アスペ嫁少佐 さん プロフィール

  •  
アスペ嫁少佐さん: アスペ嫁と苦悩夫の奇妙な冒険
ハンドル名アスペ嫁少佐 さん
ブログタイトルアスペ嫁と苦悩夫の奇妙な冒険
ブログURLhttp://fanblogs.jp/hasuraa/
サイト紹介文アスペ嫁の理解不能な発言行動などを受け止めていこうという苦悩夫の日記
自由文 アスペ嫁に振り回されて、精神的に意気消沈、疲労困憊の苦悩夫が、離婚をせずにどう受け止めていけば良いかを考察するために日記として記録していこうという涙ぐましいブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2008/04/07 15:03

アスペ嫁少佐 さんのブログ記事

  • 欲しいのはアドバイスや押しつけではない!アダルトチルドレンの承認欲求(その2)
  • →欲しいのはアドバイスや押しつけではない!アダルトチルドレンの承認欲求(その1)■100個のありがたい言葉より、1回の肯定的な言葉子どもの立場からすると、親はさまざまな価値観で教訓的な「ありがたい言葉」を押しつけてくるときがあります。発達障害の子どもの場合はなにか人に物をもらった場合、親に「御礼を言いなさい!」といわれても言えない場合があります。むしろ「なんで御礼できないの!」と言われれば言われるほど [続きを読む]
  • 独居の親は本当に「かわいそうなこと」ですか?価値観は人それぞれ(その2)
  • →独居の親は本当に「かわいそうなこと」ですか?価値観は人それぞれ(その1)■独居の親の子どもは決して非道な気持ちばかりではない親の独居について「人として非道な行為」として疑わない人はいます。できれば一緒に生活して面倒を見たいという気持ちがあっても自分の生活を守って行くためにはそれが両立できない場合もあるでしょう。一方的な決めつけで「ひどい」と決めつけてしまうことは大変危険です。家庭ごとの事情という [続きを読む]
  • もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その3)
  • →もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その1)→もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その2)勝手な自分の脳内では称賛ステージができあがっています。〇「あなたができないからやってあげている」↓〇「ありがとう!本当に助かったよ。本当に頼りになるね!」良いことをすれば当然称賛されるべきなんて意識的には思っていませんでしたが、無意識に良いことしたから見直され称賛され、自分 [続きを読む]
  • もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その2)
  • →もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その1)・自分は片付けや整理整頓は人並み以上にやればできる!・やり始めたら誰よりもきれいにする!・サッシの間やようじや綿棒を使って細かいところまでやる!・物を大切にしていて常識人だ!そんなことを意識しながら生活はしていませんが、過去の自分を客観的に見てみるとこういった固定観念というか背伸びしてできている自分が本当の姿の自分だ!という思い込みが [続きを読む]
  • もったいない症候群は過去を整理できずに心をまどわす!(その1)
  • 現代は本当に物があふれている時代なんですね。戦後の日本からはとても想像できない時代でしょう。幼いころから母親だけでなく、祖父からも「もったいない」という言葉はよく聞きました。正直もったいないといわれる本質がわかってきたのは大人になってからでしょう。個人的には「怒られるのが嫌で渋々いうことを聞いていた」感じです。・捨てる前になにか活用できないかよく考えろ!・そうやってムダにするから買いたくないんだ! [続きを読む]