Mark さん プロフィール

  •  
Markさん: 撮影日記-東海道新幹線幸田駅-
ハンドル名Mark さん
ブログタイトル撮影日記-東海道新幹線幸田駅-
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mark_nao/
サイト紹介文新幹線や東海道線、名鉄など、愛知県での鉄道写真を中心にお届けいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/03/21 00:08

Mark さんのブログ記事

  • 衣臨デデゴイ
  • 週末は衣浦臨海鉄道にDD51が入線しました。2015年10月以来でしょうか。充当されたのは愛知機関区最後の国鉄色であるDD51 853。貴重な非電化区間の走行とあって多くのマニアで賑わっていました。広角で引き寄せて大型の機関車はカッコイイですね〜!フレームアウトも迫力があってなかなか良い今回は所用のためにこれだけの撮影です。 [続きを読む]
  • 復活!井川線
  • 大井川鐡道のもう一つの顔である井川線の接岨峡温泉以北は、2年半にわたって土砂災害のために運休していましたが、2017年3月11日にようやく井川までの運転が再開されました。こんな山奥の閑散路線であるにもかかわらず廃線にならないのは、中部電力の保有する路線だからでしょうかね。全線開通を記念して、アプト区間において電気機関車の3重連運転が実施されました。重連+DL重連+客車8両の超豪華重厚編成です。急勾配を、山間にモ [続きを読む]
  • 川根路によみがえるマル急21000系
  • 先週末は大井川鐡道のツアー列車として「マル急」ヘッドマークを掲げた元南海21000系"ズームカー"が運転されました。大鐵の普通列車の中で一番好きなズームカーの晴れ舞台とあっては、出撃しないわけにはいきません!新金谷駅に立ち寄って準備の様子を見物。登場当時流行した湘南顔。南海時代の愛称「丸ズーム」の名の通り、丸っこくて愛嬌のある顔。往路は午前の下りで唯一順光になる崎平付近で撮影しました。ちょっと昔の写真っ [続きを読む]
  • 富士山の日
  • 本日2月23日は富士山の日ですね。ということで、秋〜初冬にかけてはまっていた雲海と富士山の写真を紹介いたします。まずは近年ブームの高ボッチ高原から。昨年初めてここに行きましたが、2か月の間に4度も行ってしまいました。100km以上もの彼方に富士山を望む場所ですが、眼下には諏訪湖を取り囲む夜景が広がり、うねる雲海とともに大変ダイナミックな光景が展開されます。もっとも、富士山まで遠いし天気も安定的ではないため、 [続きを読む]
  • スラントサロベツ
  • 今年の宗谷本線はラッセルのみならず、特急サロベツも注目ですね。3月のダイヤ改正をもってキハ183は宗谷本線から撤退するとのアナウンスもあり、昨年まではなかったスラント型が札幌方に連結されているとあって、例年以上に注目度が高いようです。北の早い夕闇を、最北へと向けて走り去る。琴平ストレートで正面撃ち撮るにはシブくてイケてるやつですが、乗るとやはり「ボロベツ」「ボローツク」で設備の陳腐化は明白で、これ以上 [続きを読む]
  • 雄信内俯瞰
  • 今シーズン2回目の宗谷ラッセル遠征では、天気が良かったので俯瞰にチャレンジしてみました。宗谷ラッセル撮影地で最も有名な俯瞰撮影地といえばこの「雄信内俯瞰」でしょう。広大な原野を蛇行する天塩川は凍結し、晴れて視界のいい日には利尻富士も見える素晴らしいロケーションです。この日は残念ながら利尻富士は見えませんでしたが、天気と木々への着雪は申し分なく、ウイングも開いて作業をしていましたので満足できる1枚とな [続きを読む]
  • ゴッパーサン、深夜の東海道を駆ける
  • 今回が最後とも言われている(本当かな?)583系の天理臨。以前は日本海縦貫経由が多かったため東海道で見る機会は少なかったものの、北陸本線が3セク転換されてからはたびたび東海道にやってきました。もっとも、多くは深夜か平日の走行だったため撮影機会は少なかったのですが、今回は土曜日未明の通過だったので撮影してきました。今回は深夜にも関わらず多くの撮影者で沿線がにぎわっていたようですね。やっぱりここでは撮って [続きを読む]
  • 宗谷ラッセル「らしさ」
  • 1月の週末には今シーズン2回目の宗谷ラッセル遠征に行ってきました。今シーズンは降雪量が少ないようで、1月下旬〜2月上旬の最も雪の多いシーズンであるにもかかわらず回送になっていることも多々。しかも気温が高いのか、宗谷ラッセルらしいパウダースノーを掻き分けるラッセルはなかなか写真が上がってきません。そんな今シーズンの宗谷ラッセルですが、この時ばかりは軽いパウダースノーを舞わせながら驀進する姿を捉えることが [続きを読む]
  • 宗谷ラッセル2016-2017シーズン
  • 今シーズンも年末年始は宗谷ラッセル遠征に行ってきました。宗谷ラッセルに始まり宗谷ラッセルに終わる2016年、そして2017年も宗谷ラッセルで幕が開ける…引退とか何とかいろいろと噂がありましたが、今年はまだ生き残っていてくれました。ダイヤが変わり追っ掛けは少々やりにくくなりましたが、それでも稚内から名寄までに7〜8回は撮れますね。音威子府でそばを食べる時間が無くなったのが痛いところです 笑12月31日、2016年最後 [続きを読む]
  • 原色重連
  • 今週は関西線貨物でDD51 853+1805の原色重連が組成されました。赤い2機の凸凸は、青い空の下で撮るに限りますね!これがJR貨物で最後のDD51原色重連となってしまうのでしょうか。 [続きを読む]
  • 川霧の朝
  • 午前6時前、静寂を破ってタイフォンが響きわたり、谷間に朝の訪れを告げる。やがて遠く只見川第2橋梁を列車が踏むリズムが聞こえると、列車の姿が見えてくる。会津西方への停車ののち、再び谷あいにタイフォンが響き渡ると、列車はいよいよ第1橋梁へと差し掛かる。静かな川面は天空を反射し、奥手の川霧も好適。幻想のような光景に列車が収まり、1枚の絵は完成される。只見線の始発列車は、実に感動的な鉄道風景だった。 [続きを読む]
  • 磐梯山を背に
  • 磐梯山を背にして、583系"あいづ"が快走する。あまりネタは追わない主義ですが(?)、相手がゴッパーサンとあっては話は別!この夏は快速あいづと只見線撮影の遠征となりました。リゾート地として名高い猪苗代の地、清々しい夏景色に心を洗われる8月の1週間でした。 [続きを読む]
  • 荒野をゆく牛乳列車
  • ここ1か月ほど撮影に行けていないので、過去画像でも。今年のゴールデンウィークは道東撮影へ。牛乳コンテナを積んだ貨物列車は連休中で3両と物足りないが、重量級DLのDF200の2機による重連(もどき)は圧巻。山陰が落ちそうでヤキモキさせられましたがギリギリの回避、良い西日が当たってくれました。ここに再び貨物列車が走るのは、いつになるのでしょうか。 [続きを読む]
  • DEKI MORNING
  • 昨日5月15日は、早朝に名鉄デキ400が豊明→舞木検査場で回送されました。色々と撮れそうな場所を物色してみましたが、稲もまだ伸びておらず背景もすっきりした場所をチョイス。思ったより空も青くなったので、縦アングルで空を大きく入れてみました。青い空に水の張られた水田、さわやかな5月の早朝に、2両のデキが吊り掛けサウンドを響かせる。デキ400は戦前生まれの86歳とのことですが、綺麗に塗装もされていて古さをあまり感じ [続きを読む]
  • ウイング全開全速前進!
  • まだまだ続く宗谷ラッセル撮影紀。一体いつのことやら…撮影3日目となったこの日は北海道らしからぬ湿った雪が衣服にまとわりつき、大した写真も撮れずにやる気は下がる一方。しかし、最後で見せてくれました!ウイング全開でやって来たDE15は、排雪アーチの高さが屋根をも越える全速力!これぞあっぱれ宗谷ラッセル! [続きを読む]
  • EL普通列車
  • 3月12日のSLフェスタの日は、EL普通列車も運転されました。青いスハフ43をELが牽くというのもなかなか良いものですね。斜光を浴びて鈍く車体を光らせながら、多くのギャラリーの前を通過していきました。 [続きを読む]
  • C11 190 + C56 44重連
  • 3月12日は大井川鐵道のSLフェスタとしてC11 190 + C56 44の重連運転が行われました。門デフで注目を集めるC11が先頭に立つとあって、沿線はかつて無い大混雑。見慣れぬナンバーの車が勢揃いの様相。いつものように1時間前に到着すると、沿道には隙間なく停められた路上駐車の車列で面食らいましたが、河原に回り込んで楽々駐車できました。当日は晴れたり曇ったりの何とも不安定な天気でしたが、101レの通過時刻には無事に日が差し [続きを読む]
  • ラッセルをサイドから
  • 先週末の宗谷ラッセルは雪はねが素晴らしかったようですね。癪すぎて憤死しそうです。行けばヨカッタ…宗谷戦線3日目となったこの日は気温が高く、雪は北海道のものとは思えないべっとりとしたもの。まとわりついて体を冷やすこの湿った雪に、やる気も削がれます。積雪も増え始めたここでは、広い場所でサイドから狙ってみました。熊笹が気になってあまり良くないですね。折角雪も多かったので、正面から狙えば良かったですね。 [続きを読む]