SOSEGON さん プロフィール

  •  
SOSEGONさん: SOSEGON魂
ハンドル名SOSEGON さん
ブログタイトルSOSEGON魂
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sosegon226/
サイト紹介文お気に入りの「名曲」を紹介しています。毎週日曜日にはPerfumeが登場します。
自由文J-POPからROCK、JAZZ、CLASSIC、LATINまで、あらゆるジャンルの「名曲」を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2008/04/13 08:42

SOSEGON さんのブログ記事

  • 「A.G.I.T./Suchmos」
  •  アルバム『THE KIDS』(通常盤) SPACE SHOWER MUSIC PECF-3174 国内盤 2017年 参考価格 2,700円(税込) ★アルバム詳細去年の春に Suchmosの記事 を書きました。まだ、あまり名が売れていないバンドでしたが、1年で激変ですね。「STAY TUNE」 が車のCMに起用されたことで、一気に注目が集まり、ファースト・アルバムも売れているようです。彼らが賢いのは、70年代、80年代のハード・ロックやファンク、ジャズなどのいちば [続きを読む]
  • 「奇跡は努力の報酬です!」
  • ■Image人生における最終目標は何でしょう?『幸せになること』なるほどねぇ〜。でも、そう思っている人は、なかなか幸せにはなれないかもしれません。というのも、幸せは結果的にそうなるのであって、目標の達成があっての幸せなんです。つまり、もっと具体的な目標をあげることが必要なんです。たとえば、『サッカー選手になる』、『アイドル歌手になる』、『父親のあとを継いで医者になる』、『愛する人のお嫁さんになって、家 [続きを読む]
  • 「SURPRISE! ビビアン・スーのセルフカバー」
  • ■Black Biscuits以前、マイ・トピックスでも語ったことがあるんですが、僕は気に入った食べ物を見つけると、スイッチがオンになって、毎日のように食べ続けてしまうという癖があります。困ったものでそれは、飽きが来るまで、2週間でも2ヶ月でも続きます。自分でも、もう少しペースを落として食べていれば、短期間で飽きることもないとないと思うのですが・・・・・・・。これまでにハマった食べ物をいくつか紹介すると、井村屋の [続きを読む]
  • 「クローズ・アップ 〜 サミー・デイビス Jr.+ブラス・ロック」」
  • 本日は、アメリカの黒人歌手で、世界のエンターテイナー、サミー・デイビス Jr さんと、70年代に一大ムーヴメントとなった ブラス・ロック をクローズ・アップいたます。今回久しぶりに彼の歌声を聴いて、後世に名を残す人の迫力に圧倒されました。夜中にYouTubeを何時間も見続けてしまいましたよ。感激しました!では、サミーさんの簡単なプロフィールから始めます。■Sammy Davis Jr. (誕生日:1925年12月8日  没年月日 1990年5 [続きを読む]
  • 「パシフィック・ナイツ/ビル・シャープ」
  •  アルバム『State of the Heart』 Instinct Records INS426-2 USA盤 1999年 参考価格 新品;3,661円 中古;3,280円(いずれも税込) ★アルバム詳細1980年にデビューした、イギリスのジャズ・ファンク・バンド、シャカタク のリーダーで、キーボード担当なのが、今日の主人公、ビル・シャープ さんです。何枚目のソロアルバムかは不明ですが、もう1枚別のソロ・アルバムをレコードで持っていますし、持ってはいませんが存在を [続きを読む]
  • 「Perfume 主演のドラマ『パンセ』放送間近」
  • ■Perfume初主演ドラマの予告映像、遂に解禁!■テレビ東京で、Perfumeの初主演となるドラマスペシャル『パンセ』 が放送されます。 2017年3月31日(金)、4月1日(土)の2夜連続です。尚、地域により放送日、放送時間が異なりますので、 お住まいの地域のインターネット情報などをご覧ください。■共演者は、シリアスからコメディーまで舞台・映像作品を問わずに活躍するバイプレイヤーの勝村政信さん、 木皿作品には欠かせな [続きを読む]
  • 「SURPRISE! クレージー黄金作戦」
  • ■当時のポスターとDVDの表紙いやぁ〜、まさにSURPRISE!な映像です。このSURPRISE!というカテゴリーは、この映像のためにあったようなものです。高度成長期(1960年代前後)の日本がどういうものかは知りませんが、この映像を見る限り、勢いがあって前向きなムーブメントだったのが分かります。そのSURPRISE!な映像が入っている クレージーキャッツ の映画 『クレージー黄金作戦』 は、東宝創立35周年記念作品の1本として1967 [続きを読む]
  • 「メロディ/KAITA」
  •  アルバム『KAITA』 ビクターエンタテイメント VICL-5322 国内盤 1996年 参考価格 新品;2,600円 中古;576円  ★アルバム詳細まず、KAITA (かいた)というバンドについて。1995年にデビューして、1999年の活動凍結までに7枚のシングルと3枚のアルバムをリリースしていますから、レコード会社の期待も大きかったようですし、知る人ぞ知る的なバンドだったのではないでしょうか。その後、若干のメンバーの出入りがあり、 [続きを読む]
  • 「月の光が射す日常」
  • ■Image仏の慈悲は月の光に似ていて、人の世のすみずみまで照らします。しかし、月の光の良さを感じられる人と、その良さをかからない人がいるように、仏の慈悲は、感じられる人の心にだけ通じてその慈悲がもたらされます。これは、法然上人が詠まれた 『月影』 という和歌の意訳です。阿弥陀仏の慈悲で救われるのは、厳しい修行をした僧侶や財力のある人だけでなく、それに気づいた人すべてが平等に救われるという教えです。月の [続きを読む]
  • 「淋しい家路/ゴードン・ライトフット」
  •  アルバム『サンダウン』 Warner Bros / Wea 7599-27211-2 ドイツ盤 1987年(オリジナル1974年) 参考価格 1,195円(税込) ★アルバム詳細カナダ出身のシンガー・ソング・ライター、ゴードン・ライトフット さんのアメリカ進出第一作のアルバム、『サンダウン』 (1974年) から僕の好きな3曲をセレクトしてお聴きいただきます。チャートでは、ビルボードでも、キャッシュ・ボックスでも1位になった彼の代表作と云える大ヒット [続きを読む]
  • 「ブービー賞について」
  • ■マラソン競技 カンボジア代表 猫ひろし(関係ないけどよく頑張りました!)いきなりですが、『ブービー賞』ってご存じですか?知っているという人でも、案外間違って覚えている人も多いと聞きます。【ブービー賞 = いちばんビリのひとがもらえる思いやりの賞。残念賞。】だと、覚えている方はいませんか?そう、昔はいちばんビリだった人がもらえる賞でした。ところが、今では最下位ではなく、ビリから2番目の人がもらえるよう [続きを読む]
  • 『精神遊戯/バース・コントロール」
  •  アルバム『精神遊戯』 Boutique BOUCD-6612 EU盤 2枚組 2011年(オリジナル1976年) 参考価格 2,354円(税込) ★アルバム詳細久しぶりに、1970年代のプログレッシヴ・ロック(以下 プログレ)のレビューを載せます。しかし、ピンク・フロイドやイエス、EL&Pのようなイギリスのビッグ・ネームではなく、ドイツ出身の バース・コントロール の 『精神遊戯』 をご紹介いたします原盤のタイトルは、『Backdoor Possibilities』 [続きを読む]
  • 「Perfume ああ、懐かしのビタミンドロップ」
  • ■Perfume本日の『Sunday★Perfume』 は、懐かしの 「ビタミンドロップ」 を取り上げます。Perfume の楽曲で、僕が最初にハマったのがこの曲です。「なんとも懐かしい感じの曲だなぁ〜!」 というのが、最初の印象でした。そうですねぇ〜、この 「ビタミンドロップ」 から、僕の Perfume人生は始まったんですよね。実際僕は、2004年にこの曲でブレイクしてもおかしくなかった、と秘かに考えています。それくらい完成度が高い曲だ [続きを読む]
  • 「焼場に立つ少年」
  • ■ジョー・オダネルの写真集ふと、思い出した写真があります。敗戦直後の少年の姿です。今日は、予定したものが検討の余地があったので、急遽こちらの記事を再UPいたします。この写真が頭に浮かんだのは、天の啓示かとも思えたので・・・・・・・・。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆僕は毎年、お盆になると思い出す写真があります。それは、ジョー・オダネル氏が撮ったある少年の [続きを読む]
  • 「驚異の3分間手術?!」
  • ■Doctor and Patient3月28日にちょっとした手術があるので、今日は担当医による術前検査を受けてきました。ついでに、以前から症状のあった “ばね指” の相談をすると、「じゃあ、検査の後に手術しますか?」 との質問にびっくり!「えっ、何にも準備していませんけど」 と応えると、「大丈夫です。3分で終わりますから。」 と、さらに驚きの発言!「さ、さ、3分?!!」・・・・・・・・・・・・・・・絶句。以前受けたときも [続きを読む]
  • 「青春の光と影的小文」
  • ■High School Band本日は、わたくしSOSEGONの、17才の頃のエピソードから始めます。上の写真は、僕が高校のときにやっていたバンドの練習風景で、場所はなぜか地元テレビ局の空きスタジオ!メンバーのだれかが、有力者でも知っていたんでしょうか?今となっては記憶の彼方、定かではありません。写真の左が若かりし頃のSOSEGON(ベース)で、右はギターのM君です。M君とは、二十歳の頃にラウンジで呑んだのが最後ですから、ずい [続きを読む]
  • 「SURPRISE! キャプテン・ビヨンドの2000年録音」
  • ■新発見!あのキャプテン・ビヨンドが2000年に新曲を録音していた!!1970年代に、日本で大ブレイクした キャプテン・ビヨンド が、2000年にEPを出していました。しかしCDとかの録音媒体ではなく、ダウンロードのみの販売だったようです。なので、インターネットで検索してもCDとしてはヒットしなかったんですね。でも、ラッキーでした!いつものように何かないかとガチャガチャやっていたら、このEPにたどり着きました。オリジナル [続きを読む]
  • 「人生最後の日」
  • 謎の声 ■ 近々、旅立ちです。今のうちにせいぜい楽しんでください!『今日という日を人生最後の日であるかのように楽しむことだ。 なぜなら、その可能性だってあるからだ』カナダのコンサルタント、アーニー・J・ゼリンスキーさんの言葉です。ちょっと怖いけど、まぎれもない真実です。そう考えるなら、無駄な1日なんて、なくなるかもしれませんねぇ。さて、5年くらい前の11月半ばから、翌年のお正月にかけて 『敗血症』 で入院し [続きを読む]
  • 「Perfume Joyful MAD Again」
  • さて、 『Sunday★Perfume』 のお時間がやってまいりました!本日は思い出したように、中田ヤスタカ氏率いるユニット capsule と、我らが Perfume の見事なコラボレーションを見せる MAD を2作品をご覧いただきましょう。しかし何度見ても、この制作者 Kogeji さんの編集能力はプロ並みですねぇ〜。曲と映像のシンクロ具合が、ハンパじゃありません。これだけの編集作業、特にタイミングを合わせるのは大変だったと思います。★MA [続きを読む]
  • 「懐かしの映像 〜 ブラックビスケッツ」
  • 本日の主役、ブラックビスケッツ が活躍していた20年前(1998年前後)のバラエティ番組を、10代の方は知らないだろうし、20代での方もこの世に生を受けた頃で、何にもわからないでしょう。ですから、本日のターゲットは30才以上の肩や腰の凝りが気になるおにいさん、おねえさんになります。いや、しかし、10代、20代の方々が知らないのなら、逆に知っていただくチャンスだという事ですよね。これこそが数日前にタイトルにした、『 [続きを読む]
  • 「クローズ・アップ 〜 インコグニート」
  • インコグニートは、ギタリスト兼プロデューサーの ジャン=ポール'ブルーイ'モニック が1981年に結成し、今やブリティシュ・ジャズ・ファン界の重鎮と呼ばれるベテラン・バンドですアルバムは20枚以上リリースしていますし、関わりのある旧メンバーも100人以上います。しかし、ジャズ・ファンクが大好きなSOSEGONですが、なぜかこのバンドのアルバムは1枚も持っていません。ヒット曲も知っていますし、ブルーイさんも好きなギタリストな [続きを読む]
  • 「ブラザー・ウィル/ボビー・ヴィンス・パウネット」
  • アルバム『パウネットズ・ポイント』 ボンバ・レコード BOM-22089 国内盤 1998年(オリジナル1974年) 参考価格 4,800円(税込) ★アルバム詳細ラテン音楽のマンボやルンバに、ヴィブラフォーン(以下ヴァイヴ)を持ち込んだのは、かの有名なパーカッションのおいちゃん、ティト・プエンテ さんだろうと思います。しかし、ティトおじさんの本職は、ティンパレスをメインに、コンガやボンゴなどのパーカッションで、副業的にヴァイ [続きを読む]
  • 「君の夢/ari」
  • アルバム『花の咲くころ』 インディーズ QSPS-101 国内盤 2005年 参考価格 中古品;1,049円(税込) ★アルバム詳細ネット・サーフィンの途中で見つけた「君の夢」 という曲で、ari さんを知りました。この 『花の咲くころ』 というアルバムは、12年前の2005年にリリースされたのですが、僕の勉強不足で全く知りませんでした。ari さんの詳細は、こちらの ■Ari Home Page■ をご覧ください。独特のか細い癒し系の歌声か [続きを読む]
  • 「発想の転換」
  • ■Jungle of Amazonちょっと有名なお話しなので、ご存知の方が多いかもしれませんが、“発想の転換” に関するショート・ストーリーをひとつ。     ふたりの靴のセールスマンが、アマゾンの奥地へとやってきた。   ようやく辿り着いた大集落には、たくさんの先住民たちが暮らしていた。   しかし、彼らは誰ひとりとして靴を履いておらず、みな裸足で生活していた。   ■Good luck or Misfortune? [続きを読む]
  • 「Perfume My 胸キュン Ballad ベスト5」
  • 本日の 『Sunday★Perfume』 は、わたくしSOSEGONが、Perfumeの主な楽曲の中から、“胸がキュンとするバラード” の BEST5 を発表いたします。皆さま異論もございましょうが、わたくしの勝手な好みによるものです。どうぞご容赦ください。しかし、Perfumeというユニットは、バラードらしいバラードがないんですよね。今日選んだ中にも、ゆる〜いミディアムテンポの楽曲というものもありますが、聴き手が感じるものがバラードっぽい [続きを読む]