ビジネスソリューション さん プロフィール

  •  
ビジネスソリューションさん: 中小企業の問題解決業
ハンドル名ビジネスソリューション さん
ブログタイトル中小企業の問題解決業
ブログURLhttp://www.business-sol.jp/
サイト紹介文中小企業経営者の抱える3つの問題1.新規開拓(集客)2.社内環境改善3.リスクマネジメントを支援
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/04/12 10:44

ビジネスソリューション さんのブログ記事

  • 営業力の再構築
  • 営業力の再構築 ■自社営業力を客観視する すべての会社にとって、「営業」がもっとも重要な機能のひとつであることはいうま でもありません。 自社の営業力を何とかして高めたいと考えている社長も多いでしょう。 ここでは、自社の営業力強化について、より体系的・網羅的に考えるためのポイ ントについて解説します。 1.自社の営業力 自社の営業力強化について検討する際には、まず「自社のめざ [続きを読む]
  • プレゼンテーション成功の秘訣
  • プレゼンテーション成功の秘訣 ■プレゼンの本質 ビジネスの世界においてプレゼンテーション(以下、プレゼン)の重要 性は疑う余地がありません。 顧客にとって本当に役に立つと思える内容を提案しても、プレゼンの方 法がまずければ受け入れてもらうことはできません。 また、プレゼンは顧客に対してだけに行うものではない。 部下から上司への業務改善に関するプレゼン、役員会での経営戦略に関 するプレ [続きを読む]
  • 社長に必要なコーチングスキル
  • 社長に必要なコーチングスキル ■コーチングとは ビジネスの分野で「コーチング」の重要性について取り上げられることが増えてき ました。 社長自らが専門家からコーチングを受けたり、社内全体に手法を導入しようという 動きも盛んです。 導入した会社の多くでは社員の自立性やモチベ−ション向上などの成果を上げ ています。 ここでは、社長自身が身につけておきたいコーチングスキルについて解説しま [続きを読む]
  • コストダウンを考える
  • コストダウンを考える ■コストダウンとは 企業の業績が下がると、利益を上げる即効薬として「コストを下げろ、 コストを削減しろ」の大合唱が起こるものです。 しかし、かけ声だけのコストダウン活動では、大きな成果を期待する ことはできません。 コストダウン活動に取り組むためには、より組織的に、より科学的にね ばり強い活動を展開していかなければなりません。 1.コストダウンとは何か 企 [続きを読む]
  • 代理店経営に必要不可欠なこと
  • 代理店経営に必要不可欠なこと ■代理店の経営に必要不可欠なこと 場当たりな経営から、羅針盤経営を着実に根付かせるためには、トップ自らが『事 業経営とは』を理解し、根気よく従業員に啓蒙していかなければならない。 1.経営計画の策定手順 ビジョンから中期・年度計画までの計画プロセスは、経営管理のサイクル(PD CA)の出発点になる基本的事項です。 個々の箱の中身は、流れの中で相 [続きを読む]
  • 総務部門のコスト意識
  • 総務部門のコスト意識 ■コスト意識の高い総務部が会社をまもる 経営の改善を考えるとき、経営者は売上を上げることのみ考えてしまう傾向があ るが、それと同じくらいに経費を下げる努力が必要です。 会社が消費している費用を一つひとつ見直して、いかに効率よく、いかにお金の かからないものにするか。 その小さな積み重ねが大きな金額となって返ってきます。 会社のなかで高いコスト意識をもつべき部門 [続きを読む]
  • 間接部門の目標管理
  • 間接部門の目標管理 ■目標管理の概要と導入状況 1.目標管理とは 目標管理とは、労働者各人に職務についての具体的な目標を設定さ せ、その達成度合いを評価する人事制度のことをいいます。 目標管理制度を導入するメリットとして、 ・従業員の自主的な業務への参加意識が高まり、モチベー ションが向上する ・上司との面接によって具体的な目標を設定することで、 所属部課の重点目 [続きを読む]
  • 建設業
  • 建設業建設業者の生き残り・勝ち残り策 ■公共工事の減少 公共工事は1999年度以降、一貫して減少傾向にあり、9年間で半分以下の水準 にまで減少した。 2008年度以降は景気刺激先としての予算追加等によりわずかに増加に転じまし たが、今後も大幅な回復は見込みにくい状況です。 一般的に、地方の建設業者は公共工事依存度が高く、公共工事の減少は経営 基盤を揺るがす大問題です。 それに加えて、知名度のあ [続きを読む]
  • 運輸業
  • 運輸業トラック運送業の経営戦略 ■運送業の基本戦略 長引く不況による受注量の低迷に加え、平成15年の「改正貨物自動車運送事業 法」「貨物利用運送事業法」の改正「物流二法」の施行によって運送業への参入 が容易になったこともあり、企業間競争は激しさを増す一方です。 平成28年12月16日付けで「道路運送法及び貨物自動車運送事業法の一部を 改正する法律」が公布され、平成29年1月16日付けで施行 [続きを読む]
  • なぜ経営理念(自社のあるべき姿)が必要か
  • 中小企業だから必要な経営理念 ■なぜ経営理念が必要か 1.中小企業だから必要な経営理念 経営理念とは、 「自分たちはこうありたい」「社会に対してこのような貢献をしたい」と いった自社が存在する意義を明文化したもの と言われている。 自分たちの行動を規定する価値観といってもよいでしょう。 優良な企業には多くの場合何らかの経営理念が作られており、その理念を浸 透させ [続きを読む]
  • パブリシティ活動でマスコミを活用する
  • パブリシティ(広報)活動でマスコミを活用する 大企業と中小企業の広報の大きな違いは、マスコミがコミュニケーションの輪に 入っているかどうかです。 「小さな会社なんて相手にされないから」とあきらめている中小企業経営者はたくさ んいます。 改めて購読している新聞や雑誌、よく見るテレビ番組を思い出してみてください。 発行や放送している企業名をどのくらい知っているでしょうか。 名前も聞いたことが [続きを読む]
  • 若手社員の定着率向上
  • 若手社員の定着率向上 ■若手社員の就業意識 高齢化の進展が著しい現代社会において、若手社員は貴重な戦力です。 しかし、若者の転職志向はますます高まっており、せっかく育ってきた頃に会社を 辞めてしまう人材に頭を悩ます企業は少なくありません。 若者の就業意識は変化しており、20歳代から30歳代前半のビジネスマンはキャ リアアップのための転職に抵抗を感じていないようです。 また、会社に左右さ [続きを読む]
  • 社員教育の基本
  • 社員教育の基本■社員教育の課題 1.社員教育にあたり経営者が認識すべきこと 今日、企業の社会的責任が以前に増して問われるようになってきました。 あらゆる企業は社会に対して何らかの役に立つことによって社会的責任を果た し、存在価値のある会社となります。 会社で働く社員も、自社に在籍していることによって、社会の役に立っているとい う実感ができるからこそ自らの仕事にプライドがもてる [続きを読む]
  • 代理店として「売り・差別化・強み」はあるか
  • 代理店として「売り・差別化・強み」はあるか □営業の武器を持っているか? 今後ますます多様な販売チャネルで、小さなパイを奪い合う環境が続くでしょう。 このような環境下では、あなたが勝ち残るためには同じ土俵の上で戦うことを避 けなければならない。 では、土俵の外で戦うにはどうすればいいのか? 戦うためには武器を用意しなければなりません。 まず、あなたの存在を訴えつづけていくた [続きを読む]
  • 間接部門の経営計画
  • 間接部門の経営計画 ■経営計画の重要性 経済のグローバル化にともない、企業経営の判断指標は、売上高やシェアの重 視から、キャッシュフロー、株価の重視へと変わってきました。 こうした中、より効率的な経営のために企業では部門ごとの採算確保が重要視さ れている。 計画的な業務の遂行を行い、成果のみえる経営を行うためには、しっかりとした 経営計画を策定し、計画段階での数値目標の設定や、部門 [続きを読む]
  • 建設現場の安全管理
  • 建設現場の安全管理 ■安全管理の徹底が図りにくい建設現場 多くの企業は労働災害の防止に取り組んでいます。 特に、建設業など労働災害が多く発生する業種の場合、企業は安全管理を徹底し、 労働災害の未然防止に努めなければなりません。 一方、建設業の仕事現場は、特殊な環境にあります。 建設現場の作業内容は作業の進行とともに変わっていきます。 また、元請け・下請けなどの異なる階層の事業者、 [続きを読む]
  • 製造業における機械の安全対策
  • 製造業における機械の安全対策 ■機械の安全対策 労働災害の発生件数は長期的には減少傾向にあるものの、平成24年における 休業4日以上の死傷者数は11万人を超えており、依然として多くの労働災害が 発生している。 そのうち、機械による労働災害の発生割合が約4分の1を占めており、その災害 防止対策が重要な課題となっています。 機械による災害の特徴は、“はさまれ・巻き込まれ”などによ [続きを読む]
  • 保険代理店運営を事業化する
  • 保険代理店運営を事業化する ■顧客サービス お客様が満足するためのあなたの行動が「顧客サービス」です。 お客様にあなたの商品やサービスを提供していく活動です。 お客様ヘサービスを提供していくためには、まずあなた自身の提供するサービス や商品の内容を理解していることがスタートです。 そのサービスの価値はどれ程のものでしょうか。 もしサービス価値が小さければ更に大きくしていかなけ [続きを読む]
  • 食品業界の苦情(クレーム)対応
  • 食品業界の苦情(クレーム)対応 ■食品に対する不信感と苦情(クレーム) 近年、産地や賞味期限の偽装表示、中国製冷凍食品の農薬汚染、ホテル や百貨店などのレストランでメニューの偽装表示が発覚する問題、廃棄 食品の横流し問題などが相次ぎ、食品の安全性に対する消費者の不信感 が高まっています。 これに伴い、食品に関して消費者から企業に対して寄せられる苦情や意 見(以下「苦情(クレーム)」 [続きを読む]
  • 女性社員のモチベーションを高める
  • 女性社員のモチベーションを高める □女性社員のやる気を高めるコミュニケーション 1.女性社員を戦力として活用するメリット 現在、業種を問わず多くの企業が積極的に女性社員の活用に取り組んでお り、ビジネスシーンにおいて女性社員が活躍する機会は年々広がっています。 その背景には、男女雇用機会均等法や育児・介護休業法などの法令によって 女性社員の働きやすい環境が整備されてきたこ [続きを読む]
  • 運輸事業者の安全管理体制
  • 運輸事業者の安全管理体制 ■運輸事業者に求められる安全管理 1.後を絶たない運輸事業者の事故・トラブル 「運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律」(以下 「運輸安全一括法」)が2006年に施行され、運輸事業者に対して、絶えず、経 営トップ主導による輸送の安全性の向上に向けた取り組みを求めるとともに、 安全最優先の方針の下、経営トップから現場まで一丸となっ [続きを読む]
  • パワーハラスメント
  • パワーハラスメント ■パワーハラスメントとは 1.パワーハラスメントの定義と基準 ここ数年のうちに、パワーハラスメントや社内いじめは看過できない重大な問 題となりました。 厚生労働省では、パワーハラスメントを「職場のパワーハラスメントとは、同じ 職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性(上 司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、 [続きを読む]
  • 法人向けセールスのアプローチ
  • ファーストアプローチからクロージングまで □セールスプロセスの標準化 1.ファーストアプローチ(声かけ) (1)ファーストアプローチ(声かけ)の意義・目的 まずはじめに、お客様との関係強化活動として「ファーストアプローチ(声か け)」を行います。 「ファーストアプローチ(声かけ)」とは、社長に対し、生命保険を取り扱って いることを告知し、あわせて情報提供を [続きを読む]
  • 職場活性化のための電話応対
  • 職場活性化のための電話応対 ■電話は心の応対 1.基本的心構え (1)声で伝える会社の心 電話は、会社を代表する「声」であり「言葉」である。 声には「心」があり、言葉には「意思」があります。 その応対の善し悪しが、会社のイメージを変え、会社の信用と業績を決す る。 (2)タイミングとスピードが命 必要なときにすばやく、簡潔に用件を伝えることが、ビジネ [続きを読む]