yasu さん プロフィール

  •  
yasuさん: 軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ハンドル名yasu さん
ブログタイトル軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ブログURLhttp://8446.blog79.fc2.com/
サイト紹介文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、趣味などについて書きます。
自由文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、映画、マラソン、楽器(ギター、ウクレレ、ピアノ)、音楽鑑賞、本、民俗(方言、伝説)、言葉遊び(回文など)、絵画鑑賞、パソコン、食べ物、旅行などについて書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/02/17 15:31

yasu さんのブログ記事

  • 柏崎の名物「明治饅頭」食べ納め 老舗の「美野屋」5月末に閉店
  • 好きな饅頭の私的ベスト3 柏崎駅前にある老舗和菓子店「美野屋」の「元祖 明治饅頭」は、好きな饅頭の私的ベスト3に入る。以前に書いたことがあるが、ベスト3は次の通り。 (1)板倉区の小林堂「又右衛門まんじゅう」 (2)柏崎市美野屋の「明治饅頭」 (3)野沢温泉ふきやの「栗入り温泉まんぢう」 その「明治饅頭」がなくなってしまう。売上の減少と、後継者不在が閉店の理由だという。売上はピークの5分の1というから深刻 [続きを読む]
  • 上越文化会館で辻井伸行ピアノコンサート
  • 初めて聴く辻井さんのバッハ 昨年12月に行列してやっと手に入れたチケット。今日は待ちに待った辻井伸行さんのピアノコンサートだ。今回の日本ツアーは、昨年12月14日の愛知県から始まり、上越は終わりから3番目。3月29日に北海道でのコンサートで終わる。全国20か所しかやらないコンサートに上越市が決まったのは幸運だ。ローソンチケットなどは瞬時に売り切れたので、おそらく市外、県外の人も多かったことだろう。 さて、今回 [続きを読む]
  • 五十嵐圭は甘党か?ヤマザキランチパック新製品
  •  3月1日に発売されたヤマザキランチパックの新製品「はちみつマーガリン」(138円)と「鶏そぼろ&たまご」(160円)を食べた。プロバスケの新潟アルビレックスBBに所属する五十嵐圭が商品開発した製品だという。 商品開発といっても、人気選手の名前を借りたようなもので、五十嵐選手の好物を製品に仕立てただけのものだろう。五十嵐選手の好きなパンケーキと、鶏そぼろ丼をイメージして作られたようだ。 五十嵐選手は36歳だけ [続きを読む]
  • 三宝亭が創業50周年 餃子が半額
  •  会社から近いこともあり、上越市四ヶ所の三宝亭をときどき利用する。三宝グループが今年4月で創業50周年の節目を迎えることから、「餃子50%オフ」をやっている。それも新潟県内限定だ。ジューシーでうまい餃子が6個で150円(税込み162円)と安い。公式サイトを見てもいつまでやっているか書いていない。終わらないうちにと、食べてきた。 餃子だけというわけにはいかないので、ラーメンを注文したが、3月17日に新発売した「ス [続きを読む]
  • 上越映画鑑賞会 結成40周年記念パーティー
  • 1976年結成 例会はもうすぐ200回に 上越映画鑑賞会の結成40周年の記念祝賀パーティーが昨日19日、上越市の高田ターミナルホテルで開かれた。確か、20周年と25周年記念の記憶があるが、今回は40周年である。なんと、ゲストに上越ロケの映画「ふみ子の海」の近藤明男監督と、この映画に出演した女優の高橋惠子さんが駆けつけたのだ。↓入場する高橋惠子さんと近藤明男監督 さて、上越映画鑑賞会は結成した1976年10月に「若者たち [続きを読む]
  • 村上春樹ワールドが全開!「騎士団長殺し」第2部
  • 「音楽」「料理」「セックス」の三拍子 物語の脇を固める「音楽」「料理」「セックス」のオンパレード。「美男美女」「金持ち」「映画」も必須の要素だ。今回は「絵」がその核心を成す。まさに村上春樹ワールドが全開の物語だ。第1部はミステリー的な面白さが際立っていたし、第2部は地下の「メタファー通路」の冒険譚、まりえの邸宅忍び込みなど、ハラハラドキドキのスリルが味わえた。 第2部は、「私」が逸色に頼まれ、肖像画 [続きを読む]
  • 抹茶クリームサンドパン
  •  今日3月18日は、語呂合わせで「サンドパン」の日ということで、上越市南高田町の小竹製菓で、抹茶クリームを塗った「抹茶クリームサンドパン」を限定発売した。 午前10時からの発売で「1人3個まで」の制限付きだったが、10分で売り切れた。なんとか、1個を買ってきた。↓外見は普通の「小竹のサンドパン」と同じ↓片面がバタークリーム、もう片面が抹茶クリーム 抹茶クリームサンドということだが、片面は通常のバタークリーム [続きを読む]
  • ダブルで香る三和区・米本陣の「酒粕ラーメン」
  • 冬季限定!体が温まるよ↓酒粕ラーメン(大盛り) 上越市三和区の「ネイチャーリングホテル 米本陣」のレストランに、冬季限定メニューがある。8年前から始めた人気の「酒粕ラーメン」で、毎年1月から春頃まで提供している。市街地からずいぶん山の上まであがらなければいけないが、その分、ゆっくりした気分で食事ができる。↓レストランからの眺め↓レストラン内雪中梅の酒粕を使用 三和区の名酒「雪中梅」の酒粕がたっぷり入っ [続きを読む]
  • 秘密のケンミンSHOWに「栃尾の油揚げ」
  • 栃尾の油揚げがメジャーになるか!↓16軒ある油揚げの店 今日午後9時から放送した「秘密のケンミンSHOW」で、長岡市・栃尾の「ジャンボ油揚げ」が紹介された。今年1月に栃尾を探訪したばかりで、その際に食べた毘沙門堂本舗、佐藤豆腐店の油揚げが紹介されていた。みんなが「おいしい」「うまい」の大合唱。見ていたら、栃尾の油揚げが食べたくなった。↓スーパーでは主力製品油揚げは料理の主役 町の声を拾っていたが「(油揚げ [続きを読む]
  • ラーメンだけどケーキ?
  • ↓まだ凍っているラーメンケーキ ホワイトデーに娘の所に送ったら「ラーメンが凍ってるの?」と、写真とともに返信のLINEが来た。本当のラーメンだと思ったんだろうか。「甘いラーメンだよ」と返信したら、ケーキだと分かったようだ。 これは駅前食堂ラーメンケーキシリーズ第1弾で「ラーメンケーキ」という商品。ケーキと言われても疑いたくなるほどラーメンにそっくりだ。 今回は4個買ったのだが、自分用に1つ買えば良かった [続きを読む]
  • 魚ぶし家の「あさり香る塩らーめん」
  • 麺入りあさりスープ? 端的に言うと「麺入りあさりスープ」である。ラーメンを食べているというより、スープを味わうという感じ。あっさり系ラーメンの極地とでもいうべき味わいで、最後の一滴まで味わえる。 このラーメンを出しているのは、上越市富岡のパティオ2階にあるラーメン店「魚ぶし家」。2015年10月下旬にオープンした直後に入っただけで、今回が2回目。順番待ちの客もいて、そこそこ客が入っているようだ。香りの良さ [続きを読む]
  • 原信西城店の最後を見届けた
  •  上越市の原信西城店が今日、午後7時で閉店した。閉店セールをやっているかな、と思って店内を覗いてみたら、生鮮三品が並んでいただけで、あとはほとんど商品がない。閉店を前に売り尽くしセールをやっていたらしい。 この規模の店を回すには、100人ぐらいの従業員が必要らしい。ここの従業員は今月25日にオープンするナルス高田西店に行くようだ。 採算が合わないのは分かる。徒歩か自転車で来る高齢者の客が多いので、客単価 [続きを読む]
  • ザ・グランスイートの「スイーツバイキング」
  •  空にそびえ立つ大聖堂がある結婚式場「ザ・グランスイート」のスイーツバイキングに行ってきた。平日はサラダ食べ放題ランチ、土、日曜はスイーツバイキングランチである(火曜、水曜は休みだし、土日でもやらない日がある)。 以前、このスイーツバイキングランチに行ったら、満席で断られたことがあったので、今回はリベンジである。スイーツバイキングなので、男は入りづらいが、一緒に行く人がいたので、そのチャンスに乗じ [続きを読む]
  • 村上春樹「騎士団長殺し」第1部読む
  • 今日は丸一日「読書の日」 発売日の2月25日に買ったのに、1日20ページほどしか読めなくて、筋書きも良く分からなくなってしまっていた。ずいぶん評判が良い村上春樹著の「騎士団長殺し」である。今日は休みで、何の用事もなく、家人もいない。丸一日、読書に充てることに決めていた。 細切れに少しずつ読み進めていたが、頭の記憶も細切れになってしまったので、思い切って、最初から読み直した。午前中3時間、午後からも3時間読 [続きを読む]
  • 日曹のラッピングトレイン
  •  昨年10月4日から、えちごトキめき鉄道に走っている日本曹達のラッピング列車を、高田駅で初めて見た。列車は2両編成で、2020年の日曹の設立100周年をPRしている。 車体のデザインは原案を中郷中学校の3年生が考えたという。 春夏秋冬が描かれていて、春は桜と新緑、夏は海と花火、秋は紅葉、冬は雪とスキーである。 日本曹達は1920(大正9)年に設立され、二本木工場もこの年に操業を始めたという。創業100年というのは、企業 [続きを読む]
  • サクランボのパイ「タルトモンタニエ」
  • ケーキはみかけによらぬもの 上越市春日山町3のケーキ屋さん「ラ・ソネ菓寮」で、3日間の限定発売をしているサクランボのパイ「タルトモンタニエ」を食べた。 タルトだからフランスのお菓子だ。小さいタルトだし、表面は白い砂糖がのっていて、豪華には見えない。なのに300円(税別)もする。これじゃ、店頭に並べておいても売れないだろうな。 というのは、このケーキは創業者の曽根さんが第一線を退いて、「本当に作りたかっ [続きを読む]
  • 白石和彌監督のロマンポルノ作品「メス猫たち」
  • ドキュメンタリー風のロマンポルノ【評】★5つが最高★★★ 「凶悪」(2013年)の白石和彌監督のロマンポルノ作品「メス猫たち」。2月に高田世界館で見た映画だが、ほかにいろいろ書くことがあって、今頃書くことになってしまった。↓白川和子も出演 池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の女の日常を追った映画である。ネットカフェで寝泊まりする主人公・雅子を演じたのは井端珠里。濡れ場にも果敢に挑戦し、本作が映画初主 [続きを読む]
  • 「柳下美恵のピアノdeシネマ」でロイドの無声映画
  • ↓ピアノ伴奏の柳下美恵さん 高田世界館では昨年10月に坂本頼光さんの弁士によるハロルド・ロイドの代表作「ロイドの要心無用」をやったばかりだが、今回は「ロイドの福の神」(1926年/アメリカ/53分)の上映だ。 今回は弁士ではなく、ピアノの生伴奏のみ。無声映画だが、字幕が出るので大丈夫だ。 伴奏の柳下美恵さんは、サイレント映画を専門にやっているピアニストだという。ステージには電子ピアノが1台置かれていて、映画 [続きを読む]
  • 宮沢りえ、杉咲花が熱演 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」
  • 【評】★5つが最高★★★★宮沢りえが3度目の最優秀主演女優賞 昨夜行われた第40回日本アカデミー賞授賞式で、「湯を沸かすほどの熱い愛」で親子を演じた宮沢りえと杉咲花が高い評価を得た。なんと、宮沢りえが最優秀主演女優賞、杉咲花が最優秀助演女優賞と新人俳優賞のダブル受賞だった。この映画は高田世界館で上映越中であり、見たばかりだったのですごくうれしい。 最優秀主演女優賞は、黒木華の「リップヴァンウィンクル [続きを読む]
  • 城下町高田ひなめぐり
  • 今日はひな祭り 今日はひな祭り、桃の節句だ。↓あすとぴあ高田↓上越妙高駅 上越市で「城下町高田ひなめぐり」が今月13日まで行われている。商店街の35店舗の軒先にひな人形が飾られ、各店舗の自慢の人形を見学することができる。3年前に始まって、けっこう定着したと思う。村上市の「町屋の人形さま巡り」にはかなわないけれど、長くやっていれば、定着すると思う。 昨年は、宇喜世に行ったりして、いろいろ見て回ったが、今 [続きを読む]
  • 上越市飯にできた熟成肉の店「コルト」
  • おしゃれな店にびっくり↓店の名前が「牛」の顔になっている! 上越市飯の高田西ショッピングセンター内に、1月中旬にオープンしたばかりの「コルト」にランチを食べに行ってきた。イチコ高田西店の近くにあるブラウンの店なのですぐに分かる。とてもおしゃれな建物で、内部もアンティークとウエスタンが混ざっている内装だ。 夜は熟成肉を使ったメニューで高級志向だが、ランチは熟成肉というわけにいかないが、軽な価格で食べ [続きを読む]
  • 面白いのだが……「マグニフィセント・セブン」
  • 【評】★5つが最高★★★一応は面白いけれど 黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、この作品を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(1960)という2つの名作の存在はあまりにも大きかった。一応、「荒野の七人」のリメイクのようだ。一応おもしろいのだが、大きな壁に跳ね返されてしまった。 せっかく、2つの名作に挑戦したのに、西部劇というのはどうだったのか。どう [続きを読む]
  • 「午後の紅茶×ポッキー」のコラボ
  • 2つを口の中でミックスすると? 「午後の紅茶」とポッキーのコラボ第3弾。第1弾は「アップルパイの味わい」、第2弾は「レアチーズケーキの味わい」だったという。1弾、2弾とも味わっていないけれど、2月21日に登場した第3弾からの紹介である。 パッケージを並べるとハートマークが現れる。午後の紅茶は「クリーム忘れた」、ポッキーは「いちご忘れた」という想定で、2つが補いあうことで、ショートケーキ味になるという。ほんと [続きを読む]