山形県知事 さいとう弘 さん プロフィール

  •  
山形県知事 さいとう弘さん: 山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ハンドル名山形県知事 さいとう弘 さん
ブログタイトル山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ブログURLhttp://www.hkysaito.jp/
サイト紹介文日記暦40年、年間365日、毎日更新します!
自由文子どもの成長をしっかりと記録にとどめたいと思います。時に、政治の視点も、披露します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/03/19 01:18

山形県知事 さいとう弘 さんのブログ記事

  • 石破茂さんのこと
  • 石破茂衆議院議員・前地方創生担当大臣のお話をお聞きする機会に恵まれました。於 グランドホクヨウ(米沢市)出先でお話をする際、これまでいかにこの地域と関係が深いか、偶然にもこんな因縁めいた関係が昔からある、などということを引き合いに、その地域との「共通項」の多さをアピールすることで、ぐっと聴衆を引き付けることが必要、というのはよく言われることです。石破さんの場合もそうでした。戦前公選知事、つまり、県 [続きを読む]
  • 秋田に来て…
  •  「英検受験の生徒の割合:全国最高」  「英語力の水準:中学生全国比1ポイント上昇、同高校生1.5」こんなテレビのキャプションが目に飛び込んできました。明日から始まる国際教養大学へ到着したときのことです。他方、「人口減少率が都道府県別で最も高い秋田県の人口が、今月1日時点で100万人を割ったことがわかった」との報道にも気が付きました。100万人を割ったのは戦後初、3月1日時点の100万4310人から4667人減り、99 [続きを読む]
  • 国立友の会
  • 「国立友の会」の初会合。私が、一橋大学にて教鞭を執ることをお知りになられて、スタートしました。実際には、私は、国立にはめったに参らず、同大公共政策大学院がある神保町(如水会館隣)に通っているのですが。共通点は2つ。「一橋」「AFS留学体験」お声掛け役の大塚誠一郎さんは、元スエーデン大使。同じく、佐藤敏さんは、伊藤忠商事にてコンゴ等へのインフラ輸出の専門家。お二人は、AFS7期生、氷川丸で渡米した組です。 [続きを読む]
  • 春探し…
  • 我が家の庭には、確実に春がやってきています−−−亡き母が植えた3本の梅の花が満開となりました。モクレンも硬い蕾が大きくなってきました。スイセンは、朝よりも昼、昼よりも夕、とその黄色がより鮮やかです。同じく母が畑に植えたウドもそろそろでしょうか。このように、今年も、確実に春はそこにやってきているのです−−− [続きを読む]
  • 「真の保守」とは
  •  「このたび私が民進党を離れる決意をした最大の理由は、  保守政治家として譲れない一線を示すということであります。  共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。 (中略)  個々の共産党議員は、みな優秀で正義感にあふれ、  真剣に議会活動に取り組んでおられます。  政策の方向性は異なれど、その質疑内容には常々敬服しておりました。  しかし、衆議院議員選挙は「政権選択の選挙」で [続きを読む]
  • 笹原智美君、安らかに…
  • 笹原智美君が急逝しました。料亭「亀松閣」社長・料理長で、私の小中学校同級生。去る4月5日(水)、急性心筋梗塞で。最期のお別れに、と荼毘に付される前に手を合わせました。遺された女将さん、そしてお嬢ちゃんお二人が不憫でなりません。智美君のお父様は40歳代で他界、お母様が智美君とお姉さまを育てながら、亀松閣を支えてきました。そして今度は智美君が50歳代で急逝、女将さんがお嬢ちゃんお二人とともに亀松閣を支えて [続きを読む]
  • 雪かき直会
  • 冬期間ご近所同士皆で力を合わせて取り組んだ雪かきを慰労する恒例の「雪かき直会」が、今年もIさん宅で行われました。総勢8名。消防隊長、大学名誉教授、農業、悠々自適など様々な方々が隣組です。こうして隣組同士が、共通の目標に向かって取組み、そのための融和を図り、そして慰労する、というサイクルは、季節感を伴い、そして振り返るとあっと言う間の冬でした。こうした場を毎年提供してくださるIさんに感謝です。 [続きを読む]
  • 長女の高等学校入学式
  • 今日は、長女の高等学校入学式。真新しい制服に身を包む長女と一緒に歩きました。身長も随分伸びました…家内とほぼ同じに。「本校は、本当にハードです。勉強、部活、そして行事」「先ほどのPTA会長さんのご挨拶の中で『激烈』との言葉があり、このような晴れがましい席で『激烈』とは、とお思いになられたお父さん、お母さんもおられたと思います。が、ご心配なさらずに。実際そうですから!」「各教科とも毎日の課題がとても多 [続きを読む]
  • きな臭い朝鮮半島
  • 朝鮮半島情勢がきな臭くなってきました。北朝鮮はミサイル発射を繰り返し、6回目となる核実験を近々に実施する可能性が高い、と指摘されています。そして迎えた米中首脳会談。中国が北朝鮮問題の解決に向けて役割を果たそうとしない場合は「われわれ(だけで)でやる」とするトランプ大統領は、シリアのアサド政権による化学兵器使用の報告を受けて迅速に報復攻撃としてシリアに対する巡航ミサイル攻撃(トマホーク59発)を行い、 [続きを読む]
  • ドライブ
  • 春を探しに、家族でドライブに出かけました。ドライブを楽しむなんて、何年振りでしょう。こんなにゆっくりした時間を過ごすのは本当に久し振りです。でも、いいな・・・たまには。 [続きを読む]
  • 社会保障費の増嵩が、我が国財政の逼迫要因であることが改めて分かりました。赤字国債を出さずに当初予算を組めた最後の年は平成2年でした。その平成2年度と新年度の当初予算を比較です(河野太郎氏メルマガより)。 H2   H29   伸び率税収    58.0   57.7   99.5%その他収入  2.6   5.4   207.7% 建設国債 5.6 6.1 108.9%赤字国債 0.0 28.3   −  合計    66.2 [続きを読む]
  • 「本物人物」〜新年度スタートに寄せて
  • 心が改まるのは良いことです。しかも、我が国では、少なくとも2度、新年1月1日、そして新年度4月1日と、心が改まる時がやって来ます。街中の新入学・新入社の方々だけではなく、テレビ等のマスコミの顔も新しい装いです。新しい顔に、というよりも、自分自身への戒めもあって、鍵山秀三郎さんの言葉を贈ります。 「その人が『本物人間』であるかどうかを見分ける判断基準として、  二つあると私は思います。   一つは、その [続きを読む]
  • 「慎みてな怠りそ」
  •  「慎みてな怠りそ」          (倭姫命<第11代垂仁天皇第4皇女>)          (神社庁『生命の言葉』平成29年4月)「気持ちを引き締めて、油断しないで下さい」と、東夷の討伐に向かう日本武尊(尊は倭姫命の甥王にあたる)に草薙剣を与える際に添えられたお言葉、とのことです(『古語拾遺』)。年度も改まり、別れと出会いの季節も本格化。今日は、東京都内で、桜(そめいよしの)の満開宣言が出されまし [続きを読む]
  • 二男の米国での陸上競技スタート!
  • 米国高校留学中の二男が、初めて、陸上競技大会に出場しました。我が国の「部活」(所属部員として通年活動)と異なり、米国では「シーズン制」(秋はフットボールなど、冬はバスケットボールなど、春は陸上競技など)を撮っています。ですから、スポーツの好きな者には、異なるスポーツで活躍するチャンスが広がります。二男は、秋はクロスカントリーで代表チームメンバーの一人となり、冬はホストシスターとともに水泳を通じて体 [続きを読む]
  • 梅原克彦さんの送別会
  • 国際教養大学教授として5年間ご活躍された梅原克彦さんが、本日付で退任します。その送別会が開催されました。於 秋田キャッスルホテル。大学関係者はもとより、秋田経済界、そして梅原さんがこれまで一生懸命取り組んでこられた拉致問題関係者を併せて、総勢70余名の参加。ご本人のピアノ演奏(「エリーゼのために」)披露もあって、また新たな梅原像を形作ることとなりました。それにしても、発起人がすごい!  那波三郎右衛 [続きを読む]
  • 病院トップマネジメント研究会〜地域医療連携推進に向けて
  • 病院トップマネジメント研究会に参加してきました。明後日の新年度からスタートする地域医療連携推進法人の意義などについて勉強するためです。我が山形県からは、山形県酒田市病院機構理事長・日本海総合病院院長の栗谷義樹先生が、トップバッターとして基調講演をなさいました。地元の官民病院、そして医師会とが連携し、「病院施設完結型」から「地域全体で支える共生社会」へ移行し、「連携以上統合未満」としてトータルヘルス [続きを読む]
  • SLUSH Tokyo 2017
  • 世界の起業家と投資家が集まるSlush Tokyo 2017に参加してきました。於 東京ビッグサイト。広大な東京ビッグサイトは、最寄り駅に到着しても、会場まで延々と歩くことに。会場に入ると、まるで、これからミュージックショーやコンサートでも始まるような様相でした。長男が、メインステージで、総合司会を務めました。その英語でのアナウンスも、”Ladieees and gentlemeeen, nooow, weee haaave…”などと、全てこの調子でした。 [続きを読む]
  • 「山形愛」に溢れる炭火焼肉
  •  「8段ステップ・右肩上がり」の形状をした盛り皿 「山形県の地形」を形ち取った土台の皿そうしたプレゼンテーションもさることながら、「山形牛を一頭まるごと仕入れるため、提供できる部位も様々に異なるものをお出しできる」とのオーナーの説明。まさに「山形愛」に溢れる炭火焼き焼肉店“ Meat Meet”にて、高校進学前の長女と家内との3人で、しっかり食してきました。次回は、お兄ちゃんたちも一緒に! [続きを読む]
  • キラキラ会、春のコンサート(第40回)
  • 我が家の子供3人がともにお世話になってきたキラキラ会。その春のコンサートが開催されました。昨日のこと。第40回を数えます。キラキラ会は、私が心から尊敬申し上げている、山形交響楽団創設名誉指揮者の村川千秋先生の手により始められた、子どもたちに弦楽器での合奏を楽しんでもらおうとする集まりです。我が家もお世話になって14年目になります。幼稚園の頃から入った「入門教室」から始まり、「ジュニア・アンサンブル」 [続きを読む]
  • 新横綱稀勢の里、渾身の力でもぎ取った優勝!
  • 陽も次第に暮れてきた夕方5時過ぎ。ふと−−−そうだ、今日は大相撲千秋楽…突然そう思い出し、たまたま家人が出払って誰もいないところでテレビを付け、観戦しました。お目当ては、今場所から横綱に昇進した稀勢の里。それまで12連勝の稀勢の里が、一昨日の横綱日馬富士との一戦で負けた際に左肩を痛め、昨日の横綱鶴竜との一戦は全く相撲にならなかった一番。しかし、それまで優勝候補ナンバーワンの白星を重ね、22年振りの「新 [続きを読む]
  • 長女の高等学校説明会
  • お江戸では開花宣言。他方、地元山形では雪模様の空。三寒四温にしては、ちょっと寒すぎでしょうか。冬タイヤももうしばらく履き替えないほうが賢明ですね。そうした中で、今日は、来月からピカピカの高校1年生になる長女の学校説明会が開催されました。もちろん、さまざまな準備があります。そして、早速、5教科の宿題も課せられました。入学早々確認テストもあるようで…先日受験を終え、合格発表に湧き、そしてようやく溜めて [続きを読む]
  • SAIS同窓会での嬉しいお話
  • ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)の同窓会が開催されました。私を含め留学した日本人に加え、現在駐日米大使館務め3人を含めた米国人、そしてSAIS同窓会事務局長を含め30余名の参加でした。今秋から通い始める「新入生」お二人も参加しました。一人は自費留学生、もう一人は防衛省制服組留学生。我々は、よく、我々自身を、”SAIS Mafia”と呼びます。まさに、その自称の通りの集まりである、と大いに楽し [続きを読む]