ミカハン さん プロフィール

  •  
ミカハンさん: miccaの三日三晩
ハンドル名ミカハン さん
ブログタイトルmiccaの三日三晩
ブログURLhttp://miccamiban.exblog.jp/
サイト紹介文チーズとワインと海外旅行
自由文ヨーロッパのチーズを中心に食材探し。のんびり、ゆる〜く、なんとなく。
アンド、シュノーケル大好きなシュノーケラーのビーチリゾートな日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/04/10 22:26

ミカハン さんのブログ記事

  • 大阪旅 粉もんが食べたい〜
  • 先日、1泊で大阪に行って来ました。にゃお氏が大阪で仕事があり、わたしも大阪に用事が出来たので、日程を合わせて便乗旅行としました。わたくし、初めての大阪なんですーー!超楽しみでした!にゃお氏は、仕事へ向かい、私は、用事の時間まで少しあったので、たこ焼きを食べになんばへ向かいました。食べたかったのは、こちら。あべの たこ焼き やまちゃんイートインスペースで早速!トッピングゥなどが無い、一番スタンダードな [続きを読む]
  • 大失敗のダックワース
  • 久しぶりにティラミスを作りたい〜。イタリアで食材を買って来てもらいましたが、マスカルポーネだけ買えず。ポルトガルでマスカルポーネを買って来てもらいました。↑ 待ちきれずに、既にマルサラはチビチビと食後酒に飲み始めていました。いつも、卵白を泡立てて、メレンゲにして加えていましたが、本場の公式レシピでは、卵白は入れないとの事。でも、卵白だけ残っても使い道に困ってしまうので、入れていたんです。すると、卵 [続きを読む]
  • スティルトン X ポート = 完璧
  • 我が家の三大酒精強化ワインたち。ポート、マルサラ、シェリーです。久しぶりのポルトガルで、ポートを仕入れてもらいました!ポートと言えば、合わせたいチーズは、イギリスのスティルトン。好気性の青カビさんは、袋から出すと、イキイキとして来ます。パセリ状の青カビさんが万遍なく入っていて、とってもキレイです。スティルトンは、青かびさんがキツくなく、塩味も穏やか、そしてナッツの様な香ばしさがあるので、ポートが合 [続きを読む]
  • テティージャ de ピザ @家〜ランチ会
  • スペインで買って来てもらったチーズ達?テティージャを使って、ピザにしてみました。優しい味わいのテティージャでのピザもなかなか良かったです。我が家にお子様が3人も来てくれて、何を作ろうか、悩んだけれど、このピザは正解だったかも〜。食べてくれて嬉しかった。パタタス・ブラバスのソースは、シェリービネガーとパプリカパウダーの辛口を使って。ちょっと辛めなので、大人用に。おこちゃまは、そのまま。友人達は、アイ [続きを読む]
  • 憧れのUNICO
  • 憧れのワインを、遂に、買ったっちゃ!スペインのトップワイナリーのうちの一つ、ベガ・シシリアのUNICOです〜〜♪よくぞ、我が家に来てくれました!ワインセラーを購入すると、高級ワインを買いたくなる、って本当ですね。安心して寝かせておけると思うと、思い切って買ってしまいました。気の長い話だけど、5年先のケッコン20周年の日に飲もうと目論んでいます。にゃお氏がスペインで購入したので、日本で買うよりもはるかにお [続きを読む]
  • やっちまった2連発
  • 車に関する事で、立て続けに、やっちまった・・・・まず、一つ目仕事がない日は、ヨガへ行くのだけど、その日も、いつもと同じ道を通り、そこに「一時停止」がある事は判っているけれど・・・住宅街の中の「一時停止」一時停止線が、かなり手前にあるので、そこで停まっても、見通しが悪くて、見えないので、減速しながらチョロチョロチョロっと前に出てしまった。「ハイハイハイ、そこの車、停まりなさい」がーーーーん!結局、ヨ [続きを読む]
  • イタリアからの手紙
  • 先日、郵便ポストにエアメイルが届いていました。にゃお氏からの絵葉書でしたが、次の出張へ出掛けている最中でしたので、「ん?早々に絵葉書出してくれたの?」と、思ったら、先月のイタリアからでした。日付を見ると、一カ月近く前。こういう時間差、味がありますな〜。丁度、本人が不在にしている時に届いたので、なんかだか、嬉しかったな〜。二つ折りになっていて、裏面にギッシリ、イタリアで食べた美味しい物のハナシが書い [続きを読む]
  • ペコリーノdeアマトリチャーナ
  • にゃお氏が中部イタリアへ出張に行くというので、久しぶりにアマトリチャーナを作りたくて、ペコリーノを買って来てもらいました。本当は、「ペコリーノ・ロマーノ」をリクエストしたのだけど、買えなかったようで、小さな村の小さなチーズ屋さんで地元のペコリーノを買って来てくれました。長期熟成した物なので、旨みが凝縮されていて、香りが濃い〜です。アマトリチャーナに合うのは、ロングパスタなのか?ショートパスタなのか [続きを読む]
  • フルーティーなコンテとフランス土産
  • 大好きなコンテは若い熟成の物を買って来てくれました。「BIO」のほうから開けてみます。むむむ(^^♪フルーティーでナッツの香りがして、とっても美味しい!ホクホクのしなやかさ。やっぱりコンテ、美味しい。タイプ55の小麦粉と全粒粉カスレを作りたいな〜と思って、白インゲン豆。左:大好きなカオール品種は、マルベック。ブラックワインと呼ばれていた色の濃い〜ワインです。ピンク色の包み紙にくるまれて、キュートです。真ん [続きを読む]
  • キノコのかほりの向こう側
  • 「白カビチーズ」の最高峰は、「カマンベール・ド・ノルマンディー」だと言えましょう。にゃお氏がおフランスで買って来てくれたのは、こちら。あーー!!カマンベール・ド・ノルマンディーじゃないじゃーん!どうやら、どどーんと書かれている「BIO」の文字に惑わされてしまったようです。ワタクシが作成するお土産リストと言う名の「指令書」その通りにオツカイが出来るにゃお氏なのに、珍しい。「カマンベール・ド・ノルマンデ [続きを読む]
  • そんなに気にしない方だけど、これは、さすがにショックだった・・・
  • 4月の人事で、同じ部署に異動になったオジさま。数年前に定年を迎えられ、嘱託社員となられたオジさま。面識がないオジさまでしたので、初めまして、でした。オジさまが異動してきて数日間、あまり会話をしなかったので、おそらく、私との会話の糸口を何にも思いつかなかった結果だと思うのだけど。。。「もしかして、miccaさんて、ボクと同年代?」あの・・・、アタシ、40代前半なんですけど・・・「だよね!そんなハズないと [続きを読む]
  • ぷにぷにのペライユ
  • 南西フランスと言えば、これを買って来てもらいたいですね〜。ペライユですー。生産地は、アヴェロン県。アヴェロン県の大スターと言えば、ロックフォール。かつては、ロックフォール製造用に羊さんのミルクを売って生計を立てている酪農家さんも多かったそうで、ロックフォールを作る季節が終わった後、細々と作っていたのが、ペライユなんですね〜。農家製と工場製があるのですが、農家製のペライユは買えなかったようで、今回は [続きを読む]
  • 気まぐれじゃない!カプリス・デ・デューの美味しさ
  • にゃお氏の出張シーズンが始まり、最初の行き先は、南西フランスでした。久しぶりに買って来てもらったのは、「神様のきまぐれ」と言うネーミングのチーズ。天使の絵がキュート。2個買って来てもらって、ジロールをお借りしたご近所さんにお礼に1個お裾分け。賞味期限が2週間後と言う事で、半額の赤札が付いていたので、1個1.5ユーロ(^^♪白カビさんのチーズは、賞味期限ギリギリが好みの熟成具合なので、ちょっと早いかな。チ [続きを読む]
  • ヴァッシュラン・フリブルジョワのアルパージュ
  • 頂いたスイスのチーズで、テット・ド・モワンヌと同じくらい嬉しかったのが、ヴァッシュラン・フリブルジョワ。日本では、なかなか買えませんー!しかも「アルパージュ」の文字。夏季に、高地への移動放牧期間中に、搾乳されたミルクのみを使って、山小屋で造られるチーズを「アルパージュ」と呼ぶのですね。「アルパージュ」のチーズは、ミルクを殺菌しない、無殺菌乳ですので、味わいが複雑で深みがあります。セミハードタイプの [続きを読む]
  • テット・ド・モワンヌをジロールでグリグリする
  • にゃお氏の元同僚がスイスに住んでいて、帰省のお土産にチーズを3種類買って来てくれたそうなのである。うっっそーーーー!テット・ド・モワンヌだ〜〜〜!こちら、ジロールと言う器具で、ジロール茸のように、ヒラヒラに削って食べるチーズ。その器具が無いと、楽しさ、味わいが半減しちゃうため、自宅では食べる事が出来ないので、ワタクシの憧れのチーズなのであります。ジロールがないと、オハナシにならないチーズなのですが [続きを読む]
  • 鯖寿司と共に京都を去る
  • 今回のテーマ「寿司の起源に触れる」の最後は、鯖寿司?京都駅伊勢丹の地下で買って、帰りの新幹線で食べよう〜。「あぶり!」もぅ、食べる前から「美味しい!」って言っちゃう!大阪 柿千の鯖棒鮓京都の千鳥酢を使っているのだそう。円やかな酢飯〜。岡もとで頂いた鯖寿司にはかなわないけど、どちらも、美味しかった〜。鯖寿司 LOVE ?デザートに。仙太郎「うぐいす餅」「あぶり団子」香ばしくて美味しい〜。阿闍梨餅は、自宅に [続きを読む]
  • 京都旅 八ッ橋を買わない訳にはいかない
  • 八ッ橋が大好きなのである。何かと、頂く事が多い、京都土産の最高峰。貰えば、必ずや嬉しい、一人で一箱をペロリ切ってしまう。八ッ橋が大好きなのである。聖護院で買おうと決めていました。丁度、本店の前を通ったので、行ってみます。カッコイイ佇まいでしたー。あれこれ試食をさせてもらって、アレコレ買いました。餡が入っていない、皮オンリーが好きです。抹茶とニッキの詰め合わせ新作「山椒」風味の餡。おおお!!ニッキと [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「朝のお勤めと比叡山の朝食」
  • ロテルド比叡に宿泊して、一番良い特典は、コレかも!比叡山延暦寺「根本中堂」での朝のお勤め体験毎朝行われる勤行に参加できると言うもの。朝6:30、ホテルの送迎バスにて、比叡山延暦寺へ向かいます。昨晩、少し雪が降ったようで、うっすらと白い世界になっていました。キーンと冷たい空気がお寺の荘厳な雰囲気と相まって。より一層、ピリッと引き締まる気分になりました。ホテルが用意してくれたブランケットに包まって、根 [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「発酵ガストロノミーのディナー」
  • ディナーの始まりにワクワクです。ちょっとしたトラブルがありまして、食事のスタートを切った頃には、夜のとばりが。シャンパーニュをグラスで。大手ですが、初めましてのメゾン。イースト香がしっかりと解りました!「湖からの美食フレンチ」、氷魚やウナギ、大イワナなど、琵琶湖の湖水魚の前菜。美しくて、繊細で、和のフレンチで、重くない〜。そして、そして。この1品がきっかけで、今回の旅を計画しました。『フランスと近 [続きを読む]
  • ロテルド比叡で楽しむ「お茶とワインのセミナー」
  • ロテルド比叡では、アクティビティが用意されていました。まずは、『近江ほうじ茶の発酵利き茶体験』発酵の度合いによって、味わいってこんなにも違うのね〜。半発酵は、紅茶のような風味。発酵したものは、ウーロン茶のような風味でした。ホテルのショップで近江茶を買い求めましたー。缶がキュートなので、飲み終わったら、何かに使いたいけど、一体何に使う?お茶のセミナーが行われたサロンでは、アフタヌーンティーを楽しめま [続きを読む]
  • 京都旅 ロテルド比叡に泊まる
  • 北山界隈を散策して、ホテルに戻り、チェックアウト。荷物を預かってもらって、三十三間堂を拝観しに行きました。ハイアットのすぐ隣でしたので、行きたい!修学旅行で来たと思ってたけど、来てなかったみたい。あの本堂を拝観して記憶に無いはずないものね、きっと今回が初めて。来てよかった。感動した!★★★次なる宿泊地へ向かいます。京都駅から送迎バスに乗り込み、40分ほど。ロテルド比叡に到着です。送迎バスで7〜8組 [続きを読む]
  • 京都旅 古田織部を買ふ
  • 「しののめ」でじゃこ山椒を購入した後、にゃお氏が行きたがっていた古田織部美術館歩いて10分ほどの所にあったので、行ってみました。図録で観た事がある器がそこにある。本当に実在してるんだ〜と不思議に思えてしまった。ミュージアムショップでは、レプリカが売られていたのですが、ズキューーーンと来ちゃった子がいた様子。興奮気味に「ボク、コレ欲しいんだけど、買っても良い?」おずおずとアタシの顔色を伺って来ました [続きを読む]