funfunfun409 さん プロフィール

  •  
funfunfun409さん: funfunfun's Blog House ?2
ハンドル名funfunfun409 さん
ブログタイトルfunfunfun's Blog House ?2
ブログURLhttp://funfunfun409.blog82.fc2.com/
サイト紹介文音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っています。
自由文音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っています。
呑んだ喰った話に偏重しているのが気になります。
ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。
by funfunfun409
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/03/07 18:02

funfunfun409 さんのブログ記事

  • 立ち喰いそば天勇
  • 日中の最高気温が30度に達した旭川。今回の宿は〔くれたけイン旭川〕。18〜20時までの間、朝食会場でアルコール類が1杯無料で楽しめる(セルフ)。稲荷神社手前にあった道北最後の置屋が昨年消失してそのままと思っていたら、不意に後ろから声を掛けられで振り向くとこの時のバアさんだった。北京楼菜館の隣に移転して営業続行中。ロータリー付近にラーメンを出すイタリア料理店があるという情報を得たので寄ってみると、〔ウチは [続きを読む]
  • 蕎麦雪屋
  • 6月19日。旭川は暑い。車の窓を開けて駐車していたら、綿のようなタンポポの種子が一杯入りこんで大変な事になった。さて、この日は街中に出来た蕎麦屋に訪問。食べログの地図を頼りに向かっても見当たらず、他のサイトでやっと探し出した。繁華街の3-7、昭和通りに面しており、串鳥とセブンイレブンの中間ぐらいの宮内写真館の左側。見つかるまで15分かかった。3・6街は仲通りがあるのでややこしい。18時半頃だったので客はおらず [続きを読む]
  • 武田家
  • 旭川出張。スマホ本体のスピーカーだとカシャカシャした音しか出ない。でも昔のポップスには合うようだ。困った事にエアコンが作動していない模様。スイッチを入れてもモーターが回る気配が見られない。この日は買い物公園通りにオープンした武田家。名前が示すとおり家系のチェーン店のようだ。食券を購入し、奥のテーブル席に案内される。豆板醤・おろしニンニク、胡椒、酢、醤油、白ゴマ。さらに荒く刻んだ玉ねぎ。醤油ラーメン [続きを読む]
  • カーステ逝く
  • 6月17日。自宅へ帰る途中、音声が出なくなった。そのうち画面が乱れたかと思うと奥で〔パチッ〕とショート音がして電源落ち。間もなく1DINの隙間から紫色の煙がモクモクと。幸い発火しないで治まったが運転中だったので焦った。車を購入した時から付いていたもので、HDD・ナビ・ETC・ハンドフリー機能付きのフル装備。10数年前としてはかなり高価なものだったと思う。ナビはスマホで代用するとしても音楽を聴けないのが辛い。直れ [続きを読む]
  • そば天国松乃家 総本店
  • 6月14日。2日続けて晴天。でも週末にかけて崩れる模様。北広島市は広く、札幌の天気予報はあまり当てにならない。国道274号線の西の里付近が気象の境界線となっており、そこから石勝ロード方面にかけては胆振・日高地方の予報が良く当たる。お昼は4人で国道沿いのそば天国へ。12時前だというのに駐車場は既に満杯で、建物横に停めた。いつの間にか小上がり席が堀ごたつになっていて、足腰が悪くても快適。少し汗ばむ陽気だったので [続きを読む]
  • 麺&Bar 山
  • 6月13日。北広島へ通いの出張。初夏を思わせる爽やかな晴天。北広島駅近くの銀行へ寄ったついでに早めの昼食。つぼ八向かい側の入船ビル入り口にラーメンの幟。表に店名を示す物が無いので2階へ上がると、一番奥にラーメンの行灯が見えた。ゴツイ感じの店主と少し若めの従業員が中にいた。ランチメニュー。仕事を終えてから恵庭に行かなければいけないので少し多めに食べておく必要がある。店主にお勧めの味を訊くと〔圧倒的に味噌 [続きを読む]
  • ミツワ(真駒内駐屯地内)
  • 6月9日。長女がいたので家族全員が揃い、前倒しで母親の誕生祝い。ワイン2本を3人で空け、酔ったので早めに寝る。6月10日。真駒内駐屯地で2日間の仕事。朝から雨で肌寒いほどだ。控え室で黙々と仕事をする。なんか変。お昼は東厚生センターのミツワ。先客の若い隊員が10人ほどいて、カツカレーの注文が目立つ。野菜ラーメン(塩)630円。画像では判りづらいだろうが丼がデカくて野菜の量も充分。さがみやの麺は硬めに茹でられてい [続きを読む]
  • 麺処 めん喰い
  • 6月6日。清々しき遠軽の早朝。この日の湧別町は最高気温が27℃を超えた。昼過ぎに仕事を終え、市街地から数キロ先の住宅が立ち並ぶ開盛地区に入る。めん喰い。昨年近くから移転したらしい。住宅を改造した店舗で、玄関で靴を脱いで上がる。ご夫婦で切り盛りしているらしく、奥さんの温かい接客が気持ち良い。醤油ラーメン 650円。ニンニクの香ばしさが程よいスープと西山の麺。堂々たる札幌ラーメンだ。瀬戸瀬から比布まで自動車道 [続きを読む]
  • だるま軒
  • 6月5日。遠軽から湧別町まで車で15分程度。早朝はこんな気温だが、昼頃には暖かくなった。お昼は市街地のだるま軒。相当古い建物だ。オバチャンと呼ぶにはまだ早い(自分から見て)女性が接客している。12時を回ると続々と客が入ってほぼ満席になる。五目ラーメン 700円揚げ餃子、薩摩揚げ、イカリング、ピーマンと茄子の素揚げ。これで5種類揃っているが、何とも独創的な具材だ。元々はアッサリとした昔風スープに揚げ物の油がコ [続きを読む]
  • やすべえ
  • 6月4日。遠軽町は比布の無料高速まで下を走っても家から5時間ほどで着く。15時前だったが掃除が終わっているとの事でチェックイン出来た。駅前のホテルサンシャイン。結婚式場もある大きなホテルで室内も高級感がある。唯一の難点はWi-Fiが弱い事。駅前の繁華街を一通り回ってみる。こういうのが堪らない。雰囲気のよさげな店を見つけたので入ってみる。70代に達しようかという夫婦がやっている。全国の地酒を各種取り揃えているよ [続きを読む]
  • 味の一平
  • 6月4日。長い函館出張から戻り、一晩過ごして遠軽方面へ。旭川紋別自動車道の白滝村。暖房が必要だ。終点が丸瀬布から瀬戸瀬に延伸された。山道を抜けて遠軽市街地へ向かう。遅めの昼食は駅前の「味の一平」。値段は12年前から変わらず。値上げの紙を上から貼ったりするのが嫌なのだそうだ。正油ラーメン。浅い丼という事もあるが、この麺の量に圧倒される。1玉150gの1.3玉分が並の量。あっさりスープとやや細めの麺は食堂ラーメ [続きを読む]
  • 大勝軒
  • 6月3日。昼から雨が降り出した。慌てて後片付けを済ませて函館を後にする。5年ぶりの大勝軒。駐車場が1台分空いていて、カウンタ席も1人分空きがあった。ワンタン2玉。理由は分からないがいつもの柚子片はなし。麺もワンタンもスープも、ひたすら没頭させられる。清潔な厨房と清々しい店内の雰囲気は相変わらず。まさに道南の宝。 [続きを読む]
  • 遊魚舟
  • 6月1日。朝から断続的に雨模様の1日。寒暖の差が大きいと風邪を引きやすくなるので注意が必要。車検を待つフェアレディ311。グリルの形状から、SPではなくSR。七飯町の山奥にある全国でも有名なレストアショップの車で、月曜日には仮ナンで240Zを走らせて来た。傘を差し、お通しが凄いという噂の居酒屋に訪問。かつてはラウンジバーだったような雰囲気。カウンター10席の後ろに4人用・6人用のテーブルが各1台で、団体客は予約が必 [続きを読む]
  • エビス軒の正油、滋養軒のチャーハン
  • 5月31日。この日も快晴なり。一番通りで滋養軒が開いているのを確認し、そのまま大森町方面へ進んでグリーンベルトを過ぎたところで右折。菊水小路。入り口の鳥辰は店主が替わって営業しているようだ。あの建物は末永く残さなければならない。先ずはエビス軒。老夫婦は相変わらず元気だが、店主は背中がさらに丸くなったようである。正油ラーメン 700円。いつも味噌ばかりなので初めて食べるかもしれない。具はもやし・木耳・うず [続きを読む]
  • みなと食堂
  • 5月30日。宿の窓より。寝る時に、ルートインの照明が安眠の妨げとなっているようだ。300メートル以上離れているのにかなり眩しい。カーテンを閉めると寝坊しそうだし、目覚ましを2つ用意していても不安が残る。この日の夕食はみなと食堂。大食いという気分でもないのでラーメン目的で暖簾を潜る。夕食にラーメン1杯では持たないのでカレーも注文して保険を掛けておく。両方ともワンコインの嬉しい価格設定。もやし入りの塩ラーメン [続きを読む]
  • 津軽屋食堂
  • 5月28日。この日の夕食は津軽屋食堂と決めていた。ところが、何度も行っているのに一回でたどり着いた事がない。大門横丁入り口の横なのだが、グリーンベルト沿いというイメージが固定してしまっている。入り口近くのテーブル席にオバチャン客が4人ほどいて、食べ終わったカレーの皿を前に雑談している。中国人観光客だと判り、また随分とシブいチョイスだなあ〜と感心する。一番奥のテーブル席に座ると冷蔵庫が目に入った。ラガー [続きを読む]
  • 函館軒
  • 5月27日。朝からずっと雨だった。多くの小学校は前日の段階で運動会が順延になった模様。2月にオープンした若松町のラーメン酒場 函館軒カレーとラーメンの「ぱんだ」がある一角で、以前は焼き鳥店。大森町側の並びには以前「陶々亭」の看板が置いてあったが、何時の間にか見なくなった。思ったより広い店内だ。一品料理も色々置いてある。背油豚骨醤油ラーメン(790円)スープは化調が多めだが、見た目ほど濃くは無い。深夜まで営業 [続きを読む]
  • 桃園
  • 5月27日。前日に仕事の準備をしておいたので気持ちにやや余裕があり、少し早く出て山岡家上磯店。24時間営業になったのは最近の事らしく、西桔梗の十字軒が閉店しまったので近くに朝ラーを出す店があるのは心強い。さて、お昼はお馴染みの桃園。週末とあって混んでおり、座敷席に案内された。この日は正油ラーメン 570円。デジカメ画像がブレたので激安スマホの画像で。5月30日。今回の宿は素泊まりなので、フルーツグラノーラの牛 [続きを読む]
  • 丸南本店 170526
  • 5月26日。今回の宿は「シャロームイン2」なので、若松広路を横切って進む事になる。11年前は健在だった裏観光スポットもこの変わりようだ。こうして昔の姿は人々の記憶から消えてゆく。19時前だったが、店にはお孫さんがいたので相手をしてもらう。旧和光デパートの店舗兼マンションが完成し、真向かいが入居者専用の玄関。今回は酒肴セット。昼のラーメン2杯が効いた。函館最初の夜は丸南と決めているので入らずには済まされない。 [続きを読む]
  • ごんちゃんラーメン
  • 同楽舎と同じ区画のごんちゃんラーメンに向かう。肉のショーケース奥に座っているはずのご主人は不在で、カアチャンに訊くと体調を崩されて〔前にもいらっしゃいましたよね?〕3年も前の事なのに、味噌の後に塩を注文した事までも覚えているとは呆れる。正油 650円。〔今日は天気が悪いからスープが普段と違うかも知れません〕。この日はホッケの頭と尻尾を出汁に加えているという。2杯目となるとスープを飲み干すのが辛いので、半 [続きを読む]
  • 同楽舎
  • 5月26日。今年2度目の函館出張は8泊9日のロングラン。週間天気予報を見る限り、昨年同時期よりも気温が低めで過ごしやすいようだ。谷地頭電停近くの同楽舎。前回5月で休業するという情報を知り、開店10分前に到着した時には13人の行列。電停をはさんだ向かいから店の右前方を見ると5〜6が歩いて来る。危険な匂いを察知したので赤信号を走り抜けて14人目に並んだ。開店2分前だったかに店主が出てきて20人目で今日は終わりだと言う。 [続きを読む]
  • 合奏170514
  • 5月13日。この日の午前中は歯医者で新しい義歯の調整。上顎に密着させて義歯を支える「床」の段差を無くす、義歯の付け根部分を元々の歯と同じように角度をつけるといった要望に協力してくれた。現状の仮歯と比べるとかなり改善されそうだ。これでスラーが滑らかになれば言う事は無い。お三時は娘が買ってきたビーネ・マヤのケーキ。結構いい値段がするので贅沢出来るのはクリスマスも含めて年に3回程度か。14日。早朝から江別に行 [続きを読む]
  • ダイニング酒場 花花
  • 5月11日。この日は駅近くのホテルで高校同窓会の幹事会。会費1,000円で豪勢な弁当が出た。各期ごとに席が決まっていて、前の人が10期先輩でSTVのマッキーこと牧やすまさ氏。30分ほどで終わり、同窓である最長老ユーフォと雑談しているうちに「軽く行くか?」何度か来た事のある花花。場所は南3西6、東向きビルの地下1階で、向かいの角には「串かつ千里」かある。還暦を迎えたユーフォのN氏にメールするとこれから向かうという。LIN [続きを読む]
  • 手打ちそば みなと
  • 連休も残り2日となった。帰省中の長女はまだ寝ていたいらしく、小降りの雨が上がるのを待って外出。目的地は周辺一帯が駐禁なので近くのコイン駐車場を利用。東本願寺前の「みなと」。以前書いた藤そばの記事にコメントがあり、娘さんが店を出したらしいという情報。開店直後だったので他に客はおらず、色々と話を伺う事が出来た。お会いするのは27年ぶりで、ニキビ娘がすっかり大人の女性に成長。チャキチャキした雰囲気は昔のま [続きを読む]