Yoji さん プロフィール

  •  
Yojiさん: セルフ塾のブログ
ハンドル名Yoji さん
ブログタイトルセルフ塾のブログ
ブログURLhttp://selfyoji.blog28.fc2.com/
サイト紹介文セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。
自由文 行動分析学のスキナーが開発したプログラム学習に興味があり,独学できる教材を作っています。
 さんすう,数学では,理解を重視する「水道方式」に興味があります。
 自分で学べる,それも理解を重視しながらにこだわっています。
 著書「プログラム学習英語中1レベル」
「同中2」「同中3」(東銀座出版社)
「わかるできる解ける中学数学1年」
「同2年」「同3年」(以上民衆社)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/02/19 11:42

Yoji さんのブログ記事

  • 沖縄口の「ウチアミ」は標準語では?
  •  昨日の夜激しい雨が降りました。 それで僕は「2階がウチアミしていないか見て来る」と言って階段を駆け上がりました。 その後ちょっと考えて、この「ウチアミ」というのは沖縄口(うちなーぐち)だろうな、大和口(標準語)ではなんと言うのかなと妻に問いかけました。 妻は「知らない」とのこと。 ネット上を探してもそれにあたる言葉は出てきません。 研究社「沖縄語辞典」を引いてみました。 「ウチアミ」(風が強く [続きを読む]
  • あいうべ体操、口テープでいびきが改善
  •  僕はいびきをかきます。特に酒を飲んだ日はかなり激しいようです。 ベッドルームで妻がテレビを見ている時、その横で僕がいびきをかくようです。自分ではわからないですね。 うるさくてテレビの声が聞こえない時には、僕をだいぶ強く小突いたようです。 あいうべ体操については前回書きました。あいうべ体操 その本を買ったのですが、そこに「口テープ」というのがあります。  起きている時はまだ意識的に口を閉じて鼻で [続きを読む]
  • あいうべ体操 
  •  だいぶ前になりますが、「しんぶん赤旗」に「あいうべ体操」の記事が載っていました。  面白そうだなと思って、それ以来実践しています。方法は簡単です。 ①「あー」と口を大きく開く②「いー」と口を大きく横に広げる③「うー」と口を強く前に突き出す④「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす ①〜④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける  というもの。  要するに、口や舌の筋肉を鍛えるということです。  そう [続きを読む]
  • 沖縄慰霊の日,、おじの霊を慰める
  •  6月23日は沖縄の慰霊の日です。 ぼくのおじ(母の兄)宜保栄もこの沖縄戦で亡くなっています。  戦後生まれの僕はもちろん栄おじを知りません。写真で見るだけです。  栄は沖縄県立第三中学校の生徒で、そこから通信隊の無線班として戦争に参加したそうです。  6月23日慰霊の日、母はおじの慰霊のため、三中学徒之碑に行きたいとのこと。母の弟妹と連絡を取り合い、みんなで行くことになりました。  母のドライバーとして僕 [続きを読む]
  • スマホのカメラを拡大鏡に使う
  •  僕のスマホには拡大鏡のアプリがついていて、時々利用していました。  さて妻が定期購読をしているハルメクはスマートフォン特集をしていました。僕にも読んで欲しいとのこと。  それで読んでいると、その中にスマートフォンのカメラを拡大鏡に使う方法が載っていました。  使い方は簡単。 カメラのアプリを開いて対象物をに向けてそして2本の指で画面に触れて広げると拡大されていきます。  なるほどそれで十分ですね。 [続きを読む]
  • 漢字は他の漢字の影響を受けながら完成していった
  •  これから書くことは僕の推理です。裏付けはないのですが、正しいのではないかと思っています。  また、十分に他の人の説明を読んでいないので、もうすでに他の人も述べていることかもしれません。  僕は漢字の成り立ちは単純に考えていました。  象形文字、指事文字が他の漢字の影響を受けずに独立してまずでき、それらの漢字を組み合わせて、会意文字、形声文字ができたと思っていたのです。基本的にはそうでしょう。  「山 [続きを読む]
  • 嘘をつく人は繰り返し嘘をつく・・・加計学園問題、萩生田光一氏の嘘
  •  塾をやってた頃に、一人の生徒が不正を犯した気配がありました。  その子は以前にも何度かそれに似た行動がありました。  それで僕は少し調べて証拠を見つけて、その子に突きつけました。  その子はすぐに認めて謝りました。 そして「もし、これが H君だったらこんなに調べなかった?」と僕に尋ねました。 Hくんはまじめな生徒です。うそをつく子ではありません。  僕は少し考えて、あえて、「そうだね。彼なら調べなかっ [続きを読む]
  • 日の光が北から射す
  •  きょうは夏至ですね。  次の写真は僕の家の二階から、西隣の家を写したものです。  西側を向いて写しているのですから、右側が北で左側が南です。  太陽の光は、ほとんど真上ですが、ほんの少し北側から差し込んでいるのがわかりますか。車の陰が左側にできていますし、建物の屋根の陰が右上から左下になっています。  太陽が北の空にあるのです。   きょうの那覇の南中時刻は12時31分とのこと。 12時半をまわった頃の写 [続きを読む]
  • ファイルを上書き保存しない
  •  高校のクラスメートSくんから、質問メールをもらいました。  ワードの長い文章の一部をコピーするが、元の文に残らないとのこと。  どうも、コピーではなく、切り取りをしているようです。 それで、コピーのやり方を教えました。  しばらくして、うまくいった、ありがとう、というメールがきました。  その返信に、こういう場合には、ファイルを上書きしないで保存する方法もあるよ、ということでメールを送りました。  ワ [続きを読む]
  • Youtube の音楽を mp3に変換しダウンロードする方法
  • Youtube の音楽を mp3に変換しダウンロードする方法をPC塾の生徒にメモしてメールで送りました。  それを少し修正して、ここに残しておきます。 1、 Google 検索で、歌手名か歌の名前を検索します。 例えば「高橋真梨子」または「五番街のマリー」 2、 「動画」を します。(検索枠の下の、すべて、動画、画像、ニュース、ショッピング、・・・・」とあるものの動画です) 3、出てきたリストの中から変換したい歌を選 [続きを読む]
  • 「当」の部首は? 「堂」は、尚と土
  •  「当」の部首は何か知っていますか?  「小」なんです。小という部首があるのは知りませんでした。  「当」の上の部分が「小」。「当」は、小+ヨ なんですね。少し角度が違いますが。  「当」の上の部分の書き順を間違える人がいますが、もともとは「小」なのだと知れば間違えないでしょうね。「小」の書き順も知らない人には効果ないでしょうが。  尚の部首も小です。  さて、「堂」は、尚と土 で できた文字なんですね [続きを読む]
  • 近藤祥司著「老化はなぜ進むのか」ブルーバックス
  •  昨日は 瞑想でテロメアを伸ばし、健康寿命をのばす  を書きました。  そのテロメアについてもう少し学びたいと思って、Amazon で「テロメア」を検索して見つかったのが近藤祥司著「老化はなぜ進むのか」です。  いい本だと思います。  細胞レベルで老化についていろいろな研究がなされていることを知りました。いろんな方面からよく研究されているのですね。  テロメアについては、クローズアップ現代で取り上げられて [続きを読む]
  • 瞑想でテロメアを伸ばし、健康寿命をのばす
  •  ちょうど1か月前に NHKクローズアップ現代+で「生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる!」をやっていました。  その内容は次のとおり 2017年5月16日(火)生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる! 私たちの細胞の中にある染色体。健康長寿の鍵とされるのは、その端にある「テロメア」と呼ばれる部分です。細胞分裂を繰り返すたびに短くなっていきます。これが老化と深い関わりを持つと考えられてきました。(中略 [続きを読む]
  • 共謀罪法が成立。人間は未来を見る目があるはず
  •  共謀罪法が成立しましたね。とても卑怯な方法で。 こんなに問題のある法律をこんな形で成立させるとは。ワジワジー  さて僕は人間は未来を見る目があると思っています。  このようなことが続くと将来においてどのようなことが起こるのか予想する力があります。  でもその力を活かそうとしない日本人がなんと多いことか。こんなアベの支持率がなぜまだ高いのか。  今の自分の生活がよければいい、それはこのままいつまでも続 [続きを読む]
  • 「色」はセックスの象形文字、子どもたちにどう教えるか
  •  藤堂明保編「学研漢和大辞典」(学習研究社)によると  色は かがんだ女性と、かがんでその上に乗った男性とがからだをすり寄せて性交するさまを描いた象形文字。セックスには容色が関係することから、顔やすがた、いろどりなどの意になる(以下略)  とあります。 英雄色を好む、好色、色魔などの色はそのような意味でしょうね 。  次の図から、それは分かります。  白川静「常用字解」(平凡社)によると、  会 [続きを読む]
  • 「虎瀬山」(とらじやま) から首里城を見る
  •  きのうは弁ヶ嶽ツアー、首里高校同期生仲間とを書きました。  弁ヶ嶽からも首里城は見えます。でも、かなり遠い。  末吉くんが、首里城を見るならもっといい場所がある。時間があるので、そこに行こう、  ということで、虎瀬山(とらじやま)に連れてきてくれました。  途中に歌人佐藤惣之助(さとうそうのすけ)の歌碑があります。 「しづかさよ 空しさよ この首里の都の宵のいろを 誰に見せやう 眺めさせやう」  末吉くん [続きを読む]
  • 弁ヶ嶽ツアー、首里高校同期生仲間と
  •  首里高校の同期生数人が2ヶ月に一度、同期生がやっているふれあい居食家志乃ぶに集まって旧交を温めています。  さる4月に集まった時に、弁ヶ岳のことが話題になりました。  わが母校首里高校の校歌は次の1節で始まります。  仰げば高し弁ヶ岳  その弁ヶ岳がどこにあるのか分からないという人が多いのです。ぼくは数回行ったことがあります。 校歌の歌詞ではよくわかるが、仰いでみても何も見えないなどなど。  それで弁 [続きを読む]
  • 民泊新法が成立。来年は民泊を始めたい
  •  琉球新報によると、民泊新法が成立したそうです。  民泊をやりたいと思っていたので、関心をもって待っていました。 民泊営業届け出でOK、新法成立 年180日、住宅地でも2017年6月9日 10:54 一般住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業基準を定めた住宅宿泊事業法が9日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。都道府県など自治体に届け出た家主は、年間180日を上限に住宅地でも民泊のサービスができる [続きを読む]
  • クビと引き換えに歪められた行政のあり方が正せるのなら本望である
  •  松野博一文科相が加計問題文書を追加調査する方針を表明しましたね。  野党議員の追求、メディアの執拗な質問、国民の声、そして、文部科学省の現役職員の証言に追い詰められての結果です。  でも、まだまだ油断できません。どんな悪だくみをしているか分かりません。政権にしがみつくことだけを考えていますから。  フェイスブック上で見つけた □[海潮音](日本海新聞 2017年6月7日)の冒頭を引用します。  「クビ [続きを読む]
  • 会意兼形声文字とは、
  •  藤堂明保の分類では「会意兼形声文字」というのがある ということを書きました。 教育漢字六書分類と藤堂明保編「学研漢和大辞典」 ウィクショナリー日本語版には、次のようにあります。会意形声文字(かいいけいせいもじ)漢字の造字法のひとつで、会意文字と形声文字の特徴を併せ持つもの。六書にはない造字法であるが、従来形声文字と分類されていたものが、その音を表す文字も類縁の文字を選んでいるという事実から造字法と [続きを読む]
  • 象形文字、指事文字、会意文字、、そして形声文字
  • 藤堂明保の分類では「会意兼形声文字」というのがある ということを書きました。教育漢字六書分類と藤堂明保編「学研漢和大辞典」  その「会意兼形声文字」について書こうと思いますが、その前に今日は、象形文字、指事文字、会意文字について簡単に書き、そして形声文字の説明をします。  「象形文字」というのは多くの人がよく知っていますね。 「 山」は山の形からできた漢字です。 また、「木」は木の形からできた漢字で [続きを読む]
  • 教育漢字六書分類と藤堂明保編「学研漢和大辞典」
  •  教育漢字の学習「成り立ちにそって学べば漢字は楽しい(仮題)」を作っています。  最初は白川静の漢字の成り立ちの説明でやっていましたが、その説明があまりにも難しいので、途中から藤堂明保の説明でやることに変更しました。  漢字には六書分類があります。象形文字、指事文字,会意文字,形声文字,転注文字,仮借文字の6つに分類することです。  僕は白川静の分類と藤堂明保のそれはそれほど違わないだろうと思って、続 [続きを読む]
  • 母はスマートフォンのすごさを理解
  •  88歳の母と同居しています。  母の前で僕はよくスマートフォンを使うので、母はスマートフォンのすごさをよく理解しています。  昼食、夕食はいっしょに会話をしながら食事をとります。  その時に、「山口百恵は何歳だろうか」ということが話題になると、僕はスマートフォンに「山口百恵は何歳ですか」と尋ねます。 するとすぐに答えが返ってきます。  何でも調べられるんだね、と母は感心しています。  軍歌のことが話 [続きを読む]
  • 加計学園問題と生徒の嘘つき行動
  •  加計学園問題に、僕も注目しています。  多くの皆さんがそうでしょうが、僕は前川喜平元文部科学次官の方が正しく、政府側は嘘をついていると思っています。  塾をやっている頃、生徒の中には不正を行う人がいました。カンニングです。 他の人のやったものを書き写して提出する、そういうことをやる生徒です。  僕らは、それに気づくことがあります。  正解というのは、たいてい1つです。 それに対して、間違いは幾通りも [続きを読む]