岡田正一 さん プロフィール

  •  
岡田正一さん: 男2人、27年 〜Forever Companion〜
ハンドル名岡田正一 さん
ブログタイトル男2人、27年 〜Forever Companion〜
ブログURLhttp://otoko2008.blog15.fc2.com/
サイト紹介文男2人、一緒に暮らして早27年。男2人ゆえに苦労したこと、楽しかったこと、そして、これからのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 362日(平均0.4回/週) - 参加 2008/04/08 22:29

岡田正一 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 相方だけが心の支え
  • 今年に入ってから、母の容態が悪かったため2か月もの間、ブログ記事を書く余裕がありませんでしたが、その母がとうとう先週末に亡くなり、先日、葬式を終えて母を安らかに見送りしました。この歳になっても母親の死はこたえるようで葬式を終えた後でも、時おり涙がこみあげてくることがありました。母が亡くなった今、これからの人生は相方だけが心の支えです。相方への思いはより強くなりました。ブログランキングに参加中!↓よ [続きを読む]
  • 入院していましたが手術も無事終了して、昨日、退院致しました。
  • 手術するために、約10日間ほど入院しておりましたが、先日、胃静脈瘤のカテーテル処置(BRTO)を無事終えて昨日、退院致しました。家に帰って来てベッドに腰を降ろしたときようやくほっとしました。どんな手術にもリスクがあるようにこの手術にもいろんなリスクがあり手術前にリスクに関する説明を受けた時は不安でいっぱいでした。無事終えることができて、本当にほっとしています。手術の間、ずっと付き添っていてくれた相 [続きを読む]
  • もしかしたら残された人生は、もうあと2年もないかもしれない。
  • 先日、胃カメラ検査で胃に静脈瘤ができているのがわかりました。脂肪肝による肝硬変が理由だそうです。実は私は25歳のころは、とてもスリムな体型でした。そのころに比べると、一時は30キロ以上も体重が増加していました。今は、健康に気を付けてダイエットしそこまで増加していませんが、20代のころの体重に比較して25キロ以上増加していると健康上危険と言いますからそれが原因のようです。どうも生活習慣に問題があった [続きを読む]
  • もしも自分の方が相方より先に亡くなることになったなら・・・・
  • これまではずっと自分の方が、いつかひとり遺されることになるだろう。そう思っていました。でも、わからなくなりました。というのは、最近になって、時々、腹痛がするようになり食事がすすまない時があるのです。それが、だんだんと頻繁になってきたので9月20日に胃カメラ検査をすることになりました。自分の体の調子のことは、自分が一番よくわかるというけれどもしかしたら、胃腸が大変なことになっているような気がします。 [続きを読む]
  • 僕の相方は肥満体そして障害者、そんな彼氏をもつ僕は、もしかして変態??
  • 初めて会った時から、僕の相方は目が円く、顔も丸く、おなかも丸く、いわゆるデブでした。そんな相方をCUTEに感じて出会って1か月で一緒に暮らし始め早くも、もう30年が過ぎようとしています。相方は肥満体のせいで、当然のごとく糖尿病になり、今では、障害者となり、おまけに60をゆうに超えた老人に。そんな相方を今でもCUTEに感じて相変わらず一緒に暮らす僕は変態でしょうか??この間、街を歩いていたら丸々と太 [続きを読む]
  • 観てきました「人生は小説よりも奇なり(Love Is Strange)」。
  • 大阪でも上映されていましたので観てきました。ゲイ映画「人生は小説よりも奇なり」は、39年連れ添った男ふたりの物語、この映画は、30年連れ添った僕たちふたりにも共通する話題ばかり。「年金問題」「不動産」「老後の問題」「職場のストレス」ゲイが生きていく道は険しい。男性同士の結婚が認められている国でもそうでない国でも、ゲイが生きていく難しさは何も変わらない。この映画のキャッチフレーズ「本当に大切なものは [続きを読む]
  • ゲイを見分けられる男性はゲイ??
  • 平凡な男性よりゲイの方がはるかにセクシー!?テレビを見ていても、街を歩いていてもセクシーな男性を見かけることはよくあることですが・・・・なぜ、セクシーな男性にはゲイが多いのでしょうか??「この男性、かわいいなあ!」と思ったら、たいていゲイであることが多いです。どうしてゲイだってわかるのかって??ストレートの男性とか、女性には、疑問に思われるかもしれませんがゲイならば、たいていの場合、男性を見たらそ [続きを読む]
  • ゲイであることを隠さないで生きていく勇気を持ちたい。!!
  • 「二人は養子縁組しているんです。」生保レディーにそう言ったとき、レディーの表情は変わるだろうと思っていた。ところが、彼女の表情は何一つ変わらなかった。「それがどうしたの??」といった感じだ。生命保険の死亡時の受取人はすべて相方に変えたつもりだった。ところが先日、すでに加入している保険を整理していたら、年金保険だけが死亡時受取人が実母のままになっていたので、受取人の変更をしたいと保険会社に連絡したの [続きを読む]
  • ごくごく普通の平凡な1日
  • 相方は、今日は午前中、整形外科へ通院。相方は、いくつもの医院を通院しています。心不全は労災病院、糖尿病はN市のA糖尿病内科院、糖尿病が原因で併発したいくつもの傷病の一つでもある歩行困難の治療には、A市のK整形外科医院、糖尿病なら必ず受診するように言われる眼科は自宅近くのS眼科医院そして、頻尿が原因で受診している泌尿器科医院です。これだけの病院を毎月、それぞれ1回以上通院しているわけです。これだけの [続きを読む]
  • 過去の記事 …