葉っぱ さん プロフィール

  •  
葉っぱさん: 若葉庵
ハンドル名葉っぱ さん
ブログタイトル若葉庵
ブログURLhttp://wakabaan.exblog.jp/
サイト紹介文シアトルから綴るいろんな言の葉
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 318日(平均0.5回/週) - 参加 2008/03/20 08:18

葉っぱ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アメリカで子供の誕生会
  • 記憶にある限り、友達をたくさん呼んで、自分の誕生日会をしたのは1回だけ。たぶん小学1年のときで、記憶にあると思っているのも写真が唯一あるためかな、と思う。30過ぎてアメリカに来て、この国のパーティ文化を知り、そして親になり、子供の誕生会を開くことが、アメリカではいかに普通で、凝っていて、準備がいるか、を知るようになる。もちろん、しなくてはいけないわけではないです。今年11歳の息子も... [続きを読む]
  • アップルサイダービネガーで歯周病に勝つ
  • 歯周病予防にいい、と友人に勧められ、アップルサイダービネガーを購入。友人に倣って原液を少し口に含みブクブクした後ごっくん。さすが、酢。舌が痺れるぐらい酸っぱいです。残りは水で薄めて飲みました。意味はわからないのですが、motherと書かれているものがいい、いうことだったので、with the motherとある写真の物を購入。旦那の痛風にもいいとのことで、これから2人で、「ブクブク、ご... [続きを読む]
  • グリーンレイクで灯籠流し
  • 8/6、From Hiroshima to hopeというイベントがシアトルのグリーンレイクでありました。広島に原爆が投下されたこの日に行われる、広島と長崎への原爆や戦争で亡くなられた方々を追悼するイベントで、1984年から続いています。原爆後の焼け野原の写真展示や音楽演奏もありますが、メインと言えば灯籠流し。四角いたすきのような紙に墨で好きな言葉を書き込んだり、「祈」「信」「愛」などの言... [続きを読む]
  • アメリカで皆既日食まであと2週間!
  • いやー、沸いてきましたよ。アメリカ時間8月21日に、アメリカの西部から東部にかけた一部エリアで、皆既日食が見られるので、それにまつわるニュースや新聞記事を最近よく見かけるようになりました。天文ファンの日本の友人が、ほぼ半年ぐらい前からその話をしていてくれて、皆既日食が見られるオレゴン州(シアトルからだと車で片道5時間ぐらい)の宿をair B&B経由で取っていたのですが、数ヶ... [続きを読む]
  • 何が出るかな
  • おじさん、金属探知器で何やら探索中。場所は昨日まで移動式遊園地が来ていた夏祭りの会場、別名サッカーフィールド。ピーピー音がしていましたが、きっと何か見つかったとしても、せいぜいコインゲームのメダルか硬貨?何が出るかお楽しみ。 [続きを読む]
  • 月曜日が始まるからセドナから元気をもらおう
  • 昨年旅行したアリゾナ州セドナは、私にとって特別な場所になりました。谷を見下ろす丘の上に立ち風に吹かれていると、ハラハラと突然涙が出て来たり。シアトルは今日曜の夜10時過ぎ。新しい1週間に向けて、まっさらな気持ちになるべくセドナの写真で浄化しよう。今週も仕事に、息子との遊び&夏休みの宿題に、夫とのコミュニケーションに、そして家のことに、いい追い風が吹いて、スムーズに... [続きを読む]
  • 買い物に行きたくない日はホームメイドで乗り切る
  • 面倒で買い物に行きたくない日。車を運転したくない日。家にあるもので何を食事として家族に出せるか、考える。今日の答えはホームメイドピザ。生地はブレッドメーカーに任せ、缶詰トマトを煮込みトマトソースにあとは冷蔵庫にあるものを適当に載せる。残り物の写真になっちゃったけど、トマト、ターキーハム、ベーコンビッツと呼ばれる粒状に細かく切られたベーコンが今晩の具でした。コーンミ... [続きを読む]
  • 夏季限定! シアトルの公園で水遊び
  • 噴水が出る公園?? in シアトル。その一つがシアトル北部にあるNorthacres Park。平日の夕方、夕飯時でも涼を求めて、遊び足りない子供を連れた親たちが立ち寄ります。うちの坊主はサッカーの練習中??埃と汗にまみれた体を後でここで洗わせようかな(笑 [続きを読む]
  • おばあちゃんへのお花
  • おばあちゃんが亡くなって丸2年。それ以来シアトルでもおばあちゃんの写真を飾って、そこに花を手向けている。今日は庭から3種の花をセレクト。オレンジの花は名前が分からずだけど、シアトルの夏によく見かける花。お花の先生だった祖母から「この花後ろ向きよ」(事実オレンジの花は最初生けた時、後ろ向きでした)「これはこう生けた方がいいわ」などなどコメントが入りそうだが、おばあちゃ... [続きを読む]
  • バション・アイランドのラベンダー・ファーム
  • ウエスト・シアトルからフェリーに乗って夏の小旅行。目的地、バション・アイランドにある小さなラベンダー・ファーム「Lavender Hill Farm」は、1ヶ月の期間限定でオープンしていました。時折吹く風がラベンダーの畑を抜けると、すがすがしい香りが辺り一面に。紫色が青空に映える絶好のお天気で、癒し効果と共に気持ちもアップ。u-cutと呼ばれる自分でラベンダーを刈り取り、購入できるサ... [続きを読む]
  • バション・アイランドのラベンダー・ファーム
  • ウエスト・シアトルからフェリーに乗って夏の小旅行。目的地、バション・アイランドにある小さなラベンダー・ファーム「Lavender Hill Farm」は、1ヶ月の期間限定でオープンしていました。時折吹く風がラベンダーの畑を抜けると、すがすがしい香りが辺り一面に。紫色が青空に映える絶好のお天気で、癒し効果と共に気持ちもアップ。u-cutと呼ばれる自分でラベンダーを刈り取り、購入できるサービ... [続きを読む]
  • 短いシアトルの夏はビーチで過ごさなくっちゃ
  • 短いシアトルの夏。ビーチに繰り出そう!と勢い込んでも、海の水はかなり冷たい。なので、子供の遊びは、流木でフォート(砦)を作ったり、トンネルを作って水を流し込んだり…。今年9月の新学期からは小6という息子と友人が、流木の右と左からトンネル作り。もう11歳なのに、と思うけれど、男の子にはそそられる単純作業らしい。輝く太陽に照らされて、汗をかきながらビーチで遊べるのも8月半ばぐらい... [続きを読む]
  • シアトルのダウンタウン
  • 今は投資会社の持ち物となっている、かつてのWashington Mutual Tower。その建物には無料で入れるテラス階があり、ちょっとした憩いの場になっています。そこから写した風景。眼下にはピュージェット湾が広がり、その手前はちょうど観光地のひとつである、パイクプレイスマーケット。行きかう人々が粒粒に見えます。経済が持ち直して、アマゾンなどのおかげで雇用も上向きなシアトルであ... [続きを読む]
  • ぼちぼち再開
  • シアトル留学(今思えば私的には遊学?)時代の友人・Gちゃんが1週間、我が家に滞在していました。留学から20年、一度シアトルに来たことがあったようだけど、おそらく20年前からは大きく様変わりしたシアトル、Gちゃんにはどのように映ったのだろう?そのGちゃんに励まされ、またぼちぼち、ゆっくりだけど、ブログを再開しようと思いはじめました。愚痴のはけ口にならないように、シアトルのことを書くの... [続きを読む]
  • 人と会うこと禁止令
  • 秘密はないけど、人に言わないほうがいいと思うことが最近たくさんある。悪口でもなく、忙しい人たちに、自分の悩みとか愚痴とかを聞かせたくない、と思うから。「人に相談に乗ってもらう」というのは、「すでに自分の気持ちは決まっていて、あと一押ししてもらいたいから」と最近読んだ本に書いてあった。一理ある。それに個人的な自分でしか解決できないことを他人に話すのは、気が楽になったり、アドバイスをもらい... [続きを読む]
  • No worries.
  • アメリカの現地法人の会社で働き始めてすぐに知った口語。No worries.(心配いらないよ)そのフレーズを口にした人が、大柄のクマちゃんみたいな人だったからかもしれませんが、「心配いらないよ。(どーんと僕に任しておいて)」的なニュアンスがあり、ホッとしました。その後、誰かがミスをして、私に余計な仕事が降りかかってきたとしても、相手が謝ってきたら、私もNo w... [続きを読む]
  • ライティング チャレンジ
  • ランダムに300個のお題が書かれているノート「300 writing prompts」 を購入。promptとあるから即興で書き進めていくことが目的だと思うけど、書くトレーニングだけでなく、内省にもよさそう。最初から書き始めるか、目をつぶって適当に開いたところから始めるか。それを決められずに、promptlyに始められないのが皮肉なところ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …