ピアニスト山口絵里 さん プロフィール

  •  
ピアニスト山口絵里さん: クラシックピアニスト山口絵里
ハンドル名ピアニスト山口絵里 さん
ブログタイトルクラシックピアニスト山口絵里
ブログURLhttp://ameblo.jp/yamaguchieri824/
サイト紹介文音楽から発想を得て、気づきの詩を書いています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/03/15 16:32

ピアニスト山口絵里 さんのブログ記事

  • またですが
  • また?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、また、ピアノを立って演奏することにしました。というか、これしか方法がありません。数年前の立奏は、体の使い方を模索してのことでしたが、今回は、立奏でないと左の指が動かないため仕方なく、です。格好いいものでもないし、自作ペダルの取り付けや持ち運びも面倒だし、立つことで目立ちたくはないのですが、座っていては左手がもう商品にはなりません。小学校の頃に弾け [続きを読む]
  • 左手
  • 実は数年前に、合気道の受身の練習をしていて左肩を痛め、肩の関節がおかしいのです。左肩は右肩に比べて、骨のようなものが少し出っ張っている。それ以来、左手の指の動きが悪くなりました。練習すれば何とかなるだろうと気にしませんでしたが、やはり、元のようにはいきません。次第に、プロとしてはもうダメだろうかと少しずつ考え始めてきました。何を試してみてもダメ、そんなピアニストにとっては致命的?のような症状とな [続きを読む]
  • 最高の贈り物
  • 今日は仕事の都合で先ほど帰宅。「積み木を積み上げるより崩す方が簡単」の感覚で仕事をしていました。仕事はテキパキやるよりも、バラバラバラッとやる方が速いし楽♪力が抜けているため丁寧にもなる。今日も人の優しさ、あたたかさ、ありがたさに救われ続けていました。生きることは感謝をすること。あらゆるモノを手に入れていく事よりも、人に与えていく事の方が幸せだと思いました。年を重ねることは、少しずつ様々なモノを [続きを読む]
  • ミクロの世界
  • 何事もそうかな。私はピアノに学んだことです。不安な事があったら、不安がないレベルまで分解すればいい。例えば曲の一部に、本番で上手く弾けるか不安な箇所があったとする。それはそのまま本番にぶつけず、本番の前に、その箇所を分解練習して、様々なパーツをひとつひとつ、ゆっくりと丁寧に、自信を持てるように仕上げておく。自信が持てるレベルまで分解してしまえばいい。分解したパーツそれぞれに不安がなくなり、自信が [続きを読む]
  • 現在の私のピアノ状況
  • 私はピアニストといっても、頼まれれば弾くくらいで、自分から売り込もうとはまだしていません。露出することよりも実力を深めることに今は興味があるためです。需要のある曲よりも、自分が心から満足する曲を弾いていたいという、とてもワガママな性格です。いつもすみません。ピアノ一本で食べていくには、私は天才ではないため、需要のある曲を膨大な時間をかけて練習しなければなりません。しかも私はこれまでの経験により、 [続きを読む]
  • タンポポの花束を
  • なかなかメールや電話に気づくのが遅くて気づいても返信が遅くなってしまったり返信したつもりになっていたり見落としてしまっていたりと様々な人にご迷惑をおかけしています。本当に本当に、申し訳ありません。今日は、大事なメールが一つ、迷惑メールに入っている事に気づきました。気づいた時には時すでに遅し。合気道の師範の、お通夜とお葬式の告知でした。最後の最後まで、出来の悪い弟子でごめんなさい。庭にタンポポの花 [続きを読む]
  • 着物
  • ゴム紐除去について、ずっと悩んでいた。膨大な洋服はほとんどゴムが入っている。ゴムを抜いて紐を通す作業を考えると、果てしなく面倒くさい。その上、靴下もダメ、タイツやストッキングもダメだという。冬はスカートが履けないじゃないか…!でも、ゴム紐を除去した効果は凄いらしく、確かに昔の日本人は現代人と体の使い方がかなり違うらしい。ずーっと考えていた末、昨日、目覚めると同時に「着物だ!」と納得いたしました。 [続きを読む]
  • 桜茶
  • お湯の中で、桜がふわっと花咲くように。心の力みがとれていく感覚。ピアノに触った瞬間、指先から花びらがこぼれ落ちた。音が透明に澄み渡っていく。ありがとうの心が、じんわり香る。もうすぐ桜の季節かな… [続きを読む]
  • 自然現象
  • 昔、レッスンで「もっと心を込めて」と言われるのが嫌だった。まるで、曲に心を閉じ込めるみたいだから。心は、閉じ込めたり押し込めたりするものではなく、自然と溢れてくるもの、そう思っている。音楽とは、自然現象だと思っている。そんなわけで、私の心は自然現象のようなところがあり、人に迷惑をかけすぎたりするのだろう。芸術家だから仕方ない??でも芸術家ではなくなったら、単なる問題児。いや、芸術家であっても私は [続きを読む]
  • この世は苦しみ
  • 「苦しみたくない」これは、生物としての本能で自然なことだと思う。しかし悟りを考えるとき苦しみから逃れることばかりではまた、苦しみを嫌っていては程遠いものとなってしまう。人生は苦しみそのものだという。生まれることから、死ぬことまで、暑いこと、寒いこと、季節が巡れば苦しみも移りゆき人と関わること、命を産むこと、思い通りにならないこと心が傷つくこと、体が傷つくこと病気になること、老いること、失っていく [続きを読む]
  • 仕事は神
  • 今日は、よく言われることだけど、また嫌なこと言われました。「せっかく大学院まで行ったのに、飲食店まで落ちちゃって。」…落ちるって何だよ。音大の大学院へ行った人が、飲食店に夢中になってたらおかしいのだろうか?学歴で人を判断するのは時代遅れだけど、職種で人を判断するのもどうなのか。人が憧れる職種は崇高で、人が嫌がる職種は下劣なのか。それとも稼ぐ金額で判断されるものか…。私は、自分がピアニストだと言っ [続きを読む]
  • すっぽんぽん
  • っぽんぽんで寝るようにしてから、体のコリや痛みがほとんど消えて、とても軽くなっている。しかし風邪をひかないように気をつけなければ。私はこんなふうにしています。まず寝る前に部屋を暖めておく。掛け布団の下に毛布を二枚、しかも内側の一枚は、首もとに隙間のできないようにフィットする柔らかめのもの。敷き布団カバーも、毛布のようなあたたかいもの。そしてシーツや毛布類は、こまめに洗濯をする。手間がかかるけど、 [続きを読む]
  • 強さとは。
  • 今閃いたこと。強さとは何か。強さとは、恐れを排除することではなく。恐れと徹底的に戦って勝ち抜くのも、恐れを見ないようにする能力も、一種の強さと呼ぶかもしれないけれど。私の納得する強さとは、恐れを受け入れること。つまり愛すること。恐れを愛する能力。敵を作らず、悪魔も作らず。すべて愛すべき命だから、何かの都合で悪魔のようになっているだけだから。愛すべき命の成せる業は、すべて愛すべき業。人生を生きる毎 [続きを読む]
  • 生きる毎にシンプルに。
  • 筋肉痛もほぼ治ると、以前よりパワーアップしていてピアノが急激に変化。ピアニストの中身は、7割は武術でできているのではないか?と本気で思えてくる。体の変化に伴い、基礎練習も変わりました。二次元の音と三次元の音の二通りに、速度を四段階に分けて、一時間ほどかけて練ると、ほぼ理想の音になっていたのですが、もうその必要もなく、「ゆっくり」と「はやく」だけでよくなっていました。体が自動的に調整してくれるので [続きを読む]
  • 「早く帰りたい」
  • 最近、空けていた日にも間違って仕事が入っちゃったりして、稽古になかなかなかなか行けてなく、欲求不満すぎて自分で技を編み出してます(笑) 少し前には「何もしない」という技をやってました。簡単にいうと、肉体は何もしないと内観が勝手に何かする、みたいなこと。何もしなくていいんだ〜と気持ちも楽になります♪そして今日、気分がいいのでまた技を思いついきました!「早く帰りたい」という技です。これをやると、「何もし [続きを読む]
  • 床を愛する
  • 母なる大地に支えられて…。感謝する心は、体も変わっていくようです。数日前、久しぶりに合気道へ行きました。最近忙しくてご無沙汰しておりました…。そして、久しぶりに受身をしていて体の変化に気づきました。触れるものを大切に扱うようになっている自分…。床を、丁寧に扱っている自分がいる。というか、床の存在に気づいている自分がいる。考えてみれば、私は床にずっと立たせてもらってきました。床がなかったら立つこと [続きを読む]
  • 信じるとは何か…
  • 「信じる」という事の最も自然な姿を探して…。信じられるから信じるわけではなく、信じられないけど無理に信じるわけでもなく、ただ盲目的に信じるのも違うような。「信じる」って何だろう…って、昔からずっと探してた。今日気づいたのは、信じる事と愛する事は、ほぼ同じなのではないかという事。「信じてる」って、嫌味でも期待でもなく、心から素直に生まれてくる言葉である場合、それは愛によってのものだと思う。宗教は神 [続きを読む]
  • 腹痛に学ぶ
  • 痛みの乗り越え方のいろいろ。嘆いてばかりもできる。根性で乗り越えることもできる。笑い飛ばすこともできる。そして…感謝することも、きっとできる…。例えば身籠っていたとして、胎児がお腹を蹴っているとしたらこんなに愛しい痛みはないかもしれない。(経験ありませんが!笑)そして傷みとは、自分という命が生きている証。子どもを慈しむように傷みを慈しんで、人間関係を慈しんで、様々な出来事を、すべてを慈しんでいけ [続きを読む]
  • 最強の宝
  • 今日の発見…理想の自分となるために、自分を洗脳しようとしてみた。昔、ピアノの舞台に立つ時、そうやって洗脳した事があるのを思い出して。「失敗したらどうしよう」という不安を払拭するために。ひたすら「できるできるできる」と唱えて洗脳した事がある。確かに不安が消えて効果があった。言葉による洗脳は効く、確かに。そしてそのようにして弾いていた時期があった。しかし更に思い出したことがある。優等生でもない私が奇 [続きを読む]
  • 野性児
  • 母は私のこと野性的だというけれど、歳を重ねる毎に少しずつ納得していく。私は野生動物のような意識でいるのかもしれない。常に警戒している、いつ食われるかわからないと思っている、そして緑が好き。昔から、魚でも顔がついてるものの方が、獲物を食べているようで好きだった。大きなブリの顔を食べている時、最高に幸せを感じていた。野菜も採れたてをまるごと食べるのが好き。そんな性格のせいか、仕事もサバイバル的なもの [続きを読む]
  • 「きちんと」の発見
  • *昨日書いたブログです*今日の感覚メモ。いつものようにお仕事をしていて気づきました。「正確に、きちんとやらなくちゃ」という意識。昔からピアノの先生に、耳にタコができるほど言われてきた事です。私は特に、ふわふわしているらしく、正確さや精密さが苦手で、何もかも散らかしっぱなしの子どもでした。そのせいか、「ピアノの中にゴミがある」と先生に言われ、音を一音一音、磨き上げる練習をさせられ、常に、音の隅々ま [続きを読む]
  • 愚か者ですが。
  • 以前、アップし忘れていたブログを見つけたので載せておきます…。この世に「体」を持って生まれたということ。つまり生きるということ。私は、究極的には「感じる」ことがすべてだと思っている。もちろん人生思い通りにはいかない。それでも「感じる」ことをやめてはいけない。まわりの人は、それぞれ自分の人生によって得た教訓を、正しい道だと信じて私に勧めてくる。この年でこれは恥ずかしいとか、もっとこうした方がいいと [続きを読む]
  • 正座大好き
  • 「正座が一時間できるようになりなさい!」と叱られまして、嫌々やり始めた正座。最初は、正座なんてただ足をお尻の下敷きにするものだと思っていて、見た目は綺麗でも、窮屈で足に良くないものだと思っていた。最初の一日は我慢してやっていた。しかし体の中を探っていくと、その日の夜中頃、上半身が物凄く調子がいい事に気づく。猫背にならない、肩の力も抜ける、お腹も引き締まる、心もなんだか爽快。正座の魅力がドッと押し [続きを読む]
  • 昔を思い出して…
  • 私は極めて自己中心的な性格のようです。まわりが「そんな事で?」と思うような些細な事で落ち込んだり、反対に、まわりがどんな反応をしていても無関心だったりしてしまいます。例えば、自分の不注意で虫を踏んで殺してしまった時は酷く落ち込みますが、人から嫌われたりしても大して落ち込まないところがあります。ピアノのオーディションで私を蹴落とそうとする人から陰謀をされた事がありますが、私にとっては本当にどうでも [続きを読む]
  • 流される道よりも、自然な道。
  • 色々ありましたが、自分の感じる心、感じる感覚というものを、また信じてみようと思っています。それはとても脆いため、簡単に壊されてしまうかもしれないけど、それでもその感覚と向き合っていきたいのです。目に見えないものは「無いもの」とされやすく、伝わり難く、時に利用されやすく、物質以下だとされやすく…。しかしそれは、目に見えない魂そのものであり、魂の共鳴と共に伝わるものであり、時を越えて何らかの形や現象 [続きを読む]