eichan さん プロフィール

  •  
eichanさん: 投資生活ブログ
ハンドル名eichan さん
ブログタイトル投資生活ブログ
ブログURLhttp://investment-life-blog.blogspot.jp/
サイト紹介文投資日記&その時々に思ってたことの備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/02/20 23:53

eichan さんのブログ記事

  • 相場で大損して死にたくなったら
  • 誰でもお金を損すると落ち込みますが、株の場合は額が半端ないこともあり、中には死ぬ人もいます。私調べで恐縮ですが1000万くらい損すると首をつる人が出始め、5000万〜1億くらいがピークになり、3億円以上になると逆に痛くも痒くもなくなるそうです。3億円でユートピアになるのは「もう働いても絶対ムリだもん!返せないモン!」と開き直れるからだそうです。まあ普通に考えたら死ぬくらいならバックレればいいんですけど、日本 [続きを読む]
  • 四季報の情報
  • 日本人の個人投資家にとって言わずと知れたバイブル、四季報。四季報には無駄な情報は一切載っていません。私も日本株がメインだった頃は必読の書でしたが、株を初めて最初のころは四季報のすごさが分かっていませんでした。しばらくしたのち、これがいかに究極に情報を濃縮したすごい秘伝の書かということが分かりました。たったの半ページに芸術的なまでに厳選した掲載項目、単位面積当たりの情報粒度バランス、絶対必要な定性・ [続きを読む]
  • 中学生でも株で1億円!?テンバガー株
  • 最近の記事で株価が10倍になるテンバガー株に触れたので、ここで一度テンバガーについて考えをまとめておこうと思います。今回は短期間(1〜2年)で10倍になる株の話です。テンバガーの王道は、まず最初はダメ株クソ株と過小評価されていた株にある日突如として目が覚めるような業績向上期待が集まり、バリュエーション調整が起きることから始まります。うだつの上がらない株が成長株として認識されてバリュエーションが調整され [続きを読む]
  • 配当株と無配株と税金
  • 株には配当が出る株と出ない株があります。しかし企業のフリーキャッシュフローは投資家に帰属するので、その会社が配当するしないに関係なく、投資家が得る価値は同じになります。これを私の株の師匠が「配当とは自分の銀行口座から現金を引き出す行為」と表現してましたが、なるほど、まったくその通りです。ただ、税のことも考慮すると配当はやや不利になります。配当は税を強制的・定期的に払わされますが、無配の株は売るまで [続きを読む]
  • 思い出の懺悔銘柄:プロトコーポレーション
  • 株の失敗を振り返るこのテーマ。失敗には損する場合と儲け損なう場合があるのですが、今回は儲けそこなった話で4298プロトコーポレーションを取り上げたいと思います。プロトは「カーと言えばグー」の中古車情報を取り扱う会社で、新幹線に乗っていると名古屋駅を出たすぐの所にでっかい看板があったので知っている方も多いんじゃないでしょうか。私がプロトに興味を持ったのは十年くらい前だったと記憶しています。きっかけはスク [続きを読む]
  • 特定口座の源泉徴収あり・なし
  • 今年も確定申告して還付されるお金が振り込まれる時期になりました。私は昔は特定口座の源泉徴収は「無し」にしていて、最近は「有り」にしていますが、来年はまた「無し」に変えようかと思っています。以前に無しにしていたのは、複数の証券会社を均等に使っており証券会社間での損益調整はされないためでした。それをある時期に一つの証券会社にほとんどのポジションを移したので有りに変えました。どちらにしても毎年確定申告は [続きを読む]
  • 【書評】損する結婚 儲かる離婚
  • 今日の記事は株には関係ありません。長いし興味ない方ここでさようなら。本日は株ブログでは老舗の金融日記の管理人による「損する結婚 儲かる離婚」を読みましたのでその感想です。 そういうのはアマゾンのレビューにでも書けば?と思うかもしれませんが、あそこは自由に書けない所ですしここで記事にしました。さて総評ですが面白いエンタメ系の本でした。たった800円くらいですから価値は十分だと思います。本書は主に2つ [続きを読む]
  • PERの評価は難しい
  • PERは確か私が最初に覚えた指標でしたが、知れば知るほどこの数値の評価には手を焼いています。まず詳しい根拠は割愛しますが、事実としてPERの標準は15倍くらいです。これは他に特筆することのない会社でしたら、これくらいなら正当という基準です。しかし実際には全く特筆することのない会社というのは無いので、PERが40倍だから割高だとか、8倍だから割安だとか、そういう事は一概に言えないのです。例えば40倍でも業績がどんど [続きを読む]
  • 30年後も通用する事業
  • 株式で長期運用する際に保有株の事業が継続するかどうかは重要なチェック項目です。しかし未来のことは分かりませんので、私はヒントとして30年前のことを思い出して今と比較してみることがあります。今から30年前の1987年はどんな世の中だったでしょうか。時代はバブル絶頂の2年前で、街ではコギャル(死語)がポケベル(死語)のメッセージをキツツキみたいに電話ボックス(死語)で連打してました。達人にもなるとすごい早さで [続きを読む]
  • タワマンの近所付き合い
  • タワマンの住み心地をレポートするこのシリーズ。永らく中断してましたが、結構見られているようなので継続します。さてタワマンの近所付き合いですが、ほんと、無いです。引越し前は入居後に上下左右くらいは挨拶に行こうかと思っていましたが、なんていうか、そういう雰囲気じゃないんです。偶然会ったときは挨拶くらいはしますが・・・。ホテルに泊まった時、わざわざ隣上下の部屋に挨拶に行かないですよね?そんな感じです。そ [続きを読む]
  • 2017年3月の投資成績と注目銘柄
  • 3/26現在の投資基準価額は前月比-0.88%、バークシャー株は-0.08%でした。インデックスは日経が-0.11%、NYダウが-1.08%、ハンセン指数が+1.64%でした。■投資履歴【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • 変化する勇気
  • ウォーレンバフェットがアップルと航空株を買い増したと聞いて、過去の自分の発言をあっさり反故にできるのはやっぱりすごいなと思いました。人には認知的不協和という感情があります。自分に不都合な真実に触れてしまった場合、人は気分が悪くなります。たとえば投資で数ある理論のうちの一つである「インデックス投資は長期では個別株投資よりも圧倒的に有利である」という説しか知らない、または固く信じている人がいたとします [続きを読む]
  • バックミラー
  • ネット時代になって株の世界の「早耳」なんて言葉はすっかり死語になり、投資においてはプロのアドバンテージは昔ほどは無くなったと思います。もちろん何事においてもプロというものは豊富な実例に裏打ちされた情報の咀嚼力や対応スピードでアマの考えの及ばない境地にあり、一目置く必要があるのですが、それが生み出す運用成績の差はインターネットによりだいぶ小さくなったんじゃないでしょうか。そもそもある企業について最も [続きを読む]
  • 保育園落ちた→日本、本当にありがとうございました
  • 育児休業給付金はこれまで1年半が最長だったのですが、今の国会で最長2年にする雇用保険関連法案が可決されました。3年限定の時限立法みたいですが、暫定といいつつ数十年続いているガソリン税のような例もありますので意外と長期化するかもしれません。給付金を2年にするには、1年経った段階で「認可保育園に落ちる」事などが条件なので、保育園落ちたら死ねどころか、ありがとうでしょう。なんせ2年ですよ。給付金は最高月額28万 [続きを読む]
  • 確証バイアス
  • 投資において気を付けないといけない心のバイアスはいくつかありますが、その一つに人は常に自分に都合のいい情報ばかり集めては一人で安心してしまう「確証バイアス」があります。特にインターネットは自分の考えを肯定する情報が常に見つかりますので、ある意味最悪な環境です。私も投資は外国株中心のため、それ関係のニュースとかブログばかり見たくなります。逆に銀行預金とか日本株の話なんかはスルーしがちですが、そんな時 [続きを読む]
  • パートタイム
  • 投資家は資本主義社会の食物連鎖の最上位、いわばライオンのようなポジションです。とは言えそれなりに気苦労はあるんですが、それでもこの立場のみで暮らしていると、いつの間にか上から目線になってしまいます。「この社長バカだな」とか「この会社まだこんな事業で消耗してるの?」とかいう感じです。自分は何一つ手を汚さず、汚しても他人よりうまくやる能力もないくせに、いつもこんなことを思っていると、そのうち「パンがな [続きを読む]
  • 大風呂敷
  • 先日ネットで「イーロンマスクのゴール設定がヤバすぎる」という記事が話題になっていました。ソースはどこだか知らないけどこれは愉快。大風呂敷といえばソフトバンクの孫社長ですが上には上がいたかと(笑)イーロンマスクと言えばテスラで電気自動車を普及させようとか、宇宙旅行を一般化しようとか、人類の偉業を成し遂げつつある人ですけど、なるほどゴール設定がこれなら、彼にとっては今はまだまだ達成率1%くらいなんでしょ [続きを読む]
  • 代理人カード
  • 銀行の振込手数料を無料にする方法はいくつかありますが、今回はその一つである「代理人カード」を紹介します。代理人カードは本人以外に発行されるキャッシュカードで、これをもらった人は本人同様に口座から現金を出し入れできます。想定される利用シーンは夫の口座から生活費を引き出したい妻とか、別居している子供に仕送りをする親などです。ただし海外の銀行によくあるジョイント口座とは違い、口座が共有財産になるわけでは [続きを読む]
  • 2017年2月の投資成績と注目銘柄
  • 2/25現在の投資基準価額は前月比+2.58%、バークシャー株は+2.93%でした。インデックスは日経が-0.94%、NYダウが+3.62%、ハンセン指数が+2.59%でした。■投資履歴【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • 2017年1月の投資成績と注目銘柄
  • 1/29現在の投資基準価額は前月比+1.86%、バークシャー株は+1.28%でした。インデックスは日経が+1.66%、NYダウが+1.38%、ハンセン指数が+6.04%でした。■投資履歴【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • トランプ米大統領のPER
  • トランプ大統領の期待から、ここ最近の株価は上昇してきました。しかし株価が上がったということは、既にその効果を織り込んだということです。今後、トランプ大統領が期待通りの成果を出してもあまりサプライズは無いかもしれません。株で言えばPERが高い銘柄のようです。あれは数年後までの成長期待を織り込んでいるから正当化される価格ですので、どこかでケチがつけば暴落します。一方、私がトランプ大統領でひそかに良いと思 [続きを読む]
  • 「高く買って安く売る」の実際
  • 株で儲ける方法は誰でも知ってるとおり「安く買って高く売る」です。でも今の株価が安いのか高いのかの判断はなかなか難しいので、実際に株が下がって世間がワーワー言いだした「異常事態」で買って、今みたいに上がるという人と下がるという人が両方いる「普通の状態」になれば売ればいいわけです。そうは言っても世間がワーワー言ってる時は大抵は上がる見通しが全く無い雰囲気で、底も見えない状況ですので普通の感覚では中々買 [続きを読む]
  • JCBゴールドデスクで税務相談
  • もうすぐ確定申告の季節です。幼少時からいつもマイノリティな私。そんな私がぶち当たる税金の疑問もやはりマイノリティなので、ネットに答えが転がっていることは稀なのです。ググっても出てくるのは微妙にケースが違う上、ヤフー知恵袋や発言小町みたいなサイトばかりでして、これを信じるのはそこら辺の幼児の話を真に受けるようなものです。かといって税務署に聞くと延々待たされた挙句、担当者によって言う事が違ったりするの [続きを読む]
  • タワマンの図書室が結構いいかも
  • 共有施設のひとつにライブラリ(図書室)があるのに先日気づき、ちょっと覗いてみました。結構よかったです。開館時間は6:00〜23:00と長時間ですし空いていて静かです。無料WiFiもありますし、机にはコンセントもあってPCを持ち込めばちょっとした仕事や勉強に最適です。なによりいいのが、エレベータで自宅からロビーまで降りれば到着という究極の職住近接です。それなら自宅でやればよくね?という話もありますが、私は環境を [続きを読む]
  • ツキのマネージメント
  • ツキというものは掴みどころのないものですが私は最も大事だと思っています。現実的な話、ツイてるやつには何をしても勝ったためしがありません。そんな大事なツキですが、私は次のようにマネージメントしています。大体、ツキが本格的に落ちてくる前には思わず舌打ちしたくなるような小さな不都合が起き始めます。急いだのに電車がちょうどがいっちゃった、とかおつりが足りないのに帰ってから気づいた!とかいう事です。こういう [続きを読む]