TAMAE さん プロフィール

  •  
TAMAEさん: 寺井珠重のインタールード
ハンドル名TAMAE さん
ブログタイトル寺井珠重のインタールード
ブログURLhttp://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/
サイト紹介文トミー・フラナガンにゆかりの深いジャズクラブ『オーヴァーシーズ』から発信する週間ブログ。
自由文 私が、間近で見た天才ミュージシャン達の素顔や、長年携わるジャズ歌唱の対訳や翻訳の仕事、日本語訳のない、ジャズ評論の名文などを、トミー・フラナガンとデトロイト・バップを愛するOverSeasというジャズクラブから紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/03/31 12:44

TAMAE さんのブログ記事

  • GW38周年記念ライヴ日記
  •  OverSeasは今月で開店38周年を迎えることが出来ました。これも一重に、今までご愛顧くださったお客様のおかげ、感謝の言葉もありません。本当にありがとうございました。 38周年を記念して、大型連休中に4夜連続の特別ライヴを開催しました。 初日、5月3日は中井幸一(tb)セクステット!トミー・フラナガン参加のJ.J.ジョンソンのグループが遺した名演目の数々、そしてカーティス・フラー&ベニー・ゴルソン・クインテットの [続きを読む]
  • ハンク・ジョーンズが教えてくれたこと(後編)
  • ビバップ時代のハンクさんたち―左から:ディジー・ガレスピー(tp)、タッド・ダメロン(p)、ハンク・ジョーンズ、メアリー・ルー・ウィリアムズ(p)、ミルト・オレント(b.、NBCスタッフ・ミュージシャン)'47 William P. Gottlieb撮影 前編で紹介したケニー・ワシントン・インタビューの聴き手は、ニック・ルフィーニというドラマー、現存するバップ・ドラムの第一人者で、自他ともに認めるジャズのうるさ型であるケニーは、 [続きを読む]
  • 寺井珠重の対訳ノート(49)God Bless the Child
  •   今年のライブも無事修了、では寺井尚之が『メインステム』というトリオ(宮本在浩-bass、菅一平-drums)で毎月2回出演、毎回レパートリー入れ替えているから、メインステム・トリオの年間演奏曲はのべ350曲以上、その中で今一番印象深いのが、ビリー・ホリディの十八番"ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド"でした。ホリディの持つ「優しさ」と「哀しみ」のエッセンスがピアノ・トリオから立ち上り、なんとも愛らしいサウンドにな [続きを読む]
  • クリスマスの情景
  •  家の宗派は臨済宗(ゆるく)、そのくせ通ってた幼稚園は日本キリスト教団、だから、大昔の私のクリスマスはキャンドル・サービスと讃美歌です。 その頃、クリスマスに父が買ってきたシングル盤がこれ、Bing Crosbyの、裏面が。 それを両親が座敷に出現した新品のモジュラー・ステレオで鳴らして、畳の上で手を取り合ってダンスしてた。それが何とも楽しそうで、私もよちよち歩きの弟と、見様見真似でダンスしたのが楽しくて楽 [続きを読む]
  • 発掘男ゼヴ・フェルドマン in NY Times
  • ご無沙汰でした! 秋に病気をして退院してから、てんこもりの雑用をこなしていたら、もうクリスマスが・・・ ここ数年間、翻訳でお世話になっている《レゾナンス・レコード》のゼヴ・フェルドマンさん、別名「世界の発掘男」が、今月初めにNYタイムズにデカデカと載っていたので、リハビリを兼ねて和訳しました。今年リリースされたジャズ・アルバムの傾向と共に、ゼヴさんのユニークな点が余すところなく語られています。  [続きを読む]
  • アキラ・タナ LiveReport=祝ジミー・ヒース90才!
  •  お久しぶりです!楽しみにしていたアキラ・タナ(ds)さんをお迎えしたコンサートを10月25日に開催しました。ここ2年間、春と秋にサンフランシスコから来演していただくアキラさん、圧倒的なドラミングと温かい笑顔、その人柄に、すっかり魅了される仲間が増える一方。寺井尚之とのプログラムは、毎回アキラさんゆかりのジャズ・ジャイアンツへのオマージュが溢れていて、還暦を過ぎたベテラン達が青年時代から持つジャズへの愛 [続きを読む]
  • 闘病中のGeorge Mraz を援助する寄付サイト
  • 我らが兄貴、ベーシストのジョージ・ムラーツは、去る7月8日に膵臓嚢腫の除去手術を受けました。 幸いに嚢腫は良性でしたが、術後に心臓発作を併発、その他の合併症のために現在も闘病中です。ジョージの妻、カミラさんが、ムラーツの快癒を祈念して、寄付サイトを立ち上げています。寄付の方法は簡単な英語ができて、クレジットカードをお持ちでしたら、比較的安易に、また安全に出来ます。 これまでに、旧友のジョン・アバ [続きを読む]
  • 対訳生活アゲイン
  • 写真:エラ・フィッツジェラルド&ノーマン・グランツ 於 南仏アンティーブ'64 寺井尚之が、トミー・フラナガンのディスコグラフィーを時系列に辿りながら解説する月例講座、「トミー・フラナガンの足跡を辿る」が始まって早13年。解説の内容も、爆笑度もますますヴァージョン・アップして第二期に突入中。 9月から第一期エラ・フィッツジェラルド共演時代が始まります。トミー・フラナガンとエラ・フィッツジェラルドのレギュ [続きを読む]
  • オータム・コンサート(2)中井幸一(tb)クインテット
  •   残暑に台風、皆様いかがお過ごしですか? 7月に開催した『Dial J.J.5』特集コンサート、ベテラン・トロンボーン奏者、J.J.ジョンソンの世界を知り尽くす中井幸一による渾身の編曲と、盟友ホーン奏者、中務敦彦をフロントに、これまたJ.J.ジョンソン+トミー・フラナガンのコラボを知り尽くす、寺井尚之トリオ"The Mainstem"がリズム・セクションを務める夢のクインテット、大変ご好評いただき、ありがとうございました。再演 [続きを読む]
  • オータム・コンサート(1)アキラ・タナ
  • Good News! 今年の秋も、私達が大尊敬するお友達であり、ジャズ界を代表する巨匠ドラマー、アキラ・タナ(ds)さんがOverSeasにやって来ます! アキラさんは今回も「音の輪」を率いて、震災復興支援のために、東北各地で無料コンサートを敢行する他に、「音の輪」としてギグやコンサートも行う予定。 OverSeasにアキラさんが出演する日は、奇しくもアキラ・タナの知名度を世界レベルに押し上げたジミー・ヒース90才の誕生日と [続きを読む]
  • 対訳ノート(48)You'd Be So Nice to Come Home To
  • Cole Porter (1891-1964)=歌のお里= "You'd Be So Nice to Come Home To" は言わずと知れた超セレブソングライター、コール・ポーターの作詞作曲。ブロードウェイの舞台裏を描くコメディ−映画『Something to Shout About』('43)の劇中歌で、主役、ドン・アメチーが、この歌でヒロインを口説くものの、「プレイボーイのあなたは、女の子を見れば誰でも追いかけまわしているのでしょ。」と軽くいなされる。映画はコケたけど、こ [続きを読む]
  • 対訳ノート(48)You'd Be So Nice to Come Home To
  • Cole Porter (1891-1964)=歌のお里= "You'd Be So Nice to Come Home To" は言わずと知れた超セレブソングライター、コール・ポーターの作詞作曲。ブロードウェイの舞台裏を描くコメディ−映画『Something to Shout About』('43)の劇中歌で、主役、ドン・アメチーが、この歌でヒロインを口説くものの、「プレイボーイのあなたは、女の子を見れば誰でも追いかけまわしているのでしょ。」と軽くいなされる。映画はコケたけど、こ [続きを読む]
  • 巨泉さんを偲ぶ/対訳ノート(48)You'd Be So Nice to Come Home To
  •   大橋巨泉さんが亡くなった。「野球は巨人、司会は巨泉」...巨人は別として、11PMは、勉強するふりをして観ていた教養番組でした。クイズダービーなど、それ以降の人気番組は、こっそり見る必要がなくなったので、あまり印象にありません。 11PMの巨泉さんは、ジャズや麻雀、釣り、北欧のフリーセックス事情だけでなく、歌舞伎や落語にもやたらに詳しかった。黒縁メガネのぽっちゃり顔とハイカラーのワイシャツ、ほどの良い [続きを読む]
  • 近況報告&中井幸一Plays『Dial J.J.5』のお知らせ
  •  皆様お久しぶりです!いかがお過ごしですか? ここ最近、珍しいお客様や懐かしいお客様が相次いでOverSeasに来てくれました。一人はジョージ・ムラーツ兄さんの義弟、ラデックさん、チェコでヘアーメイク・アーティストとして一流ホテルにサロンを持ち、気が向くと格安航空券で世界を旅するボヘミアン。大阪でカプセルホテル(!)を楽しむついでに、ムラーツさんゆかりの当店を訪ねてくれました。もう一人は、遥か22年前、香港 [続きを読む]
  • コールマン・ホーキンス達の"ルート66" (2)
  •  ここでお話する『ルート66』は、1960-64年に放映されたTVドラマ、LAとシカゴを結ぶルート66を、バズ&トッドという二人の若者(上の写真左:バズ/ジョージ・マハリス、右:トッド/マーティン・ミルナー)が、コルベット・スティングレーに乗って旅するロード・ムービー。日本でもNHKでも放映され大ヒットした。余談ですが、トッドの吹き替えを担当した愛川欽也は、このドラマを下敷きにして『トラック野郎』の企画を作ったのだそ [続きを読む]
  • コールマン・ホーキンス達の"ルート66"
  •   月例講座「トミー・フラナガンの足跡を辿る」では、フラナガン自身が最も敬愛し、影響を受けたたボス、コールマン・ホーキンスとの共演アルバム群を聴いています。ホーク晩年の最高傑作と言われる『ジェリコの戦い』は、本当に"最高"の出来なのか?T.フラナガン、メジャー・ホリー、エディ・ロックという若手を擁するレギュラー・カルテットの醍醐味はどのにあるのかを、寺井尚之の解説でじっくり堪能中。生前のエディ・ロッ [続きを読む]