山形県知事 さいとう弘 さん プロフィール

  •  
山形県知事 さいとう弘さん: 山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ハンドル名山形県知事 さいとう弘 さん
ブログタイトル山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ブログURLhttp://www.hkysaito.jp/
サイト紹介文日記暦40年、年間365日、毎日更新します!
自由文子どもの成長をしっかりと記録にとどめたいと思います。時に、政治の視点も、披露します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/03/19 01:18

山形県知事 さいとう弘 さんのブログ記事

  • 「産後ケア」キックオフ・セミナー
  • 産後ケアについて考える機会をいただきました。於 公立岩瀬病院(福島県郡山市)。岩瀬病院は、関東大震災の後の東京復興を計画・実施した後藤新平が医師になるために学んだ由緒ある病院です。吉村泰典・慶應義塾大学名誉教授、福島富士子東邦大学看護学部教授、福井トシ子日本看護協会会長、三浦純一・公立岩瀬病院院長、古谷健一・防衛医大副院長らによる講演。このほど、厚生労働省から発出された、いわゆる「産後ケアガイドラ [続きを読む]
  • 半世紀以上も観光協会会長をお務めの押切六郎さん
  • 押切六郎さん、94歳。丁度前回東京オリンピックの1964年、最上川の景色を楽しむ「最上峡芭蕉ライン観光」を設立、以来、半世紀以上もの長い間、新庄市観光協会会長のご要職に赴いておられます。72回目の終戦の日。押切さんは兵士としてフィリピンのルソン島北部にいた由。だからこそ、平和の尊さを知る押切さんは、「観光は平和に依存した産業。異文化の相互理解を進め、平和を育てている」と。お酒を「ビール割」でドンドンいけ [続きを読む]
  • 『戦なき 世を歩みきて 思ひ出づかの難き日を 生きし人々』
  •  『戦なき   世を歩みきて    思ひ出づかの     難き日を      生きし人々』 (今上陛下) 「大東亜戦争終結〜七十二年目の夏〜慰霊と感謝  今に生きる私たちは、国や家族を思う一心で尊い命を捧げられた『戦没者(戦地に於いて亡くなられた方々)』への慰霊とともに空襲によって亡くなられた『一般戦災死亡者』の方々への慰霊の心を忘れてはなりません。 今日の平和と繁栄は、これらの多くの方々の尊い犠牲 [続きを読む]
  • 天候不順?
  • このところ、曇りや雨の日々が続いています。しかも、未だ8月の中旬にも関わらず、涼しい。朝晩は、半袖ではちょっと涼しすぎるほどです。毎年恒例の梅干しの天陽干しも、もう一回、行えたらなぁ、と思います。過ごしやすい、と言えばそうですが、事々左様に、どうしても農作物の生育度合いへの影響が心配です。夏休み期間中の観光客の出足も鈍らないか、と。やはり、暑いときには暑く、寒いときには寒くあるのが一番です。 [続きを読む]
  • お盆のお迎え
  • 今年も、父母が現世に戻る、お盆がやって来ました。そのお迎えに、恒例により、4ヶ所のお墓参りを済ませました。まずは、5年前に相次いで他界した父と母。本堂にお参りし、位牌堂でも手を合わせました。そして、お墓へ。昨日、今日を迎えるために大掃除をしたので、お墓はピカピカ。てっぺんからお水を3度掛けました。そして、お花を両サイドに供え、ろうそくを灯し、線香を供えました。例年通り。例年と異なるのは、気温でしょ [続きを読む]
  • 後輩たちの懇親会に「乱入」
  • 昨年中皮腫を患い亡くなった従姉妹が、その間お世話になった国立がんセンター。そして、そのお世話をしてくれたのが、同センター病院でメディカル・ドクターを務めていた、2年後輩の吉田純司君。純司君とは、中学時代に、部活も陸上部で一緒、またアマチュア無線という共通の趣味があったこともあって、先輩後輩の間柄ながら双方の自宅を互いに頻繁に訪問したり、とても仲良くしてきました。「『今留守です』というと『それじゃ、 [続きを読む]
  • 一瞬の出来事を捉えて!
  • 一瞬の出来事でした−−−そして、その機を捉えて、写真に収めることが出来ました。それは−−−家族5人が、全員、日中の時間帯に揃ったこと。特に、大学、高校の子どもたち3人は、部活であったり、友人らとの交流であったり、夏休み課題克服であったり、と家の出入りが休みなく続きます。昼食はもとより、朝食、夕食は、全員が揃うことは殆どありません。が、今日はお昼に全員が揃ったのに気が付きました。食事が終わり、間もな [続きを読む]
  • 久し振りに「トライアングル」へ
  • 上京し、たまたま午前の用務と午後の用務との間に、しばし時間がありました。近くのホテルロビーで涼んでいましたが、もうお昼。何処かで簡単にランチを、と思い、涼しいロビーから酷暑の外へ出ました。どうしようかな…思案していると、昔が蘇ってきました…「トライアングル」シェフは、最上尾花沢のご出身の佐藤豪さん。2013年に開店30週年をお迎えになった由。かつて、同窓のK君、Y君、M君と4人で、比較的定期的に食事会を催 [続きを読む]
  • 我が後輩を我が大学に案内する
  • 私の母校である山形県立東高等学校(山形市)の生徒を、私の現在の教壇である国際教養大学(秋田市)に案内しました。総勢20名ほど。階段状に着席が並んでいる講義棟にまずは集まってもらいました。そこで、いきなり英語で話しかけ、説明しました。みんな、一瞬戸惑った様子。でも、中にはきちんと理解できている生徒もいて。講堂、職員棟、各教室、寮、食堂…英語で授業を行うのが特徴の国際教養大学。そして、最近では就職率100% [続きを読む]
  • サルスベリの巨木
  • サルスベリの巨木を愛でました。ある和菓子屋さんの駐車場脇にて。太陽が燦々と照りつける中で、そこだけが大きな日陰になっています。少しピークを過ぎましたが、ピンク色の花が咲き誇っています。これほどの大きさのサルスベリを目にしたことがありません。「すばらしいサルスベリの木ですねぇ〜」オーナーのご年配の女性に声を掛けました。「少しピークは過ぎていますけどね」「それにしても立派です」「でも、掃除が大変なのよ [続きを読む]
  • 長女、次世代リーダー養成塾から無事帰還
  • 高1の長女が「日本の次世代リーダー養成塾」から無事帰ってきました。一人で飛行機に乗るのは初めて。また、私ども親元から2週間もの間離れるのも初めて。高校生にもなって、と言われるかもしれませんが、親としては、やはり心配でした。空港の到着出口から荷物を持って出てくるまでは、家内ともども、生がきではありませんでした。2年前、二男の時はそうでもなかったのですが…ニコニコと、疲れも見せず、到着出口から出てきた [続きを読む]
  • 蔵王たいらぐら合宿
  • 我が山形県の蔵王連峰の一角に、蔵王坊平(または蔵王たいらぐら)という地域があります。そこには、ナショナルトレーニングセンター(NTC)が高地トレーニング強化拠点に指定しているアスリートヴィレッジがあります。準高所トレーニングが可能な1000m の標高があります。特に、高原の弾力性にとんだ土は、クロスカントリーに最適と言われています。クロスカントリーコースのほかにも、全天候型グラウンド、屋内トレーニング施設 [続きを読む]
  • マッシュルーム・スタンド〜舟形町小旅行
  • この春にオープンしたマッシュルーム・スタンド。於 山形県舟形町。長澤光芳社長より、ご連絡を頂き、その際頂戴したチラシに載っているお店の様子があまりにも魅力的だったので、家内と一緒に行ってみました。マッシュルームを生産する敷地の一角に、総木造のお店が佇んでいました。お昼ちょっと前でしたが、もうほぼ満席。一つだけ空いていた2階のお席に案内していただきました。サラダ、スープ、そしてピザをお願いしました。 [続きを読む]
  • 畑の草刈り
  • いはやは、めまいがするほどでした…伸び放題に雑草が伸びた我が家の畑。きれいに色づくはずのトマトも雑草の影に隠れて今ひとつ。このため、一気に草刈りをしました。知人の農家のWさんから草刈機をお借りして。もちろん、水分を摂取することも忘れずに、作業しました。刈り取ったら、次はそれを集めて、端に寄せる作業。これもなかなか労力の必要なもの。終わって眺めれば、スッキリ。トマトの苗も今後は十分に陽が差し込み、嬉 [続きを読む]
  • 梅の天陽干し
  • 今年も梅干しを天陽に当てました。お天気と自分の外出スケジュールを両睨みしながら、ようやく、という感じです。このところ、カーッと陽が照る日が少ないのです。しかも、終日そうであってほしいのですが、実際には晴れたり曇ったり。また、外出する際には、終日快晴、と確信を持てる際に干します。おいしくなーれ、おいしくなーれ! [続きを読む]
  • 「繋がる絆 魅せよう 僕らの若き力」
  • 「繋がる絆  魅せよう   僕らの若き力」5日間に亘るインターハイ陸上競技大会が終わりました。北は北海道、南は九州より、これほど多くのアスリートが一堂に会して、見ごたえのある大会でした。そして、これほど多くの生徒が、全国各地で、さらに上を目指し、日々トレーニングを積んでいるのかと思うと、感慨もひとしおでした。さすが「全国」と思うのは・・・ひとつは、もちろん、競技レベルの高さ。もうひとつは、聞いたこ [続きを読む]
  • 自然が作り出す美
  • 現在我が山形県で開催中のインターハイ陸上競技。観戦を終えて帰途に着こうとした夜7時頃。西の空に見惚れてしまいました!夕陽が沈んでオレンジ色に輝く西の山嶺。その右上に浮かぶ雲の塊。そして、夜の闇に落ち込んで行こうとする空を対角線上に切る真っ白な筋雲。うーん、言葉では表現しきれません。文学者は、どう表現するのかな… [続きを読む]
  • 山形ファースト会
  • 山形ファースト会。都議選の余勢を駆って、当地山形にも新たな政党が…と思ったら、もう30余年前からある団体だそうです。政治団体ではありません。何と、完熟トマト生産者団体!その完熟トマトをジューサーにかけて、たくさん頂きました。とても美味しかったです! [続きを読む]
  • 一本杉菓子店我が山形市の隣の町、天童市。そこに「一本杉菓子店」という和菓子屋さんがあります。文字通り、お店の前には一本の古杉が建っています。お店は漆喰木造の古風な構え。築後80年だそうです。その一本杉は、まるでお店に寄り添うように立っています。なかなか風情のある光景です。すると、同じ並びに、駐車場を挟んで、小綺麗な、現代風の店舗らしき建物が施工を終えようとしているようです。よく見ると…「一本杉菓子店 [続きを読む]
  • 八種競技は美しすぎる!
  • 南東北三県で開催中のインターハイ。山形県天童市にある総合運動公園NDスタジアムでは、陸上競技大会が開催されています。そこで、2日間に亘り開催された八種競技。第一日目は、100m→走幅跳→砲丸投→400m第二日目は、110mH→やり投→走高跳→1500m瞬発力、跳躍力、技術力など、あらゆる能力を発揮する必要があります。昨日は陽もとっぷり暮れ、照明も灯された8時過ぎ。八種競技で闘った選手達が競技を終えました。そして [続きを読む]
  • 秋田、集中豪雨の傷跡
  • 国際教養大学の春学期も明日が最終日。そのために、山形から秋田へ、鈍行列車にて北上しました。秋田県内に入ると、沿線の至るところでブルーシートが見えます。時折、クレーンや作業員の姿も。考えても見れば、この7月22日から降り始めた集中豪雨で、秋田県内の河川が氾濫、大規模な被害が発生したばかり。その傷跡でした。被害に見舞われた方々には心よりお見舞い申し上げます。そして、一日も早い回復・復旧を願っております。 [続きを読む]
  • 久し振りのビアパーティ
  • 中学時代の同級生に誘われ、ビアパーティに行ってきました。山形駅近くの山交ビル屋上にて。何年振りでしょうか、屋上ビアパーティに来たのは。そのビールの種類の多さにびっくりしました。しかも、従来は、飲む度に店の人を呼び止め、注文し、オーダーが出てくるのを待つ、というスタイルでした。今や、飲み放題、しかもセルフサービスで、飲みたい時に自分で飲みたいビールのサーバー前に行って注ぐ、というスタイルです。しかも [続きを読む]
  • 長女、次世代のリーダー塾へ
  • 「日本の次世代リーダー養成塾」へ、高1の長女が旅立ちました。今年で14回を数える本リーダー塾。2年前には二男も参加しました。全国から集まる高校生に加え、アジア諸国からも同年代の子供達を招き、福岡県を中心に丁度2週間の宿泊研修です。しかも、その期間中は携帯電話やPCなど一切ご法度。ですので、長女とは、音信不通のまま、しばしのお別れです。考え方、ネットワーク、取組姿勢など、あらゆる点で、全国に、世界に拡が [続きを読む]