風雅 聖 さん プロフィール

  •  
風雅 聖さん: 愛すべきダメっぽけな生活
ハンドル名風雅 聖 さん
ブログタイトル愛すべきダメっぽけな生活
ブログURLhttp://riamarinerouge.blog.fc2.com/
サイト紹介文ごった煮ブログ。2011年・2017年に乗組員増加。まったり育児&ダメでちっぽけな生活中。
自由文おかしな相方氏との生活公開中。レシピやら駄文を書き殴る変態のブログです。時々マジメっぽい事もつぶやきます。コメントをいただくと小躍りして喜びます。不審者注意。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/02/19 11:04

風雅 聖 さんのブログ記事

  • 去っていく理由、去らざるを得ないワケ。
  • もう数年前からだけれど、頭の片隅にいつも離職という選択肢がちらついている。私は近年話題に上ることも多い保育士として資格を持って働いている。息子が生まれる前までは正社員だったけれど、今はパートタイマー勤務だ。仕事は好きだ。落ち込むことも多々あるけれど、仕事は楽しいしやりがいがある。職場側も私が希望すれば即座に正社員にしてくれる用意があるらしい。子を持って就職活動をするのはとても大変なので、受け入れて [続きを読む]
  • それとなくデジャヴ。
  • 息子・くぷ氏に「片付けて」と言ったら、妙に楽しげに行動し始めたのでおかしいとは思っていた。「できたー!」と言われ、ふと見たらこんな状態。バズ、奴隷状態。何年も前に相方氏がこの手のイタズラ(?)をよくしていたのを思い出した。血は争えないってか…親子だなあ。。〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜ランキング参加中ですっヾ(゚д゚)ノ゛にほんブログ村Twitter活動中!ふぉろーみー! → @hijiri_ria〜・〜・〜 [続きを読む]
  • 名付けにまつわる最終記。
  • 娘の産後、退院してから1週間実家に滞在した。息子を毎日1時間近くかけて保育園まで送ってくれたことには本当に感謝している。娘の名前を最初に伝えた時、母は冗談だと思ったらしい。実家で娘と対面し「あ、本当だったんだ」と気付いたとか。一応断っておくけれど、決してとんでもない名前をつけたわけではない。母もそこには同意していた。というより、「普通すぎる」という理由で冗談だと判断したらしい。どういうことやねん。 [続きを読む]
  • 春に背負うは夢希望。
  • 4月頃から義父さんがずっと息子のランドセルを気にしてくれていた。「最近はランドセルも人気商品は争奪戦で〜」なんて世間話的に話したものだから、気が気でなかったらしい。こんな事を書くと各方面から叱られたり呆れられそうだけれど、正直男の子用のランドセルの違いがよく分からずにいた。色の選択肢も少ないし、デザインもそう大きく変わらないように思えた。息子を何度か販売店に連れて行ったが、彼にも違いが分からない様 [続きを読む]
  • 千里の道を牛歩にて。
  • 相方氏の出勤に合わせて、毎日のようにお弁当を作っている。Twitterに写真を載せてるのでここでは割愛料理は嫌いではないけれど得意とは言えない腕だし、正直「生きられればいいか」としか思えないズボラなので出来栄えは今ひとつ以下だったりする。元来食事に興味のない相方氏は文句を言わないタイプなので助かっているけれども。しかしながら。Twitter上には料理上手さんが山ほどいて、お弁当や食事の写真を見るたびに感動すら覚 [続きを読む]
  • つわりから出会いまでの戦い記録。
  • 命の始まりのお話。つわりや無痛分娩の事を書き残しておきたいと思う。ちょっと痛い話も含まれるので、嫌な方は回れ右推奨。できたら男性の方にも読んでもらえたら、こんなヤツもいたのかと思ってもらえたら嬉しいです。〜〜〜〜〜第1子・息子の時。忘れもしない、運動会(仕事)の日。待機時間に体育座りをしている時にふと「あ、子どもができたかもしれないな」と思った。普段は仕事中に自分のことを考えられるほど器用ではないの [続きを読む]
  • 人それぞれの美学。
  • 私は息子も娘も無痛分娩で出産した。息子の時はまだまだ無痛分娩という言葉すら知らない人も周囲には多く、親や親戚達には非難もされた。痛みから逃げた臆病者だとか根性なしだとか甘ったれだとか、それはそれは散々な言われようだった。娘の時になると周知はされてきたがまだ少数派で、折しも医療事故が続けざまに報道された時だったこともあり過敏になる人もいた。もしも事故にあったら息子はどうするのかと先の見えない話を長々 [続きを読む]
  • 親になる、その一歩。
  • 息子・くぷ氏が生まれた後、相方氏から言われた事がある。「実は子どもって大嫌いだったんだよね。」と。話すどころか近寄るのも視界に入ることすら嫌だと思うくらいの子ども嫌いだったとか。そんな話をした事がなかったので正直ビックリした。彼曰く、自分に子どもができたと知った時から世間一般とはちょっと違った方向性にパニックだったらしい。触ることすらできない存在が家の中にいるという状況は想像すらできないものだった [続きを読む]
  • ポテトなんかじゃない。
  • 娘っ子が生まれた時のお話。生まれて間もなく、まだ名前がなかった頃の娘っ子。私の中に候補の名前はあったけれど、なんとなく相方氏に伝えられずにいた。名前に纏わる息子と私の話はコチラ → 『難しくも楽しい大問題』昔から「生まれた子の顔を見て決める」という方法がある事はもちろん知っていた。字画による姓名判断をまるっきり信じていないので、考えるのは響きと字義と多少の字面くらいか。そう思いながら娘っ子と向き合っ [続きを読む]
  • 勇者にまつわるエトセトラ。
  • みなさん、勇者はじめましたか?もしくはもう勇者納めましたか?こちら、ソフトだけが手元にある状態(開封済み)ですが一向に旅には出られていません。そりゃ赤子がいたら難しいでしょー、とか思うでしょ?違うんだなー。(何様)発売日が決まる前から欲しい欲しいとアホみたいに繰り返していた私。数年前に発売されたドラクエ8は相方氏に呆れられるほどにやり込んだ。今回もやり込む気満々だった。でも赤子がいるし、プレイできなか [続きを読む]
  • ニヤニヤしていた1ヶ月。
  • 早いもので、子が生まれてから1ヶ月が経とうとしている。新生児との生活は激動といえば激動だけれど、2人めだからか何故かどっしり構えられていて、息子・くぷ氏の時より楽に感じたりもしている。くぷ氏の乳児時代は本当に手探りな部分が多くて慣れない生活にイライラする事が多々あったけれども、今は子の顔を見て「かわいいなあ」とニヤニヤできるくらいには余裕がある。子どもが2人になると今まで感じることのなかった不自由さ [続きを読む]
  • くぷ氏、復活す。
  • 息子の術後経過もよく、もうほぼ以前通りの生活に戻っている。心配していたけれど「やってよかった」と実感できる瞬間も多い。手術前に言われたことのひとつに「術後は食欲が増進します」と言うのがあった。自分が体調不良やらですっかり忘れていたけれど、最近保育園の先生に言われて思い出した。で。元々よく食べるタイプだったのに最近はもう情け容赦なく食べる。毎食がバイキング。毎日がスペシャル。保育園でもおかわりをもら [続きを読む]
  • 手術を振り返って。
  • 4月末に予定していた息子・くぷ氏の手術が無事終了した。今回はそのレポを。痛い話が苦手な方は回れ右推奨で。〜〜〜〜〜検査に次ぐ検査を経て、入院。手術は『アデノイド及び扁桃腺の切除』ってヤツで、子どもの耳鼻科手術の中ではメジャーなものらしい。よく熱を出す・中耳炎になりやすい・睡眠時に爆音のいびきや無呼吸があるというお子さんに行われる手術だとのこと。手術当日。お気に入りのぬいぐるみを抱えて手術室に歩いて [続きを読む]
  • 悲しみが転がっていくのを待っている。
  • ちょっと重めのくぷ氏のお話。〜〜〜〜〜虫歯ではないけれど乳歯を次々失い続ける病気の息子は少し前から食事に難を抱えていて、それを些少でも補うために口腔内装置を入れていた。簡単に言えば入れ歯のようなものだ。数日前。それを保育園でなくしてきた。家でも探しているし保育園でも探してもらっているけれど見つからない。口の中に入るくらいのサイズの物だし、見つかりにくいとは思う。保育士さんが歯磨きの後にきちんと口内 [続きを読む]
  • 甘めのカメを携えて。
  • 「おじいちゃんが ちけっと くれた!」と息子が嬉しそうに報告してくれ、ずっと楽しみにしていた水族館に行ってきた。春休みだからか、スタンプラリー開催中。ウキウキでスタンプを探す息子。台紙の裏にご褒美のシールが最初からついていたのでどこかに並んだりする事もなく快適。ゴマちゃん(大人)を見つけて大はしゃぎ。水槽の中を行ったり来たりするのに合わせて一緒に移動する5歳児。ペンギンやイルカも楽しみながら見ていた。 [続きを読む]
  • 備えておかなきゃ、温かさ。
  • 大震災からもう6年。あの時胎内にいた息子もすっかり大きくなり、時の流れを感じたりする今日この頃。家にある非常時用の食料がちょうど替え時だったので、いい機会だと思い息子と食べてみることにした。まずは開封。中に入っているスプーンと脱酸素剤を取り出してお湯をざばぁ。非常時は水でもできるらしいけれど、今回は試しだしお湯で時短。ちなみに今回はこちらの商品。お湯なら20分、水なら60分待つだけ。待っている間に [続きを読む]
  • はんどくりえいと。
  • 最初にお断りしておきますが、ちょっと気持ち悪い写真があります。私が見た時も相当に気持ち悪い写真だったんですけど、自分ひとりのライブラリに置いておくと消化不良を起こしそうなのでここに貼り付けておくことにしました。道連れとか八つ当たりとかそんなようなモンです。〜〜〜〜〜ある夜。相方氏が私のiPhoneで遊んでいた。写真を撮っている感じではあったけれど、別に減るモンじゃなしと放っておいた。数分後。相方氏が爆笑 [続きを読む]
  • 意見調整が最大の課題弁当。
  • 息子の遠足がある。普段保育園に通っているので、年に1回だけのお弁当デーだ。私自身が母力作のキャラ弁(当時はそんな言葉なかったけれど)で育ったためか、子のお弁当に対する夢というかやる気が相当あったりする。本当は毎日でも作って持たせたいんだ!が、しかし。息子はもっとすごかった。お弁当のリクエストを聞いたんだけれど。・カレー・ウインナー・うなぎ・餃子・トマト・ピーマンとちくわのきんぴら・手羽元の照り煮・ブ [続きを読む]
  • 難しくも楽しい大問題。
  • とある日。二人でてくてくと歩いている時に息子が突然に。「あかちゃんの なまえを かんがえたんだけど。」と言い出したので詳しく聞いてみた。女の子の確率が高いらしいという事は息子にも伝えてはあったので、ちゃんと女児の名前を考えていたらしい。唐突に伝えられた名前は伏せるけれど、その名は私が考えていた候補のひとつと全く同じだった。なぜその名前にたどり着いたのか尋ねたら「だって かわいいじゃん。」と言われて何 [続きを読む]
  • 赤子と少年の隙間に落ちる。
  • とある休日。あまりにも家の中が静かであることにふと気づいた。…息子は…?寝落ちしてた。…赤ちゃんじゃないんだからさ。こんな場所で突然の充電切れって。なんだかんだ言ってもまだまだお子様なのですね。〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜ランキング参加中ですっヾ(゚д゚)ノ゛にほんブログ村Twitter活動中!ふぉろーみー! → @hijiri_ria〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 [続きを読む]
  • レンコンとピーマンでお食事を。
  • 少し前にも書いた気がするけれど、料理レシピを見つけては試してみるのが最近の趣味だ。だからって別に料理上手なわけではないんだけれど、なんとなく楽しんでやっている。長時間の外出はできないし、程のいいお遊びみたいな感覚で。ある日の夕食。・ごはん・味噌汁・根菜と厚揚げの煮物・キムチ・大根の和風ナムル・ピーマンとちくわのきんぴらね。別に普通の夕飯ですよ。ピーマンとちくわのきんぴらは最近作るようになったメニュ [続きを読む]
  • それでもピンクは避けていたい。
  • 1ヶ月ぶりに産科検診に行った。心配していた体重も医師の指示通りに収まりホッとしたものの、考えてみればあと数ヶ月こんなキリキリした生活をしなければならないのかと脱力してしまった。試合が近付いていくるボクサーってこんな心境?医師に「次回の検診までに増やしてもいい体重は500g?です。」と言われ、衝撃が走った。グラム?!ステーキかよ!まあ今回の検診を乗り切れたことを考えると食生活は現状維持でいいっぽいので [続きを読む]
  • 明るい未来に花束を。
  • 友人に会った。彼女とはもう20年くらいの付き合いだけれど「話したいことがある」と呼ばれたのは初めてだった。なんとなく。いい話の予感を抱えつつ、数ヶ月ぶりの再会。婚約してた。ゼクシイ重かったよー、とか新居決めないと!とか結婚式の準備で大忙しだよ!とか話すその表情がとても嬉しそうだった。彼女の結婚式と私の出産予定がまさかの丸かぶりで当日ドレス姿を見る事は出来ないけれど、病院から式場の方角に向けて手を振 [続きを読む]
  • 息抜きと背中合わせの罪悪感。
  • 体重制限を課せられている真っ只中です。「ホルモンの影響とか本能的なもので大量に食べたくなるけど、食べちゃダメ!」という人体の構造に逆らうよう言われるのもストレスだったりするのです。で。食べたった。そうそうイイ子でばかりはいられな〜い! ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・たまーにならいいじゃない!と自分に言い聞かせながら、また頑張ろうと思い直す今日この頃なのでした。〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜ラ [続きを読む]