ビジネスソリューション さん プロフィール

  •  
ビジネスソリューションさん: 中小企業の問題解決業
ハンドル名ビジネスソリューション さん
ブログタイトル中小企業の問題解決業
ブログURLhttp://www.business-sol.jp/
サイト紹介文中小企業経営者の抱える3つの問題1.新規開拓(集客)2.社内環境改善3.リスクマネジメントを支援
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/04/12 10:44

ビジネスソリューション さんのブログ記事

  • 全員参加型経営のためのPDCAサイクル
  • 全員参加型経営のためのPDCAサイクル ■全員参加型経営はPDCAサイクルで進める 全員参加型経営を定着させるためには、会社の基本的なマネジメントサイクルで ある、「計画(plan)」⇒「実行(do)」⇒「評価(check)」⇒「改善(action)」に 沿った取り組みが必要になります。 DCAサイクルとは、まず目標を設定して、それを実現するため計画を設計する、 計画を実施し、その達成状況を確認・ [続きを読む]
  • 保険代理店のマーケット
  • 保険代理店にとってのマーケット ■マーケット あなたにとって、これから保険を販売しようとする相手側(あるまとまった集団) 即ち、保険販売のターゲットとなるマーケットをどのように絞っているのか。 地理的に限定された区画(エリアマーケット)に限らず、たとえば自分の契約者全 体でもよいし、その中の自動車保険に未加入のお客様でも、特定雑誌の購読者 でも、同じ趣味を持った人々の集まりでも [続きを読む]
  • ルートセールスにおける営業活動の効率化
  • ルートセールスにおける営業活動の効率化 ■求められるルートセールスにおける営業力 1.これまでの営業活動の効率化だけでは限界がある 従来、ルートセールス活動は、定期的に得意先をまわって定番商品の在庫を 確認し必要に応じて発注し、その際、商品の代金を回収したり、新しい商品の 注文をとったりする仕事が中心でした。 つまり、ルーティンワークをいかに効率的に行うかということが営業 [続きを読む]
  • 社長に必要なコミュニケーション
  • 社長に必要なコミュニケーション ■なぜ自分の指示が伝わらないのか 「なぜ、自分の指示が部下にうまく伝わらないのか?」、このような疑問を抱いたこ とのある社長の方も多いと思います。 「きちんと指示しただろう」と苛立ったり、「そんなこと言われなくても常識だろう」と あきれてしまうことさえあると思われます。 なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。 1.部下は言葉から「推察」して [続きを読む]
  • 店舗販売における接客力
  • 店舗販売における接客力 ■店舗販売における接客力を再考する □好感度アップの接客方法 小売店を訪れるお客様には、経済性を追求する消費者としての一面と、安全で快 適な生活環境を求める生活者としての一面があります。 経済性を求めた場合、家計を中心に考えた消費行動をとることになる。 経済性を求めた消費者としてのお客様は、地域の小売店の中から少しでも安い 商品を購入しようという消費行動をと [続きを読む]
  • 自転車通勤制度の導入
  • 自転車通勤制度の導入 ■注目されている自転車通勤 近年の自転車ブームに加えて、健康意識の高まりや環境への配慮から、自転車 通勤をする人が増えています。 片道10~20キロメートルの距離であれば自転車での通勤も十分可能で、満員電 車から解放されるだけでなく、なかには電車通勤よりも時間の短縮につながる ケースもあるようです。 このように自転車通勤にはメリットもありますが、交通事故の危険性や [続きを読む]
  • 中小企業のブランド戦略
  • 中小企業のブランド戦略 ■真のブランド力とは顧客と企業の信頼関係 本当の意味でのブランド力とは、顧客が商品を気に入り、同じ会社の商品を繰り 返し購入するうちに、次第に「この会社の商品であれば大丈夫だ」、「高くてもこの 会社の商品が買いたい」といった気持ちになった状態のことです。 一方、ブランド力をつけたい会社では、「自社の商品はこんなコンセプトで、こんな 人に、こんな風に使ってもら [続きを読む]
  • FC加盟の際のチェックポイント
  • FC加盟の際のチェックポイント ■経営はあくまで自己責任 FC事業はビジネスの仕組みは提供してくれますが、それを活用して実際に業績を あげるのはあくまで加盟店自身です。 加盟店はあくまで独立企業であり、その経営はすべて自己責任ということになる。 FC加盟によってビジネスのスタートアップは早くできますが、いったんビジネスを開 始したら、自力で新規事業を開始した場合と同様の経営努力が求められるとい [続きを読む]
  • ルートセールス 営業マンの育成と営業活動
  • 営業パーソンの育成(ルートセールス) ■流通新時代の営業パーソンの要件 1.新時代の営業パーソンの役割 従来、ルートセールス営業パーソンの仕事は、定期的に得意先をまわって定 番商品の在庫を確認し必要に応じて発注を行ったり、商品の代金を回収した りといった業務が中心でした。 しかし、顧客企業や店舗では、EOS(※)ネット発注の導入が進み、商品代金 の銀行振込が一般化するなど、 [続きを読む]
  • 管理者次第で会社は変わる
  • 管理者(リーダー)次第で会社は変わる ■リーダー(管理者)教育のあり方 社長にとって、管理者とは、自分の経営理念を理解し、その実現のために高い能 力をもって支援してくれる存在です。 会社の規模や方針などによっては、社長がすべてを掌握し、とくに管理者をおか ない場合もありますが、会社の規模が拡大したり組織化が進んだりした際に、片 腕となって組織運営を行い、会社の発展を共に目指してくれ [続きを読む]
  • 代理店経営に不可欠なこと
  • 保険代理店に必要不可欠なこと Ⅱ □経営計画の具体的な立て方 1.中期経営計画の必要性と策定手順 どんなに素晴らしい経営戦略を練り上げたとしても、それで満足してしまっては 意味がありません。 その戦略に沿って実際の行動に移し、目的を達成してこそ、それまでの分析 や施策が報われるのです。 建築に例えれば、完成後のイメージを表す完成予想図が経営目標に相当し、 建物の基本設 [続きを読む]
  • 営業力の再構築
  • 営業力の再構築 ■自社営業力を客観視する すべての会社にとって、「営業」がもっとも重要な機能のひとつであることはいうま でもありません。 自社の営業力を何とかして高めたいと考えている社長も多いでしょう。 ここでは、自社の営業力強化について、より体系的・網羅的に考えるためのポイ ントについて解説します。 1.自社の営業力 自社の営業力強化について検討する際には、まず「自社のめざ [続きを読む]
  • プレゼンテーション成功の秘訣
  • プレゼンテーション成功の秘訣 ■プレゼンの本質 ビジネスの世界においてプレゼンテーション(以下、プレゼン)の重要 性は疑う余地がありません。 顧客にとって本当に役に立つと思える内容を提案しても、プレゼンの方 法がまずければ受け入れてもらうことはできません。 また、プレゼンは顧客に対してだけに行うものではない。 部下から上司への業務改善に関するプレゼン、役員会での経営戦略に関 するプレ [続きを読む]
  • 社長に必要なコーチングスキル
  • 社長に必要なコーチングスキル ■コーチングとは ビジネスの分野で「コーチング」の重要性について取り上げられることが増えてき ました。 社長自らが専門家からコーチングを受けたり、社内全体に手法を導入しようという 動きも盛んです。 導入した会社の多くでは社員の自立性やモチベ−ション向上などの成果を上げ ています。 ここでは、社長自身が身につけておきたいコーチングスキルについて解説しま [続きを読む]
  • 業務改善の考え方と方法
  • 業務改善の考え方と方法 ■業務改善の成否は部門長(リーダー)次第 業務改善とは仕事の仕方を現在よりも好ましい方法に変えていくこと。 多くの会社ではさまざまなテーマで業務改善への取り組みが行われていますが、 活動が途中で頓挫したり、一時的な効果にとどまっているケースもみられます。 要因の一つに部門長(リーダー)の改善のためのノウハウやスキルが備わってい ないことがあげられます。 業務 [続きを読む]
  • 経営幹部(管理者)のための職務分担
  • 経営幹部(管理者)のための職務分担 経営者や経営幹部の方を対象として、経営幹部陣の生産性向上手法のひとつであ る、職務分担表の作成方法をご案内します。 ■役割分担が曖昧だから話が進まない 1.「わかっていないな」とぼやく前に 社員が各自の役割を認識できていること。 それが社長をはじめ経営幹部の認識と一致していること。 簡単なことのようですが、実際には互いの認識にギャップがあるこ [続きを読む]
  • コストダウンを考える
  • コストダウンを考える ■コストダウンとは 企業の業績が下がると、利益を上げる即効薬として「コストを下げろ、 コストを削減しろ」の大合唱が起こるものです。 しかし、かけ声だけのコストダウン活動では、大きな成果を期待する ことはできません。 コストダウン活動に取り組むためには、より組織的に、より科学的にね ばり強い活動を展開していかなければなりません。 1.コストダウンとは何か 企 [続きを読む]
  • 中小企業のブランドづくり
  • 中小企業のブランドづくり ■「モノづくり」から「ブランド(コト)」づくり 「よいモノをつくれば売れる」という時代は、もはや過去の話。 成熟社会の今日、世の中にはモノとしての(コモディティ)商品があふれている。 モノづくりのレベルはあがり、品質のよい商品を提供できる企業はたくさんある。 だが、単に品質がよいだけでは、消費者は「買いたい気持ち」にはならない。 日本の優秀なモノづくり大企業 [続きを読む]
  • 営業は科学
  • 営業は科学 今も、大多数の代理店がマンパワーに頼ったやり方を続けています。 代理店の多くは特定顧客との継続的な取引によって事業基盤を確保しています。 このこと自体は事業活動の効率化、営業基盤の安定化という側面から考えれば、 決して間違っているわけではありません。 いわゆる「選択と集中」という考え方からすれば、正しい事業活動であるといえる。 このような顔の見える相手を中心とした営業活動に「 [続きを読む]
  • 何処へ行くの?
  • 代理店にとっての顧客サービス ■何処へ行く? 様々な外部環境により代理店の進む道は決して平たんではない。 だが、その変化に対応している代理店の数はほんの一握りです。 自社(店)の改革が外部の変化についていけてるだろうか。 もう一度自社(店)の改革・改善が進んでいるかどうかをチェックしてみてください。 ・一人親方の体制を今も続けている ・スタッフはいるが組織化できず、業務全般は勘と [続きを読む]
  • リーダー(管理職)の役割と育成方法
  • リーダー(管理職)の役割と育成方法 ■部下が生き生きと働けるためには 管理職が果たすべき役割のなかでもっとも基本となるのは、あなたの部下たちが 積極性をもって生き生きと働くための雰囲気作りです。 管理職は、日々最前線で部下とともに戦っています。 その部下たちが生き生きした集団である場合と、管理職自身も含めた「やらされ 集団」である場合とでは、仕事の成果や部下たちの成長に大きな差が出 [続きを読む]
  • 代理店経営に必要不可欠なこと
  • 代理店経営に必要不可欠なこと ■代理店の経営に必要不可欠なこと 場当たりな経営から、羅針盤経営を着実に根付かせるためには、トップ自らが『事 業経営とは』を理解し、根気よく従業員に啓蒙していかなければならない。 1.経営計画の策定手順 ビジョンから中期・年度計画までの計画プロセスは、経営管理のサイクル(PD CA)の出発点になる基本的事項です。 個々の箱の中身は、流れの中で相 [続きを読む]
  • 総務部門のコスト意識
  • 総務部門のコスト意識 ■コスト意識の高い総務部が会社をまもる 経営の改善を考えるとき、経営者は売上を上げることのみ考えてしまう傾向があ るが、それと同じくらいに経費を下げる努力が必要です。 会社が消費している費用を一つひとつ見直して、いかに効率よく、いかにお金の かからないものにするか。 その小さな積み重ねが大きな金額となって返ってきます。 会社のなかで高いコスト意識をもつべき部門 [続きを読む]
  • 間接部門の目標管理
  • 間接部門の目標管理 ■目標管理の概要と導入状況 1.目標管理とは 目標管理とは、労働者各人に職務についての具体的な目標を設定さ せ、その達成度合いを評価する人事制度のことをいいます。 目標管理制度を導入するメリットとして、 ・従業員の自主的な業務への参加意識が高まり、モチベー ションが向上する ・上司との面接によって具体的な目標を設定することで、 所属部課の重点目 [続きを読む]
  • 建設業
  • 建設業建設業者の生き残り・勝ち残り策 ■公共工事の減少 公共工事は1999年度以降、一貫して減少傾向にあり、9年間で半分以下の水準 にまで減少した。 2008年度以降は景気刺激先としての予算追加等によりわずかに増加に転じまし たが、今後も大幅な回復は見込みにくい状況です。 一般的に、地方の建設業者は公共工事依存度が高く、公共工事の減少は経営 基盤を揺るがす大問題です。 それに加えて、知名度のあ [続きを読む]