投財堂 さん プロフィール

  •  
投財堂さん: 投財堂のドタバタ妄想録
ハンドル名投財堂 さん
ブログタイトル投財堂のドタバタ妄想録
ブログURLhttp://ameblo.jp/touzaido/
サイト紹介文兜町という聖地へ 夢を求め 金を求め彷徨う・・・ 市場放浪記・・・改め、ドタバタ妄想録。
自由文中年オヤジの適当な妄想録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2008/02/23 16:10

投財堂 さんのブログ記事

  • マジですか!
  • 4月23日 結果報告昨日・・・俺はボタンを押した。金もないのに断腸の思いで、Amazonのボタンを押した。涙ながらにボタンを押した。期日指定で、配送日は明日だ。金はないが、何とかなる!それは昨日も申し上げた通りである。そしていよいよ明日が来る。ふふふ、楽しみだなぁ。どれどれ・・・・今、配送状況はどんなかな?Amazonのホームページで確認してみた。・・・・・これだ↓遅延、損傷荷物に損傷がないか確認中です。荷物 [続きを読む]
  • 俺はボタンを押してしまった
  • 4月22日 決断押すべきか・・・押さざるべきか・・・それが問題だ。さあ、決断しろ。そして、決断したならば、即刻押せ。そのボタンを押せ!後のことは考えなくていい。大丈夫だ、何とかなる。為せば成る、為さねば成らぬ何事も。そうだ、そうなんだ。まずは、為せ。考えるのはその後でいい。よし、押そう!ボタンを押そう!大丈夫、大丈夫。何とかなる。←(これこれ、この考えね。)何とかなるという根拠は何なのか?もしかし [続きを読む]
  • 絶望の土曜日
  • 4月16日 絶望の土曜日消えていたはずの土曜日がUPされた。しかも絶望の土曜日として・・・・・誰かにとっての絶望。それは私にとっての希望。そして思い出して欲しい。先週の土曜日の記事が抜けていた事を・・・古の土曜日を してはいけない。決して してはいけない。いけない・・・いけない・・・古の土曜日← [続きを読む]
  • 激震
  • 4月15日 震度7激震である。犠牲者も出た。家屋の倒壊も多い。熊本城も崩れた。そんな中・・・NHKがコレ↓熊本県内で震度7を観測した地震の発生を受け、14日の深夜、在京のテレビ各局も地震報道で特別態勢を敷いた。なかでも全国に充実した人員を配置するNHKは現地中継を頻繁に放映したが、ネットなどではその出来が酷評されている。 午後10時半ごろに益城町役場前から中継された中継は、記者のりきんだ声での状況説 [続きを読む]
  • 自動販売機おじさんの話
  • 4月14日 伝説のおじさんシリーズ久しぶりに変なおじさんを見た。恒例の、変なおじさんシリーズ。題して・・・自動販売機おじさんの話。昨日の事だった。結構、交通量の多い県道にて俺の前を、一人のおじさんが歩いていた。あっ、先に言っておくけど、そのおじさん俺じゃないからね。そこそこの身なり。一見して、ホームレスではない。そのおじさん、ふと立ち止まり道路の反対側をまじまじと見ていた。え?もしかして、信号も無 [続きを読む]
  • 悪しき風習
  • 4月某日プロ野球たけなわ。我がジャイアンツも相変わらず弱いがそこそこの位置にいる。以前ほどの強さは全く無いが、この戦力でこの位置ならまあまあだろう。それはいいんだ。問題は他にある。プロ野球中継のアナウンサー諸氏に言いたい。由々しき問題だ。昨日の中継から試合はヤクルトスワローズvs読売ジャイアンツアナウンサー「・・この回無得点に終わりました、よしのぶジャイアンツ」「さあ!次は、まなかスワローズの攻撃で [続きを読む]
  • 市場とは
  • 4月12日 市場放浪記そろそろ「市場放浪記」というタイトルを替えなくてはイカンね。そもそもこの「市場」は、株式市場のはずだった。当初はそうだったのだ。しかし・・・最近どうだ?どうなんだ?全くといっていいほど、「株」の話題に触れてない。では、全く株式市場を放浪してないのか?・・・というと、必ずしもそうではない。そうではないのだが、しかしこれでいいのか?このままのタイトルでいいのだろうか?そこで、新年 [続きを読む]
  • 激痛
  • 4月11日 痛っ!!またお前か!なぜ、そこにいる?なぜ・・・そこにあるんだ?激痛が走る。もはや必要ない!お前は、何の役にも立たん!存在感も何もない。その存在感の無さがイカン。これがまたクセ者なのである。その存在を忘れているから、すぐぶつける。距離感がわからなくなる。したたかに打ちつける。 そして痛い。やたら、痛い。痛いからこそ思い出す。そこでようやく、その存在自体を思い出す事になるのだが・・・ [続きを読む]
  • 魔の日曜日
  • 4月10日 魔の日曜日魔の日曜日・・・何とまあ、怖いタイトルではあるまいか。何だろう。何が魔なのだろう。そして・・・ここで疑問が沸いて来たはずである。土曜日はどうなったんだ・・・・と。いずれ判る時が来るだろう。以上 [続きを読む]
  • 霧の金曜日
  • 4月9日 霧の金曜日霧の金曜日・・・何とまあ、奇妙なタイトルではあるまいか。何だろう。何で霧なのだろう。そして・・・今まさに、お気づきになっているはずだ。今日は金曜日ではない。以上 [続きを読む]
  • 嵐の木曜日
  • 4月7日 嵐の木曜日嵐の木曜日・・・何とまあ、安直なタイトルではあるまいか。そのものである。ひねりも何もない。そして・・・薄っすらとお気づきになっているはずだ。雨・・曇り・・晴れ・・そして今日の・・嵐・・・以上 [続きを読む]
  • 晴れの水曜日
  • 4月6日 晴れの水曜日晴れの水曜日・・・何とまあ、安直なタイトルではあるまいか。そのものである。ひねりも何もない。そして・・・間もなくお気づきになるはずだ。内容も何もないと思われるこの記事が・・・実は・・・以上 [続きを読む]
  • 曇りの火曜日
  • 4月5日 曇りの火曜日曇りの火曜日・・・何とまあ、安直なタイトルではあるまいか。そのものである。ひねりも何もない。そして・・・間もなくお気づきになる事だろう。内容も何もないまま、この記事が終わる事を・・・以上 [続きを読む]
  • 雨の月曜日
  • 4月4日 雨の月曜日雨の月曜日・・・何とまあ、安直なタイトルではあるまいか。そのものである。ひねりも何もない。そして・・・間もなくお気づきになる。内容も何もないまま、この記事が終わる事に・・・以上 [続きを読む]
  • エイプリルフール
  • 4月バカバカと呼ばないで。世間ではエイプリルフール・・とか言っているが年がら年中、嘘をついてるヤツにとって本日4月1日は、唯一嘘をついてはいけない日となる。だから俺は嘘をつくぞ。よく聞いて欲しい。「俺は嘘をついた事がない」さて、どうなる? [続きを読む]
  • 優しい日本人
  • 年度末先日行われた大相撲の理事長選について申し上げたい。6−2で、現理事長である八角親方が貴乃花を破ったが・・・無記名投票でなく、挙手で決めたらしい。これはイカン。何がイカンのかというと、挙手が悪いというのではなく多数決で決めるというのが問題なのだ。ここは一つ、全員一致で決めるべきだろう。全員の合意がなければ何時間でも協議をする。無罪に投票したら、なぜ無罪なのか・・をトクトクと説く。全員一致で初め [続きを読む]
  • 世代交代
  • 3月28日 先日、3役以上の立会いの変化は「反則負け」にしろとこのブログで物言いをつけたばかりである。あの時は、稀勢の里ー琴奨菊という大関同士の対戦だったが何と今度は、横綱同士の一戦で「それ」は起きた。起きてしまった。起きてしまったんだよぉ。荒ぶる白鵬が今度は変化した。4場所、優勝から遠ざかってるから何としてでも優勝したかったんだよ・・とその変化を擁護する人もいるが、俺に言わせたらはぁ?・・てなモ [続きを読む]
  • 民進党と笑える仲間たち
  • 3月27日 結党式何やら本日、民進党なるヘンテコな党が結党式を迎えるようである。代表は民主党から横滑りした岡田氏。その執行部の面々を見ると、これまた笑える面子が・・・松野とか江田とか・・・・・その他、枝野、蓮舫、長妻、玄葉そして安住。どうです、このメンバー。笑えるでしょコレ。日本をドン底に陥れたあのメンバーでございます。何を考えているんでしょうか?これらのメンバーを背にして、岡田の言葉がまたお笑い [続きを読む]
  • 飲酒運転の罪と罰
  • 3月26日 土曜日の夜は気をつけろ先日、またまた飲酒運転による悲惨な事故が起きた。この事故により、尊い人命が失われた。悔やんでも悔やみ切れない事故である。なぜ、こうも飲酒による事故が多いのか。なぜ、減らないのか。答えは簡単だ。飲酒運転による事故の刑が、あまりにも軽過ぎるからであろう。危険運転致死傷罪の刑期が軽すぎるのだ。今後、2度と再びこのような事故を起こさせないためにさて、どうしたらいいのか?飲 [続きを読む]
  • 逃亡者
  • 3月24日景気づけに買ってみるか!さて・・・ワケの分からないことを言ってないで、本題に入ろう。今日こそ買うで〜〜!明日からいよいよ、プロ野球が始まる。我が巨人軍は不滅か、はたまた仏滅か・・・買うぞ買うぞ買うぞ買うぞーーー間もなく始まるぞーーーーええい、うるさい!!買いたきゃ、勝手に買え!お前は、いちいち宣言しなきゃ買えんのか!?俺は今、明日の開幕戦の話を・・・あ!始まっちまった。買わなきゃ。おい、 [続きを読む]
  • 桜の樹の下で
  • サクラサクついに咲いた。桜が咲いた。花見は、手っ取り早く近くの公園に行く事にする。県立公園だから、そこそこ大きい公園である。園内の真ん中に、大きな桜の木がある。大きな桜の木が・・・・1本だけ立っている。たった1本の桜の樹の下にひしめき合う花見客。一番内側の人間は、木の幹に寄り掛かってる感じである。真上を見なければ、花は見えない。そして何よりも大変なのが、トイレなどでその場を離れる時だ。何しろ、1本 [続きを読む]