谷口晋一 さん プロフィール

  •  
谷口晋一さん: スタバとモレスキン。
ハンドル名谷口晋一 さん
ブログタイトルスタバとモレスキン。
ブログURLhttp://doubleworkjob.blog71.fc2.com/
サイト紹介文『オンリーワンのセラピストになる!』著者が、カフェでふと浮かんだ言葉を手帳に書き留める様な…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/03/29 16:19

谷口晋一 さんのブログ記事

  • 伊豆とソラマメと1/fゆらぎ
  • 伊豆半島の海に面した高台の場所。昨日往復10時間かけて会いに行ったのは野見山文宏さん。セラピーやヨガの分野における解剖学の第一人者。互いの書籍編集担当者が一緒だったり、去年雑誌のイベントで一緒だったり。そんなご縁もあって「こんど遊びにいきます」と。なんだか彼の声って1/fゆらぎな心地よさがあります。で。出していただいた採れたて茹でたてのソラマメが美味しいのなんのって!!シゴト抜きで、ただ会って、時間過 [続きを読む]
  • こういう時。大人の耳を持ちません。
  • 『ゴールデンウィーク明けて梅雨までが一番気持ちいいですよ。遊びに来てください』こういう時、大人の耳を持たないんですよねぇ。そんな言葉言われたら。ということで。今日は朝5時に起きて。5時間かけてそこに向かい。お昼一緒に食べて。5時間かけて戻ります。◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』『セラピストの手帖』『即実行! オンリーワンのセラピ [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜虎ノ門駅前店
  • スタバ探訪記〜虎ノ門駅前店このお店は駅前にありますのでありがたいですね。ちなみにこの並びにいくつかのカフェがあってどうやらカフェ競争地区の様です。店内は二階があり、広くとってあるので気持ちゆっくりできます。階段上がるとギザギザの革張りの備え付けソファが並んでいて斜めに座れるので隣の人と圧迫感もなく過ごせます。お仕事をしている方や就活中の人まで。店内はとっても静かでした。たまに二人組の女の子たちもい [続きを読む]
  • 【世の既成概念を破るというのが仕事である】
  • 【世の既成概念を破るというのが仕事である】〜坂本龍馬(志士、商人)世の中や社会の変化。それを成し遂げた人に対する憧憬(しょうけい)が僕の中にあるのは。飽きっぽい性格も相まって、自身の変化への欲求を常に自覚しているからに他なりません。世の中とか社会とかを変える以前に。自身を変化させていく、それも一度ならず必要に応じて何度でも。その延長線上に身近な周囲や携わる世界への変化に触れられたりします。ちなみに [続きを読む]
  • 僕自身に向けて話していることでもあります。
  • 全方位型から一点集中型となる。ここの所クライエントへのアドバイスと同時に。僕自身に向けて話していることでもあります。自分でない誰かができそうな分野は積極的に委ねて、使命感をもってやらねばと考える分野は自分がより主体性を持って関わる。言われてみりゃ当たり前なのかもしれませんが、決して何かの鉄則とか、何かの流れだけをベースに伝えているのではなく。関わる人や様々な捉え方。そういったものを複数加味しつつ、 [続きを読む]
  • 各々のスイッチが入る瞬間
  • 昨日は友人の主催する20名ほどが集まるイベントに。食事も用意されていてアットホームな雰囲気だったのはやはり主催する者の人柄ですね。感謝!そこで色々名刺交換やコミュニケーションを取らせていただくのですが、その中でお一人プロカメラマンの男性がいました。とっても穏やかな表情でどちらかというとガツガツ前に出るのは望んでいない風な。でも会が集まり最初に簡単な自己紹介などが始まった時のこと。僕からは一番遠い席に [続きを読む]
  • 実はワタシ子どもの頃からものすごい飽き性で。
  • 実はワタシ子どもの頃からものすごい飽き性で。かといって何かに秀でた能力や才能があった訳ではなく、ザ・普通。って感じ。『そんなすぐに飽きちゃって』と低学年の頃はよく指摘されてました。その時代は“飽きる=根性なし”だったのかもしれません、となると僕は究極の根性なしだな。ただそんな飽きっぽい性格ゆえ、視点の広がりといった好奇心は無意識のうちに磨かれてきたかもしれません。また継続性って大事なんだろうな。と [続きを読む]
  • しかしまたなんで急に肉が食べたくなったんだ?(昨日の続き)
  • 歯医者に出かけようと車に乗ろうとしたら妻も息子たちもフツーに乗車してくる。ん?どういうこと?妻曰く。・昨日から今日にかけて急に肉が食べたくなった。・家族全員の予定をLINEで確認・僕が歯医者行った後、肉を食べる。おかげで歯医者の後の楽しみができて良かったのですが。しかしまたなんで急に肉が食べたくなったんだ?夢の中で『休みの日、なぜ肉を食べるのか?』と見知らぬ人に罵倒されたそうです。。。。。。。。。知る [続きを読む]
  • “既読3”を別訳すると
  • 昨日LINEで妻から私と長男次男にグループメッセージ。「今度の土曜日の予定を教えてください」ん?急遽何か入ったんかな?『歯医者でメンテナンスです』(私)『家でゆっくり色々やろうと思ってます』(次男)『あまり決めていない』(長男)しばらくすると妻から『連絡ありがとう』。。。。。。。。それだけかいっ!?(このあと3人、なんなんだ?と悶々と過ごすこととなります)◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピストは [続きを読む]
  • それだけだと“頭でっかち知ったかぶり野郎”に。
  • 昨日キャリアコンサルティングに関する勉強会がありまして、オブザーバーとしての学びを兼ねて行って来ました。元々僕はそのスキルをマネジメント研修や採用活動、キャリア構築などのアドバイスで活かそうと取得したのですが。この学びに継続的にくる人は、教育関係者や企業人事に携わる組織人、公務員など。年齢性別もバラバラ。まぁ本当に色んな人が色んなシーンのために取得、活用されていて。実はスキルそのものではなくそんな [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜京都三条大橋店
  • スタバ探訪記〜京都三条大橋店5月を過ぎるとこのお店を思い出します。と、言いますのも5月から、川沿いの川床がオープンになるので。この時期は通る風も気持ちよくて三条大橋を歩く人たちを眺めながらひと時を。。しかし元々汗っかきな僕ですので10分もすると汗が出てきます。そんな時は一旦地上のお店を出て階段を下がると。。広いスペースが現れます。しかもほぼ川の水面と同じ目線になれるのでちょっと不思議な感覚にもなれます [続きを読む]
  • 相手に答えを求めない中でのやりとりの価値
  • 皆さんは何かが頭に思い浮かんだとき。どうしてますか?何か書き留めたり、形にすべくアクションしますか。僕はそんなとき。発することを通して修正や整理してます。主には一対一で。「おー!それすごいねぇ!」と話半分でリアクションする人もいますし、全否定から入り全否定で終わる人だっています。しかし。相手の反応そのものよりも。やりとりしながら自分の中で整理できていないことや、整合性が取れていないことに気づくこと [続きを読む]
  • 【脱皮できないヘビは死ぬ】
  • 【脱皮できないヘビは死ぬ】〜ニーチェ(哲学者)彼らは生きるために今まで慣れ親しんだ身体を毎回脱ぎ捨てている。それができなければ死んでしまいますが、リスクもありいわば命がけ。振り返れば僕も沢山の“脱皮”を繰り返してきました。色んなサイズや形の脱け殻が僕の歩んできた道には転がっています。派手に破り出た脱け殻もあれば、本人も気づかない様にスルッとした脱け殻もあり。ただ。一回脱皮しちゃうともう窮屈過ぎて元 [続きを読む]
  • 外のキラキラを自分の中に落とし込むことでの色合いの変化
  • 9月22日に開催予定の「“新”セラピスト幸福論」のお知らせを。今回僕はその中での対談のファシリテーター役ですが、なんだかすでに50人近くお申し込みされている様です。(詳細はこちらから):http://ameblo.jp/aromatherapybene/entry-12270015683.html対談のお相手は、小澤智子さんと関口智子さん。それぞれご一緒したことありますが、お二人は人前に立つという点でもとっても魅力的。実は別の所で『キラキラなお二人』との評 [続きを読む]
  • あのドキドキ感を返してくれ。
  • 送り主はChina。のみ。「こっちで預かってるから今すぐ取りに来い」的な、真っ黄色の不在者通知書がポストイン。あの、まったく身に覚えがございません。記憶にもございません。中国から見知らぬ国際郵便物がウチの住所宛に。しかも書留で届く。恐る恐る引き取りに郵便局へ。僕のビクビク感を郵便局員も感じ取り、『これ、お客さまので間違いないですよね?』となんだかビクビク。それは銀色の小袋。でっかくシールが貼ってあり、 [続きを読む]
  • 舌バカ料理バカと自覚するオトコの豊かな食事
  • 久しぶりに事務所に戻りましたら一冊の本が届いてまして。知人の健康料理スクール代表のタドさんが書籍を上梓されたとのこと。美味しそうなレシピ付きの写真の数々。“スピリチュアルごはん”という提案。それに読みやすい本のサイズや厚み、紙質などなど。休日の雨の朝にコーヒー飲みながら、パラパラとめくり『へぇ、そうなんだ!』『なるほどぉ』と読み進めてます。さて。僕にとって食べるってなんだろう?と言いますのも、昨今 [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜広島蔦屋家電店
  • スタバ探訪記〜広島蔦屋家電店広島駅から歩いてすぐのところにあるお店。ここは蔦屋と家電店がコラボして、そこにスタバもコラボして。。というなんだか訳のわからないお店です。ただ店内は完全に蔦屋とスタバのコラボ店で家電店の要素はまったくありません。広いスペースに本が立てかけられ、コーヒーと絶妙な相性の良さを醸し出してます。(なぜか蔦屋スタバにくると暑くてもホットが飲みたくなります)ちなみにいつも広島にいる [続きを読む]
  • 正解なんてないですから。
  • 『広島行くならココに行くといいよ』なんでも大正13年からやってるおでん屋さんだそうです。この時期に?いやこの時期だからこその、おでん。お客さんも少なくて。ひとりカウンターでじっと大将の動きを見ながら、おでんつついていました。90年近く。どれだけの試行錯誤を繰り返してきたのでしょうか。大正時代に『おでん屋を90年続けるノウハウ教えます』なんてのはなかったはず。そう今だって、これやったら正解。なんてのはない [続きを読む]
  • 【信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する】
  • 【信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する】〜ヴィルヘルム・ディルタイ(哲学者)「あの人への信頼感って僕の中でどうやって生まれてきたんだろう?」そんな信頼すべき面々。確かにそれは僕のために払ってくれたであろう、様々な犠牲を含めたもの。しかも。それは相手の計算に基づく行動ではないことがほとんどで、いわばシステム化や普遍化などできるものではありません。ただ僕という存在を想いそのために無心でするこ [続きを読む]
  • 《厳正なる抽選》を忠実に再現する。
  • 《厳正なる抽選の結果!》と、よく聞きますがいっつも『それホントにホント?』なんて疑ってまして。なぜなら一度として選ばれたことがないから。厳正なる!なんて言葉をわざわざつけるところなんか怪しい(ちっちゃいオトコです)もし。僕が抽選する側に立ったら?絶対に《厳正なる抽選》をするのだと数年前から密かに誓っていたのですが。ついにその時がやってきました。先日、隔月刊セラピスト6月号の特集記事を担当する中でア [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜ルミネ横浜店
  • スタバ探訪記〜ルミネ横浜店駅構内にあるお店で他の店舗は軒並み10時オープンですが、スタバだけ7時スタートという。奥に数段高いスペースがあってちょっとした空間になっています。今回は少なめのソファに座れました。このお店の珍しい所はソファの後ろはカーテン。また店内に鏡があるのも意外と珍しくて。スタバの中でも目立たずちょっとしたこだわりを味わえるお店ってあるんですね。◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピ [続きを読む]
  • 朝から異常に背中が痛い。
  • アホみたいにフルスイングするんじゃなかった(涙)◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』『セラピストの手帖』『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ〜セラピストの学校一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修〜IVS(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだ [続きを読む]
  • 原稿書きながら一人勝手に興奮する。
  • ゴールデンウィークの真っ只中。隔月刊セラピスト 6月号が僕の手元に届きました。今回、記事の一つを担当させてもらったのですが今までとは違い少しだけ思い入れの強い号でして。担当したテーマは第二特集の『セラピストのマネー講座』。全国のセラピストさんたちのお金に関する情報を広く集めて統計解析と提起をするという特集内で冒頭記事を担当。それを踏まえて具体的な対策について各専門家の皆さんが提案する、そんな誌面構成 [続きを読む]