谷口晋一 さん プロフィール

  •  
谷口晋一さん: スタバとモレスキン。
ハンドル名谷口晋一 さん
ブログタイトルスタバとモレスキン。
ブログURLhttp://doubleworkjob.blog71.fc2.com/
サイト紹介文『オンリーワンのセラピストになる!』著者が、カフェでふと浮かんだ言葉を手帳に書き留める様な…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/03/29 16:19

谷口晋一 さんのブログ記事

  • 『一番無難なヤツを』からの。
  • 昨日のこと。妻から『買い物先のスーパーでイチゴ大福が売られている。どれが食べたい?』というLINE画像が家族一斉送信。たまたまそばにいましたので高3次男に、『一番無難なヤツを』と伝言頼んで。和菓子片手に帰宅する妻。すぐさま高3次男を連行し、『ちょっと言ってみ、どんなイチゴ大福を父親が欲しがっていたかを?』挙動不審となる次男。瞳孔は開き、唇をしきりに舐め、脂汗が額をつたう。『えっ?な、なに?ちゃんと言った [続きを読む]
  • 幸せそうにまた時には悔しそうに、一つのことを想い語る。
  • 群馬にある榛名山の峠にて。まるでロケットエンジンみたいな音を立てて爆速する車の助手席におりました。群馬での仕事を終えてから伊香保温泉へ。半年ほど前にめちゃくちゃ美味しいプリン店そしてレーシングカフェのオーナーを紹介されて。“頭文字D”という公道レーシング漫画をご存知の方も多いと思います。榛名山の峠はいわゆる“聖地”なんだそうです。この分野についても僕はまったくの素人。幸せそうにまた時には悔しそうに [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜高崎駅ビルモントレー店
  • スタバ探訪記〜高崎駅ビルモントレー店高崎駅西口にあるスタバ。今、西口の目の前には大型ショッピングモールが建設中。このお店からは大きな窓からその工事風景が広がってます。大きな商業施設ができると人の流れが変わると言いますが、この付近もそうなるのでしょうか?ふと、ショッピングモールを眺めていたら目の前がなんとスタバの看板が。息止めてでも行ける場所にまたできるのですね。楽しみが一つ増えました。◇◆トピック [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜イーサイト高崎店
  • スタバ探訪記〜イーサイト高崎店群馬高崎駅には東口、西口共にお店があるのですが、今日は久しぶりに東口の方を利用しました。こちらのお店は90度の長いソファと立ち飲み?式のバーカウンターがあるのが特徴的です。しかしもう一つ特徴的なのが、写真にある照明。何気にこの位置から見たら。照明部にスタバのロゴがあるんです(写真では見えにくいですが)場所柄、そしてこの時間からいって僕以外はすべて通勤通学途中の方たちばか [続きを読む]
  • 動かなければ景色は変わらない
  • 今朝、車でいつものスタバまで移動していたら虹がかかっていました。虹を目にするとなんだか得した気持ちになるのは、その場面にたまたま出くわした偶然性を感じられるからですかね?動いていれば景色は変わっていき、一方で動かなければ景色は勝手に変わってはくれない。そんな当たり前のことを自分のライフプランでも重ねてみたい。『目の前の景色を変えたければ自分が動くしかない』という。ともかく動けるときには目一杯動いて [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜お茶の水サンクレール店
  • スタバ探訪記〜お茶の水サンクレール店JR御茶ノ水駅改札出てすぐに見えるお店。また地下鉄新御茶ノ水駅入り口のビルにあるからか、常に人が出入している感じです。利用したのが夜8時頃。店内は8割埋まってましたが、不思議なくらいにスーツ姿がなくて。最近はスーツ姿でない会社員の方も沢山いますので特に珍しくはないですが、オフモードでちょっと会話を楽しんでます。最近夜8時台は帰りの方が多いのかな。一方、学生さんやフリ [続きを読む]
  • 粉もん食べよか。。こなもん。
  • 大阪にある彼女の実家に顔出すために出かけるとき。粉もん、つまりお好み焼きでも食べよか?と夫婦で話してたら。息子二人、もれなく便乗。粉もんパワー恐るべし。◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』『セラピストの手帖』『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ〜セラピストの学校一人ひとりの [続きを読む]
  • おバカなほどに大好きで、アホほど期待してる。
  • 2ヶ月くらい前に依頼していた名刺が手元にきました。紙質も良くいい感じです。僕は活動によって名刺をいくつか有しているのですが今回のデザイン。名刺交換相手に谷口晋一そのものに興味を抱いて欲しい。関わりや展開はそっからでいい。そんな風な名刺をよろしく、と。遊び心と本気心に託しつつ、デザイナー曰く浮かんだテーマは「谷口晋一という男を咀嚼する」だったそうです。何回も色んなシーンで関わった仲間でもあるので、あ [続きを読む]
  • あのぉ、僕の靴知りませんか?
  • 朝、高3次男から家族LINEに『あのぉ、僕の靴知りませんか?』との涙メッセージ。そんなもん、知るかっ。。あ!昨晩のこと。『雨で靴、全部ビチャビチャだ。どーしよ』(長男)『そう。なら俺のシューズ使うか?』(僕)指差した先は下駄箱全体。すまん、次男よ。君の靴は今しがた、長男と共に電車に乗ってるはずだ。子ども二人と靴のサイズがほぼ一緒だとこういうことあるんですねぇ。◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピス [続きを読む]
  • 僕はそんな雑談が大好きです。
  • 昨日大阪に行った流れでネットマーケティングなどでお世話になっているリウム穂口さんの所に。特に具体的な打ち合わせではないので雑談ですね。まぁ雑談ですから。最近感じてることをツラツラと話し、2.3年先のことのためにやってることなんかも話ししたり。これがまた僕にとってはありがたいわけです。制限が外れる。とりあえず動こうや。教える人たち。目覚める人たち。などという言葉を互いに言いつつ。『今のままじゃ、ないね [続きを読む]
  • 過去の自分から今を確認するというシンプルな使い方
  • 僕自身の行動の振り返り材料にしているのがブログやFacebookなど自分のSNS。スマホをザザーッとスクロールしながらそれが思い込みだけか?空振りか?見込違いか?打席にすら立ってないのか?などを以前の自分の言葉を通してみてます。思うように進んでいかないといった苛立ちや焦りが実はそうでもない、ということに気づく瞬間でもあったり。以前に、湧き上がる変化の感覚に色付けすることを記事にしたのを読み返してましたが。htt [続きを読む]
  • 50歳前後の男。それが若さを保つのか?
  • 僕より3つ年上の男性二人と食事する機会があって。学生時代の友人であるお二人に僕が入れていただいたという構図だったのですが、お仕事はそれぞれ。とにかく雰囲気からして若々しい二人。肌もつやつや。髪の質もすばらしく。声も張ってる。特にアンチエイジングを意識しているとは思えずなんでそう見えるのだろう?と。二人とやりとりしていて気づいたのは、“知らなかったことを知ったとき”の反応。表情や声、ボディランゲージ [続きを読む]
  • パスタ屋ではなくスパゲッティ屋。
  • 昨日お昼、無性に行きたくなったお店にわざわざ遠回りして行ってきました。10代20代の時、営業やら納品やらの仕事で走り回ってたときに通っていたお店なんですが。奥まった一方通行の道にその店はあって。ウドンか?っつうくらい麺が太くて。これ絶対普通盛りじゃねぇよな?という位にボリュームがあって。色褪せたラミネート加工されたメニュー。ほとんどが大テーブルで相席で。化け物みたいなタバスコと粉チーズの瓶があって。マ [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜横浜チャイナタウン店
  • スタバ探訪記〜横浜チャイナタウン店実はこのお店今月27日で閉店だそうです。プライベートでも仕事でも訪れたことがあったので残念ですが、ビルの建て替えですから仕方ないですね。週末なんかは観光客でごった返してますが、平日の朝は空いてます。二階の窓側のソファは特等席で左手には横浜中華街の入り口の門が緑から垣間見えて中華街に来た気持ちにさせてくれます。またロケーションが楽しめるスタバができること期待しつつ、次 [続きを読む]
  • 極めてる人があまり気づいていないこと。
  • 彼とはかれこれ付き合い15.6年でしょうか。久しぶりに横浜で待ち合わせて。ご飯食べながら色々話して。整体師である彼がずっと取り組んでいたもののテーマとして、うつと身体の相関関係があります。彼の実践からくるアプローチ方法は僕個人もとても学びになりましたし、セラピストたちにも伝えて実践に活かして欲しいなぁと映像制作もしました。【うつ・自律神経失調症のためのボディケアアプローチ法〜鈴木直人】http://www.relax [続きを読む]
  • その世界において今の自分があるのだと思えば。
  • 『自分はどこに何を遺せるのか?』どんな世界でも。そこの先人たちは、その様に思い、そのために動き、生きてきた。だからその世界において今の自分があるのだと思えば。僕もまた、そうしていくのかな。そんなことを一人で考えられたり、こんな話を仲間とできるのはシアワセなことです。◇◆トピックス◇◆【書籍ご紹介】『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』『セラピストの手帖』『即実行 [続きを読む]
  • 僕が最近そのスキルを活かせたなぁと思ったのは
  • 昨日はキャリアコンサルタントが集まる学びの機会があってそこに行ってきました。資格取得や試験の為の学びも大切ですが、その目標をクリアしたあとの継続的かつ実践的な学びにこそ僕は価値があると思ってます。実践経験豊富な面々と、ある一つのスキルについて深く掘り下げていくことは適応力に繋がりますし、普段接することのできない職種、立場の人とフラットにやりとりできますし。就職や転職などのサポートを行う存在としてキ [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜金山駅南口店
  • スタバ探訪記〜金山駅南口店金山駅に以前からあったお店で金山に用事があった際にはよく利用していましたが、最近ちょっとご無沙汰で。今日はたまたま乗り換え駅だったのでちょっと早めに出て利用しました。まだ店内も人が少なくそれぞれパーソナルスペースを保ってます。このお店。奥には間仕切りされたスペースがあるのですが、コンセント付きの長テーブルが新たに置いてましたので学生さんが勉強するには良いスペースかもしれま [続きを読む]
  • ここにいても命の危険を感じなくなりました。
  • 9月となり。朝の散歩の時吹き抜ける風も熱風でなくなり、スタバでテラスにいても命の危険を感じなくなりました。しかし僕にとって今年は忘れられない夏となりそうです。と言いましても。甘酸っぱい思い出な訳もなく、ただただ色んなことがあった夏。それを思い出の一つ一つとして語るのはまだ少し先になりそうですが。季節の変わり目というのは自身の周りに起こった出来事を振り返る良い機会になりますね。◇◆トピックス◇◆【書 [続きを読む]
  • 『削ぎ落とすか、深堀りするか、飛びこむか、手を繋ぐか』
  • 僕が20年弱携わるものにセラピスト業界があります。この業界が日本で立ち上がった1980年代からググーッと広がろうとした2000年代前半にかけて。着火点の様に全国に存在したセラピストたちの多くが今もなお第一線で活躍しています。(プロセラピストたちは本当に選手寿命が長いのです)そんな仲間の一人が協会設立に向けて準備を着々と進めていて僕も応援していました。http://kobayashikei.blog.fc2.com/blog-entry-937.html今の時 [続きを読む]