しぶぞう さん プロフィール

  •  
しぶぞうさん: タイのお寺
ハンドル名しぶぞう さん
ブログタイトルタイのお寺
ブログURLhttp://shibuzo.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/03/23 10:16

しぶぞう さんのブログ記事

  • Wat Khao Wang
  • ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・カオ・ワーンです。市街から少し南西の方へ行った、低い山の上に建っています。礼拝堂かな?奥にチェディーもあります。礼拝堂の内部。 奥の祭壇。結構良い感じです。側面にある仏像とか王様の肖像画とか。上の方の窓がステンドグラスっぽい色合いです。さっきのチェディーとその奥の本堂。 小ぶりのチェディーです。本堂の裏面の装飾。本堂正面から見たところ。閉まってました。本堂 [続きを読む]
  • Wat Khok Bamrungrat 2/2
  • ラーチャブリーのお寺、ワット・コーク・バムルンラートの続き。コチラが本堂、かな? 結構立派だし、キラキラです。大仏、チェディーもそうですが、この本堂も出来たばかりのようです。お金持ってますね・・・。残念ながら閉まってましたが。前から見たところ。 クルッ(ガルーダ)に乗るヴィシュヌ神。階段脇のナーク。扉の絵。守衛のお方でしょうか・・・?こういうタッチの絵はあまり見ないですね。本堂の周りに金の玉がイ [続きを読む]
  • Wat Khok Bamrungrat 1/2
  • ラーチャブリーのお寺、ワット・コーク・バムルンラートです。市街から10kmほど東に行った、郊外というか結構田舎の方にあります。チェディーと大仏が立っています。チェディーの前のゾウの像。なんか体が骨と皮みたいになってません・・・?反対側のゾウ。 ミョーにリアルですね・・・、色んなところが・・・。チェディー。まだ建築中です。そんなに大きくはないです。チェディーの前にあるクジャクの像。 向こうの方、露店とか見 [続きを読む]
  • Wat Chong Lom
  • ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・チョン・ロムです。街の中心辺りにあるお寺です。礼拝堂かな?小さめのお堂です。礼拝所の裏の方にある礼拝所。鉢を持った立仏が祀られてます。水曜日(午前)の仏様ですね。お堂の内部。まあまあ参拝者が来ています。ここにも3体の立仏がいらっしゃいます。結構有名な仏像なのかもしれません。なんかお顔だけ感じが違いますね・・・。首から下は金箔が貼られた跡だらけですが、首は全く無 [続きを読む]
  • Wat Maha That 2/2
  • ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・マハー・タートの続き。プラーン仏塔を囲む回廊の仏像。なんか赤っぽい色をしてます。涅槃仏。涅槃仏のお顔。結構特徴的というかユーモラスなお顔です。眉毛がつながってます・・・。プラーン。中段の部分まで階段で上り、中に入れます。プラーンの装飾。ブッダの出家シーンでしょうか?横から身を乗り出してる?テワダー(?)がオモシロいです。プラーン内部の仏様。結構古そうです。鉄 [続きを読む]
  • Wat Maha That 1/2
  • ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・マハー・タートです。お寺の入口正面から見たところ。正面にお堂?が有り、その向こうにプラーン仏塔が見えます。お寺の周りはラテライトの塀で囲まれています。遺跡っぽいですね。入り口から入って右手にある小さめのお堂の内部。2体の仏像が背中合わせに配置されてます。こういうのあまり見ない気がしますが、どうなんでしょう?さっきのお堂の反対側に、出土品かなにか展示してあります [続きを読む]
  • Wat Sri Siriyawong
  • ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・スリ・シリヤウォンです。コチラが本堂。結構特徴的なお堂です。残念ながら閉まってました・・・。正面の装飾。シンプルでカッコ良いですね。結界石かな? 本堂の周りの低い塀の上に乗ってる感じです。本堂正面入り口。本堂側面。壁とか、石のタイルで覆われています。扉の上にウサギがいます。本堂の裏にあるチェディー。チェディー自体は小さめですが、土台の上に乗っています。土台の所 [続きを読む]
  • Wat Sattanat Pariwat
  • ラーチャブリーの第2級王室寺院、ワット・サッタナート・パリワートです。敷地入ってすぐにあるチェディー。大きさも形も、ごく一般的ですね。チェディーの向こう側にあるお堂。閉まってました。礼拝堂かな?形からすると涅槃仏っぽいですが。さっきのお堂の奥にある本堂。ココも閉まってました。まあまあ立派ですが、それほど特徴的ではないですね。正面の装飾。お手(?)をするシンハ。結界石。本堂のさらに奥に礼拝所がありま [続きを読む]
  • Wat Ampawan 2/2
  • シンブリーのお寺、ワット・アンパワンの続き。本堂。本堂の側面。下の法輪?が結界石かと思ったら、壁の上の方にも結界石っぽいのが有ります。ダブル結界石(?)でしょうか?本堂の内部。ご本尊。敷地の奥の方にある建物に参拝者が押しかけていました。その中にはお坊さんのロー人形?が。どうも相当有名なお坊さんのようです。で、実はそのお坊さんが亡くなって、その葬儀が行われていました。お坊さんの葬儀の祭壇。お寺の建物 [続きを読む]
  • Wat Ampawan 1/2
  • シンブリーのお寺、ワット・アンパワンです。付近は参拝者の車で渋滞が出来てました・・・。なんか相当人気?のあるお寺のようです。かなり手前の方にこういう建物が有ります。 周りにお店とかも出て、人がたくさんいます。さっきの建物の内部。 真ん中にエラワン、両側にゾウの像があります。割と大きいし、目立つと思うんですが、ほとんど人がいません・・・。完全にスルーされてます・・・。エラワン像の裏手の、木の精を祀ると [続きを読む]
  • Wat Phra Kaew (再々訪)
  • バンコクのワット・プラケオの再々訪です。前回のはコチラ。一昨年に続き、去年も1月にお参りして来ました。これまで載せてないモノを中心に載せます。本堂を横から見たところ。相変わらずスゴイ人です・・・。モンドップの近くにある・・・なんだろ、コレは・・・?さっきのヤツの上の方。やっぱり解りません・・・。なんか怪しげな物体が真ん中にいます・・・。階段の手すりのナーク。同じくナークですが・・・、コッチはお顔が [続きを読む]
  • Wat Si Pan Ton 2/2
  • ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンの続き。本堂の内部。 ご本尊は意外と小さい・・・かな?ご本尊の前に大きめの仏様と小さめのが並んでます。こういう配置は珍しい気がします。正面の壁画。城壁で囲まれた街?が描かれてます。昔のナーンでしょうか?別の壁画。何かの物語か歴史でしょうか?戦闘の様子とかが描かれてます。また別の壁画。中央部、火事になってますね・・・。このお寺なんでしょうか?本堂の左にある経蔵。経 [続きを読む]
  • Wat Si Pan Ton 1/2
  • ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンです。街の中心部からちょっと西に行った辺りにあります。本堂。 なかなか立派なお堂です。そして金ピカ度も相当高いです。装飾も個性的ですね・・・。正面の装飾を上の方から見ていきましょう。 この辺りだけちょっと銀があります。周りに触手みたいなのが有る物体をゾウが支えており、その台も7匹のゾウが支えています。その下に、ヤックかなにかがいて、また支えています。周りにもイロイ [続きを読む]
  • Wat Phra That Chae Haeng 2/2
  • ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンの続き。本堂とチェディーを囲む回廊の中の仏像。コチラが本堂とチェディー。本堂は割とジミですが、良い感じです。本堂入口上の装飾。ナークが絡まってます。本堂内部。あまり広くないので、ちょっと窮屈な感じですね。ご本尊。結構立派な仏様です。コンジキのウサギ・・・。「卯年のチェディー」ですので。卯年のチェディー。まあまあ立派ですが、まあ、フツーと言 [続きを読む]
  • Wat Phra That Chae Haeng 1/2
  • ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンです。ナーン市街から東の方へ数キロ行った、丘の上に建つお寺です。王室寺院としてだけではなく、北タイの干支チェディーのうち、「卯年のチェディー」のお寺としても有名です。入口正面から見たところ。 丘って言っても、そんなに高くないですね。お寺の名前の碑。英語表記がビミョーに違ってる気がしますが・・・。これじゃ「チェーハーン」ですね。参道?の所のナ [続きを読む]
  • Wat Ming Muang 2/2
  • ナーンのお寺、ワット・ミン・ムアンの続き。本堂入口上の装飾。下の方にガルーダに乗ったヴィシュヌ神がいらっしゃいます。上の方の手がイッパイあるお方は誰なんでしょう?本堂内部。イスとテーブルが並んでたり、なんか祭壇みたいなのが造られてます。正月のイベント用でしょうか?コチラがご本尊。やはり正月用の糸が張り巡らされてます。背後の壁画。プラ・メートラニーのシーンですが・・・、銃持った人がいます。タイの他の [続きを読む]
  • Wat Ming Muang 1/2
  • ナーンのお寺、ワット・ミン・ムアンです。前回のサーラー・ラク・ムアンのすぐ裏、というか同じ敷地の奥にあります。手前がサーラー・ラク・ムアン。色とか装飾とかも完全にお揃いですね。お寺の近くにラク・ムアンが在る、というパターンはこれまで見た事ありますが、こういう風に完全に同じ敷地に在る、というのは見た記憶が無いですね。コチラが本堂。真っ白でキレイなお堂です。装飾もかなり凝ってます。暗いのでちょっとボケ [続きを読む]
  • Lak Muang Nan
  • ナーンのラク・ムアンです。サーラー・ラク・ムアン。なかなか特徴的な祠です。夜に訪れたので、あまりちゃんと写せてませんが・・・。テッペンに4面の顔が付いてます。プラ・プロム(ブラフマー神)ですかね?下の方にもどなたかいらっしゃいますが、よく解りません。ラク・ムアン。 コチラもテッペンに4面が付いてます。コレはたぶん珍しいですね。今までにこういうの見たことないです。奥の方、ラーマ5世とかの像が立ってます。 [続きを読む]
  • Wat Koo Kam
  • ナーンのお寺、ワット・クー・カムです。前回のワット・パヤ・プーから数百メートル北に行った所に有ります。本堂とチェディー。 プレーも多いけど、ナーンのお寺はこの配置が多いですね。本堂正面の装飾。ヤック?とじゃれ付くシンハー・・・?反対側。ヤックの方、口からなんか出てますが、何だろ?キバ?プラ・シバリーとプラ・サンカチャイ像。 金箔が貼られてるんですが、イマイチちゃんと貼りついてないですね・・・。プラ・ [続きを読む]
  • Wat Phaya Phu
  • ナーンの第3級王室寺院、ワット・パヤ・プーです。ワット・プーミンから東の方へちょっと行った所にあります。本堂・・・かな?結界石とか無いですが。やはり裏にチェディーがあります。ナーク。ここのも単頭です。本堂内部。割と立派なご本尊です。ご本尊。入口扉のヤック?かなり独特の顔をしています・・・。顎に下がってる5本の杭みたいなのは何なんでしょう?上あごのキバ?もすごいです・・・。いままで見た記憶が無い感じの [続きを読む]
  • Wat Hua Khuang
  • ナーンのお寺、ワット・フア・クアンです。前回のワット・プラ・タート・チャーン・カムから歩いて数分の所にあります。外から見たところ。やはり奥の方にチェディーが見えます。本堂の裏手にチェディー、というスタイルはプレーなんかでも多いですね。本堂とチェディー。茶色の屋根がちょっと特徴的です。チェディーはそんなに大きくないですね。チェディーと経蔵、かな?本堂正面の装飾。これも茶色基調です。単頭のナーク。コレ [続きを読む]
  • Wat Phra That Chang Kam 2/2
  • ナーンのお寺、ワット・プラ・タート・チャーン・カムの続き。本堂の右隣にある礼拝堂。 新しい建物っぽいです。屋根とか見ると、結構立派な建物に見えますが、よく見るとお堂自体は意外と小さいですね。正面の装飾。上にも下にもクルッ(ガルーダ)がいます。シンハ。礼拝堂内部。 ・・・ん?なんか狭いな・・・?外から見ても、お堂自体は小さいと分かったんだけど、思ったよりずっと狭い気がします。装飾とかも全くないです。古 [続きを読む]
  • Wat Phra That Chang Kam 1/2
  • ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チャーン・カムです。ワット・プーミンのすぐ近く、歩いて数分の所にあります。本堂とチェディー。本堂はフツーっぽいですが、結構立派だし、古い建物っぽいです。チェディーもまあまあ立派ですね。お寺名に「プラ・タート」が付いているお寺は、だいたい立派なチェディーがあります。本堂の内部。 補修されてますが、やはり結構古いお堂のようです。ご本尊。割と大きめの仏様です。 [続きを読む]
  • Wat Phumin 2/2
  • ナーンのお寺、ワット・プーミンの続き。地獄の釜茹での図、かな? なんだろ?船とか見えます。 なかなか個性的な方たちが乗ってますね・・・。本堂の右手の方にある、ドーム型の建物。中には地獄が有りました。右上に飛んでるお坊さんは誰なんでしょう?タイの地獄の絵とかで、たまに見かけますね。真ん中にいらっしゃるのは、ヤマ(閻魔大王)でしょうか?あまり威厳が感じられませんが・・・。規模は小さいですが、釜茹で、トゲ [続きを読む]
  • Wat Phumin 1/2
  • ナーンのお寺、ワット・プーミンです。街の中心辺りにあり、相当有名なお寺のようです。本堂。上から見ると「+」型になってるお堂です。屋根の所の装飾。階段の所の・・・ナーク・・・?顔が無い・・・?何だこのマキマキは・・・。しっぽか?本堂の反対側に回ると、ちゃんと頭が有りました。ナークがお堂を貫いてるんですね。ナーク。結構立派です。結界石。反対側の結界石。なんか小さいですが・・・。どうしちゃったんでしょう [続きを読む]