つぶ庵 さん プロフィール

  •  
つぶ庵さん: 水彩画 「ひろしのあの町あの家」
ハンドル名つぶ庵 さん
ブログタイトル水彩画 「ひろしのあの町あの家」
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/hiroshi60hiroshi
サイト紹介文初めてなのに懐かしい。そんな古い町や家が好きです。
自由文 苔むした瓦屋根、磨き抜かれた格子戸、さり気なく置かれた自転車、つい覗いてみたくなるような老舗のたたずまい。
 風情ある町や家は、長い時間の経過と、そこに住む人々の日々の営みによって、創りだされるのでしょう。
 初めてなのに懐かしい。「ひろしのあの町あの家」は、各地で見つけた心ひかれる家々や風景を描いた水彩画です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/04/13 09:40

つぶ庵 さんのブログ記事

  • 神奈川県 箱根 「菜の花」
  • 箱根に来ると、昼間でもお月さんが沢山見えます。お菓子屋「菜の花」の「月のうさぎ」や「箱根のお月さま」。箱根湯本駅前の国道1号線沿いに2店舗あるのですが、早川の湯本橋を渡った先にも、この店がありました。温泉地に行くと、加湿器の湯気が出ている、なんちゃって角せいろが多いなか、赤い大きな釜戸に引かれました。せいろから取り出された熱々の饅頭と、もう一方の釜の熱い番茶を何杯も頂き、中々良かったので絵にしまし [続きを読む]
  • 神奈川県 箱根 「函嶺洞門」
  • 箱根湯本から塔ノ沢に向う国道1号線を歩いていたら「アレ?洞門が通れない」。長年、ぼくには箱根の玄関口だった函嶺洞門は、今や閉鎖され早川対岸に造られたバイパスに変っていました。バイパス側から函嶺洞門を見上げて「こんな急な崖下を通っていたの」と妻は遅まきながら驚いていました。函嶺洞門は重要文化財に指定され、土木学会推奨遺産として立派な説明板も立っていました。土木学会員だったぼくは、古い工事写真を夢中で [続きを読む]
  • 神奈川県 箱根 「一の湯」
  • 木造4階建て数寄屋造りの塔ノ沢の一の湯本館です。横浜から強羅へ行くときには、必ずこの旅館の前を車で通ります。いつか描きたいと思っていましたが、付近には駐車場がなく通り過ぎるだけ。今回は、電車だったので、箱根湯本、塔ノ沢を初めてゆっくりと歩きました。この周辺には、風情のある老舗旅館が思いのほか、残っていて嬉しくなりました。いや、泊まりたいのではなく、絵になる題材を見つけたのが嬉しくて。http://art.blo [続きを読む]
  • 神奈川県 箱根 「保養所」
  • 在職中の家族旅行といえば、ほとんど会社の保養所。小さかった息子は、強羅のリゾートマンションを、わが家の別荘と思っていた程。その流れか、社会人になった娘2人も、箱根にあるそれぞれの会社の保養所を当然のように使っています。次女は、時間ができると、ひとり仙石原の保養所に篭もり、温泉と読書三昧。長女は「料理が美味しいから、行ってみたら?」と強羅の保養所を取ってくれ、手間暇かけた料理を妻と堪能。この絵は、わ [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「ぐちゃぐちゃ感」
  • ムンバイの街の中には、イギリス領だった頃の建物が数多く見られます。インドが独立したのは、1947年8月15日。今年、ぼくと同じ古希を迎えます。この建物は、独立前は上から下までイギリスだったのでしょうが、今は1階部分を見れば、完全にインドです。このぐちゃぐちゃ感がないと、らしくないのですよ。今回、画用紙の左上が折れてしまって、こちらもぐちゃっとしてしまいましたが、インドの風景は、これにて一応終りとい [続きを読む]
  • インド エレファンタ島  「日本と違う」
  • エレファンタ島で見た、現地の観光客らしき4人組です。3人の女性と小学生位の男の子。彼の母親と叔母さん達でしょうか。この男の子はたいしたもの、今の日本なら、恥ずかしがって一緒になんか歩かないでしょうね。それと、彼女たちの服装も、それぞれに色や形に個性があり、インドの空気によく映えます。日本では温暖な気候のせいか、国民性か、服の色も形も没個性。ぼくもこの際、もう少し派手な色の服でも着てみようかな。http: [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「カースト」
  • インドの男性は我々と同じく、ズボンとシャツですが、女性の多くは色鮮やかなサリーやパンジャビ・ドレスを着ています。子供は裸足で飛び回っているかと思えば、このような民族衣装の子も。親子で上から下までバリッと決まっているので、写真を撮らせてもらいました。何だか、お金持ちっほい。インドのガイドさんに、カーストは今もあるのか聞いたら、都会ではお金で決まるとか。この家族はどの辺のポジションなのでしょうか?http [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「定員は?」
  • インドの町で、よく見かける光景です。お父さんは、しっかりヘルメットを被っていますが、2輪車に家族4人です。結構バランスよく乗っているとは思いますが、普通、4人で乗るといったら4輪車でしょう。所変われば、使い方も色々です。バイクには「HERO HONDA」と書いてあります。日本のホンダとインドの自転車大手ヒーローとの合弁会社時代に作ったバイクのようです。これを作った当時のホンダの技術者も、こんな乗り [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「クラブハウス」
  • この日は日曜日。エレファンタ島往復の船が発着するインド門前の港は、家族連れの観光客で溢れています。絵は、現地で気になったイギリスの風の建物。調べたら170年の歴史を持つロイヤル・ムンバイ・ヨットクラブのクラブハウスでした。インド人でもそれなりの資格があれば、今は会員になれるでしょうけど、こんな観光船に乗っているぼくたち庶民には、相変わらず立ち入ることができない場所なのでしょうね。http://art.blogmur [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「力が入ってない風景」
  • ホテルで食べたオレンジが美味しかったらしく、妻はオート三輪の果物屋でオレンジを2個買いました。この絵は、車ではなく常設?らしきココナツ屋。奥のフェンスにシートの片側を掛け、前の両端は道路標識と電柱に縛って立派な屋根に。日本では、すぐに撤去を命ぜられるでしょうけれど、ここはインド。フェンスの所有者も道路管理者も文句を言わないのか、売店の若者は椅子に腰掛け、のんびりと会話。どこにも力が入ってない、イン [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「♪そんな時代もあ〜ったねと…♪」
  • 船から見たインド門とタージマハルホテルです。この風景、旧統治国イギリスとの関係がどうしても気になります。インド門は、1911年イギリス国王(インド皇帝)ジョージ5世夫妻のムンバイ訪問を記念して建てられました。植民地時代、最高級ホテルは白人専用で、ジャムシェトジー・タタは断られました。そこで、彼が建てたのがタージマハルホテル。今、彼の興したタタ・グループはあのジャガーも傘下に入れてます。時代ですね、 [続きを読む]
  • インド ムンバイ  「やはり、ノープロブレム」
  • インドに戻ります。ムンバイはインド最大の都市。当然、高層ビル群もあるし、植民地時代の重厚な建物も並んでいます。でも、ちょっと嬉しくなるような猥雑な感じのするこんな町並みも多いのです。道路には工事中のガラ(廃材)はそのまま。ノーヘルでバイクの3人乗りも何のその。絵にあるオートリキシャは渋滞の中をクラクションを鳴らしながら、ねずみのように走り回ります。インドは、やはりノープロブレムがぴったりの国です。 [続きを読む]
  • ドイツ ローテンブルグ
  •                                                        ドイツ ローテンブルグ                                2017年  あけまして おめでとう ございます                        いつも見ていただきありがとございます。                         今年も11日(水) [続きを読む]
  • インド エローラ 「 彫刻建築 」
  • エローラの石窟は、仏教窟、ヒンズー教窟、ジャイナ教窟が仲良く並んでいます。有名な16窟のヒンズー教カイラーサナータ寺院は、幅47m、奥行き81m、高さ33mの岩山を、上から下へと彫りだした巨大な彫刻寺院建築なのです。100年掛けて造ったという、信じられないような岩の建造物です。絵はジャイナ教32窟。造り方はカイラーサナータ寺院と同じく、上から彫りだした小型のジャイナ教窟です。このスケッチで彫刻建築 [続きを読む]
  • インド ムンバイ 「 オースチン7型 」
  • ムンバイ(ボンベイ)へ行き、アジャンター・エローラの石窟群を見てきました。どの程度の暑さか心配しましたが、朝夕は爽やかで涼しく、日中の日差しは強くても、湿気がないのでサラッとしています。ホテルの庭に飾ってあったのクラシックカー。調べてみたら、イギリスのオースチンが1922年から1938年にかけて生産した小型乗用車「オースチン7型」です。 まだ、独立前の話、イギリス人が乗っていたのでしょうか。http:// [続きを読む]
  • 静岡県 浜松市 「 楽器というより神棚 」
  • 旅行の最後は浜松で、楽器博物館を見て、鰻を食べて帰ってきました。博物館には装飾豊かなアジアの民族楽器や、オーケストラで使う楽器のルーツのような骨董的品々、よくも集めたものだと感心しました。そしてヘッドホーンで聞くそれらの音は、なんともクリアーなのです。さすが楽器の浜松。この絵はバリ島西部の村に伝承する世界最大の竹琴、ジュゴック。聖獣バロンと両側に守護神ガルーダ。楽器というより神棚のようです。http:/ [続きを読む]
  • 静岡県 湖西市 「ガッテン!ガッテン!」
  • 二川を出て、次は静岡県の新居です。関所や旅籠も残っていますが、気に入ったのは古い銭湯のみどり湯でした。スケッチ準備で空き地に腰を下ろすや、蚊が寄ってきました。そこでNHKの「ためしてガッテン」で知った蚊に刺されない方法。テレビで見たとおり、靴も靴下も脱ぎ、持っていたアルコールティッシュで足裏を拭きました。効果てき面、素足のままのスケッチ中、一度も刺されなかったのです。ガッテン!ガッテン!http://art [続きを読む]
  • 愛知県 豊橋市 「洋館ぽい」
  • 二川の古い家並みの中で見つけた歯医者さんです。古い町を歩くと、昔からの医院や時計屋、写真館、理髪店、テーラーなど、洋館ぽい雰囲気を持っている建物が多い気がします。この歯医者さんも、日本家屋なのに、取って付けたような緑の入口が、一応洋館の雰囲気を出しています。思うに、医学も写真も時計も断髪後の髪の刈り方も背広も、どれも西洋から入ってきた職種だからでしょうか。八百屋や魚屋、呉服屋の洋館って見ないですか [続きを読む]
  • 愛知県 豊橋市 「二川宿」
  • 豊橋駅から一駅東京寄りに、二川駅があります。二川宿は、宿場の面影を残した町並が続いています。ここの目玉は、江戸時代の当初の姿に復元した本陣です。ほぼ新築という感じで、絵にはなりませんでしたが、本陣の経営は意外と大変だったことが、資料から良く分かりました。良い雰囲気の家並み。町外れまで行って、戻ろうかと思ったところに、この肥料屋さんがありました。こちらの経営は、大丈夫でしょうか。http://art.blogmura. [続きを読む]
  • 愛知県 豊橋市 「哨舎」
  • 豊橋市役所には、豊橋の歴史を紹介するパネルが展示されています。その中に、豊橋市公会堂の正面の道路が将兵で埋め尽くされている写真がありました。ここ吉田城跡は、今は豊橋公園ですが、日清・日露戦争から太平洋戦争が終わるまで、陸軍の歩兵連隊が使っていたのです。この門柱や哨舎も旧陸軍のもの。哨舎の中に立ってみました。暗くて狭い空間、戦争の時代に引き込まれていくような重い気分になりました。http://art.blogmura. [続きを読む]
  • 愛知県 豊橋市 「山下りん」
  • 昨年、ロシアに行ってロシア正教会の事を少し知りました。明治時代、イコン(聖像画)の修行のためにロシアに派遣された山下りんも知りました。イコンを沢山残した山下りんですが、本当はラファエロのような絵を描きたかったようです。しかし、イコンは模写が基本原則、葛藤の多い修行でした。この重要文化財の豊橋ハリストス正教会にも山下りんのイコンがあります。りんさんを思えば、描きたい絵を、描きたいように描けるのは幸せ [続きを読む]
  • 愛知県 豊橋市 「豊橋市公会堂」
  • 夏、青春18きっぷで東海道のかつての宿場町、吉田、二川、新居に行きました。先ずは、吉田宿のあった豊橋です。駅から路面電車に乗って市役所前で降りると、吉田城、公会堂、豊橋ハリストス教会等、見所が集まっています。移動に時間がとられない分、ゆっくりスケッチができました。昭和6年築の豊橋市公会堂です。今となってみれば、大階段はバリアそのものという感じですが、タイル張りのドームの屋根がイスラムっぽくて、ちょ [続きを読む]
  • 神奈川県 横浜市 「パスポートの写真」
  • パスポート更新の手続きをしました。居間に三脚を立て一人で写真撮影。パソコンに取り込んだモニターの顔。なっ、なんと!こんなジーさんだったのか。髪がないのは見慣れてはいるものの、シミの多さにびっくり。受け取った新旧のパスポートの写真を見比べ、10年の歳月を感じ入りました。パスポートセンターのある山下町は久々なので、スケッチを1枚。気になっていた大桟橋の入り口にある古い建物です。ぼくの顔のシミもこんな風 [続きを読む]
  • 秋田県 横手市 「おまけの金物屋さん」
  • 今日は最終日、横手から北上線で北上に出て、新幹線で帰る予定です。十文字駅から横手に戻り、北上行きの列車の時間まで暫しの観光です。豪雪地帯の横手といえば「かまくら」。雪のかまくらを冷凍保存した「ふれあいセンターかまくら館」へと向かいました。意外と時間がかかり、肝心のかまくらには入れず、ガラス越しに眺めただけ。即、駅へUターンです。来た道と違う道を歩いたら、いい感じの金物屋さん。最後に、おまけのような [続きを読む]