食いのための"らぁめん is No.1!")
ブログURLhttp://ramenisno1.livedoor.biz/
サイト紹介文いろいろなものを食べ歩いています。爆食爆飲に注意しながら、美味しい食べ物・お酒を楽しみましょう♪
自由文YAHOO ラーメンブログ王2009決定戦にて「金のブログ王」を受賞しました。
昼酒、刺身、郷土料理。いろいろ楽しみましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2008/02/16 10:40

かみ〜 さんのブログ記事

  • 【うどん】釜たけうどん@難波(大阪府大阪市中央区)
  • 鶏天ぶっかけ(850円)+半熟玉子天(120円)大阪での昼。何食べようかと考えつつ、この日はアルコール抜きの日にしたのでうどんにしました。約1か月ぶりですが、前回と違ってぶっかけ系で。大きな鶏の天ぷらが3つドンと。これに、ぶっかけの汁を絡めていただきます。出来立てですのでアツアツ。うどんは極太でしっかりしているのはいつも通り。そして、名物の1つでもある半熟玉子天は、卵のとろとろ感がたまらないです。うどん県に行 [続きを読む]
  • 【岩牡蠣・丹後とり貝】平の家@宮津(京都府宮津市) 
  • 丹後とり貝丹後とり貝のシーズン!とり貝と岩牡蠣の両方を味わえる時期はたまらない魅力があります。昨年に続きこちらのお店へ。殻にしっかり収まったとり貝。ボイルではありますが、身の部分がしっかりとアピールされ、ひもと肝の部分も丁寧にさばかれているのが分かります。肉厚であり、歯ごたえも十分!今度こそ生のとり貝を食べることができますようにm(__)m岩牡蠣迫力ある大きさの岩牡蠣は、昨年同様それだけで圧倒されます。 [続きを読む]
  • 【岩牡蠣・丹後とり貝】富田屋@宮津(京都府宮津市) 
  • 地トリ(1300円)夏のとり貝・岩かきのシーズン!ということで2年連続。今回は両者そろい踏み!肝やひもまで入っているので、とり貝そのものを堪能するにはいい感じですが、ボイル状態ですと魅力がちょい落ちですなあ・・・地岩ガキ(1050円)岩牡蠣は思ったより小ぶりです。身の詰まり具合が物足りないのが残念。タイカブト煮つけ(650円)想像以上の大きさだったカブトの煮つけ。今回はこれが一番良かったと思います。味付けも醤油が強 [続きを読む]
  • 【日本酒】六十餘洲[今里酒造]@長崎県東彼杵郡波佐見町
  • 六十餘洲 純米吟醸[ろくじゅうよしゅう]長崎県に行ったときに、直接酒蔵まで行って購入したお酒です。創業1772年と歴史ある酒蔵の1つになります。以前日本には60余りの国々があったことから名付けられた六十餘洲。お酒の方は歴史を感じさせる味わいで、特別何かが強烈ということはないですが、口当たりはよく、落ち着いて飲めるお酒です。今里酒造 住所:長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷596酒蔵のHP [続きを読む]
  • 【角打ち】折原商店@門前仲町(東京都江東区)
  • どうも、この近辺に行くと入ってしまうんですよねえ。酒の種類が多く、銘柄も多いので当然の選択といえばそうなんですが。閃 特別純米生原酒(600円)石川県鳳珠郡能登町にある数馬酒造のお酒です。石川県の「石川門」を使用しており、一閃の光のようにきらめくお酒というのがネーミング。生原酒ならではのうま味、きりっとした飲み口がいいですね。賀儀屋 新風純米おりがらみ 生原酒(650円)愛媛県西条市にある成龍酒造のお酒です [続きを読む]
  • 【刺身定食】しんま@木場(東京都江東区)
  • 大漁盛合せ(800円)木場駅の4a出口の隣にあるお店です。ただ、ビルの入り口には表札しか出ていないので気づかないとそこにお店があることを失念してしまいます。階段を上ると、ビルのドアが。そしてメニューの張り紙。という入り口なのですが、中は意外と広いです。ランチタイムはワンコインでも結構いいものが食べられますが、刺身盛り合わせになる大漁盛り合わせを。鮪、鯛、カンパチの3種類ですが鮪の量が結構多い。鯛もカンパチ [続きを読む]
  • 【創作塩つけ麺+日本酒】巌哲@[都電]早稲田(東京都新宿区)
  • 創作塩つけ麺(1200円)この日の魚は、高知県土佐産の"おおにべ"。何度か高知県には行ったことがありますが、高知でお目にかかったことがないお魚です。ニベ科の魚ですが、そもそも関東にもあまり出回らない魚。ですが、この魚自体10キロあるという大物です。麺の上には味噌漬けにした焼き魚。つけ汁には"おおにべ"でとっただしとともに、刺身にしたものも。白身の魚ですが、焼にした方の部分は皮付きで。といっても皮ごと食べられま [続きを読む]
  • 【日本酒】来福[来福酒造]@茨城県筑西市
  • 来福 純米酒 生酛造り茨城県に行ったときに、直接酒蔵まで行って購入したお酒です。こちらの酒蔵は1716年創業と非常に歴史ある酒蔵。今風の純米大吟醸や生酒などもありますが、生酛造りというラベルにひかれてこちらを購入。杯にそそぐと熟成された黄色のような色合いで濃厚な味わい。それもそのはず、生酛造りは江戸時代の製法なんです。そんな歴史を感じさせる1杯は、冷でいただきましたが燗酒でもいいんだとか。来福酒造 住 [続きを読む]
  • 【郷土料理】姫松屋(本店)@島原(長崎県島原市)
  • 具雑煮(980円)島原城の目の前にあるお店です。具雑煮って何ぞや?というと、島原半島地域での雑煮。正月料理でおなじみの雑煮と比べてもかなり違いがあります。島原の乱における島原城籠城のときに、餅とともに山・海から集めてきた食材で雑煮を作ったのが始まりだとか。それが進化し、雑煮に味付けするなど生み出したのが具雑煮とのこと。島原の乱から400年弱、具雑煮が生み出されてからでも200年ほどという歴史があります。出て [続きを読む]
  • 【うなぎ】うなぎの緒里@干拓の里(長崎県諫早市)
  • うな重定食(1800円)長崎県諫早市は、有明海、大村湾、橘湾といった海に面した部分が多い場所。特に有明海があることから、鰻料理は江戸時代から知られていたとのこと。それもあり、市内には鰻屋さんが結構あります。こちらのお店は国道57号沿いであり、島原鉄道も並行している場所。さらに現在この近辺は国道57号拡張工事を行っているので、お店の場所も以前の場所から移動しているので新しめです。そして鰻がリーズナブルな価格と [続きを読む]
  • 【日本酒】東洋美人[澄川酒造場]@山口県萩市
  • 東洋美人 純米吟醸 50山口県に行ったときに、直接酒蔵まで行って購入したお酒です。ただ、東洋美人は基本的には特約店に卸されているので、直接行っても買えるものは限られていまして、ほとんど選択肢がない状態。ということで、珍しく1升瓶を抱えて帰ることになりました。特約店でよくみられる限定と違ってこちらは定番のお酒になりますが、新生東洋美人の定番酒という点では注目されているお酒のようです。透明感の香りある味 [続きを読む]
  • 【そば】水無湧水庵@下野大沢(栃木県日光市)
  • ざるそば(700円)日光市(というよりは、旧今市市といった方が分かりやすいか?)にあるそば屋さんです。ここへ行くには車で行くしかなく、かつ目印は、お店近くの幟と小さな看板だけ。日光街道から入ると杉並木の先の小さな山の中に突如現れるお店ですが、別の道から行くと田んぼの先に突如現れるという、神秘的な雰囲気の場所にあるお店。しかも、お店のある地名は「水無」ですが、水が出ないということはなく、湧水が出てきます。 [続きを読む]
  • 【純とりそば】大喜@新御徒町(東京都台東区)
  • 純とりそば(950円)5/22に湯島より移転しました。移転前は長期にわたってお世話になったお店です。今回の場所は新御徒町・仲御徒町・秋葉原からほぼ同じくらい離れています。以前と違うのは内外装は白を基調にしていること。店主以下スタッフも白基調の制服です。また、2階があるようですが、その反面1階のカウンター席は通路が狭くなっています。当面はメニューを絞り込んでいますが、レギュラーメニューはほぼ同様に移転前からス [続きを読む]
  • 【立ち飲み】徳多和良@北千住(東京都足立区)
  • 生しらすがごめ昆布和え(300円)この日最後のアテでしたが、生しらすのアテとしてこれは最強すぎます。生しらす自体若干の粘りはありますが、がごめ昆布もかなりの粘りがあります。その粘りを融合して味がついているのですが、これは酒のアテだけでなくご飯にのせても、あるいはおにぎりに入れてもうまそう!と、唸りました。この直後でこのアテ売り切れたのですが、釜揚げしらすではこれはできないし、ほかの材料でもと考えると、 [続きを読む]
  • 【盛り】巌哲@[都電]早稲田(東京都新宿区)
  • 盛り(900円)急激に暑くなり、いよいよ盛りの出番になります。これは麺哲の時代からそうなのですが、麺とそばつゆだけでいただけるという、シンプルすぎるほどシンプルな一品。細くてもしっかり〆られている麺は、何もつけなくても食感と味わいを感じることができます。毎年これを食べるたびに、日本ならではのそば文化に感謝。日本酒(700円)1杯目は、秋田県横手市にある日の丸醸造の「まんさくの花 純米吟醸生原酒 亀ラベル2017 [続きを読む]
  • 【コーヒー】アラビヤコーヒー@なんば(大阪府大阪市中央区)
  • ブレンドコーヒー(500円)ミナミの戎橋筋と法善寺横丁のほぼ中間点にあるお店です。創業が1951年と古く、店内外にその雰囲気を十分漂わせています。メニュー構成も昔ながらの伝統を守り続ける一方で、コーヒーに関しては豆の種類を各種取り揃えているのでその時の気分で選ぶこともできます。今どきのコーヒーチェーン店と違って1杯1杯丁寧に作っていることもあり、うまいコーヒーに。その味わいが永年愛され続けている秘訣なんです [続きを読む]
  • 【串揚げ】again@動物園前(大阪府大阪市浪速区)
  • 目玉焼きハンバーグカレー(300円)新世界にあるジャンジャン横丁至近にできた「大阪新世界横丁」。複合施設なので串揚げ以外のお店もあり、全部で6店舗が入っています。「again」は北新地にあるお店の2号店。北新地だとコースだけしかなく、しかも7000円からという設定なのですが、同じ「again」でもこちらは1本から注文可能です。価格面では非常に入りやすいお店です。しかも串揚げ自体が創作系のもの主体なので、名前見ただけでこ [続きを読む]
  • 【寿司】大興寿司(南店)@動物園前(大阪府大阪市浪速区)
  • かま塩焼き新世界の南側のジャンジャン横丁にあるお店です。年季入ったお店は雰囲気とともに、アテを頼みながら1杯飲んだり、寿司をつまむなどそれぞれの食べ方で楽しめます。今回はアテ+お酒だけにしました。かま塩焼きは注文後に焼きます。それほど大きいサイズではありませんが、身も結構詰まっており、頭まで食べつくす魅力があります。車海老の塩焼きこちらは思ったより大きめのサイズの車海老。頭の部分もしっかり焼かれてい [続きを読む]
  • 【中華料理】SHIN-PEI@本町(大阪府大阪市西区)
  • 四川麻婆豆腐(1000円)大阪の平日ランチツアー!今回はこちらのお店へ。中華料理のお店でありながら内装、そしてメインの酒類がワインということで、洋風の雰囲気も持つお店です。週替わりでメニューは変わるようですが、これ以外には担々麺があります。こちらは四川の麻婆豆腐になり色合いからして辛味を感じます。強烈にしびれるような辛さはないものの、全体的に味がしみとおり、豆腐と挽肉との一体感を楽しめます。そして、定食 [続きを読む]
  • 【そば】為治郎@東京(東京都千代田区)
  • きつねそば(700円)東京駅八重洲口にあるお店です。大丸の入り口とも近く人通りも多い場所。京都にある西尾八ッ橋が展開するお店ですが、「そば処 為治郎」で展開しているのはこちらのお店だけです。京都らしさということで、にしんそば、とりそばといったところがメイン。そして、そばには八ッ橋がついています。ダシ、味は当然京風になっているので薄口しょうゆ味。油揚げの味付けも京風になっています。全体的にシンプルな構成 [続きを読む]
  • 【点心】聘珍茶寮 SARIO(中華街店)@日本大通り(神奈川県横浜市中区)
  • 生ビールと点心のお得セット(1050円)+特大黒胡麻餡団子(380円)横浜の中華街にあるお店です。中華街大通りの善隣門そばにありわかりやすい場所。1階はお土産品などの販売コーナー、2階からがイートインスペースです。注文後に温めるなどして提供するので少し待ちます。セットでは1050円だと2個つけられるので、タンタン海老ワンタンと三種蒸し点心盛り合わせを。海老ワンタンの方はタンタンとはつきますがほとんど辛さを感じず。三 [続きを読む]
  • 【日本酒】貴[永山本家酒造場]@厚東(山口県宇部市)
  • 貴 純米吟醸 雄町50山口県に行ったときに、酒蔵で購入したお酒です。ラベルには「vintage 2015」とあり、2015年に収穫された雄町を使用しています。旨味と余韻を楽しめるお酒で、肉料理に合おう酒です。季節限定酒のシーズンを外したので蔵で販売する種類は少な目でしたが、機会があればまた飲んでみたいお酒の1つです。永山本家酒造場 住所:山口県宇部市車地138酒蔵のHP [続きを読む]