園主 さん プロフィール

  •  
園主さん: サツキ盆栽通信
ハンドル名園主 さん
ブログタイトルサツキ盆栽通信
ブログURLhttp://naganosatsukien.blog66.fc2.com/
サイト紹介文福岡県大牟田市にて30年以上続くサツキ専門店を営む園主の独り言ブログです。
自由文盆栽の中でも、「皐月(サツキ)」だけを専門に取り扱って30年。
長く商売をしていると色んなサツキと出会い、色んな人と出会うものです。
そんな経験に基づいて、園主だからこそ語れる裏話をこっそりお教えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/02/21 02:33

園主 さんのブログ記事

  • 深山霧島とデルフィニューム
  • 深山霧島(白) ビフォウ・アフターは有りませんが 改作したての樹です。樹芯をもう少し左に流さなければいけません。紫紅色の深山霧島初冠雪(深山霧島とさつきの交配種と言われています)ダニ剤の散布も終わり 2回目の草刈も済ませました。さつきの花は まだ数輪が先走っている程度で 写すまでにはいかないようです。春先に改作していた深山霧島が咲き始めました。白花の方は 懸崖の部分に動きがなかったので 短く(3分の1) [続きを読む]
  • 人吉 「ゆうれい寺 永国寺」と牡丹
  • 我が家に咲いた牡丹人吉 永国寺の牡丹先日 人吉へ行った時 ゆうれい寺と呼ばれる永国寺へ立ち寄りました。ゆうれいの絵が置かれているそうで 期間限定で公開されると聞きましたが 今はその期間ではなかったようです。立派なお寺でしたが 片隅にピンクの牡丹が咲いていたのが印象的でした。うちの黄色の牡丹も ようやく花が開き その気品には驚くばかりです。さっそく義母を家へ呼んで イスとテーブルを表に出し お隣を呼 [続きを読む]
  • 花壇の花とアジサイ
  • 西洋シャクナゲが咲き始めました。店の前の花壇も賑やかになってきました。当時 次女夫婦の問題で落ち込みまくっていた私のために 3女が自分の手で黙々と造ってくれた花壇を 管理しているうちに面白さを感じ 夢中になって花を育てるようになりました。まだ 計画性はなく 道の駅等できれいで安い花苗を見つけたら買って来て 100均の鉢に植え 花壇の前に並べています。初めは定植するつもりでしたが 花の時期が終わった植物 [続きを読む]
  • カワイイちゃん
  • カワイイちゃん(2月27日)飛鳥の誉(Asukanohomare)昨日 娘を飛行場まで見送った後 山の猫達の所へ出かけました。私達が着いた そのすぐ後に 避妊手術に連れて行って下さった女性の方が到着され 久々にお会いしたので 色んな状況をお聞きしていて うちのが「カワイイちゃん」と呼んでいたミケの1号を最近 見かけなくなった事を尋ねたら 言いにくそうに 「事故で亡くなっていました」とおっしゃられ 山に埋葬されたそう [続きを読む]
  • 丘の上のミモザ
  • 近くの丘にミモザの大木が 自生?しています。人が植樹するような場所ではなく 相当 年数が経っているようで以前はかなりの本数がありました。ミモザは風に弱く 台風によって本数が減り 大きな枝も折れているのが多いようですが それでも毎年逞しく花を咲かせています。浜ん小浦定食のBランチです。(メインは選べます)妻が選んだエビ天丼(大きなエビが5匹にサラダバーがセット)長女が2年ぶりに帰って来たので 熊本のレス [続きを読む]
  • うちの紅梅
  • 今年は小さくなってしまいました。2年前の姿です。去年はもっと大きくなっていました。庭の紅梅が見頃を迎えました。よその梅は もう とっくに盛りを過ぎているのに 去年がどうだったか?よく憶えていませんが 樹高が伸び過ぎたので 4分の1くらいに切り詰め 今年は枝数が少なくて寂しい感じです。それでも 樹勢が落ちていないので 来年の花は期待できそうです。義父が寝たっきりになった時 鉢植えの小さな紅梅を部屋の中 [続きを読む]
  • 曾木の滝
  • 曾木の滝(全景ではありません)東洋のナイアガラと呼ばれる 鹿児島の「曾木の滝」へ行ってきました。今回も 水俣の娘夫婦と一緒で 水俣の山の中腹にあるレストラン「ひげのおみせ」でランチを食べ 信号の少ない田舎道をのんびりと走り芋焼酎で有名な「伊佐」を通って 目的地「曾木の滝」へ着きました。今回は 運転をしないどころか 初めて後部座席へ座ったので 水俣から約1時間の道のりも 神経をつかうことなく快適でした [続きを読む]
  • タマちゃん
  • タマちゃん 向かって右の耳をご覧ください。25日に子供達は帰ってきましたが タマちゃんはその中には入っていませんでした。私のような者には 現実を ただ受け入れるしかなく 帰って来る事を願うしかありません。タマちゃんは 白ミケ姉妹の母親で 初めは3匹の子供がいたのですが一番元気な子はしばらくしていなくなりました。チョビ(白黒)君は お母さんがタマちゃんの娘で 孫になるそうです。そのお母さんはとても人懐 [続きを読む]
  • 山の猫達の今
  • 感動のあまり 写真を撮るのを忘れてしまい 帰る前に車の中から1枚だけ写したのですが ピンボケでした。向って右耳がカットされています。手術前の子供達(中央と右の白ミケが姉妹)山の猫達の話題は ブログには書かない様にしていたのですが 食事だけは 毎日欠かさず運んでいました。最近では 餌をやるのは嫌われますが地元の方達は優しく 私達を見ても嫌な顔もせず「猫が慣れてますね」と 声をかけて下さるのにも驚いたく [続きを読む]
  • ペットの臭いをとる!
  • チロ君とテンちゃん猫達と同居する時 容量の大きい加湿空気清浄機(シャープとダイキン)3台を1階と2階の猫部屋に1台ずつと 階段上の廊下に1台置いているのに 妻はそれでも臭うと言い続けていました。(どれも30畳対応)私や娘達は 殆ど臭いを感じる事は無く 気のせい?だと思っていましたが部屋へ行ってみると 確かにウンチをしているのには驚いてしまいます。でも これ以上どうしようもないと諦めていたら 妻はインターネッ [続きを読む]
  • 植え替えた鹿沼土を再利用
  • 水俣・福田農場で桜が咲いていました。出水で買ってきた苗を 植え替えた鹿沼土で植えつけ 表面に培養土にバーミキュライト等を混ぜた土をのせています。さつきを植え替えた土の捨て場に困っていましたが 草花や野菜を育てるのにとても良いからと 貰いに来る方がいます。水はけが良いのは確かなので これまで積み上げていた場所に生えてくる草は驚くように成長していました。私も 「皇帝ダリア」の挿し木は お金がかからない [続きを読む]
  • キュッキュちゃん
  • 祝星(Iwaibosi)おうちの中のキュッキュちゃん。家の中から見えます。この冬 初雪もちらつき 寒い日が続いています。家の中では 子供達が風邪をひかない様にと暖房に気を遣っていますが キュッキュちゃんは 一人外で暮らしています。ガラス戸越しに 外から家の中を寂しそうに覗いているのを見るとさすがに可哀そうで 負けそうになります。毎日 ホッカイロをキュッキュちゃんのおうちの中に入れています。直接触れない様に [続きを読む]
  • テンちゃんのお人柄
  • 誰とでも仲良くできるテンちゃん。一緒にいるのはミケ子ちゃん。出水で買ってきたオプコニカテンちゃんを見ていると 感心してしまいます。新参者なので 叱られたりする事もありますが 媚びる事無く誰に対してもフレンドリーで 怒ったのを見た事がありません。ノリちゃんも怒る事は有りませんが 叱られると低姿勢になるのにテンちゃんは そんな時でも 平然と相手の顔を舐めています。人間なら 相当できた人でしょうね。先日 [続きを読む]
  • 初詣
  • 祐徳稲荷神社彩春(Saisyun)今年も 初詣は佐賀の祐徳院へ参拝しました。もう かれこれ30年近く通っているのですが どうにもならない大きなトラブルに苦しんでいた時は 毎回 山の頂上まで祠をひとつずつお参りしながら登りました。願った結果とは程遠かったものの その時 助けてくれる人がいた事や これまで無事に過ごせてこれた事に感謝して 毎年お参りをしています。頂上まで登らなくて済むのは その頃のような苦しみが [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • なお姫(Naohime)               明けましておめでとうございます。                     今年もよろしくお願いします。大寿(Daijyu) [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました。
  • 園主の長男チロ君です。今年も大変お世話になりました。みなさん よいお年をお迎え下さい。リリちゃんテンちゃんチビ君キータンぺぺちゃんミケ子ちゃんミミちゃんノリちゃんキュッキュちゃん亜輝姫(Akihime)薫風(Kunpuu)なお姫(Naohime)花舞妓(Hanamaiko)紫光の舞(Sikounomai) [続きを読む]
  • もうすぐお正月
  • 友人が届けてくれた手作りの門松今年も友人が門松を届けてくれました。孟宗竹を山から切り出し すべて手作りの品です。正月前に後輩君もいつものように草を刈ってくれ 友人達のお蔭ですっきりとお正月が迎えられそうです。外猫のキュッキュちゃんは 新しいお家が気に入ったみたいで 寒くなったら入っている事が多くなりました。元々の内装は黒っぽくて キュッキュちゃんを確認しにくかったので 白くてフワフワの小さな座布団 [続きを読む]
  • 小さな同窓会
  • 幼馴染の女性三人が我が家を訪れ 一年ぶり2度目の同窓会となりました。出身が同じで 保育園から中学まで一緒だったので この年にもなれば不思議な事に兄弟の様な存在になるようです。三人の中の二人は ご主人に先立たれ 寂しい思いもされたようですが今では立ち直り 暗さは感じられません。その点 男性の方がもろいのか?6年前に奥さんに先立たれた友人は 電話で話していても 奥さんの話になると 今でも言葉を詰まらせ [続きを読む]
  • キュッキュちゃんのその後
  • 可愛いキュッキュちゃん 異常だった目は殆どわからなくなりました。まだ 痛々しい術後の傷跡避妊手術後のキュッキュちゃんは 順調に傷口も回復していて2日後の夕方 ようやく姿を見せ いつものように甘えたあと食事も済ませました。梅雨の大雨が降る真夜中に 仔猫2匹の鳴き声が 微かに聞こえていました。その2日後くらいに キュッキュちゃんだけが生き残ったのでしょうか?ベランダへ入り込んで来ていたのです。まだ 乾 [続きを読む]
  • 星野富弘美術館
  • 筆を口にくわえて ご自分で描かれた 文章と絵です。   先日 水俣へ行く途中に立ち寄った「星野富弘美術館」   入口の展示物だけは撮影が許されていますが   中の撮影は禁止されていたので 入って正面に飾ってある   大きな色紙だけを 許可を得て写してきました。   健全だった手足が事故で動かなくなり 死をも本気で意識し    それを乗り越えた人の目から見て感じた事 その思いが   ひしひしと伝わり [続きを読む]
  • キュッキュちゃんの試練
  • 丸々と太ってきた 手術前のキュッキュちゃんお気に入りの寝床にて・・・ ガラス戸越しにパチリ今日(17日)はキュッキュちゃんを避妊手術に連れて行きました。ベランダとは言っても 外での生活なので あまり寒くなる前に手術を終えておきたいと思い決心しました。小さな体で 何の疑いも持たずに抱っこされ 移動用のバッグに入れる時は 今までに見た事もないような暴れ方をして 病院へ着くまで 他の子達のように声をあげる [続きを読む]
  • 水俣のバラ園2
  • 水俣の産業祭へ行った後 2度目のバラ園見学に行ってきました。前回よりも沢山の花が咲いていて 見ごたえ十分でした。春ほどではありませんが 大輪もそれらしい大きな花を咲かせてあり見ている間にも 何人かの人が手入れをされていて 管理の良さが伺われます。来年のために切り込まれているのもあり 一期咲きも多いのでしょう。私自身 バラに詳しくない上に 余りにも品種が多いために 名前を表示する事ができませんでした [続きを読む]
  • 皇帝ダリヤ
  • 見上げる高さで咲いている 皇帝ダリヤ皇帝ダリヤが開き始めました。幹が太い割には強風に弱くて すぐに折れてしまいますが 先日 折れた部分を鋸で切って 鉢に植え込んでいた所そのまま芽が伸びて 一向に衰えません。これなら 花まで咲くんじゃないか?と期待して見ています。でも 今の時期に根がついてなくても枯れなければ 凄い生命力だと思います。折れた部分を切って 鉢に植え込んだだけの 皇帝ダリヤやっと 一輪咲 [続きを読む]
  • 水俣のバラ園
  • 今回お連れしたバラ(ストロベリー・アイス)です。今年も水俣のバラ園へ秋バラを見に行ってきました。花の数は まだ少なかったようですが その美しさには圧倒されます。バラ展の前日だったからか 即売品が少ないような気もしましたがその中で ストロベリー・アイスという花の可憐さに一目惚れしてしまい我慢できずにお連れしました。もう一鉢 赤白のきれいな絞り花にも魅かれましたが こちらは別の機会のお楽しみとすること [続きを読む]
  • みんな気持ち良さそうです。
  • ディスタント・ドラムス 本来よりかなり小振りですが きれいな色です。こんな季節になりました。 2階の兄弟。我が家で数少ないバラの一つが 小さいながらもきれいな花を咲かせています。春に購入してから 休みなく咲き続け 夏は同じ花とは思えない小輪の貧弱な花をつけていましたが ようやく本来の色を見る事ができました。さつきも暑い時期のとぼけ咲きは 花が小さく 色も褪せてしまいます。これからは最盛期と同じよう [続きを読む]