とよ さん プロフィール

  •  
とよさん: ビバ!趣味生活
ハンドル名とよ さん
ブログタイトルビバ!趣味生活
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/daiden14/
サイト紹介文まぁいろいろとやっていますが、古本購入と本の感想がメインのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2008/02/29 23:20

とよ さんのブログ記事

  • 映画(2017年−12 ? Classroom☆Crisis ”)
  • 「Classroom☆Crisis」この3連休、amazonプライムビデオで、またまたアニメを一気見。今回見たのが、「Classroom☆Crisis」。かつて二人の学生により立ち上げられた霧科コーポレーションは、航空宇宙産業のみならず、様々な異業種にも手を出して成功した超大型企業。若手技術者の活用という創立者の理念より、「霧科科学技術学園」を設立し、中でも優秀な成績を持つ者を昼は学生、夜は社員として新型ロケット開発を行う部門、通称 [続きを読む]
  • 購入品 〜(2017年−8 MIZAR-TEC " 手持ちルーペ MIZAR-TEC ”)
  • 老眼が進んで、細かい字が読みにくくて仕方ありません。老眼鏡は買ったのですが、パソコン画面や普通の書類程度なら問題ないので、会社にはまだ持って行っていません。(主に趣味の模型制作に使用)ただ、たまに細かい字の書類が回ってくる時があり、眼鏡をかけるより、ルーペで見た方が早いんじゃないか?と思い、仕事の書類見用に購入することに。MIZAR-TEC " 手持ちルーペ MIZAR-TEC ”65mm径で倍率3倍の日本製です。定価1620 [続きを読む]
  • 映画(2017年−11 ? ヴィジット ”)
  • 「ヴィジット」前々から観たかったホラーをようやく観ることが出来ました。あの「シックス・センス」で有名なM・ナイト・シャマラン監督作です。19才で家出をした母は、結局夫とも別れて、シングルマザーとしてベッカとタイラーを育てた。絶縁状態であった祖父母から、孫の顔が見たいとの手紙が届き、二人で祖父母宅で1週間過ごすことになる。優しい祖父母、母が育った家に二人は大満足するが、夜9時半以降、部屋から出ないように [続きを読む]
  • 読書(2017年―9 ゛日本全国津々うりゃうりゃ ”)
  • 「日本全国津々うりゃうりゃ」 宮田珠己著 (廣済堂出版)著者が、日本のあまり知られていないスポットを巡る旅エッセイ。巡る地は、次の通り。 ・名古屋 ・秋山郷、十日町 ・東京 ・日光 ・津軽 ・妙義山 ・自分家の庭 ・天草 ・志賀島 ・神津島 ・しまなみ海道 ・富士急ハイランド ・千里著者の本は初でして、実は女性と思っていました。作家さんには、男性か女性かすぐには判断できない名前の人が多くいます。例 [続きを読む]
  • 読書(2017年―8 ゛だれもが知ってる小さな国 ”)
  • 「だれもが知ってる小さな国」 有川浩著 (講談社)お気に入り作家、有川浩さんの2015年発刊の本です。童話作家である佐藤さとる氏の代表作「コロボックル物語」を題材にした、少年少女の成長記。最近の有川さんの小説は、テーマというか題材があって、そこに関わる人たちを小説にされています。例えば、「明日の子供たち」では、“児童養護施設”がテーマでしたし、「キャロリング」では“離婚”でした。本書は、“養蜂”。ミツ [続きを読む]
  • 購入品 〜(2017年−5 SEIKO CLOCK " 電波目覚まし時計 SQ758W ”)
  • 長年使っていたCASIOの電波目覚まし時計の調子が悪くなってきた。時計機能は問題ないのだが、目覚ましのアラームが鳴らないときがあるのだ。目覚ましをセットするスライドスイッチが、劣化してちゃんと接触していない感じ。目覚ましが鳴らなくても、何とか事なきを得てきたのだが、先日、あやうく出張の電車に遅れそうになり、買い替えを決意。電波式ので、目覚ましセットのボタンがしっかりしたのが欲しかったのですが、どれ [続きを読む]
  • 映画(2017年−8 ? THE ICEMAN 氷の処刑人 ”)
  • 「THE ICEMAN 氷の処刑人」実在した殺し屋リチャード・ククリンスキーを取り上げた2012年公開のアメリカ映画。アダルトフィルムのダビングを仕事するリチャード・ククリンスキーの唯一の生きがいは、職場の近くで働くデボラという女性だけだった。デボラと結婚し、幸せな日々を過ごすリチャードであったが、職場にギャングが現れた日から、彼の日常は一遍する。いつものごとく、amazonプライムビデオでの視聴です。いつでも視聴で [続きを読む]
  • 動画(2017年−5 ゛本州最南端のまち 串本町探訪≪前編≫ ”)
  • 週末、仕事で和歌山をぐるりと廻ったついでに1泊して、本州最南端の串本町を観光することにしました。天気も良く、海の青がとてもきれい。仕事を終え、駅のコインロッカーに荷物を預け、気合を入れて『道の駅 くしもと橋杭岩 』まで撮影しながら歩いていきました。日差しは暖かいけど、風が冷たい。2kmほど歩いて無事到着。ここには、マグマが作った奇岩『橋杭岩』があるのです。では、動画にまとめましたので、どうぞ!!   [続きを読む]
  • プラモ購入(2016年−7  “HG 1/144 GUNDAM BARBATOS LUPUS REX ”)
  • 土曜日、リビングでゴロゴロとタブレットで動画を見ていたら、付けっぱなしのTVから、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が始まった。あぁ、ガンダムの最新作か。まだ続いていたんだなぁと、チラ見していると、主人公が搭乗するガンダムが搭乗した。模型雑誌の情報で、改修に改修を重ねて、第6形態まで姿を変え、その後、オーバーホールしてバルバトスルプスとなって、今では更にバルバトスルプスレクスとなったのは知っ [続きを読む]
  • 読書(2017年―6 ゛弧の増殖 ”)
  • 「弧の増殖」 朝松健著 (エンターブレイン)大手出版社に勤めていた矢口は、一念発起し、地元で友人の佐藤とタウン情報サイト「夜刀浦Watcher」を立ち上げる。順調に契約者も広告収入も増えつつあるが、もうひと押し何かが欲しい。そこで、都市伝説をコンテンツに加えることにした。幸い、夜刀浦市は都市伝説の宝庫であった。中でも15年前に起きた「連続幼児殺人事件」が、噂に拍車をかけていた。行きつけのスナックで、打ち合 [続きを読む]
  • 動画(2017年−4 ゛長浜鉄道スクエア ”)
  • 仕事で滋賀県は長浜市へ。雪がちらつく中、仕事が終わり、帰る前に長浜鉄道スクエアに寄ってきました。息子が小さいときに行ったっきりですが、見るところが増えた気がします。今回もSony Cyber-shot DSC-HX60Vの出番となりました。手ぶれ補正強化で歩き撮影がよりスムーズになったのは良いのですが、やはり動画時にホワイトバラスが変えられないのがストレスです。今度は、OLYMPUS PEN E-P5で撮りに行きたい。   [続きを読む]