sarara さん プロフィール

  •  
sararaさん: 一期一会
ハンドル名sarara さん
ブログタイトル一期一会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sarara_k_2006
サイト紹介文平凡な毎日でも「いいこと」は必ずある。そんな時、ちょっと幸せ!そんな小さな幸せをおすそわけ・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/03/19 00:09

sarara さんのブログ記事

  • イタリアの携帯事情
  • 1ヶ月の休日を楽しんだ姪っ子と彼女の娘がイタリアに戻っていきました。生後9か月の娘も日本語を理解したようですが、またイタリアに戻ると忘れてしまうんでしょうね。彼女の携帯はイタリアで購入したものですが、海外の携帯はカメラのシャッターボタンを押しても... [続きを読む]
  • 桜の下で昼食を・・・
  • 久しぶりの晴天。今年はまだお花見をしていなかったので、お弁当を持って桜の綺麗な河川敷に行ってきました。メンバーはちょっとだけ介護が必要となった母とイタリアから帰国している姪とその子の赤ちゃんの4人です。お花見をしている人は年配グループとママ友グ... [続きを読む]
  • 日本酒それとも和菓子?
  • 日本酒好きの友達にいただいたプレゼント (酒のいろいろ物語)これはお酒? もしかして車の運転ができないもの(飲酒運転)?いろいろ考えて、車に乗ることがない夜にいただくことにしました。予想外でしたが日本酒の香りがほんのりするゼリーでした2009... [続きを読む]
  • 6か月ごとの乳癌精査
  • 乳癌精査に行ってきました。「小さな硬い腫瘤があるが大きさも変化していないので悪性の可能性は低い」との結果。次回からは1年に1回の検査で良いとのことでした。ちょっと安心 でも、油断はできないということですね。3月は年度末なので検査を受ける人も少な... [続きを読む]
  • ポンペイの壁画
  • 先日、山口県立美術館で開催中の「世界遺産ポンペイの壁画展」に行ってきました。  (赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス)          (エジプト青の壁画装飾)ポンペイはヴェスヴィオ山が噴火し、一瞬で灰に埋もれてしまった町です。積もっ... [続きを読む]
  • 新しいお店発見
  • 先日、友人との飲み会で「ととや幸月(下松店)」に行ってきました。本店の「ととや」には何度か行ったことがありますが下松店は初めてです。ここは全国より選りすぐりのお酒が飲める、日本酒好きにはとても嬉しくなるようなお店です。お料理も満足、個室なのでゆ... [続きを読む]
  • 腿、パンパン!
  • 今日は節分、近くの神社に星祭のお札を頂きに行ってきました。当日は人であふれるので事前予約のために2日前にも神社を訪問しています。長い参道と階段のおかげで太腿筋肉痛今日はもう大丈夫と思って家を出ると「エレベーター点検中」のシールが貼ってあるではあ... [続きを読む]
  • いろいろと活動開始・・・
  • 先日、淡交会の初点茶会・総会に出かけました。母の体調不良のため私の生活も一変し、茶道・華道から少し距離をおいていましたが2月から再稼働のつもりです。自宅での指導は細々と続けていましたが、お茶会などに参加するとやはり刺激を受けますね。社中の方との久し... [続きを読む]
  • やっと退院・・・
  • 先日27日に意識がなくなり救急車で運ばれた母が退院することができました。6日間の入院生活でしたが、朝から夕方までずっと付き添っていた私も疲れました。原因はまだはっきりしていませんが、救急外来の医師は他の整形外科医院で出された痛み止めの薬ではない... [続きを読む]
  • 自分への過大評価
  • 先日実施した中学校の同窓会幹事が集まり打ち上げの飲み会をする。ずっと疎遠になっていた人たちだが集まると中学生の頃に戻ってしまう。これまでの紆余曲折な人生もここでは関係ない。やや暴走してしまう人もいたが、そこは笑って許してしまおう。これまで培って... [続きを読む]
  • 全国で3番目
  • 旧七夕会池坊全国華道展が今年も京都高島屋と池坊〈烏丸六角〉で11月9日から14日まで開催される。私の先生は毎年出瓶されているが、名簿を拝見すると最高位の上から3番目。年齢順らしいのだが先生の目標はトップになるまで活け続けることらしい。先生御年95... [続きを読む]
  • 花戦さ
  • 池坊巡回講座に参加してきた。今年のテーマは『学ぶ力 教える力』それは置いといて・・・・その会場で華道家元池坊の映画「花戦さ」が来年初夏に上映されるとの紹介があった。来年は花を活けた記録から555年を迎える節目の年である。池坊専好(初代)を野村... [続きを読む]
  • イタリアからの便り
  • 今年は兄の家族のうち4人がイタリアに行っているので静かなお盆となった。出産祝いと観光を兼ねてマントバに住んでいる娘(私には姪)に逢いに行ったのだ。「いつの間にかイタリア人の息子とイタリア人の孫ができてしまった」と兄は言っている。2週間の滞在だが... [続きを読む]
  • めざす先には・・・
  • 池坊(華道)に入門して数十年。所属支部では先生方の高齢化に伴い若い人の活動が望まれている。私は縦社会の人間関係が煩わしいので普通の活動しかしていなかったが、「教授会に入りなさい」とか「弟子を持ちなさい」とかいろいろと言われるようになった。現在、県... [続きを読む]
  • 茶懐石のいただき方がイラストに!
  • 西洋のテーブルマナーと同じように、日本にも正しい食器の扱い方があります。特に器と箸の取り方、置き方には決まった手順があり、茶懐石ではことに重視されます。これらの多くの作法がイラストになり、客の動きが分かりやすく紹介された本ができました。とても参考... [続きを読む]
  • また頂いてしまいました
  • 茶道の先生からまた花入れを頂きました。「いつもの骨董市で買ってきたから持って帰りなさい」と・・・茶の湯の世界では材質によって真・行・草の位に分けられます。真の花入は唐銅・青磁・染付・彩磁・白磁・祥瑞行の花入は砂張・磁器の釣花入・釉薬のかかった... [続きを読む]
  • 山口の地ビール
  • 山口市の地ビールを作っている「鳴滝高原ブルワリー」に行ってきました。モンドセレクションビール部門で2年連続で銀賞を受賞したそうです。    スタウト(金賞)            ピルスナー(銀賞)        ペールエール(銀賞)山口市に... [続きを読む]
  • 危機一髪、かすかな悲鳴・・・
  • 毎年恒例の淡交会の支部茶会「みどりの茶会」に行ってきました。濃茶席・薄茶席・点心席の3部構成になっています。最初の濃茶席での出来事でした。お点前が終わるとお道具の拝見があります。お茶会ですから先生方の高価なお道具が使われますので、大変目の保養にな... [続きを読む]
  • 意外なこだわり
  • お茶のお稽古を始めた方の意外なこだわり・・・茶道で使われる言葉が今まで使ったことがない言葉なので違和感があるらしい。私は茶道の言葉はそういうものだと理解し、こだわりを持つことはなかった。これが生粋の日本語「大和言葉」なんですよ。「一服さしあげ... [続きを読む]
  • これはぼったくり・・・?
  • 創業80周年の呉服屋さんから招待状が届いたので行ってきました。お得意様のみ、着物の反物が8千円均一とのこと。早速見せていただくと結構良い物が揃っていました。26万円が8千円・・・お茶会などにも良いかなと思い迷わず購入しました。しかし、仕立て... [続きを読む]
  • とうとうここまで・・・
  • 茶筅とは茶道において抹茶を点てるのに使用する茶道具の一つです。竹の一端を細かく裂き、薄く削った先端を内側に柔らかくカーブさせたものが一般的です。私は穂先の百本立を薄茶に八十本立を濃茶に使用しています。その茶筅が・・・樹脂製のものがカタログに載... [続きを読む]
  • あと2枚・・・
  • 2008年から数枚ずつ発行されていた「地方自治法施行60周年500円記念貨幣」。無造作に銀行の袋に入れていたが、いつのまにかパンパンになったいた。専用のバインダーがあるというのでネットで探して購入。1枚ずつ入れていくとほとんど揃っていた  後は福... [続きを読む]