HAMA さん プロフィール

  •  
HAMAさん: ユーモア川柳
ハンドル名HAMA さん
ブログタイトルユーモア川柳
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/hamatobirth
サイト紹介文笑うと免疫が高まり健康に役立つそうです。言葉との出会いを楽しみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/04/08 13:04

HAMA さんのブログ記事

  • ご訪問ありがとうございました。
  • 寒波来て寒波去りても介護かな母親の容態が思わしくなく、介護に時間が必要となりました。誠に勝手ながら、しばらくブログを休まさせて頂きます。今まで、ぎりぎりのラインでブログを継続していて、こちらからコメントできなくて、申し訳ありませんでした。皆さまのおかげで、愉しいブログを拝見できましたことを感謝致します。誠にありがとうございました。またブログを再開できました際には、宜しくお願い致します。それでは、GO [続きを読む]
  • ゴーヘイ鳥(ふくろう)
  • 梟の瞼の重きカフェの昼飛ぶ際ほとんど羽音を立てず、「ゴロスケホーホー」と低く太い声の鳥と言えば・・・・・・。「そうなんです山本さん」・・・フクロウです。フクロウを不吉な鳥とみなす所もあれば、知恵と技芸の象徴とみなす所もあるようです。さてさて、日本の笑話では、フクロウはどうみなされているのでしょうか?ゴーヘイ鳥あわて者の五郎兵衛が、大根を風呂敷に包んで、村境まで来た。頭の上の松の木の高い所から「ゴー [続きを読む]
  • 冬の海の光を感ず
  • 冬海の光はロケットの嘆き打ち上げが延期されていた、小型ロケット「SS520」4号機が今日午前に、鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたそうです。しかし、上昇中に不具合が生じ、打ち上げに失敗したようです。ロケットは太平洋の海上に落下したそうです・・・・・・残念!!冬の海の光を感ず遠くに冬の海の光をかんずる日ださびしい大波の音をきいて心はなみだぐむ。けふ沖の鳴戸を過ぎてゆく [続きを読む]
  • 積もった雪
  • 寒波きて道真公は絵馬をみる時として、詩人の視点に思わず、はっとします。今、到来している大寒波によって、大雪になって大変な目に遭っている方々も多いことでしょう。雪かきご苦労様です。私が雪かきをするめに遭ったら、雪が憎くなりそうです。そういう時は俳句を詠むことにします・・・・・・。こちらは、寒いのですが、晴れていて雪の気配が今のところありません。しかし、夜になると、雪に変わるかも知れません。童謡詩人の [続きを読む]
  • 地球があんまり荒れる日には
  • 窓外は白一色や大寒波今年は寒の入りが、1月5日なので、5日が寒太郎、8日が寒四郎、そして、13日の今日が寒九郎で「寒九」と言います。「寒九」の雨は、豊作の兆しとして、農家では喜ばれていたそうです。今日のこちらは快晴で、こちらの農家の方はがっかりしているかも知れません。しかし、北国では今シーズン最強の大寒波が猛威を振るい、大変なことになっています。その大寒波のピークが、明日、明後日で、大学受験のセン [続きを読む]
  • 寒い夜更けに
  • 温泉のごとく熱燗たりしかな今シーズン最強の寒波の影響がとんだところに出たようです。それは、衛星用としては世界最小級のロケット「SS520」4号機の打ち上げを、強風のため14日以降に延期した。その強風の原因が最強の寒波にあるらしいのです。悠長なことは言っておれませんが、何はともあれ、こんな寒い夜には、私は熱燗が一番です。あつあつのおでんやうどんも、大歓迎です。寒い夜更けに寒い夜更けにうどんを食べたみんな黙 [続きを読む]
  • 五右衛門風呂底板踏みて霙きく村上春樹氏の新作タイトルは、「騎士団長殺し」であるようです2月24日に発売されるそうです。なんでも・・・今シーズン最も強い寒波の影響で、北日本では、11日から13日にかけ、「冬の嵐」になるらしいです。こちらは、霙か、雪になるのかな・・・・・・。風邪を引かないようにしなければ。霙まづ火屋を 研ぎすませ古い油をすて精製された美しい 油を みたせ芯を一文字に切れ燐光の青さを  [続きを読む]
  • 月の悲哀
  • 遠き日のナウマン象や冬の月月の起源・・・・・・。有力説は、地球に火星サイズの天体1個が衝突したことにより形成されたという「ジャイアントインパクト説(衝突起源説)」だそうですが、この説が事実ならば、月の成分の5分の1は地球派生で、残る5分の4は衝突した天体の物質ということになりますが、実際には、地球と月の成分構成はほぼ同一であり、これは同説の支持者らを長く困惑させてきた矛盾点だったそうです。1回の大 [続きを読む]
  • 藪の子
  • 数の子の粒の数ほど人の愛今日は成人の日ですが、昨日の成人式で新成人が暴れて、式が台無しになったところもあったようです。今日が成人式であるところも多いでしょう。良い思い出だできる式であって欲しいものです。ところで、縁起物の「数の子」は、今では年末の半値でスーパーで、売っているようです。昔は、年末でも店頭にバケツ一杯の数の子が、売られていたようで・・・・・・。数の子の好きな方は、今が買い得のようです。 [続きを読む]
  • 寒のあめ
  • 寒四郎に雨ど派手な新成人明日が成人の日ですが、所によれば、今日に成人式が行われるようです。今日のこちらはしぼしぼ雨です。寒四郎の雨です。寒四郎は、晴れればその年は豊作と言われたそうで・・・・・・。今年はやばいですね・・・また異常気象なのかな???波乱含みの雨ですが、今年が豊作であることを祈るのみです。寒のあめしぼしぼ雨に日ぐれの雨に、また灯のつかぬ、街燈がぬれて、きのうの凧はきのうままに、梢にたか [続きを読む]
  • 智恵子と遊ぶ
  • セイウチに鳥の遊ばれ冬の海鳥類で遊ぶのは、カラスであると聞いたことはあるのですが、なんでも、セイウチは遊び好きな動物だそうです。哺乳類のイルカや犬、猫あたりは、遊びそうだと言われても、納得するのですが、セイウチがねえ・・・意外ですよね。でもまあ、昆虫とか魚とか、遊んでいるものがいるかも知れませんね。多分、そんなことを本格的に研究した人はいないのではないでしょうか?ちなみに、セイウチのオスもメスも鳥 [続きを読む]
  • 速いお辞儀
  • 新年のお辞儀に鴉嗤ひけり一月は六日にもなれば、いつもの日常に近づきます。新年の挨拶も行われ、お辞儀をすることも多いのが今頃です。この「お辞儀」、いつから日本では慣習になったのか?慣習ってものは怖いもので、やってる本人は違和感はないのですが、まったく関係ない第三者がみると、滑稽に映ることもあるでしょう。そのうちの一つが「お辞儀」なのかも知れません。さて、中国の笑話に、「速いお辞儀」というものがありま [続きを読む]
  • 二十億光年の孤独
  • 初夢の旅は三十億光年「高速電波バースト(FRB)」???2016年に米ニューメキシコ州にある望遠鏡で観測された「高速電波バースト」は、地球から約30億光年の距離にある小型の銀河(わい小銀河)から発せられた可能性が高いらしいのです。*と言われれましても、ちんぷんかんです。高速電波バーストは、人の目には見えないフラッシュ現象であり、ほんの一瞬の現象だが、1000分の1秒間に放射するエネルギー量は、太陽放 [続きを読む]
  • 蛸と海老の丈競べ
  • 四日にもなれば少しは笑わねば今日のこちらは、小春日和です。風は冷たいですが、もうそこに春が来ているようです。しかし、春が来るには、まだまだ月日が必要です。今日から仕事始めの方も、たくさんいらっしゃるでしょう。さてさて、今年はどんな年になるやら・・・ですね。トザイ,トーザイ、今日は、ばかばかしい笑話を一席。蛸と海老の丈競べ海老が蛸に、お前たちの仲間の一番大きいものと、自分たちの仲間の一番大きいものと [続きを読む]
  • 時は逝く
  • 三日はや走者の下る箱根山今日のこちらは小春日和です。大変気持ちの良い三日です。お正月と言えば、箱根駅伝ですが、昨日の往路は青山学院が制し、今日の帰路もほぼほぼ、青山学院の勝利となりそうです。私の冬休みも今日で終わりで、明日は仕事始めです。年が明けたかと思いきやもう三日目とは・・・・・・。時は確実に逝っています。時は逝く時は逝く、赤き蒸汽の船原の過ぎゆくごとく、穀倉の夕日のほめき、黒猫の美しき耳鳴り [続きを読む]
  • 鳶凧
  • 鳶凧の滑空文楽のかしら昔は、子供たちにとって、お正月といえば、お年玉、凧揚げ、独楽回し、羽根つき、歌留多が定番だったと思うのですが・・・・・・。今は三が日に、凧揚げや独楽回しをしている子供たちを、町の住宅街で滅多に見ることがありません。今は昔の凧が、ドローンになってしまったのかな???でも、まだまだ凧揚げで遊んでいる子供はいるはずです。鳶凧桑の畑で鳶凧ア逃げた麻の紐切つて山の方へ逃げた。弟と一しょ [続きを読む]
  • お正月だから
  • 青空の底へと初春まずは来る明けましておめでとうございます皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします新年早々、こちらは晴れていて、気持ちの良い元旦を迎えることができました。本年も宜しくお願い致します。お正月だからお正月だから うれしくてみかんが さんぽに行ったとさ。ころころ ころがって行ったとさ。お正月だから うれしくておもちも さんぽに行ったとさ。てくてく あるいて行ったとさ。たんぼの小道で であっ [続きを読む]
  • ありがとうございます
  • 大晦日鳥の声にも一礼すどうにかこうにか、一年間無事に、完走できました。ありがとうございます。ご訪問して頂き、ありがとうございます。今年も無事に大晦日を迎えています。きっと良い年を迎えることができます。本当にありがとうございました。ありがとうございますじぶんというものについてむがくでホンもよめなくてほんとになにもしらない かにもしらないことだけは しりすぎているそれがひとさまとオレとのおおきなちがい [続きを読む]
  • 刃物を研ぐ人
  • 凍て空や包丁を研ぐ人のゐてもう大掃除や正月の飾りつけも済まれ、新年を迎えるのみという方もいらしゃるでしょうが、今日が正月の飾りつけという方も多いことでしょう。「おとうさん、包丁の刃を研いどいて」などと言われている殿方や、日曜大工のノコギリやノミの刃を磨いている方、はたまた、先祖代々伝わっている「刀」の手入れをされている方もいらしゃるかも知れません。何はともあれ津々浦々、皆さま良い年をお迎えください [続きを読む]
  • 冬椿
  • 五年ぶり相も変らぬ冬椿昨夜にまた茨城県北部で震度6弱の地震がありました。大きな被害はなかったようなので、ひと安心ですが、今年は、熊本や鳥取で大地震があり、あらためて、日本は地震大国であることを思い知らされます。さて、冬休みに帰郷される方も多いことでしょう。久しぶりに帰ってみると、街が変わっていることがあります。「あれっ、ここにこんな建物あったかな?」「あれっ、ここのお店新しくなってる」「あれっ、こ [続きを読む]
  • 寒鴉
  • 寒鴉不動明王一喝す枯れ木に鴉は付き物ですが、冬の鴉を見ていると、遊びを忘れた鴉に見えて、鴉の鋭い眼は、現代に必死に生きている人間の眼を彷彿させます。戦争、テロ、自殺、ハラスメント、虐待、いじめ、等々、冬の鴉の漆黒が、人間の世の闇を象徴しているかのようです。来年こそは、この闇が薄れることを望むのですが・・・来年も闇は消えることはないでしょう。仮に、ロボット社会になった時に、「遊び」を忘れた人は、冬の [続きを読む]
  • 氷雨
  • 古里に近づくころは氷雨かな今日のこちらは、雨です。今夜から「氷雨」になりそうな雲です。なんでも、スウェーデンで、氷上ゴルフを楽しんでいる一人が、池の氷上のボールを打つと、滑って、氷を叩いてしまい、氷が割れて、池に落ちるという間抜けで笑えることを、やってのけたそうです。命は助かったので、めでたし、めでたしですが・・・世のなか、いりいろな人たちがいるものです。氷雨氷雨が 村を濡らして すぎ北に 雲は象 [続きを読む]
  • 水仙の花
  • 水仙の花は閻魔の置き土産今日のこちらは、曇りです。今にも雨が降ってきそうです。クリスマスも終わり、町の今朝は、何んとなく静まり返っていましたが、年末年始へと早変わりしそうな雰囲気です。冬休みで、時間を持て余しているのでしょうか?子供たちが自転車で闊歩しています。そんな街の周辺には、ちらほら「水仙の花」が咲き始めています。これから寒い時期なのですが、「水仙の花」は、春の到来の予兆を感じさせてくれます [続きを読む]
  • 靴下
  • 靴下の綻び直す聖夜かなさてさて、今日はクリスマスです。世の子どもたちにサンタクロースはプレゼントを届けたのでしょうか?靴下を用意して寝た子たちも多いことでしょう。でもその靴下の底が、抜けていたら・・・サンタさんのプレゼントは・・・・・・。安心して下さい。サンタさんはきっと優しいので、プレゼントを置いておきますよ。ということで、中国の笑話に「靴下」というのがあります。底の抜けた靴下は実は・・・・・・ [続きを読む]
  • クリスマスの夜
  • クリスマスの真夜に聖者の足音今日は、クリスマスイヴです。各地でクリスマスのイベントもたくさん行われていることでしょう。ラジオからは、クリスマスソングのオンパレードです。さてさて、詩人の目はクリスマスの夜をどう捉えていたのでしょうか???クリスマスの夜わたしはマントにくるまつて冬の夜の郊外の空気に身うちを洗ひ今日生れたといふ人の事を心に描いて思はず胸を張つてみぶるひしたーー彼の誕生を喜び感謝する者が [続きを読む]