めめ さん プロフィール

  •  
めめさん: Les jours en rose フランス語圏での暮らし
ハンドル名めめ さん
ブログタイトルLes jours en rose フランス語圏での暮らし
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/Narcisse/
サイト紹介文フランス語圏で暮らしています。
自由文二男一女の母。夫はフランス系カナダ人。東部カナダのケベックシティと、フランスのパリ6区が生活拠点。2005年当初から使って来たタイトル「フランス語的生活」から「フランス語圏での暮らし」に変更しました。『Les jours en rose』の意味は、フランス語で「ばら色の日々」「ばら色を纏った日々」「ばら色に染まる日々」。「レ ジュール アン ローズ」と読みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/04/08 02:46

めめ さんのブログ記事

  • [日記]今日の散歩
  • 今日は最高気温が一気に29℃まで上がった。 夜になってもいつまでも蒸し暑く、夜遅くに始まった雷雨で少しずつ涼しく。 午前9時を回った頃に早々と散歩に出発。 いつもの公園では、あのいつものマグノリアの木が満開になっていた。 マグノリアの白色、大好き? 木の真下から見上げてぐるりと一周… しあわせ〜? やさしい新緑 緑、少しずつ 今日は両親の結婚記念日💚💚💜 ランキングに参加してい [続きを読む]
  • [記事]103歳になってわかったこと
  • https://1kando.com/50417 そうかな〜 無駄というのはわざわざ好んで わざと作るものかな〜 だって人間誰でも生きていれば 日々の生活の中で自然に 突然に 嫌々ながら 思いもかけず 全くの予定外に 無駄というのは必ず生じるものであろう それを何とか自分で納得させて呑み込んで生きているだけだと思う その無駄が得になったのかどうかは ものの数秒で分かる時もあるし 何年か経ってから気付いたり いや 一生掛かっ [続きを読む]
  • [日記]長女の出発
  • いよいよ長女のスタージュがスタートした。 スタージュというのは、フランス語でインターンの意味。 映画会社で『ディスカバリーチャンネル』の制作に携わっている。 会社はパリ郊外にあるので、娘はパリのど真ん中に住んでいるのだが、毎朝郊外に向かって出勤するわけだ。 スタージュが上手く行くようにお祈りしてね、と娘。 当然だ。四六時中、お祈りお祈りお祈り連続の母だ。 映画業界への第一歩である。 あの可愛いちっちゃな [続きを読む]
  • [France]30年前のカンヌ
  • 30年前、カンヌのこの建物に2週間ほど滞在したことがある。 当時、ここはアパルトマンホテルだった。 地中海が一望できる書斎もあった。 バスルームがとても広く、毎日ラベンダーの石鹸を入れてもらえるので、いつもいい香りに包まれていた。 ランキングに参加しています [続きを読む]
  • [最近のつぶやき]いま おもうこと
  • カナダ人は、マリファナやコカインに関しては慣れているので驚くことも無いがその彼らがフランスの、特にパリに来るとそのあまりに治安の悪さにショックを受ける。フランス人は、カナダに来て、大酒を飲んで屋根によじ登って酔っ払っているのとかアパルトマンの騒音問題には慣れているが、コカイン問題などには驚き慌てふためく。 我々は日本人なので、このどちらにも慣れるのにかなり時間を要した。ショックで立ち上がれないこと [続きを読む]
  • [murmures]千差万別
  • ケベック在住の日本人の友達曰く、 「折角ハーフを産むんだったら絶対に白人とのハーフに限るよね。アジア系との掛け合わせとかハーフの意味無いじゃん」と。 かなり乱暴な発言だとは思いますが、まぁ人の御意見、千差万別ってことですかね。 完全白人ではないけど、フレンチインディアンとの掛け合わせは必ず可愛いとは思いますが? ふふふ。 ランキングに参加しています [続きを読む]
  • [最近のつぶやき]体育の授業
  • どうして未だに日本の学校での体育の授業って軍国主義丸出しなんだろうね。 あれじゃ〜まるで兵隊さんの訓練みたいじゃないか。 私が子供の時は、体育の授業が大嫌いで、今でも当時の苦しかったことが夢に出て来ることさえあるのだ。 そう、今でもトラウマになっているわけですよ。 跳び箱とかマット運動とか鉄棒とか本当にバカみたいなことばかり。 なぜ好きなことを生徒にさせないのか? カナダやフランスの学校では、体育の授業 [続きを読む]