FJneo1994 さん プロフィール

  •  
FJneo1994さん: 企業法務戦士の雑感
ハンドル名FJneo1994 さん
ブログタイトル企業法務戦士の雑感
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/FJneo1994
サイト紹介文企業法務、特に知的財産にまつわる話を中心に、戦いの日々を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/04/06 11:54

FJneo1994 さんのブログ記事

  • [回想][趣味][音楽]“アムラー”がいた時代
  • 平日はいろいろなものに追われていて、ろくろくニュースを見る暇もなかったので、新聞の社会面のベタ記事を見て、「お!」と思ったくらいだったのだが、週末、テレビのワイドショー番組で繰り返し取り上げられていて、懐かしさとともに違和感すら感じたのがこのニュース。 「歌手の安室奈美恵さん(40、略)は20日、2018年9月16日に引退することを、自身の公式ホームページで発表した。安室さんは今月16日でデビュー25周年を迎 [続きを読む]
  • [法曹]「理想」にまた一歩近づいた(?)12回目の“新”司法試験
  • 去年も書いたが*1、「1500」という数字を見ると、ちょっとした郷愁に襲われる。 「法務省は12日、今年の司法試験に1543人が合格したと発表した。昨年より40人少ない。政府が2015年に下方修正した目標の年間1500人以上をわずかに上回ったが、法曹離れの傾向は続いている。法科大学院を経ないで受験資格を得る予備試験組の合格者が最多となり、募集停止が相次ぐ大学院の人気低下に拍車がかかる可能性がある。」(日本経済新聞2017 [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]故郷から掴んだ五輪の切符
  • 平昌五輪代表の座を賭けたカーリング女子日本代表決定戦は、昨年の世界選手権で事実上五輪切符を掴んだロコ・ソラーレ北見が、3勝1敗で夢の切符を掴む、という実に美しい結末となった。 「カーリング女子の平昌五輪日本代表はLS北見に決まった。中部電力との代表決定戦第4戦に9―5と快勝、対戦成績を3勝1敗として、五輪切符を獲得した。2006年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪に出場した本橋麻里が、地元の北海道北見市 [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]苦難の末に破られた「10秒」の壁。
  • 福井運動公園陸上競技場で行われた日本学生陸上競技対校選手権大会の男子100mで、桐生祥秀選手が、遂に、遂に10秒の壁を破った。 追い風1.8メートル、というコンディションの中、刻まれた「9秒98」という記録。 これまで日本を代表するスプリンターたちが何度となく挑んで、跳ね返されてきた壁。そして、桐生選手自身、洛南高校時代の4年前に出した10秒01、という記録ゆえ、大学に進学してからの4年間、向き合うことを余儀なく [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]2000本を超えてからのドラマが見たい。
  • 阪神タイガースの鳥谷敬選手が、甲子園で史上50人目の2000本安打を達成した。 2004年のシーズンから、このチーム一筋で14年、生え抜きでは鬼平(藤田平氏)以来の偉業、しかも、地元甲子園で達成、ということだから、もう少し興奮しても良いところだったのだが・・・。 早大から鳴り物入りで入団し、同窓の岡田監督の引き立てもあって、ルーキーイヤーから一軍に定着。 入団2年目の2005年シーズンに159安打を記録して以降、毎年 [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]試されるここからの9ヵ月。
  • 歓喜のオーストラリア戦から、アウェーへの移動を挟んで僅か中4日。 グループ内の順位を決する「最終戦」であるにもかかわらず、出場権を争っていた2位、3位チームの試合時間帯が大幅にずれている、といういかにもアジアらしいシチュエーションの下、日本代表が戦う敵・サウジアラビアは「ライバルチームの結果を見届けてから試合ができる」絶対的有利な状況、しかも、相手のホームで、オイルマネーで買い占めたスタンドの座席を [続きを読む]
  • [ブログ]2017年8月のまとめ
  • 何となく変な気候が続いているうちに、カレンダーをめくるタイミングが来てしまった、という8月の終わり。そして夏の終わり。 もはや中高生の時代は遠くなりにけり、なので、夏休みが終わる、という感覚もすっかり忘れてしまっているが、それでも、8月⇒9月の切り替わりのときが来ると、何となく「いよいよ怒涛の・・・」という気分にはなってくるわけで、ここまで年末まで、一気に走っていくことになるんだろうな、と思った次第 [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]二度目の伝説が終わる日。
  • 某国のミサイル発射で目が覚めた朝。 だが、そんなことよりも、自分にとっては伊達公子選手二度目の引退、のニュースの方が数段ショッキングだった。 「女子テニスの伊達公子(46、エステティックTBC)は28日、自身のブログで「伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」とし、現役引退を発表した。9月7日に記者会見する。ジャパン女子オープン(9月11日開幕・東京有明テニスの森公園)が最後の試合と [続きを読む]
  • [生活雑事]これが最後のプレミアムフライデー?
  • 政府肝いりの施策、ということで華々しく始まった「プレミアムフライデー」も、2度目の日程が、年度末にぶち当たる、といったカレンダーんの巡り合わせの悪さもあって、もはや風前の灯、である。 とはいえ、今月はまだ夏休みムードが残るタイミングで巡ってきた、ということで、久しぶりに少し早く仕事を切り上げて街に出てみた。 まぁ、結論からいえば、 何も変わらん、普通の夏の金曜日の光景。 しか目にすることはできなか [続きを読む]
  • [企業法務][法曹]企業内弁護士の「人材不足」問題
  • 今週月曜の日経新聞の法務面に掲載された「インハウス(企業内)弁護士」に関する記事*1がじわじわと波紋を広げているようだ。 自分も記事の紹介から伝わってくる情報に断片的に接し、若干気がかりな記述はありそうだな、と思っていたのだが、改めて記事を読んでみた時に一番違和感を抱いたのは、やはり次のような論旨で問題が語られているところだろう。 「こうした需要増に、人材供給は追いついていないのが現状だ。」 (中略 [続きを読む]
  • [ブログ]750万ページビュー到達。
  • 今月の初め、惜しまれつつ(そして多少の罵声も浴びながら)サービスを終了した「はてなカウンター」だが、幸いなことにページビューのカウンターは未だに生きてくれていて、その後も12年以上積み上げてきた日々のページビューの数字を刻んでくれていた。 そして、今日、ようやくの「750万」という数字に到達。 以前に比べると「100万ページビュー」の刻みを祝えるタイミングがだいぶ延び延びになってしまっているために、たまり [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]「お家芸」の強さと運と。
  • 期待された「10秒の壁」は今回も破れず、その他の競技を含めても、目立ったニュースはサニブラウン選手の200m決勝進出くらい、という状況の中で、“リオ五輪の銀メダルに続け”という掛け声が勇ましく響き渡っていた男子4×100mリレー。 その一方で、肝心のサニブラウン選手は200m決勝で痛めた足の影響で欠場、そして、多田・飯塚・桐生・ケンブリッジの4選手で組んだ日本チームの予選の走りは決して万全なものではなく、パッ [続きを読む]
  • [企業法務][知財]本当に何かが違うのか?
  • 最近、関心を惹かれるような記事が少なくなったなぁ、という印象も受ける日経紙の月曜法務面だが、7日付の特集は「VRとAR ルールは過渡期 」という見出しで、サブタイトルに「ポケモンGO」が入っていたこともあり、何となく読んでしまった。 おおざっぱに言うと、 ・ARやVRが発展するにつれ、それらをめぐる法的紛争が起きるようになってきているが、日本ではまだルールが確立されていない。 ・現状では、ユーザーがゲーム [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]30歳の選択。
  • 今年もやってきた世界陸上@ロンドン。 もはや夏の風物詩、というか、季語のようになってしまった織田裕二の適当なコメントは聞き流すだけなのだが、夜型人間にはちょうど良い時差のおかげで、由版週末は各競技を堪能することができた。 陸上競技、というスポーツを見慣れてくると、テレビ局がガンガン宣伝をかけてくる100メートルとか*1、マラソン*2、といった競技よりも、限られた時間の中に激しい駆け引きの要素が詰め込まれ [続きを読む]
  • [ブログ]開設12周年。
  • 何の気なしにこのブログを書き始めたのは、2005年8月4日のことだった。 それからあっという間に日が流れて12年・・・。とうとう干支も一回りしてしまった。 一昨年、「開設から10年」の節目エントリー*1を書いた時も、心の中ではそんなに余裕があったわけではなかったし、更新頻度も、アクセス数も既に下降の一途を辿っていたのだが、それから2年。 今や、ブログを更新するどころか、家に帰ってPCを開くにも息絶え絶え。月に数度 [続きを読む]
  • [ブログ]2017年7月のまとめ
  • はてなカウンターと共に刻んできたこのブログだが、先日のエントリーでも取り上げたとおり、ブログより先にサービスの方が終わってしまう事態となってしまった。 なので、これまで毎月取り上げてきたはてなベースのアクセス数値も、今月が最後の紹介ということになる。 トータルアクセス16,000件強、ユニークユーザー13,000人超、というのがその数字。 もっとも、代わりに導入しようと思っているGoogle系のアクセス解析サービス [続きを読む]
  • [趣味][スポーツ]刻まれなかった「108」の数字
  • 7月最後の日曜日。神宮球場で行われた夏の高校野球、西東京大会の決勝戦。 2年前からずっと騒がれ続けた清宮幸太郎選手が、チームの甲子園の切符と「108号」を賭けて頂上決戦に挑む、ということで、前日までは、高校野球にあまり関心がなくなって久しい自分ですら「これは見ておきたいなぁ」と思うくらいの盛り上がりだった*1。 これが漫画なら、「苦戦しながらも清宮選手の劇的な逆転ホームランでチームを甲子園に!」というこ [続きを読む]
  • [趣味][テレビ][回想]現実はそんなに美しくないぞ、と。
  • 今月の連休くらいから流れ始めたNTTドコモの25周年CM。 その後、「スペシャルムービー」なんていうのも公開された*1。 NTT系の移動通信会社として営業を始めたのが1992年、ということで、同じ年にメジャーデビューしたMr.Childrenとタイアップして製作されたCM&動画のようなのだが、自分たちの世代だと「ミスチル」の曲が流れただけで、映像の中身にかかわらず条件反射的に反応してしまう上に、シナリオ上の時系列も非常に親近 [続きを読む]
  • [企業法務][ひとり言]悪しきスパイラル
  • ここのところ、月末でも何でも、つぶやき系の記事を書くたびにつらい、つらい、と言ってるような気がするが、この1,2カ月は特に・・・である。 何がつらいかと言えば、一番は、やはり「インプット」の時間がほとんど取れないこと。 「法務」といえば、曲がりなりにも「知識」が一つの武器になる仕事だから、良質なアウトプットを生み出すためには、日頃から知識を適度にインプットして頭の中で整理しておく、という準備が欠か [続きを読む]
  • [企業法務][趣味][テレビ]前線に立ち続ける者の気概と苦悩。
  • 「ドラマがつまらん」と言われるようになって久しい今日この頃だが、CX系で実に7年ぶりに「コード・ブルー」が帰ってきた、ということで、前宣に煽られつつ、珍しく初回からかぶりついてしまった。 『コード・ブルー 〜 the third season』(http://www.fujitv.co.jp/codeblue/) 映画でもドラマでも、1stシリーズよりも2ndシリーズの方が面白かった作品は、大概「名作」と言って差し支えないのであるが、この作品の場合、1st [続きを読む]