めめ さん プロフィール

  •  
めめさん: Les jours en rose フランス語圏での暮らし
ハンドル名めめ さん
ブログタイトルLes jours en rose フランス語圏での暮らし
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/Narcisse/
サイト紹介文フランス語圏で暮らしています。
自由文二男一女の母。夫はフランス系カナダ人。東部カナダのケベックシティと、フランスのパリ6区が生活拠点。2005年当初から使って来たタイトル「フランス語的生活」から「フランス語圏での暮らし」に変更しました。『Les jours en rose』の意味は、フランス語で「ばら色の日々」「ばら色を纏った日々」「ばら色に染まる日々」。「レ ジュール アン ローズ」と読みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/04/08 02:46

めめ さんのブログ記事

  • [最近のつぶやき]体育の授業
  • どうして未だに日本の学校での体育の授業って軍国主義丸出しなんだろうね。 あれじゃ〜まるで兵隊さんの訓練みたいじゃないか。 私が子供の時は、体育の授業が大嫌いで、今でも当時の苦しかったことが夢に出て来ることさえあるのだ。 そう、今でもトラウマになっているわけですよ。 跳び箱とかマット運動とか鉄棒とか本当にバカみたいなことばかり。 なぜ好きなことを生徒にさせないのか? カナダやフランスの学校では、体育の授業 [続きを読む]
  • [murmures]女人禁制
  • こんな時代になっても未だに「女人禁制」なんて言ってるところがあるのか。 日本のドラマを観ていたら、「ここは女人禁制」と宣う偉そうな焼物作家みたいなジジイが登場。 第一、女性がこのようにいなかったら人類はどうやって産まれ出て来るのか。 こんな言葉や習慣は一刻も禁止するべし! ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • [記事]明治生まれの節約術「始末する意識」とは? | マネーの達人
  • http://manetatsu.com/2017/02/85466/ 明治生まれ?? これってまさか現時点の視点で書かれたものではありませんよね?? その辺がしっかり説明されていないし、文章も読み難く、脱字などもあって全然見直しの無い文面ですね。 こんな書き方では、てっきり104歳以上のご夫婦の生活だと思ってしまいます。 と思いきや、いきなり「90歳すぎても云々」という文章も出て来るし、何が何だか解り辛い。 ランキングに参加していま [続きを読む]
  • [最近のつぶやき]ドラキュラのように
  • 最近、晴れの日がとてもつらい。 太陽の光が目につらいのだ。 普段からサングラスのような眼鏡を使っているのだが、それでも耐えられないくらい。 特にこの地は雪国なので、真っ白な雪に太陽の光が反射して尚更つらい。 曇りや雨の日、そう、特に雨の日が大好きになった。 夜の闇も好き。とっても落ち着くのだ。 すっかりドラキュラ化してしまったようです。 ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • [detente]冬の癒し ヴィックスヴェポラッブなど
  • 風邪と関係なく、ヴィックスヴェポラッブを足全体に塗って靴下を履いて寝ると気持ちがいい。 足裏だけじゃなくて足全体、足の指の間とか足の甲にもたっぷり塗って。 私は靴下で足全体を封じるのが苦手なので、靴下の先を切り落としたものを履いています。 靴下じゃなくてレッグウォーマーで足全体を覆ってもいいし。 気持ちいいし、風邪の予防にもなるし、ぐっすり眠れるし。 この方法は、私の住むケベックではわりと一般的です。 [続きを読む]
  • [最近のつぶやき]本物のツリー
  • この前、日本の人気ドラマを観ていてふと思ったのが背景に何度も映るクリスマスツリー。 それが本物じゃなくてPVCというのだろうか?人工的なもので、ちょっと興醒めしてしまった。 とっても面白いドラマであるが故に非常に残念な演出だった。 本物のツリーに勝るものは無い。 パリにて。 ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • [murmures]「アデュー」の意味
  • 「アデュー」なんて気軽にあまり使わない方がいいですよ。 フランス語で、「天国で会いましょう」という意味なので、絶交する時によく使われます。 「オマエとはもう一生会わないよ」みたいなニュアンスがあります。 ちょっと小洒落たフランス語だと思い込んでいる人もいるようですね、日本では。 大きな間違いです。誤解されますよ。 アデュー天海祐希 宝塚ファンタジーVol.3 スペシャル (報知グラフ’95 No.5) 発売日: 19 [続きを読む]