kobitoku さん プロフィール

  •  
kobitokuさん: こびとく日誌
ハンドル名kobitoku さん
ブログタイトルこびとく日誌
ブログURLhttp://yaplog.jp/kobikutu/
サイト紹介文靴をつくりながら考えたこと。晴耕雨読な日々のこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/04/11 05:56

kobitoku さんのブログ記事

  • 時代はコードレス
  • 騙し騙し使っていた掃除機がついにボタンを押してもウンともスンとも言わなくなった。ちょうど10年目か・・・(10年間お掃除不要は嘘でした→*)仕事上、掃除機はないと困るので買いました。憧れのコードレス〜かねてより掃除機のあのデザイン、なんとかならないものかと思っていました。昔から変わらないあの引き摺るデザイン。雑なこびとくは掃除機を何度も壁にぶつけて傷だらけに。仕事場のコンセントは手を伸ばしにくいところ [続きを読む]
  • 石垣の博物館
  • 早朝、ちょこっと金沢城の城郭の外を散歩しました目的はこのすばらしい石垣巡り金沢城は「石垣の博物館」と呼ばれているそうですブラタモリで知りましたこの角のところだけピシッと直線的なのがすごい刻印のある石もたくさんありますこの前、早川の石切場でお会いしたおじさんが金沢城に行ったらぜひ見ろと言っていたのがこれのことうずまきの刻印カワイイ石材の見本や石垣の模型など解説付きで見られるようになってますこれなんか [続きを読む]
  • 実家で障子貼り
  • 昨年、一人暮らしだった母を神奈川に呼び寄せたので金沢の実家は現在空き家です。ということで親家片(おやかた・親の家を片付ける)帰省。仏間の破れた障子がいかにも空き家然として見えてしまうので張り替えることにしました。障子ってすごいね。濡らして数分おけば紙が剥がれる。水で剥がれるというのが偉い!!貼り直すことを前提にした、剥がしやすい接着。わたしの仕事では靴底は剥がれては困るわけで、接着力の強い接着剤探 [続きを読む]
  • 甲州アルプス
  • 湯ノ沢峠からの南大菩薩を歩きました大蔵高丸〜ハマイバ丸〜大谷ヶ丸〜滝子山〜初狩駅秀麗富士は一度も拝めず終始、霧の中静かな山歩きでした(鳥の声はいっぱい)お花畑ですずらん、ヤマツツジの色濃く、初めてのクリンソウも湯の沢峠(1640m)までタクシーで登ったのでこれはもう"登山"というより"下山"カケスの羽根を拾いました山梨県甲州市東部にある、鶏冠山から滝子山までの2000m級の南北の山の連なり(大菩薩小金沢連嶺)は20 [続きを読む]
  • 須走から湯本50K2017
  • 今年もやってきました。富士箱根トレイルトレイル入口のお宅のおじさんに昨年同様記念撮影をしてもらうどこまで?ってきかれて「湯本まで」と答えると「えっ、箱根の湯本?!」とお決まりの反応wこの場合はやはり「駿河小山」とか「明神峠」と答える方が話は簡単のよう。途中は振り返ると何度も富士山。サンショウバラはかなり散ってしまっていた。ハルゼミも鳴き始めていた。それでも鳥のさえずりはいっぱい。キビタキとかクロツ [続きを読む]
  • 補修シート
  • ザックに穴補修することにしましたナイロンに接着剤がついていて貼るだけ裏は大きめに貼りました裏と表の両方に補修シートを貼って完了なかなか上手くいったので今度はくつ下用こちらはアイロンで接着するみたい裏返して補修布(ジャージのような素材)を中温のアイロンで接着洗っても取れないくらいの接着力ありそう生地が薄いのでしばらくしたら破れるかもだけど穴が開きそうだな〜というときの補修には良さそうもうちょっとは長 [続きを読む]
  • 初夏の箱根で 
  • サンショウバラが咲いていました!精進池のはまだの様子独特の光沢の蝋細工のようなウマノアシガタ(別名キンポウゲ)どこにでもあるニガナ登山道の脇は黄色の花で彩られてました青空と緑と黄色い花 心躍りますミツバウツギなるほど葉っぱが三つ葉ツクバネウツギあとニシキウツギもたくさん見た(赤と白の二色の花が咲く)ハコネウツギは実は箱根には少ないというウワサ鳥は・・・ヤブサメ、ツツドリ、ホトトギス、センダイムシク [続きを読む]
  • 箱根湯本からぐるっと宮城野
  • 6時50分 箱根湯本駅スタート誰もいない湯坂路をずんずん進みます鳥の声がいっぱいですごい、すごい!元箱根セブンでアイス休憩地元のおじさんに「どこまで行くの?」と聞かれ、仙石原までと答える本当の目的地を言うと説明が面倒だから芦ノ湖畔遊歩道をひたすら進む湖尻水門からはゴルフ場の中のサイクリングロードあまりに暑くてハンカチで即席の二等兵帽をこしらえ装着日焼け止め塗り直しでUVカット矢倉沢登山口ローソンでサン [続きを読む]
  • シジュウカラもしくはヤマガラ
  • 先日、畦ヶ丸で拾った羽根。60mm。以前拾ったカシラダカの羽根に似ていたのでとっさにカシラダカ!!と思ったけどカシラダカは冬鳥で5月末にはいないと思われ・・・。黒っぽい感じがシジュウカラなのかなぁ〜ヤマガラかもしれない。大きさからヒガラは違うかな。ゴジュウカラは色が違う。ところで図鑑だとシジュウカラ15センチ、ヤマガラ14センチ、ヒガラ11センチ、エナガ14センチとあるが鳥の全長は尾の先端までを指すので尾の長 [続きを読む]
  • 天城縦走路・八丁池ピストン
  • 午前7時半前、天城高原ゴルフ場スタート  今年はシャクナゲの当たり年ときき期待のっけからミツバツツジとヤマツツジの共演です万二郎岳から万三郎岳に向かう途中で見晴らしのいい岩がある綺麗だけど実は高所恐怖症・・・ビビってる前方にそびえるのが万三郎(1405m)ところどころにミツバツツジの紫が見える シャクナゲのピンクも見えてるのかなようやくシャクナゲ登場思わず歓声!花付きすごいです!白いのや淡いピンクのや濃い [続きを読む]
  • 無事終了しました!
  • アトリエkikaさんでの『夏のサンダル+夏の帽子』は無事終了しました!お天気も連日よくてたくさんの方々にみていただけて良かったです。鎌倉駅からはちょっと遠いのだけど、それでもわざわざお出かけいただき本当にありがとうございました。誰とも会わず、もう猫もいないのでひとりきり、引きこもって黙々とつくっているばかりなので期間中にいろんな人とお話したりするのはこびとくにとっては夢のような時間。そんな時間はあっと [続きを読む]
  • 残り二日
  • 昨日はちょこっとだけ雨雨の鎌倉もいいものです通勤で履いてきたサンダルは少し濡れましたが履きながらつくっているので履けばわかってもらえるかな〜とどうぞお試しになってみてくださいね今日も明日も12時半〜17時半までオープンしております! [続きを読む]
  • 畦ヶ丸
  • 展示期間中ですが思い切ってお休みいただいて野鳥の会メンバーと畦ヶ丸へ曇りでも新緑はとってもキレイシロヤシオ咲いていました!葉っぱが5枚なのが特徴ね散った花が地面に散りばめられているのもすてきでしたミツバツツジとの共演もヤマツツジのオレンジもきれいだったなぁ前回同様、本棚の滝にも圧倒されるこのコースは東海自然歩道です→*三年前よりずいぶんと道標が新しくなってコースもわかりやすく繁殖期なのでさえずりも [続きを読む]
  • むぎカフェ
  • 『夏のサンダル+夏の帽子』アトリエkikaにて引き続き開催中でございます火水木はこびとく不在になりますが木曜ならご連絡いただければ参上します店内に貼られたこのポスター、話題の中心となっていますこちら鎌倉二階堂が舞台の『ツバキ文具店』ドラマに登場する「むぎカフェ」がアトリエkikaなのです!このエメラルドグリーンのドア、このアプローチ!!ドラマの中でこのドアが開くとドキンとしますしかし、ドアの中はkikaのイメ [続きを読む]
  • にぎやかに
  • 『夏の帽子+夏のサンダル』初日は平日にも関わらずたくさんのお客さまが!賑やかに過ごしました二日目の今日はサンダル日和例年ならまだ素足だと寒いのだけど今年は大丈夫今回の玲子さんのケーキは三種のチェリーのココアロールです!フレッシュのアメリカンチェリー、フランス産グリオットチェリーのさっと煮、そしてコアントロー漬けチェリーの3種類をキルシュを効かせた生クリームで巻いてあるそう(こうやって書いてるだけで [続きを読む]
  • 鼻緒
  • 足底パッドを購入してみました足の鼻緒部分につけるだけで効果があるというとりあえず試していますで、鼻緒です今年は鼻緒のサンダルを多めにつくってみました理屈抜きで気持ちいいなぁ〜と思ってアトリエkikaさんでの『夏のサンダル+夏の帽子』は明日からオープン!どうぞよろしくお願いします(まだ作ってまーす!) [続きを読む]
  • 夏のサンダル+夏の帽子2017
  • 「夏のサンダル+夏の帽子」始まります!5月19日(金)〜5月28日(日)(期間中無休)12時30分〜17時30分鎌倉市二階堂91 アトリエkikaにて0467-24-7025鎌倉駅より京急バス(東急ストア横4番乗り場)「大塔宮」行き、終点下車すぐ。時刻表はこちら→*徒歩だと駅から25〜30分。お車の場合は鎌倉宮の有料駐車場(1時間¥450土日は500)をご利用いただくか周辺のコインパーキングをご利用ください。今年で18回目。帽子作家・大蔦久美 [続きを読む]
  • 中山道の宿場町
  • 二日目は朝から雨。チェックアウト前に旅館のロビーで観光ガイドのチラシを見ていたら『日本一の宿場町』という文字が目に入った。中山道 奈良井宿全然知らない宿場町の名前だった。塩尻市とあったので帰り道だ。寄ってみるかと軽い気持ちで立ち寄る。なかなかどうして立派な宿場町だった。飛騨高山より好きかも。この奈良井宿は中山道六十九次540キロの中でちょうど真ん中にあたるという。日本の宿場町では最長の1キロに渡って町 [続きを読む]
  • 秘湯へ
  • 今回の旅でお世話になったのはこちらの旅館。旧安房峠をくねくね登った先に予想を上回る立派な建物でした。できれば焼岳登山がしたいなぁと登山口に近いこちらを予約したのだけどまだ残雪がいっぱいだし、天気も二日目は崩れるとこのとで登山は断念。夏にまた来られたらいいなぁ。もっと質素な宿を想像していたのに夕食もきれいに盛り付けられたお料理が用意されており、お品書きには岩魚押し寿司、稚鮎南蛮漬け、鴨鍋などおいしそ [続きを読む]
  • 氷壁・魚津と小坂の歩いた道(上高地に行ってきました)
  • 自宅を午前3時半前に出発宿泊予定の旅館には7時半前に到着。8時発の旅館のシャトルバスで上高地入りです。歩き始めてすぐにいきなりの穂高連峰どーん!!小説の中と地図でしか見たことなかった前穂、奥穂、ジャンダルム、西穂がずらり目の前に。立ち止まっては同じような写真を何枚も何枚も撮りまくる。でも写真よりは実物ですよ。実物!!河童橋からは梓川の右岸を進みました。こちらの方が距離は長いけれど湿原があり左岸よりも [続きを読む]
  • 湯本からぐるっと湯本(ワープ編)
  • 午後9時過ぎ箱根湯本駅スタート!夕方までの雨は止んで、星も見え始め、空気はクリアに。江ノ島も見える★フクロウの声やトラツグミの悲しげな声がしていた。幾度となく、昼も夜も来ている箱根外輪山なのでだいぶん道も覚えた。暗くてもこの先がこういう風になってて・・とわかるようになってきた。去年→*を参考に夜は冷え込むな〜と思ってた。案の定、登るにつれ風が冷たくなってくる。途中ハプニングで1時間ほど停滞もあり。4 [続きを読む]
  • 知りたい!鳥の声の魅力
  • 少し前のことですが鳥の声に関する講演を聞きに行ってきました→『知りたい!鳥の声の魅力〜鳥の声から学ぶ私たちの環境〜』講師の松田道生氏のお話はとてもわかりやすく、楽しく鳥の声について学べました。もう一ヶ月も前のことなのでブログに書くには記憶も薄れ・・・セミナー中にメモしたことだけここにメモします●なぜ夜明け前に鳴くか?風がない。空気が冷えているため音が遠くまで響くから。猛禽類がまだ活動していないから [続きを読む]
  • 湯本to箱根町2017春
  • 毎年恒例の春の箱根外輪山湯本to箱根町35K   2015 4時間10分 2016 4時間5分 2017 4時間1分前日放送していたブラタモリで知りました火山の噴火で山体崩壊したのが見て取れる神山、冠ヶ岳がいびつなのは崩壊の痕跡だったんだ去年、一昨年より一週遅くてマメザクラも終盤でしたがキレイ日が陰ると結構寒くて小さくてふわふわのブラシ、ハルトラノオを今年もみっけエンレイソウも。ヤマルリソウやクサボケも。ブナの芽吹きはこれ [続きを読む]
  • 畑宿から飛龍ノ滝・千条ノ滝
  • 野鳥の会メンバーさんと畑宿スタートで箱根の滝めぐり前回は9月でした→*山の斜面にポコポコと桜色ハコネマメザクラは爛漫に前日朝の雨のせいか滝に向かう登山道も水浸し水量多めかな?滝の手前でミソサザイの声滝の目の前も涼しかったけど滝から離れてから上の登山道の方がひんやり確か階段状のキツイ登りがあったなぁと思い出す上りの最後、湯坂路入り口手前のところでした鷹ノ巣山を下るとき正面に大山が見えるのに気づくガイ [続きを読む]
  • 氷壁読了、ミヤマとは・・・?
  • 井上靖『氷壁』を読み終える。後半も地図を広げながら読んだ。とにかく第十章を繰り返し読んだ。魚津、人生最後の登山となった裏穂高登攀。ルートはこの通り。7/12 滝の多い滝谷へ入り、まずは雄滝から登攀開始。10:40雄滝、12:00ナメリ滝、14:20頃からガスが出始める 15:30雪渓を登り詰める。ガスはより濃厚に。このとき魚津はD沢の長い不機嫌な容姿に眼を投げていた。気難しい表情の山容という表現もしている。その場所がこの地 [続きを読む]