ミカハン さん プロフィール

  •  
ミカハンさん: miccaの三日三晩
ハンドル名ミカハン さん
ブログタイトルmiccaの三日三晩
ブログURLhttp://miccamiban.exblog.jp/
サイト紹介文チーズとワインと海外旅行
自由文ヨーロッパのチーズを中心に食材探し。のんびり、ゆる〜く、なんとなく。
アンド、シュノーケル大好きなシュノーケラーのビーチリゾートな日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/04/10 22:26

ミカハン さんのブログ記事

  • そんなに気にしない方だけど、これは、さすがにショックだった・・・
  • 4月の人事で、同じ部署に異動になったオジさま。数年前に定年を迎えられ、嘱託社員となられたオジさま。面識がないオジさまでしたので、初めまして、でした。オジさまが異動してきて数日間、あまり会話をしなかったので、おそらく、私との会話の糸口を何にも思いつかなかった結果だと思うのだけど。。。「もしかして、miccaさんて、ボクと同年代?」あの・・・、アタシ、40代前半なんですけど・・・「だよね!そんなハズないと [続きを読む]
  • ぷにぷにのペライユ
  • 南西フランスと言えば、これを買って来てもらいたいですね〜。ペライユですー。生産地は、アヴェロン県。アヴェロン県の大スターと言えば、ロックフォール。かつては、ロックフォール製造用に羊さんのミルクを売って生計を立てている酪農家さんも多かったそうで、ロックフォールを作る季節が終わった後、細々と作っていたのが、ペライユなんですね〜。農家製と工場製があるのですが、農家製のペライユは買えなかったようで、今回は [続きを読む]
  • 気まぐれじゃない!カプリス・デ・デューの美味しさ
  • にゃお氏の出張シーズンが始まり、最初の行き先は、南西フランスでした。久しぶりに買って来てもらったのは、「神様のきまぐれ」と言うネーミングのチーズ。天使の絵がキュート。2個買って来てもらって、ジロールをお借りしたご近所さんにお礼に1個お裾分け。賞味期限が2週間後と言う事で、半額の赤札が付いていたので、1個1.5ユーロ(^^♪白カビさんのチーズは、賞味期限ギリギリが好みの熟成具合なので、ちょっと早いかな。チ [続きを読む]
  • ヴァッシュラン・フリブルジョワのアルパージュ
  • 頂いたスイスのチーズで、テット・ド・モワンヌと同じくらい嬉しかったのが、ヴァッシュラン・フリブルジョワ。日本では、なかなか買えませんー!しかも「アルパージュ」の文字。夏季に、高地への移動放牧期間中に、搾乳されたミルクのみを使って、山小屋で造られるチーズを「アルパージュ」と呼ぶのですね。「アルパージュ」のチーズは、ミルクを殺菌しない、無殺菌乳ですので、味わいが複雑で深みがあります。セミハードタイプの [続きを読む]
  • テット・ド・モワンヌをジロールでグリグリする
  • にゃお氏の元同僚がスイスに住んでいて、帰省のお土産にチーズを3種類買って来てくれたそうなのである。うっっそーーーー!テット・ド・モワンヌだ〜〜〜!こちら、ジロールと言う器具で、ジロール茸のように、ヒラヒラに削って食べるチーズ。その器具が無いと、楽しさ、味わいが半減しちゃうため、自宅では食べる事が出来ないので、ワタクシの憧れのチーズなのであります。ジロールがないと、オハナシにならないチーズなのですが [続きを読む]
  • 鯖寿司と共に京都を去る
  • 今回のテーマ「寿司の起源に触れる」の最後は、鯖寿司?京都駅伊勢丹の地下で買って、帰りの新幹線で食べよう〜。「あぶり!」もぅ、食べる前から「美味しい!」って言っちゃう!大阪 柿千の鯖棒鮓京都の千鳥酢を使っているのだそう。円やかな酢飯〜。岡もとで頂いた鯖寿司にはかなわないけど、どちらも、美味しかった〜。鯖寿司 LOVE ?デザートに。仙太郎「うぐいす餅」「あぶり団子」香ばしくて美味しい〜。阿闍梨餅は、自宅に [続きを読む]
  • 京都旅 八ッ橋を買わない訳にはいかない
  • 八ッ橋が大好きなのである。何かと、頂く事が多い、京都土産の最高峰。貰えば、必ずや嬉しい、一人で一箱をペロリ切ってしまう。八ッ橋が大好きなのである。聖護院で買おうと決めていました。丁度、本店の前を通ったので、行ってみます。カッコイイ佇まいでしたー。あれこれ試食をさせてもらって、アレコレ買いました。餡が入っていない、皮オンリーが好きです。抹茶とニッキの詰め合わせ新作「山椒」風味の餡。おおお!!ニッキと [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「朝のお勤めと比叡山の朝食」
  • ロテルド比叡に宿泊して、一番良い特典は、コレかも!比叡山延暦寺「根本中堂」での朝のお勤め体験毎朝行われる勤行に参加できると言うもの。朝6:30、ホテルの送迎バスにて、比叡山延暦寺へ向かいます。昨晩、少し雪が降ったようで、うっすらと白い世界になっていました。キーンと冷たい空気がお寺の荘厳な雰囲気と相まって。より一層、ピリッと引き締まる気分になりました。ホテルが用意してくれたブランケットに包まって、根 [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「発酵ガストロノミーのディナー」
  • ディナーの始まりにワクワクです。ちょっとしたトラブルがありまして、食事のスタートを切った頃には、夜のとばりが。シャンパーニュをグラスで。大手ですが、初めましてのメゾン。イースト香がしっかりと解りました!「湖からの美食フレンチ」、氷魚やウナギ、大イワナなど、琵琶湖の湖水魚の前菜。美しくて、繊細で、和のフレンチで、重くない〜。そして、そして。この1品がきっかけで、今回の旅を計画しました。『フランスと近 [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「お茶とワインのセミナー」
  • ロテルド比叡では、アクティビティが用意されていました。まずは、『近江ほうじ茶の発酵利き茶体験』発酵の度合いによって、味わいってこんなにも違うのね〜。半発酵は、紅茶のような風味。発酵したものは、ウーロン茶のような風味でした。ホテルのショップで近江茶を買い求めましたー。缶がキュートなので、飲み終わったら、何かに使いたいけど、一体何に使う?お茶のセミナーが行われたサロンでは、アフタヌーンティーを楽しめま [続きを読む]
  • 京都旅 ロテルド比叡に泊まる
  • 北山界隈を散策して、ホテルに戻り、チェックアウト。荷物を預かってもらって、三十三間堂を拝観しに行きました。ハイアットのすぐ隣でしたので、行きたい!修学旅行で来たと思ってたけど、来てなかったみたい。あの本堂を拝観して記憶に無いはずないものね、きっと今回が初めて。来てよかった。感動した!★★★次なる宿泊地へ向かいます。京都駅から送迎バスに乗り込み、40分ほど。ロテルド比叡に到着です。送迎バスで7〜8組 [続きを読む]
  • 京都旅 古田織部を買ふ
  • 「しののめ」でじゃこ山椒を購入した後、にゃお氏が行きたがっていた古田織部美術館歩いて10分ほどの所にあったので、行ってみました。図録で観た事がある器がそこにある。本当に実在してるんだ〜と不思議に思えてしまった。ミュージアムショップでは、レプリカが売られていたのですが、ズキューーーンと来ちゃった子がいた様子。興奮気味に「ボク、コレ欲しいんだけど、買っても良い?」おずおずとアタシの顔色を伺って来ました [続きを読む]
  • 京都旅 じゃこ山椒を買ふ @しののめ
  • ワタクシ、京都旅に来るまで、「じゃこ山椒」「ちりめん山椒」なる物を知らなかったんです。JR東海でもらった京都のミニガイドブックで見て、初めて知りました!なので、京都駅付近のデパートで購入しようかと思ってました。前の晩、岡もとさんで食事をした際、常連さんで京都人の方がいらしたので、オススメを聞いてみました。そして、教えてもらったのが、こちらです。北山駅から少し歩くのですが、のんびりプラプラ。本当にある [続きを読む]
  • 京都旅 日本料理の技と知恵 @佳肴 岡もと
  • 京都では、雅な日本料理を食べたいッ!京都に数多ある料理屋さんから1軒を選ぶのって大変!今回の旅のテーマは、「寿司の起源に触れる」なので、「鯖寿司」が食べられて、ホテルから歩けるところを探しました。ミシュランの1つ星に輝いています☆予約してなかったら、ぷらっと入れない雰囲気。カウンター8席のお店で、この日は満席でしたので、ぷらっと入る勇気があっても席に付けませんでしたね。まずは、ビールを頂きました。 [続きを読む]
  • 京都旅 重森三玲庭園美術館
  • 東福寺の庭園を作庭された重森三玲氏の邸宅を訪れました。どうしても観たい物があったんです〜。こちらです!!なんて美しいんでしょう。わたしもにゃお氏も市松模様が大好きなんですが、それだけじゃない、この波型が斬新でカッコイイ。お庭は、海岸線、島々を模しているそう。こちらのライトは、なんと〜、イサム・ノグチのデザイン!茶室に市松模様の襖がありました。こちらの見学は、予約制で11時、14時からの見学でした。各回 [続きを読む]
  • 京都旅 中村軒deブランチ
  • 京都へ行って来ました。よく考えてみると、小学生の頃家族旅行で1回、中学校の修学旅行で1回。計2回しか行った事が無かった。もう、コレは、初めての京都と言っても過言じゃない。なので、とっても楽しみでした。新幹線での旅行も久しぶりなのでワクワク。ホントに近いね。あっという間に到着〜。早速、ブランチを食べに行きます!京都駅からバスで20分ほどの所にあります中村軒です。明治37年に建てられたと言う、渋い佇まいで [続きを読む]
  • 3週間で2回風邪ひいた
  • 先月の下旬、扁桃腺がぽっこり腫れました初めてだったので、ビビリました1日でポリープが出来ちゃったのかと思いましてすぐさま病院へ行って、10日分の抗生物質を処方してもらいました飲み切って数日後、「のど痛い・・・」うそでしょ、と思いました。そんな立て続けに病むなんて。普段、風邪をひいても、1日丸々寝てれば、大体治っちゃうのに、のどが痛くなってから、3日たっても全然回復しないもので、再度病院に行ってみま [続きを読む]
  • やっとアリゴー!
  • 昨年、買って来てもらったのに、作ってなかったアリゴ。まぁね、レトルトですしね、全然期待してませんでしたー。それでも6ユーロってなかなかのお値段だけど。レトルトの粉末と牛乳と水で混ぜてこねるだけ。なのに面倒くさい気持ちが。。。^^:賞味期限が近付いて来てたので、やっと作ってみることに。封を開けた瞬間に、レトルトの香り。。。ジャンクフードの臭い・・・まぁ、でもね、憧れのアリゴらしい伸びを見せてくれて「 [続きを読む]
  • 産業遺産の鋸山
  • 鋸山に登って来ました。南房総は、よくドライブに出掛けるので、下から見ては、迫力に圧倒されていました。車力道を行きます。房州石(金谷石)と呼ばれる石材を切り出した山なのです。山頂にある採石場から、切り出した石を「ねこ車」に載せて、麓まで運ぶ。それは、女性の仕事だったのだそうです。一日に3往復したと言うのですから、重労働です。石を運ぶ道「車力道」には、ねこ車の車輪の跡が残り、ここで働いていた女性たちの [続きを読む]
  • 甘い&しょっぱいの揚最中 @中里
  • にゃお氏がお土産で買って来てくれた和菓子。揚最中ですって〜。ゴマ油で揚げた最中でアンコを挟んだモノ。イイ塩梅のしょっぱさと甘いあんこがたまらないわ〜。揚げた最中の触感も初触感!南蛮焼おぐら餡とうぐいす餡を1個づつ結構大きくて、分厚くて、食べ応えありまくり!皮に沖縄産の黒糖を使用しているそうで、すっごく香りがたってます。そして、この皮が、もっちりふわふわで美味しい!期間限定のうぐいす餡は上品な甘さで [続きを読む]
  • きりたんぽセット&ぎばさどっさり
  • 先日、にゃお氏の実家の秋田から、きりたんぽセットが届いた〜りんご、ぎばさ、新茶なども入ってました。秋田のリンゴもめちゃ美味しいです。セリ、ごぼう、マイタケまで入って、すぐにきりたんぽ鍋が出来ちゃうセットで。セリが、嬉しい!!関東では、痛みやすい根っこは、切られちゃいます。義妹は、我が家のきりたんぽ名人なのだけど、「セリは、根が美味しいのよ」との事。セリの根っこを食べるなんて知らなかったです。きりた [続きを読む]
  • ワインセラーを買ふ
  • 遂に買ったっちゃ!にゃお氏が前々から欲しいと言っていたのだけど、我が家には高級ワインはストックしていないので、必要ないと、言い続けていましたー。それが数ヶ月前、違う角度で攻めて来たんです。「ボク、適温でワインが飲みたい」つい気を許してしまいました。「保管の為でなく、飲み頃の温度をキープする為」と言われたら、一撃で「よっしゃ!買おう!」と、陥落してしまいましたー。飲む温度、本当に大事。冬の室温だと12 [続きを読む]