kobitoku さん プロフィール

  •  
kobitokuさん: こびとく日誌
ハンドル名kobitoku さん
ブログタイトルこびとく日誌
ブログURLhttp://yaplog.jp/kobikutu/
サイト紹介文靴をつくりながら考えたこと。晴耕雨読な日々のこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/04/11 05:56

kobitoku さんのブログ記事

  • 知りたい!鳥の声の魅力
  • 少し前のことですが鳥の声に関する講演を聞きに行ってきました→『知りたい!鳥の声の魅力〜鳥の声から学ぶ私たちの環境〜』講師の松田道生氏のお話はとてもわかりやすく、楽しく鳥の声について学べました。もう一ヶ月も前のことなのでブログに書くには記憶も薄れ・・・セミナー中にメモしたことだけここにメモします●なぜ夜明け前に鳴くか?風がない。空気が冷えているため音が遠くまで響くから。猛禽類がまだ活動していないから [続きを読む]
  • 湯本to箱根町2017春
  • 毎年恒例の春の箱根外輪山湯本to箱根町35K   2015 4時間10分 2016 4時間5分 2017 4時間1分前日放送していたブラタモリで知りました火山の噴火で山体崩壊したのが見て取れる神山、冠ヶ岳がいびつなのは崩壊の痕跡だったんだ去年、一昨年より一週遅くてマメザクラも終盤でしたがキレイ日が陰ると結構寒くて小さくてふわふわのブラシ、ハルトラノオを今年もみっけエンレイソウも。ヤマルリソウやクサボケも。ブナの芽吹きはこれ [続きを読む]
  • 畑宿から飛龍ノ滝・千条ノ滝
  • 野鳥の会メンバーさんと畑宿スタートで箱根の滝めぐり前回は9月でした→*山の斜面にポコポコと桜色ハコネマメザクラは爛漫に前日朝の雨のせいか滝に向かう登山道も水浸し水量多めかな?滝の手前でミソサザイの声滝の目の前も涼しかったけど滝から離れてから上の登山道の方がひんやり確か階段状のキツイ登りがあったなぁと思い出す上りの最後、湯坂路入り口手前のところでした鷹ノ巣山を下るとき正面に大山が見えるのに気づくガイ [続きを読む]
  • 氷壁読了、ミヤマとは・・・?
  • 井上靖『氷壁』を読み終える。後半も地図を広げながら読んだ。とにかく第十章を繰り返し読んだ。魚津、人生最後の登山となった裏穂高登攀。ルートはこの通り。7/12 滝の多い滝谷へ入り、まずは雄滝から登攀開始。10:40雄滝、12:00ナメリ滝、14:20頃からガスが出始める 15:30雪渓を登り詰める。ガスはより濃厚に。このとき魚津はD沢の長い不機嫌な容姿に眼を投げていた。気難しい表情の山容という表現もしている。その場所がこの地 [続きを読む]
  • ツバメ初認そしてオオジシギの驚愕の渡り
  • 昨日、近所で今シーズン初のツバメを目撃!今年は遅いのかなぁと思ったけどそうでもなかった→去年は4/13です先週のハセツネ応援で武蔵五日市で見かけているのでもっと早くから飛来しているのかもしれないけれど今年も湘南エリアでは4/10くらいからの目撃情報が多そう。とりあえず山には来ていて、昨日の晴天でよし、巣作り始めようって気持ちになったらしい。ところで昨日知った新たな事実。オオジシギという鳥がいるのですがその [続きを読む]
  • 氷壁
  • 今日も雨。晴耕雨読といこう。井上靖『氷壁』を半分くらい読み終える。昭和30年代のストーリーである。魚津と小坂の二人の登山家は年末年始を利用して前穂高東壁登攀を計画する。登攀途中でザイルが切れ、小坂は滑落死することとなる。ストーリーや小説のモデルについてはこちらのサイトが詳しいのでよろしければごらんください→*ちゃんと山と高原地図にも「氷壁」の舞台と記載あり。実はGWに上高地への旅を計画していたのでアク [続きを読む]
  • かりんとう侍
  • 中島要『かりんとう侍』読了。ペリー来航、安政地震があった幕末が舞台。旗本の次男坊、雄征はお酒は飲まず、甘党。高級な和菓子よりかりんとうが好き。「ささや」のかりんとうを心より愛している。優柔不断で押しが弱く、いいところといえば二枚目なとこだけ・・・芸者の鶴次の情夫になっている。もちろん武士らしい一面もあるのだけど刀は腰に差していても人を斬ったことはない。仕事もなくてフラフラただようのみ。できることと [続きを読む]
  • ハセツネ30応援&金比羅山
  • 今年のハセツネ30Kは林道法面の崩落などにより17Kに短縮されました。わたしは今年もエントリーせず、応援に。スタートを見送ったらゴールまでの間は時間があります。さて、どうしようかな〜レースが短縮されてなければ日の出山まで行こうかとも思ってたけど17キロだと時間がない。なのでちょこっと金比羅山までハイキングすることにしました。ハセツネコースの脇にある金比羅公園展望台から先に進んでみました。武蔵五日市の街が見 [続きを読む]
  • 最近のおやつ
  • わたしのおやつの師匠、なかしましほさんのスマイルビスケットのレシピをアレンジ。なたね油をココナツオイルに代えて作ってみた。直径5.5センチのスコーン型で抜くとやや大きすぎてかわいくない。スマイルもなし。小麦粉60グラム 全粒粉60グラム 塩ひとつまみ ココナツオイル大さじ2 メイプルシロップ大さじ1.5~2(これだとまとまらなくてもうちょい入れる) 100均でビスケット型をみつけたので気を取り直してもう一度。少しは [続きを読む]
  • 椿茶
  • 少し前の話になりますが。3/11にラン仲間が『勝手にチャリティーマラソン』を呼びかけしてくれました。どこでも好きなところを好きなだけ走って、マラソン大会に出たと思ってその出走代金をどこか震災関連の事業に募金しようという提案。わずかな距離ですがわたしも走ったのでエントリー費分をどこに募金しようかと考えました。で、募金ではなくこちらを購入することにしました。椿茶です。三陸の野生の椿の葉80パーセントと岩手県 [続きを読む]
  • アオジのさえずり♪
  • 今朝のランニングのゴール地点の神社の境内にて。ストレッチして帰ろうと思ったら聞きなれないさえずりが聞こえた。『お嬢さん、お待ちなさい♪』ちょっとホオジロに似たような複雑なさえずりの声???お腹が黄色いのが見えた。下から見上げるしかないから鳥の全体像がつかめず。でもアオジかな〜と。さえずりナビで検索して声をきいたらアオジで正解実は初めて聞いたのです。アオジはこの辺りにいるのは冬限定でもうじき山に帰っ [続きを読む]
  • 襲われたシロハラ
  • 朝ラン中に発見グレーぽいのやちょっとオリーブぽいのありがちな地味めの特徴なさそうな羽根が散乱尾羽や風切羽でシロハラとわかりました尾羽に白斑があるのが一番の特徴シロハラは地面で落ち葉をひっくり返したりしているから襲われることが多く、よく羽根が拾えるよと以前きいていた割には拾うことは少なくて、近所ではむしろヒヨドリの羽根をみつけることが多い。それは数が圧倒的に多いからだと思うのだけど。数が多くて、地面 [続きを読む]
  • ツグミは柿色
  • 城ヶ崎海岸までの遊歩道で拾った羽根。大きさ、色などからアカハラ?シロハラ?ヒヨドリ?ツグミ??ツグミの尾羽のようです。図鑑に載っている尾羽は拾った羽根と違って茶色い部分がないのだけど『個体によっては茶褐色や赤褐色が混じることも』と記載あり。解説欄には『大形ツグミ類の中ではわかりやすいパターンの色と模様だが、個体差が多く、別種に見えるような羽根もある』とも書いてある。なんと!ツグミって色や模様に個体 [続きを読む]
  • 伊豆高原駅から城ヶ崎海岸
  • 野鳥の会メンバーさんと「鳥と花のウォーキング」今月は3年ぶりの城ヶ崎海岸。2013年→*  2014年→*さて今年はどうでしょう?前日の冷たい雨のあとですっきり晴れ上がった朝、海へ向かう川沿いの遊歩道でウグイスやらジョウビタキ、ホオジロなどなど元気に活動。最近にしては珍しく出だしから盛り上がる。そしてお約束の吊り橋。定員20人。本日の参加者20名でギリでした。結構揺れるんです、ココ。噴火による溶岩流が海水に流 [続きを読む]
  • 沼津でフォトロゲ♪
  • ちょうど1年前、沼津でフォトロゲでした。今年ももちろん、沼津でフォトロゲ♪スタート前、地図が配られ大事な作戦会議のその瞬間に相棒は「ちょっとトイレ」だと。で、ルートはわたしに一任・・・前回と同じようだとつまらないし〜と考え、山はやめて遠くの浜辺に向かうルートにすることに。いや〜ここまで遠かったです。でも思ったより時間が早かったので山行けるかもしんない。いや、無理ぽ。とにかく行けるとこまで行ってみよ [続きを読む]
  • 出張みやげ(ケルン地方)
  • 夫の出張みやげのドイツのビール&グラス。ケルンの地ビールはフルーティでとても美味しかった。ドイツはビールがおいしいってきくけど本当だった。ケルシュビールについて調べてみたらシュタンゲ(stange)と呼ばれる200mlの薄手のグラスに注がれることや、お店ではコースターでグラスに蓋をしない限り永遠におかわりが続くというわんこビール状態なことを知った。このシュタンゲに注ぐとすごくきれいに泡が立ってより一層おいしい〜 [続きを読む]
  • 金比羅尾根〜馬頭刈尾根
  • フルマラソン終わってロード練習とはオサラバじゃ〜   ということで武蔵五日市駅午前8時半スタート ハセツネコース逆走2時間でまずはこの山(相当頑張って登った)次は御岳山に向かいます。参道の雰囲気いいよねぇハセツネ石碑の先でレースコースをはずれロックガーデン(岩石園)へ。今までずっと珍しい岩石が置かれた庭園があるのだと思ってた。ああ、勘違い。水際のすてきな散策道でした。苔のついた石、滝、渓流の鳥、ここ [続きを読む]
  • いかにゴールするかではなくどうやってスタートラインに立つかだ
  • マラソンの練習に関してはいろんな人がブログでも詳しく書いているし、ましてやマラソンレースの経験の少ない(まだ3回)わたしが書いてもなぁと思ったけど静岡では目標達成できたし、同じくらいの走力の人の参考になればと思いやっぱり書いておきます。練習プランはMY ASICSにおまかせ。MY ASICSのプランは『AT理論に基づき少ない練習量でより高い効果ができるようにプログラミング』されています。わたしが5ヶ月で走ったのは48 [続きを読む]
  • 静岡マラソン♪
  • UTMFが不完全燃焼で終わった直後、勢いでエントリーした静岡マラソン。今回も練習プランはMY ASICSさんに丸投げ。「きつめ」「週二回」「これまでのベスト4時間2分」「本番は3/5(準備期間5ヶ月)」「年齢&性別」を入力すると3:54:56という予想タイムが出ました。よし!目標は3時間55分切り、グロスでもネットでもサブ4達成しよう!!と12月のITJ終了以降はロード練にシフトして頑張ってきたつもり。冬のマイナス気温の朝ラン、 [続きを読む]
  • ウェーブエアロ14
  • ロード用のランシューを新調しました!右ウェーブエアロ13 左ウェーブエアロ1423センチ 170g履き古したのはずいぶん横に広がっているその前はウェーブエアロ11を履いていて内側のミズノのロゴマークが土踏まずの支えになってる気がしたけど13にはそれがなくなってて、でもそれが14では復活底のパターンは全く同じでした初フル2012年の富士山マラソン前に購入したウェーブエアロ11。かかりつけのスポーツ整形の先生に太鼓判を押し [続きを読む]
  • ウグイス初音&ウミアイサ
  • 昨日の朝ラン、鎌倉山付近でホーホケキョ♪先週水曜も同じコースだったけどチャッチャッという地鳴きだった。金曜、日曜、火曜は違うコースだったけどまだ聞こえなかった。ということで鎌倉付近は3/1がウグイス初音。朝ラン時の気温、同じ3度でも二月と三月ではなんか違う。そんな春のはじまりの日でした。ところでウミアイサです。2/12七里ヶ浜ビーチを散歩中に海上に時々潜水をしている鳥発見。きっとカンムリカイツブリだ!と双 [続きを読む]
  • 石と貝のお話
  • 早川駅から一夜城を越えて歩いたのはこれのため↓石と貝は全くリンクしていないのだけどどちらもこびとくの興味のある分野です。まずは『石展』について概要はこちら→*神奈川県の石材について取り上げています。県内や伊豆半島の山にしばしば行くようになって知ったのは石切場(石丁場)が多いということ。主に江戸城の石垣のための石丁場である。全て人力で切り出し、それを山から降ろして運ぶという事実に驚かされるのだけど、 [続きを読む]
  • みかん小屋
  • 『石展』のことをまとめようと思ったけどその前に『みかん小屋』をご紹介します!早川から入生田への道すがら、目に留まったのがみかん畑に佇む小屋の数々。特に入生田側の小屋の風情がとてもいい。屋根の上の窓は換気のためでしょうか?みかんを貯蔵するための小屋のようです。朽ち果てたようなものもまた良し。なんとも言えぬ色合い。赤い屋根カワイイ。屋根に明かりとりの天窓あり。斜面を上手く利用した建て方。これなんか住め [続きを読む]
  • 早川から入生田へ 
  • 入生田にある生命の星・地球博物館での『石展』がもう終了してしまう〜ということで行ってきました。お天気もいいことだしレース前だしウォーキングで。早川駅スタート!のどかな農道をぐいぐい標高を上げていく。みかん畑の向こうに箱根の山。一応小田原ウォーキングマップを手に歩いていたけどいらないくらい要所要所に案内看板あります。気づけばもう一夜城本丸に到着。ここからは小田原城も見えてます。本日は双眼鏡持参でよく [続きを読む]
  • 日の出は加速する!
  • 毎週水曜日の鎌jogという名の朝ラン。仲間と一年以上続けています。いつも同じ時間に家を出て七里ヶ浜で仲間と落ち合う。先週はお休みしたので今朝は2週間ぶりでした。そうしたら時間間違えちゃったかと思うくらいに太陽がすでに昇ってた。2週間前も日の出が早くなったなぁと実感してたけど今朝はそれ以上。↑上2/22、下1/25です。1ヶ月でこんなに変わった。それにしても日の出の時間が加速してる?って疑問に思ったので調べて [続きを読む]