Yoji さん プロフィール

  •  
Yojiさん: セルフ塾のブログ
ハンドル名Yoji さん
ブログタイトルセルフ塾のブログ
ブログURLhttp://selfyoji.blog28.fc2.com/
サイト紹介文セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。
自由文 行動分析学のスキナーが開発したプログラム学習に興味があり,独学できる教材を作っています。
 さんすう,数学では,理解を重視する「水道方式」に興味があります。
 自分で学べる,それも理解を重視しながらにこだわっています。
 著書「プログラム学習英語中1レベル」
「同中2」「同中3」(東銀座出版社)
「わかるできる解ける中学数学1年」
「同2年」「同3年」(以上民衆社)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/02/19 11:42

Yoji さんのブログ記事

  • 「及」は、ノ + 廴(えんにょう)
  •  漢字の学習書を作っています。漢字を構成する部品を学んでからその漢字を学ぶという方式。 そのため最近は意識しなくても漢字を見ると分解する癖がついているようです。 先日「及」の漢字を見たとき、それに、廴(えんにょう)が含まれていることに気づきました。 「及=ノ+廴」です。 自分では大発見だなと思っています。 廴の成り立ちは 十字路の半分の形で、下が横に長くのびたもの。 「長くのばす」「進む」という意 [続きを読む]
  • 尸の部の漢字の尸には「人が死んだ体」と言う意味は含まれない
  •  尸(かばね、しかばね)と言うのは人が死んで体を横たえている様子を描いた象形文字だそうです。 尸は漢字の部首の一つです。 例解学習漢字辞典では、尸の部に含まれているのは 尺、尼、尻、尽、局、尿、尾、居、届、屈、屋、展、屑、屏、属、層、履 の17文字。 ただこれらの尸の部分は「死んだ体」には関係ありません。尻、尿、尾、居、展、の尸の部分の意味は、「おしり」です。属、は、しっぽ。人の体やそれに近い説明が [続きを読む]
  • 雨が降らなくても僕は大丈夫
  •  東京などでは長雨が続いて大変なようです。 でも、ここ沖縄は雨が降りません。もう何日も。 最近の挨拶は「雨が降りませんね」です。 農業をしているシュウさんに「雨が降らないね」と語りかけると、 「本当に大変だよ。雨が降らないから(野菜に)水をかけなければいけない」とのこと。 彼がホースで一つ一つの野菜に水をかけるのが目に浮かぶようです。そして、その後うまそうにビールを飲むのも。 彼が言いました。 「 [続きを読む]
  • 學、與、覺は新字体(学、与、覚)になり、興は取り残された
  • きのうは、興は、??+同+一+ハを書きました。 ??をふくむ常用漢字は、ぼくが調べたところでは、「興」だけです。 どうせ、「??」を学ぶなら、もっと別の漢字もあればいいのに、と思います。そのほうが覚えやすい。 ところが、戦前はあったのです。 学、与、覚の旧字体は、學、與、覺です。 それらには、「??」がふくまれています。 これらの漢字は、めんどうな文字なので、簡単にしたのですね。 しかし、それなら [続きを読む]
  • 興は、??+同+一+ハ
  •  「興」も説明が面倒な漢字です。 興味、復興などの熟語に使われます。 沖縄には野球の名門、興南高校があり「興」の字はなじみです。今年の夏の甲子園では第1回戦で敗れてしまいました。 さて「興」を漢字辞典で引くと、部首は「臼」になっています。 そう言われると、「同」の左右は「臼」に似ています。 「臼」は中学で学ぶ漢字です。 そして、例解学習漢字辞典には「臼」の部には「臼」と「興」しか載っていません。  [続きを読む]
  • Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生」にアマゾンカスタマーレビュー
  •  Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生」にアマゾンカスタマーレビューがつきました。高い評価です。うれしいですね。ありがとうございます。5つ星のうち 5.0 おすすめ, 2017/7/23投稿者 Amazon カスタマーAmazonで購入(詳細)レビュー対象商品: ひとりで学べる算数 小学6年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))おすすめです。あまり親が教えなくても子供だけでも出来ます。この本を早くから欲しかったで [続きを読む]
  • 漢字「飛」の覚え方・・・「てくてく歩いて升を飛ばす」
  •  漢字の学習書を作っています。 何よりも分かりやすく覚えやすい方法を考えています。 「飛」 これはどう説明したらいいかとても難しいです。  まず一画目がどういう形なのか説明するのが難しい。 いろいろ考えて、強いて言えば「乙」かな、という感じ。 「九」の部首が「乙」なので、飛の1画目も「乙」でいいかも。 あるいは「て」 書き順の通りにいうと 「乙(て)→小さなノ→点→立てぼう→ノ→立ノ→乙(て)→小 [続きを読む]
  • 辺野古新基地建設阻止県民大会に参加・・・熱中症で倒れる人を目撃
  •  昨日は奥武山公園で辺野古新基地建設阻止の県民大会があり、参加しました。 何としても新基地の建設を阻止したい、その意思表示をしておかなければいけないと思っての参加です。 一人ひとりの力は小さいのですが、それが集まれば、ぼくをふくめて、阻止したいと思っている人達の気持ちを奮い立たせるでしょう。 また、日本政府への圧力にもなるはずです。 とてもとても暑い日でした。ひなたに立っているとぼーっとしそうです [続きを読む]
  • 漢字の部品の合計と漢字の形は、まったく同じではなくていい
  •  漢字の学習書を作っています。その漢字を構成する部品を学んでから漢字を学ぶという方式。 漢字は色々な部品でできています。でも、その部品の合計の形とその漢字の形は、まったく同じ形ではなくてもいいです。 例えば「美」 この字は「羊」と「大」とでできた文字です。 藤堂明保編「例解学習漢字辞典」の美の成り立ちには 羊と大きいと合わせた字。形のよい見事な羊のこと とあります。 ところが、「羊」と「大」をその [続きを読む]
  • 沖縄はなぜ夏に本土より気温が低いか
  •  琉球新報4日付の声に「沖縄は本土より南方に位置し、本土より暑いはずだが、夏は本土の方がずっと暑い。不思議だ」との投稿がありました。 地球上の南北の位置を示す値を緯度と言います。気温は緯度によって大きく影響されます。でも気温は緯度だけで決まるものではありません。 まず水。水は温まりにくく冷えにくい物質です。沖縄は海に囲まれています。だから夏になっても気温があがりにくいのです。それに比べると海から離 [続きを読む]
  • 漢字の学習書、最初は書き順はこだわらず
  •  漢字の学習書を作っています。どのような部品でできているのかを学び、その後漢字を学ぶ、というものです。 さて、そのようにすると書き順通りにはならないことがよく出てきます。 例えば国。 これは、囗(くにがまえ)と玉(たま)でできていますね。 だから僕は次のようにな覚え方を考えています。 「玉(王さま)を囗(囲ん)で、国を作る」 (この場合の玉は王様になります) 国の書き順は、囗の1,2画が先で、そして [続きを読む]
  • 右手を表す部品のひとつは「??」で、左手を表す部品も「??」
  •  きのうは「右手を表す漢字の部品3種(ヨ、又、??)」を書きました。 その中の一つは「?」ですね。それを一応頭においてください。 きょうは「左手」です。 例解学習漢字辞典(藤堂明保編)にある「左」の成り立ちは次のようになっています。 左手と工(しごと)とを合わせた字。工作のとき、物を支えてやる「ひだりて」のこと 「左」の「エ」の部分は「しごと」という意味です。 そして「??」の部分が「左手」とい [続きを読む]
  • 右手を表す漢字の部品3種(ヨ、又、ナ)
  •  「手」はもちろん、「て」を意味しますね。ハンドです。 「扌」は「手へん」で「て」を意味します。 この手と扌には、左右の区別はありません。 右利きが多いせいでしょうが、右手を表す漢字の部品は、僕の知っている限りですが3種類あります。 ヨ、又、ナです。 (ヨは、本当は真ん中の線が右側に飛び出ます。ここで簡単に出ないのでヨで表すことにします。) ヨは右手を意味しますが、これだけで文字にはならず、漢字の部 [続きを読む]
  • パナソニック eneloop 充電池
  •  今家庭内では乾電池を使う電気器具が結構ありますね。 エアコン、テレビなどのリモコン、懐中電灯、電気歯ブラシなどなど。 僕の家 では電池はほとんどパナソニックのエネループの充電池を使っています。 ただし、外で使う電気器具のは雨に濡れたりする可能性があるので普通の使い捨ての乾電池です。 充電池だと使い終わっても再利用できます。電池を捨てるのももったいない気がするので、充電池の方が気分的に良いです。  [続きを読む]
  • 立ってコンピューターの作業をするように努める。
  •  前に次の記事を書きました。立ってコンピュータ作業 今朝、きょうの記事を書くために前の記事(立ってコンピュータ作業)を探したのですが、それを書いたのが2016年8月9日。もう1年になるのですね。ほんとうにあっと言う間です。 内容は、座りっぱなしでいるのは健康に悪い、と言うテレビ番組を見た、それでコンピューターの作業を立ち机にした、というものです。 さて、立ち机にしたのはいいのですが、少し不自然な姿勢にな [続きを読む]
  • 「界」の中に「介」を発見
  •   漢字の学習書を作っています。 その漢字がどんな部品でできているのか、漢字の構成を考え、その部品を先に学んでから漢字を学ぶという学習書です。 さて 「界」をよくよく見ていると、その中に「介」の 文字があるのを発見しました。 そして「界」の成り立ちを見ると 「介」は人と分ける印からできた字で、人が間に入って両側に分けること。それに田をつけて田畑を両側に分ける境目を表す とあります。 やはり「界」は「 [続きを読む]
  • 「並」は旧字体「竝」の方がよかったのでは
  •  漢字の学習書を作っています。 漢字がどのような部品でできているのか、漢字の構成を知り、それを句にして覚えるという方法です。 さて「並」。 この漢字はどのような部品でできているのか説明するのは面倒ですね。 「ソ一、たて棒2つ、ソ一」とでも説明するしかないでしょう。 さてこの「並」の旧字体は「竝」です。 漢字の苦手な僕でも「並」の字は読めるし、書けます。でも、漢字の学習書を作っていると、旧字体の方が [続きを読む]
  • 部品を詠んで漢字を覚える
  •  漢字の学習書を作っています。 学年の枠を取っ払って、部品を学んでから漢字を学ぶようにしています。 漢字を覚えるために、部品を含んだ句を作って覚える方法を考えています。 例えば、だれでも知っている 「イ(人)が木のかげで、休む」のようなもの。 その他、 「?(くさ)が化けて、花になる」 「宀(いえ)に女がいると安らぐ」 これはどこかで読んだのかもしれません。なかなか良いですね。 宀(うかんむり)が [続きを読む]
  • プロの農民が休みに入る午前10時に僕は・・・
  •  夏です。暑い。 天気予報の最高気温を見ると、沖縄より本土の方が高いのですが、直射日光は沖縄の方がずっと強い。暑いのはやはり沖縄だと僕は思っています。 さて昼間は暑いので、朝農作業をして、昼休みを早めにする人が多いです。 僕の友人のヒロ君も、朝早く、太陽が出るか出ないかの頃に起きて、畑仕事をして、そして10時頃には休みに入り、ビールを嗜むとのこと。 先日妻が道に出ると、近くの農家の人が帰ってくるのに [続きを読む]
  • 2017年7月のブログ拍手ランキング
  •  先月のブログ拍手ランキングを紹介します。先月は150回もの拍手がありました。ありがとうございます。毎日ブログを更新していますが、拍手があるとやはり励みになります。これからもがんばります。 第1位は拍手数6回の次の3つ。僕も特殊詐欺に引っかかるかも、怪文書事件!!高倍率メガネタイプ拡大鏡 1.8倍丸腰の方が安全である 「僕も特殊詐欺に引っかかるかも、怪文書事件!!」は、ぼくの恥ずかしいところです。少し落ち [続きを読む]
  • 部品を学んでから漢字を学ぶ
  •  昨日は「成り立ちにそって漢字を学ぶのは難しい」を書きました。 それでは、漢字の学習書作りを諦めたかというとそうではありません。 学習書作りの方針を変更して、作り続けます。 成り立ちは重視しますが、絶対視はしません。 次のような方針で作っています。1、基本は、教育漢字について学ぶが、必要なら、それ以外の漢字も学ぶ2、学年の枠を取り払う。3、漢字の部品になっているものを先に学んで、それで構成されてい [続きを読む]
  • 漢字を成り立ちにそって学ぶのは難しい
  •  「成り立ちにそって学べば漢字は楽しい」ということで、漢字の学習書を作ってきました。ところが作っていくうちに、成り立ちにそって漢字を学ぶのは難しい、いや無理だなと感じています。 昨日は「「囲」は「井戸の囗(まわり)を囲む」を書きました。 この「囲」の成り立ちは次のようになっています。 元の字は圍。口(もの)のまわりを右足と左足が回っている様子。それに囗(かこむ)を付けて、くるりとまわりをかこむこと [続きを読む]
  • 「囲」は「井戸の囗(まわり)を囲む」・・・だけど
  •  漢字「囲」は小学4年で学びます。 この漢字は「井」と「囗(くにがまえ)」でできているのはすぐわかります。 だから「井戸の囗(まわり)を囲(かこ)む」と覚えれば覚えやすいですね。 ところがこの「井」は常用漢字ではありますが、教育漢字ではありません。つまり中学で学ぶ漢字なのです。 だから普通は小学生に「井戸の囗(まわり)を囲む」という教え方はできません。 僕は学年の枠を取り払った漢字の学習書を作って [続きを読む]
  • 1週間は7日、7は素数だから・・・
  •  1週間はもちろん7日です。この7という数は素数ですね。 だから、7÷1、7÷7はできますか、7÷2、7÷3などは割り切れずに、余りが出ます。 1週間が7日というのは、慣れてきたせいか、適当な長さだとは感じます。 ただ素数だということは結構不便です。 僕は妻に、夏はパジャマを2日に一度は着替えて洗濯に出すように言われています。 2日に一度と言うとき、7÷2ができないので、曜日が固定されないのです。 月水金日ときて [続きを読む]
  • 朝、幹、乾、韓 の「十日十」
  •  朝、幹、乾、韓は、おなじみの漢字です。朝と幹は教育漢字で、小学で学びます。 共通点は、すぐに分かりますね。左の「十日十」の部分。 それが何かなと思って調べてみました。 もとは、「倝」のようです。幹から干を取り除いたもの。 「倝」 の意味は、 日と旗を合わせた文字。日がのぼり旗が高くひるがえるような力強い力 だそうです。「朝」 左の部分は日が昇るのですから朝のことになりますね。月の部分は単に音を表 [続きを読む]