SOSEGON さん プロフィール

  •  
SOSEGONさん: SOSEGON魂
ハンドル名SOSEGON さん
ブログタイトルSOSEGON魂
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sosegon226/
サイト紹介文お気に入りの「名曲」を紹介しています。毎週日曜日にはPerfumeが登場します。
自由文J-POPからROCK、JAZZ、CLASSIC、LATINまで、あらゆるジャンルの「名曲」を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2008/04/13 08:42

SOSEGON さんのブログ記事

  • 「Perfume カバー3曲」
  • ■Perfume 「FLASH」カバー集は、昔、アコースティック・ヴァージョンなどをUPしたことがあるんですが、今回は、? バンド形式、? ケルト音楽風、そして有名な ? ペンタトニックス のLIVE映像の3パターンです。僕がいつも感心することは、Perfumeというユニットが、ジャンルを超えて人気がある、と云うことです。なので、それぞれのジャンルのアレンジでPerfumeの曲を聴けるので楽しめますよ。? 最初のバンド風のアレンジは、ヴ [続きを読む]
  • 「雨の日のジョイフル」
  • ■メロディは雨が好き      ■梅雨もピークに近づきました!気がつくと、窓から見える景色が、いつの間にかどんよりとしたグレーに塗られていました。天気予報によると、このまとまった雨は、何日も降り続くようです。雨は嫌いです。陰気ですし、何より濡れるのが厭なんです。しかし、雨が好きという人がいるんでしょうか? いるでしょうねぇ〜、世の中いろんな人がいるから。そこで、有名なゲーテの言葉です。■『雨の中、 [続きを読む]
  • 「病 気 〜 緊急告知!」
  • どうやら僕の 体 は、人生5度目か、6度目の 菌 の侵入を許したみたいです。左脚がパンパンに腫れて、さっきまで抗生物質の点滴を受けていました。以前、2度の敗血症で死にかけているので、すぐに病院に駆け込んだのが正解でした。主治医も 「明日だったら大事になっていたかもしれないよ」 と云っていました。ただし、まだ体内に菌が居座っている訳ですから、これから毎日抗生剤の点滴です。と云うことで、今日の脚の腫れは BUD LU [続きを読む]
  • 「どしゃぶりの瞳/KAITA」
  •  アルバム『夜明けのプラザスイート』 ビクターエンタテイメント VICL-5332 国内盤 1996年 参考価格 1,980円(税込) ★アルバム詳細今年の3月に、約20年前の1995年にデビューした幻のバンド、KAITA を取り上げました。 *前回記事デビュー後、ある程度の活動はしていたようですが、知名度は低いまま、1999年に活動を凍結しました。世に云う “知る人ぞ知る” という謳い文句が、これほどしっくりくるバンドも珍しいと思い [続きを読む]
  • 「病 気 〜 南国の楽園で深呼吸」
  • ■Haze in the heart 〜 靄った心 〜 現在、タイトルの通り、体調不良の真っ只中です!て云うか、日常が体調不良の僕なので、“さらに輪をかけて体調不良です”、と云った方が正しいですね。しかし人間というのは順応性がある生き物で、少々の痛みならそれを抱えながらも、なんとかパソコンを操作したり、購入したCDを聴いたりできるようになってくるんです。それでも、体の中に靄(もや)がかかったような状態は続いたままで、 [続きを読む]
  • 「良くも悪くも金しだい、いや、君しだい」
  • ■快適な生活を手に入れるために■■■■お金、愛、早起き。快適な生活に必要なもの■■■■「早起きはいらないんじゃね?金と愛があれば」 いいえ、朝日を見ると見ないじゃ、1日のテンションが違うんです!人が生きていくうえで、必要なものがいくつかあります。たとえば、身体的なことを云えば空気とか水とかですし、精神的なことなら愛でしょうか?そして、今日の主題に選んだお金はと云うと、無いと困るし、ありすぎてもろくな [続きを読む]
  • 「Perfume レア映像;中田ヤスタカ氏との対談」
  • ■中田ヤスタカ×Perfumeレアな映像を見つけたのでUPします。最初に面白かったのは、中田ヤスタカ さんが、スタジオで初めて Perfume と逢った時の印象を、「すごいやる気に満ち溢れていて、・・・なんか、めんどくせぇな〜」と思ったと吐き捨てます。すると、今度はPerfumeの3人が、レコーディングで椅子に座って歌うのがやりにくかったとか、完成品を聴いたとき、本人たちでも誰が歌っているのがわからなかったとか、ネガティヴ [続きを読む]
  • 「サンバ・スキャットの達人(ブラジル編)」
  • ■Brazil (Rio de Janeiro)サッカー と 音楽 が好きな僕にとって、ブラジルは他の国と一線を画する国になります。ブラジルは、この二つの分野に関して、極めて高いレベルで世界をリードしています。たとえばサッカーでは、4年に一度のワールド・カップに於いて、常に優勝候補に挙げられていますし、音楽でも、ブラジル発祥のボサノヴァやサンバが、ラテン・ミュージックの代名詞になっています。そのサンバやボサノヴァ、また、ラ [続きを読む]
  • 「SURPRISE! 乾選手は日本の救世主?!」
  • ■日本代表の得点源になり得るか?!現在、ロシア・ワールドカップの最終予選を戦っている日本代表ですが、テストマッチの対シリア戦で、香川選手が負傷してしまい、キャプテンの長谷部選手も手術後と云うことで不在、さらに、ベルギーリーグで活躍している久保選手も疲れからなのか精彩がなく、フォワードは大迫選手に頼り切りです。しかし、ネガティブなことを云うようですが、大迫選手もいつ怪我で離脱するか分かりません。フォ [続きを読む]
  • 「Perfume 広島ローカル時代 2001〜2002」
  • ■Perfume本日は、約15年前 の2001年の夏から2002年にかけて、Perfumeの地元・広島のテレビ局が制作したデビュー前の映像をご覧ください。以前にもUPしたことがあるんですが、今回は画質もきれいな完全版です。当時、まだ12〜13才の中学1年生で、“少女” と云ってもいいようなPerfumeですね。もちろん、アクターズスクール広島時代です。番組は、スクール主催の発表会、クリスマス会、そしてパート2は、ファースト・シングル 「OMAJ [続きを読む]
  • 「サドゥン・サンバ/ニール・ラーセン」
  •  アルバム『JUNGLE FEVER』 ユニバーサルインターナショナル 国内盤 2005年(オリジナル1978年) 参考価格  中古1,150円(税込) ★アルバム詳細本日は、バンド・リーダーとしても、スタジオ・ミュージシャンとしても活躍している、キーボードの ニール・ラーセン のデビュー・アルバム『JUNGLE FEVER』(1978年)をご紹介します。翌1979年に2作目の 『ハイ・ギア』 を出したあと、“ラーセン=フェイトン・バンド”、“フルムー [続きを読む]
  • 「日本の誇り 〜 民度が高くて、綺麗な国!」
  • ■日本の電車内の風景■僕は今日ほど、日本人で良かった!と思ったことがありません。上の写真は、ごく普通の日本の電車内の風景です。でも、これは我々日本人が、大切にしなければいけない “日本人の心” だったようです。今日は、もうこれ以上語りません。これからのお見せする写真は、中国の?列車内、?ケンタッキー、?海水浴場の写真です。あまり大きな写真だと、不快指数が上がるので一回り小さくしました。そして、韓国の [続きを読む]
  • 「ゆっくり検討しない」
  • ■名刺交換たとえば、得意先との商談で、「持ち帰って、検討させてください」 と答えたことはありませんか?これが金額の大きい決断とかならまだしも、通常の取引でこう云われると、「えっ!君は御用聞きかい?こんなことを判断できないのなら、何しに来たの?」 と思ってしまいます忙しい中、せっかく商談の時間を作ったのに、もう一度時間を作らせるの。例え平社員であろうと、会社を代表して来ているのです。ある程度の決定権を [続きを読む]
  • 「ジャンブー/ジャングル・ファイヤー」
  •  アルバム『JAMBU』 NACIONAL RECORDS NCL-20154 国内盤 2017年 参考価格 2,592円(税込) ★アルバム詳細2014年にデビューした ジャングル・ファイヤー の2ndアルバムです。2月頃、このバンドの音を初めて聴いた時は、1970年代のアフロやファンクの曲に似ているなぁ〜と思いました。それは、アフロ・ロックと云うジャンルの先駆者たちが、40年以上前からチャレンジしていた曲調で、はっきり云って目新しさは在りません。それ [続きを読む]
  • 「Perfume 小ネタ集 vol.921」
  • ■Perfume■本日は久々の 『小ネタ集』 です。早速ご覧ください。? 2007年の 「ポリリズム」 ブレイク後のTV番組だと思うのですが、NHKの環境キャンペーンに Perfume を起用したCMディレクター 友次 彰 さんのお顔が見られますし、中田ヤスタカ さんのインタビューや録音スタジオを見せてくれるなど、なかなか興味深い映像です。? 次に、Perfumeインディーズ時代に、『中田ヤスタカ;作曲、木の子;作詞』 という時期がありまし [続きを読む]
  • 「ゆっくり、ゆったり、まったり、しっぽり。」
  • ■ゆったりとした場所ですね(映画 『しあわせのパン』 より)『生きるということは、坂道を行くのとそっくりだ。  元気に任せて駈け出したりすれば、きっとへたばる。』尾崎一雄(作家/1899−1983)の言葉です。悲しいかな、ある程度の年齢になって気づく人がほとんどではないでしょうか?でも、そこからでも遅くはありません。地道にのんびりと暮して、長生きしましょうよ。ヨーグルトの国、ブルガリアにも同じようなことわざ [続きを読む]
  • 「クローズ・アップ 〜 真夜中のドア・カバー集」
  • これまでに、「黄昏のビギン」 と 「 黄昏のビギン vol.2」 を合わせて6曲をクローズ・アップした 「黄昏のビギン」 ですが、2回とも、カバーの多さに驚きながら、なんとか6曲(各3曲)を選びました。オリジナルは昭和39年の水原 弘さんですが、最近は、ちあきなおみさんがオリジナルだと思っている方が多いようです。それにしても、リリース(1979年)から38年が過ぎた今でも、歌いたい歌手の方が絶えないのは、名曲の証でしょう。 [続きを読む]
  • 「他人の目 自分の目」
  • ■鑑に映る自分のニセモノたち誰だって、他人から自分がどう思われているか気になりますよね。「いやな奴だ」 なんて思われたくないし、周りのみんなに好かれていたい・・・・・・・・。でも、自分の評価に聞き耳を立ててばかりいるのはみっともないですよ。て云うか、ナンセンス! なぜなら、『 人間というのは間違った評価をされるのが普通のことだからだ。自分が望むように評価してくれることなんかほとんどない 』 からです [続きを読む]
  • 「Perfume 衣装あれこれ」
  • Perfumeのいろんな衣装の写真を集めてみました。しかし、これでもほんの一部ですから、いったい何着あるんでしょうね?でも、新曲が出るたびに何着も新しく作るんですよね。そして、次の曲がでたら、前の曲の衣装はもう着ないんですよね。う〜ん、もったいない気もするけど、新曲でお古を着るわけにはいかないですよね。まあ、いずれにしても、売れているからこそできる散財ですよ。それで、本日聴いていただくのは、メジャー・デビ [続きを読む]
  • 「SURPRISE! 愛妻弁当の進化がすごい!!」
  • 〜5月の風景〜■まえがきおもしろい“愛妻弁当”の記事に取りかかっていたんですが、延べ日数で約2日も費やして、今、やっと完成しました。こんなに時間を取られたのは、体調不良と写真の数が多いのが原因です。体調不良はなんとか回復したんですが、なにしろ、写真の数が多いので時間がかかると云いますか・・・・・・・・・・・・・・・。文章での説明は難しいので、写真の加工例を見ていただいてから、本題の “愛妻弁当” のお [続きを読む]