yasu さん プロフィール

  •  
yasuさん: 軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ハンドル名yasu さん
ブログタイトル軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ブログURLhttp://8446.blog79.fc2.com/
サイト紹介文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、趣味などについて書きます。
自由文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、映画、マラソン、楽器(ギター、ウクレレ、ピアノ)、音楽鑑賞、本、民俗(方言、伝説)、言葉遊び(回文など)、絵画鑑賞、パソコン、食べ物、旅行などについて書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/02/17 15:31

yasu さんのブログ記事

  • 今年も見事! アパリゾート上越妙高のイルミネーション
  •  昨夜はアパリゾート上越妙高で、高校時代の同級会。2クラス75人のうち30人が集まった。遠方者では東京から4人、千葉、愛知、埼玉からそれぞれ2人、ほかに埼玉、栃木、福島、神奈川からも集まってくれた。今回で3回目の同級会だが、一番多い30人も集まってくれたのは、もう仕事をリタイヤした人が多いからかもしれない。 宴席が終わった午後9時頃から、イルミネーション見物へ。みんな酔っぱらっているので、足元がふらついたり [続きを読む]
  • 「ゴジラ」に続き「スーパー戦隊」がハリウッド映画に
  • 【評】 ★つが最高★★★ 日本の特撮作品「スーパー戦隊シリーズ」が、ハリウッド映画になったのは素晴らしいこと。テレビドラマでずいぶん人気だったようだが、今回は映画である。まさに「ゴジラ」のような逆輸入で、アニメ以外の日本製コンテンツが世界に認められたのは素晴らしいなぁ。 日本では「パワーレンジャー」だけれど、英語圏では当然ながら「パワーレンジャーズ」だ。 変身するまでがちょっと長すぎるし、クライマ [続きを読む]
  • ローソンとあごすけがコラボした「冷やし塩とんこつつけ麺」
  •  昨年夏に発売して好評だったようで、今年もローソンから甲信越限定で「冷やし塩とんこつつけ麺」が発売された。 昨年のパッケージとほぼ同じデザインで、価格も同じ498円だ。 今年はどのように味が変化したのか、いや進化したのか気になるところだ。しかしながら、昨年の味を覚えているわけがない。↓今年のつけ麺」↓昨年のつけ麺 昨年のブログを読み返してみると、「麺はあごすけの手打ち麺とは違うが、ゆで麺なので仕方が [続きを読む]
  • 高田高校の男子が浮足立ったほどの美少女だった萩尾みどり
  •  7月4日(火)放送の『徹子の部屋』に女優でタレントの萩尾みどりさんが出演した。萩尾さんは北九州市生まれだが、父親の転勤で小学校高学年から高校までを上越市で過ごした。中学は附属で、高校は高田高校である。年齢は現在63歳。 番組の中ほどで、萩尾さんが高校2年のとき、ものすごくもてたという話が出て面白かった。担任の先生に呼び出され「君のせいで本校の男子生徒が浮足立っている」と注意を受けた話を、番組から抜き [続きを読む]
  • 本を買うともらえる? ブラックジャックの「ばかうけ」
  •  たちばな出版が「ばかうけ」キャンペーンというのを始めていて、書店でたちばな出版の本を800円(税別)以上購入すると、もれなく「ブラック・ジャックのばかうけ」がもらえるのだ。 妙高市の文教堂でもらった。これは非売品なので、ちょっと自慢できそう。 たちばな出版が、初めて新潟県の企業(栗山米菓)とコラボしたのだという。本を買うと「ばかうけ」がもらえるというは奇妙な感じだが、この出版社は食品メーカーやキャ [続きを読む]
  • 「小布施見にマラソン」③ 縁走(演奏)篇
  •  「小布施見にマラソン」のもう一つの楽しみは、コースの沿道で繰り広げられる音楽の演奏。大会では「縁走」と名付け、これもランナーの楽しみになっている。メンバーが多いサークルは交代できるだろうけれど、人数の少ないバンドなどは何時間も演奏を続けるのが大変だろうな。 今回は23組が演奏を繰り広げたそうだ。じっくり聴いていられなかったのが残念。↓スタート地点での演奏は小布施町消防団ラッパ隊の皆さん↓夏美バンド [続きを読む]
  • 「小布施見にマラソン」② 食べ物篇
  •  小布施見にマラソンの楽しみの一つとして、コース各所やフィニッシュエリアにあるエイドのドリンクや食べ物。少し前からワインの提供がなくなってしまったのは残念だが、今年もいろいろな味を楽しませてもらった。とくに「あと3km」のところにあるアイスエイドは楽しみ。アイスキャンデー目当てにランナーは最後の力を振り絞る。 給水やエイドにはブルーのTシャツと帽子を着けたボランティアの中学生らが、ランナーに水やスポ [続きを読む]
  • 楽しさ最高!「小布施見にマラソン」① 仮装篇
  • ↓スタートになっても全然進まない↓7分後にようやくスタート地点にたどり着いた ゴールするのがもったいないほど楽しい「小布施見にマラソン」を走ってきた。2013年以来、4年ぶりの参加となった。エントリー数は8100人。スタートからゲートにたどり着くまで7分かかり、さらに5kmぐらいまで、渋滞が起こる。参加者は8000人前後で限度なのだろう。 遅いランナーは渋滞必至なので、まともに走ることは難しい。開会式で市村良三市長 [続きを読む]
  • 高田世界館の106映画祭 高倉健の「網走番外地」
  • 【評】 ★5つが最高。☆は半分★★★☆ 刑務所の脱走を描いた映画は「第十七捕虜収容所」「大脱走」「ショーシャンクの空に」「パピヨン」「アルカトラズからの脱出」など、名作は数えきれない。 さて、高田世界館の「106映画祭」で見た映画の2本目。フィルム上映というのが、素晴らしい。フィルムが回る「ジー」という音が何とも言えない。そして、モノクロ画面の美しさ、深さが素晴らしい。 日本を代表する脱走映画の筆頭は [続きを読む]
  • 高田世界館の106映画祭 勝新太郎の悪役がすごい「不知火検校」
  • 【評】★5つが最高★★★★↓「不知火検校」の勝新太郎と中村玉緒 勝新太郎といえば、「座頭市」や「悪名」シリーズなど、ダークヒーローで知られる。この映画「不知火検校」は、勝がスターイメージからの転換に成功し、日本映画に新しい「異端のヒーロー」像を生み出した記念碑的な作品だ。 昨日から、上越市の高田世界館で恒例の国立近代美術館フィルムセンターの所蔵映画の上映会「106映画祭」が始まった。 会期は5日間で、 [続きを読む]
  • スイカ味が流行? 雪の宿の「塩すいか味」
  •  新潟市に本社がある三幸製菓から、コンビニ限定で6月19日に発売された「雪の宿 塩すいか味」。味は酢イカかと思ったら、スイカ(西瓜)である。キワモノだろうか。 味付けには、すいか濃縮果汁を使用したクリーム蜜を使用しているそうだ。雪の宿にピンク色の砂糖がまばらにまぶしてある感じ。スイカの風味が少し感じる。甘いけど、塩気があって飽きずに食べられる。 袋の中は個包装されず、バラで25枚。残しておけないので、全 [続きを読む]
  • 米のうまさ味わえる「新潟仕込みチップス」
  •  新潟市に本社がある三幸製菓の「新潟仕込みチップス のり塩味」にはまっている。ポテトじゃなくて、お米を使ってあり、ツブツブ食感を感じるチップス。のりの風味が最高だ。 6月12日に発売した新製品で、せんべいとはまた違った食感が新感覚だと思う。チップスなのにパリパリという食感があるのだ。油っぽくないので、スマホに触ってもべとべとにならない。 50g入りで、500mlのビールを飲む程度では食べきれない。信越、北関 [続きを読む]
  • 今日は「セブン-イレブンの日」
  • 今日7月11日は、「セブン-イレブンの日」になったそうだ。セブン-イレブン・ジャパンが日本記念日協会へ申請して正式に認定され、記念キャンペーンとして7月6日から、各メーカーとコラボレーションした菓子が限定販売されている。 たくさんあるようだけれど、売り場で一段と目立つ商品は2種類。セブン-イレブンの“7”にちなみ、東ハトからは1粒1粒が通常の7倍大きい「キャラメルコーン」が発売された。山芳からはわさびパウダー [続きを読む]
  • 体当たりで濡れ場を演じた昭和の女優たち
  •  週刊ポスト7月7日号と、14日号連続で、昭和の女優たちが、ヌードも辞さず、体当たりで濡れ場を演じたことを絶妙な筆さばきで書いていた。まさに週刊ポストの真骨頂である。 人気女優も、清純派女優も、大女優であっても信頼する監督のもとですべてをさらけ出し、ぎりぎりの衝動を表現するため、全身全霊で演じた。そうやって女優は成長していったと書く。 女優が銀幕に肌をさらすことがほとんどなくなったことを嘆きつつ、ヌー [続きを読む]
  • 頸城区のおしゃれな「ごぱん屋カフェ Come & Co.」
  • ↓店舗は希望館のすぐ近く↓入口 上越市頸城区のユートピアくびき希望館近くに6月末、「ごぱん屋カフェ Come & Co.(こめこ)」がオープンし、たいへんにぎわっていると聞き、ランチに行ってきた。 木々に囲まれた風光明媚な立地にあり、店は木のぬくもりを生かした店内はおしゃれで、落ち着いた雰囲気。 まだオープンして間もないこともあり、12席は満席。女性スタッフ3人が忙しそうに働いていた。↓おしゃれな店内。帰る頃に [続きを読む]
  • 300年の時を超えて 七夕にチェンバロの音色響く
  •  七夕の今夜、妙高市文化ホールホワイエで「チェンバロ&フルート」のワインコインコンサートが開かれた。ワンコインなので、入場料はわずか500円。滅多に聞くことのないチェンバロと、木製管フルートの音色を楽しんだ。↓コンサート前。会場には客は150人ぐらいいたかな。ほぼ満席だった 演奏者は長岡市生まれで三条市在住の八百板正己(やおいた・まさみ)さん、フルートは上越市出身の齋藤孝久さん。 ピアノと違ってチェンバ [続きを読む]
  • 「居酒屋銀ちゃん」 8日まで全品半額に行ってみた
  • ↓銀ちゃん店頭 横構蒲鉾店が経営している「居酒屋銀ちゃん」が、今日から創業120周年記念で、3日間全品半額セールが始まった。友人と3日に飲む予定だったが、都合で今日に移動になり、会場はこの店で決まりである。 全品半額というのはインパクトがある。ドリンクも半額なのはうれしい。とは言っても、すり身を使った料理というのはどんなものなのだろうか。 期間中は90分という時間制限がある。予約もできない。7時には店内は [続きを読む]
  • 手作りの普通の家庭料理がうまい 「和食処 鶴一」
  •  昨年までは「うまいもんだけ家」だったはずだ。その店が今年2月、「和食処 鶴一」に変わった。オープン後すぐに行ったけど、定休日が日曜だったため、食べることができなかった。そのリベンジである。 上越市春日山町3のJAえちご上越春日支店近くの小さい店。店内にはカウンター6席と、小上がりが1席あるだけ。店内は前の店と変わりがない。 手作りの家庭料理が人気の店らしい。スタッフは女性2人だけで、店内は満員に近かっ [続きを読む]
  • 芸術性高く今でも新鮮「愛のコリーダ」
  • 41年前の映画とは驚き 「愛のコリーダ」は、私が学生時代に公開された映画だ。公開と同時に見たが、もう41年前なので細部を思い出すことはできない。とにかく、日本初の本格ポルノとして話題を集めた。同級生などはほぼ全員見たんじゃないかな。だが、大幅カットされ、修正され、かなりの部分を想像力で補いながら見ざるを得なかった。それでも、「性的シーンはすべて本番」ということで、たいへん興奮して見たものだ。 「週刊ポ [続きを読む]
  • キャラメルコーン「七夕パッケージ」
  •  今、キャラメルコーンに七夕パッケージがあり、星型のキャラメルコーンが中に混じっているらしい。七夕を前に生産は終了したらしいが、友人から1袋もらった。 パッケージには、輝く天の川と笹飾りを見上げるキャラクターがデザインされている。袋の側面には短冊が描かれ、願い事を書き込むこともできるようになっている。 そして、星型のキャラメルコーンだが、中に何個か混じっているようだ。その数が袋によって違い、何個入 [続きを読む]
  • 「赤いきつね」4種類のつゆ 味くらべしてみた
  • ↓「日本味めぐり」の4種類赤いきつねの「日本味めぐり」「マルちゃん」で知られる東洋水産は5月22日から、「赤いきつね」を食べ比べる「日本味めぐり」を発売した。 簡単に言うと、「赤いきつねうどん」は、地域に嗜好に合わせて「だし」の配合を変え、全国で4種類の味を展開している。 いまは北海道向け、東日本向け、関西向け、西日本向けの4種類を出していて、これまではその地域に住んでいなければ食べられなかった。その4 [続きを読む]
  • 「SNS映え(インスタ映え)」と「フォトジェニック」
  •  ちょっと前まで「インスタ映え」「SNS映え」などと言っていたが、最近は「フォトジェニック」と言う人が多い。 「インスタ映え」は SNSの「Instgram」に写真を公開した際に見栄えが良い、という意味。フォトジェニック(photogenic)は、写真写りが良い、写真向きであるという意味の語。同じようだが、ちょっと違う。 例えば「インスタ映えするフォトジェニックスポット」などという具合に使い分ける。 この2つを融合して「 [続きを読む]
  • いなば製麺「まぜそば」の食べ方
  •  上越市下荒浜の国道8号沿いにある「いなば製麺」で初めて「まぜそば」を食べた。この店の人気メニューだという。開店したのは2年前で、今までローストビーフ麺や醤油ラーメンしか食べたことがなかった。 まぜそば(2玉・690円)に牛骨スープ(50円)を付けた。運ばれてきて驚いた。直径30cmもある大きな器に入って出てきたからだ。まるですり鉢のようだ。とにかくでかい。 中太の自家製麺に、トッピングはチャーシュー2枚、角 [続きを読む]
  • 「菩提樹」じゃなくて「冬菩提樹」だった
  •  朝、ランニングで通る「はね馬アリーナ」前の歩道。数日前から、通り過ぎるとき、何とも言えない甘い香りが漂ってくる。舗装部分には花がたくさん散らばっている。 香りはニセアカシアに似ているが、もう少し上品で清楚というか、気持ちが華やぐ甘さだ。 この花を、今から2500年前、お釈迦様が宇宙の真理を悟った場所にあった木、菩提樹だとばかり思っていた。 でも、悟りを開いた木にしては、ずいぶん甘い匂いだ。これじゃ、 [続きを読む]