いっこ さん プロフィール

  •  
いっこさん: フィレンツェの空の下で
ハンドル名いっこ さん
ブログタイトルフィレンツェの空の下で
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/siamofeliciecontenti
サイト紹介文公認ツアーガイド・ソムリエ。旅先で見つけた美しきトスカーナを写真とともにご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/03/05 01:21

いっこ さんのブログ記事

  • 復活祭のお菓子・スキアッチャータ
  • 復活祭まで、あと3週間ほど。復活祭のお菓子といえば、卵型のチョコレート。それか、コロンバ。それらに加えて、今年、別のお菓子が存在することに気づいた。その名も、『Schiacciata di Pasqua/復活祭のスキアッチャータ』フィレンツェでは、スキアッチャータとはフォッカッチャである。お菓子のスキアッチャータならば、カーニバルの時期のスポンジ菓子『フレンツェ風スキアッチャータ』か。件の『復活祭のスキアッチャータ』は [続きを読む]
  • 復活祭のお菓子・スキアッチャータ
  • 復活祭まで、あと3週間ほど。復活祭のお菓子といえば、卵型のチョコレート。それか、コロンバ。それらに加えて、今年、別のお菓子が存在することに気づいた。その名も、『Schiacciata di Pasqua/復活祭のスキアッチャータ』フィレンツェでは、スキアッチャータとはフォッカッチャである。お菓子のスキアッチャータならば、カーニバルの時期のスポンジ菓子『フレンツェ風スキアッチャータ』か。件の『復活祭のスキアッチャータ』は [続きを読む]
  • ちょっと面白い受胎告知
  • 3月25日は、『受胎告知』の日。大天使ガブリエルが乙女マリア様に『おめでとう、恵まれた方。主はあなたと共におられます』と告げに来た日である。『受胎告知』をモチーフとした絵は多い。個人的には、フラ・アンジェリコによるサン・マルコ美術館のものが一番好きこの『受胎告知』は、両手を胸に当てお告げを恭しく受け入れているマリア様が描かれている。フラ・アンジェリコはドメニコ派の修道院に、経済的理由からではなく、 [続きを読む]
  • ちょっと面白い受胎告知
  • 3月25日は、『受胎告知』の日。大天使ガブリエルが乙女マリア様に『おめでとう、恵まれた方。主はあなたと共におられます』と告げに来た日である。『受胎告知』をモチーフとした絵は多い。個人的には、フラ・アンジェリコによるサン・マルコ美術館のものが一番好きこの『受胎告知』は、両手を胸に当てお告げを恭しく受け入れているマリア様が描かれている。フラ・アンジェリコはドメニコ派の修道院に、経済的理由からではなく、 [続きを読む]
  • 初春のピエンツァ
  •  オルチャ渓谷に春の到来を告げるアーモンドの花霞に包まれた丘陵地も、少しずつ緑の衣装をまとい始める。町への門では今日も天使が祝福を与え理想郷の中へ入ってい行く人々を見守っている。観光客もまばらなピウス2世広場レンガ色と白色の幾何学模様が理をあらわしているのか500年の歳月が過ぎた今も、永遠の美しさを誇る。修復を終えたピエンツァの大聖堂別名、光の教会市庁舎の塔あれ?!どっかで見たことあるぞ?日差しを避け [続きを読む]
  • 初春のピエンツァ
  •  オルチャ渓谷に春の到来を告げるアーモンドの花霞に包まれた丘陵地も、少しずつ緑の衣装をまとい始める。町への門では今日も天使が祝福を与え理想郷の中へ入ってい行く人々を見守っている。観光客もまばらなピウス2世広場レンガ色と白色の幾何学模様が理をあらわしているのか500年の歳月が過ぎた今も、永遠の美しさを誇る。修復を終えたピエンツァの大聖堂別名、光の教会市庁舎の塔あれ?!どっかで見たことあるぞ?日差しを避け [続きを読む]
  • グロピナの聖ピエトロ教区聖堂
  • アレッツォ県にあるグロピナという小さな村落にある聖ピエトロ教区聖堂を訪れた。古代ローマ人の邸宅があった上に5−6世紀になって小さな教会が建てられた。8世紀にはロンゴバルド族により手が加えられ、更に11世紀に修築された教会である。教会中に入る。分厚い壁に囲まれた堂内は薄暗いが、内陣に光が当たり神々しい。教会は、細部に至り神のメッセージが隠されている。全てが解明されているわけではないが、玄人気取りで読み [続きを読む]
  • グロピナの聖ピエトロ教区聖堂
  • アレッツォ県にあるグロピナという小さな村落にある聖ピエトロ教区聖堂を訪れた。古代ローマ人の邸宅があった上に5−6世紀になって小さな教会が建てられた。8世紀にはロンゴバルド族により手が加えられ、更に11世紀に修築された教会である。教会中に入る。分厚い壁に囲まれた堂内は薄暗いが、内陣に光が当たり神々しい。教会は、細部に至り神のメッセージが隠されている。全てが解明されているわけではないが、玄人気取りで読み [続きを読む]
  • トリュフ味のポテチを試す
  • 前回、スーパーのポテチについて書いたが、そのついでにとは何だが、スーパーで新たな味のポテチを見つけたので試してみた。新たな味とは、ズバリ!黒トリュフ味。黒トリュフが目を引くこんなパッケージ。AMICA CHIPS/Alfredo's gourmet アミカチップスが出しているアルフレードのグルメシリーズ。アルフレードって誰やねん?アルフレードとは、椿姫のヴィオレッタの恋人ではなく、競走馬でもなく、アミカチップスの社長さんだ。 [続きを読む]
  • トリュフ味のポテチを試す
  • 前回、スーパーのポテチについて書いたが、そのついでにとは何だが、スーパーで新たな味のポテチを見つけたので試してみた。新たな味とは、ズバリ!黒トリュフ味。黒トリュフが目を引くこんなパッケージ。AMICA CHIPS/Alfredo's gourmet アミカチップスが出しているアルフレードのグルメシリーズ。アルフレードって誰やねん?アルフレードとは、椿姫のヴィオレッタの恋人ではなく、競走馬でもなく、アミカチップスの社長さんだ。 [続きを読む]
  • エノテカレストランSignorvino@フィレンツェ
  • ドゥオモを背にヴェッキオ橋を渡って左折したバルディ通りのエノテカレストランSignorvino。アルノ川の川床レストランとでも言ったらいいのだろうか、アルノ川に面した素晴らしいテラスが魅力である。この日は天気は良くてもまだ冷えるので、テラスではなく店内に座った。それでも窓側だと、いい眺めである。カルツェドニアという靴下や水着の専門店が本体のこのエノテカレストランは、イタリア中のワインを販売している。時にお得 [続きを読む]
  • エノテカレストランSignorvino@フィレンツェ
  • ドゥオモを背にヴェッキオ橋を渡って左折したバルディ通りのエノテカレストランSignorvino。アルノ川の川床レストランとでも言ったらいいのだろうか、アルノ川に面した素晴らしいテラスが魅力である。この日は天気は良くてもまだ冷えるので、テラスではなく店内に座った。それでも窓側だと、いい眺めである。カルツェドニアという靴下や水着の専門店が本体のこのエノテカレストランは、イタリア中のワインを販売している。時にお得 [続きを読む]
  • 潜入!サンタマリアノヴェッラ薬局製造所
  • サンタマリアノヴェッラ薬局は、1284年にドメニコ派修道院サンタマリアノヴェッラ教会に医務室ができたのが始まりである。当時は、修道院付属大回廊に入り口があった。大回廊付中庭回廊の壁に描かれた16世紀に活躍したマニエリズム派画家によるフレスコ画。大回廊にある、当時の薬局への入り口。扉の上の薬壷が目印。最初は修道院内の医務室だったが、1612年に一般市民も利用できる薬局となった。世界最古の薬局の一つと言われる。 [続きを読む]
  • 潜入!サンタマリアノヴェッラ薬局製造所
  • サンタマリアノヴェッラ薬局は、1284年にドメニコ派修道院サンタマリアノヴェッラ教会に医務室ができたのが始まりである。当時は、修道院付属大回廊に入り口があった。大回廊付中庭回廊の壁に描かれた16世紀に活躍したマニエリズム派画家によるフレスコ画。大回廊にある、当時の薬局への入り口。扉の上の薬壷が目印。最初は修道院内の医務室だったが、1612年に一般市民も利用できる薬局となった。世界最古の薬局の一つと言われる。 [続きを読む]
  • キアンティクラシコ試飲会2017年
  • 2月中旬に開催されたキアンティクラシコワインの試飲会は、180社が参加し、2016年のキアンティクラシコ、2015年のキアンティクラシコリゼルヴァ、2014年のグランセレツィオーネヴィンテージの試飲がメインで、675種類のボトルが出展された。キアンティクラシコワインは80%が海外へ輸出されているという。売り上げは順調で、2009年から2016年までで48,5%の上昇だというのだからすごい。この試飲会は、会場も雰囲気があるし、参加者 [続きを読む]
  • キアンティクラシコ試飲会2017年
  • 2月中旬に開催されたキアンティクラシコワインの試飲会は、180社が参加し、2016年のキアンティクラシコ、2015年のキアンティクラシコリゼルヴァ、2014年のグランセレツィオーネヴィンテージの試飲がメインで、675種類のボトルが出展された。キアンティクラシコワインは80%が海外へ輸出されているという。売り上げは順調で、2009年から2016年までで48,5%の上昇だというのだからすごい。この試飲会は、会場も雰囲気があるし、参加者 [続きを読む]
  • スーパーのポテトチップス
  • 我が家が利用するスーパーは、エッセルンガというミラノ発のスーパーである。ミラノ発なんて書くとお洒落感が増すが、ごく普通の大型スーパーだ。フィレンツェでは大手スーパーはコープかエッセルンガが強い。コープは左派なので好きではないと旦那が言うので、うちは昔からエッセルンガ派なのである。フィレンツェは左派が強いが『左派だから』という理由でコープを敬遠する人も多いと思う。私としては最近のコープも捨て難いが、 [続きを読む]
  • スーパーのポテトチップス
  • 我が家が利用するスーパーは、エッセルンガというミラノ発のスーパーである。ミラノ発なんて書くとお洒落感が増すが、ごく普通の大型スーパーだ。フィレンツェでは大手スーパーはコープかエッセルンガが強い。コープは左派なので好きではないと旦那が言うので、うちは昔からエッセルンガ派なのである。フィレンツェは左派が強いが『左派だから』という理由でコープを敬遠する人も多いと思う。私としては最近のコープも捨て難いが、 [続きを読む]
  • 2月の中世の田舎町ツアー
  • 私たちがご案内するツアーの中には『中世の田舎町』と称するツアーがある。その名の通り、中世の趣を色濃く残す田舎の町を3つ訪れるのだ。ひとつ目は、モンテリッジョーニ。くるくるっと城壁に囲まれた楕円形をした城塞都市である。今は城壁の中に村があるが、当時はお城と兵士の宿舎があった。モンテリッジョーニは、ダンテが神曲地獄編第31歌で、輪になった城壁に塔が突き出ている様は上から見たら『王冠のようである』と謳った [続きを読む]
  • 2月の中世の田舎町ツアー
  • 私たちがご案内するツアーの中には『中世の田舎町』と称するツアーがある。その名の通り、中世の趣を色濃く残す田舎の町を3つ訪れるのだ。ひとつ目は、モンテリッジョーニ。くるくるっと城壁に囲まれた楕円形をした城塞都市である。今は城壁の中に村があるが、当時はお城と兵士の宿舎があった。モンテリッジョーニは、ダンテが神曲地獄編第31歌で、輪になった城壁に塔が突き出ている様は上から見たら『王冠のようである』と謳った [続きを読む]
  • ミラノのお薦め!教会
  • サロン・ド・ショコラでミラノまで来たのだから、少し観光して帰ることにした。ミラノといえば、ドゥオモは外せない観光地である。中に入ったことがないので、今回はと思いきや、並んでるがな。それほどの列ではなかったけれど、面倒なので外から見ただけだが、レースのようで素晴らしい〜。ミラノに来た!って実感!この正面に、スターバックスが植えた椰子の木やバナナの木があるなんて、笑えるわ!で、次に訪れたのが、Chiesa d [続きを読む]
  • サロン・ド・ショコラ@ミラノ
  • ミラノで開催されたサロン・ド・ショコラへ行ってきた。ミラノまで遠出をしたのは、昔見た『マツコの知らない世界』で楠田枝里子さんがチョコレートについて熱く語っていたのが印象的で、私もちょっくらチョコレートの世界をのぞいてみようと思ったからである。展示会会場は若干の寂寞感があったが、いろいろとチョコレートを試せたので良しとしよう。入場料はオンラインチケットで12ユーロ、当日券で15ユーロ。行く価値はあったか [続きを読む]
  • ルッカのドゥオモ
  • 電車でルッカへ。自動券売機ができてからチケットを買うのが本当に楽になった。自動券売機は日本人なら、あまり戸惑わずに購入できると思う。ごく簡単に説明すると・・・。1)言語を選択。(画面を押すと『ひったくりに注意。鞄に注意』という音声メッセージが流れる。)2)到着駅(行き先)を選ぶ。ローマやピサなどの主要な駅名がリストになって現れるが、ルッカLUCCAのようなマイナー駅の場合はリストにないのではアルファベ [続きを読む]