黄昏 さん プロフィール

  •  
黄昏さん: 黄昏 -きのうの出来事-
ハンドル名黄昏 さん
ブログタイトル黄昏 -きのうの出来事-
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/japan4581
サイト紹介文スポーツと時事問題を喜怒哀楽で徒然なるままに綴る激ペンコラムです。今日も"ズバッ"と"ピリッ"と!
自由文扉を開けて下さい。
気になるスポーツニュースと野球(特に巨人)について、それから気になる政治・事件・芸能など三面記事から、喜怒哀楽を交え読み物(コラム)としてお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/04/17 18:17

黄昏 さんのブログ記事

  • 【新化】対外試合が始まるも…。
  •    結果が全てである…。 …というのはシーズン終わりに日本一になっているか否かでの事ではありますが、サバイバル、指揮官は奪い取れとお話しになっているわけですからこの期にあっても結果は出さなければいけませんね。まぁあれこれ言い訳を垂れている様な選手は早々にご退場願ってもらって結構でありますが、機会(チャンス)をモノにできない様ないわゆる"持っていない"選手というのは、いつ起用してもダメなんでしょう。 [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その118)
  •   出家騒動… 自由ですが…。またこの芸能事務所の騒動ですかという気も致しますが、"あまちゃん"の天野アキに今度は"まれ"の蔵本一子ですか…。それぞれ後ろには何か居るご様子もありますが、円満解決とならない状況というのは芸能事務所側にも旧態依然とした問題もあるのでしょう。また事の詳細を知ってか知らずかの批判や評論ってのもごちゃごちゃになっていて、問題点を整理することなく声を上げるメディアってのは相変わら [続きを読む]
  • 【新化】巨人のキャンプも折り返し…?
  •    実戦モード…。2月1日より宮崎で始まった春季キャンプも沖縄へ移動して対外試合やオープン戦がそろそろ始まるご様子、到来した球春も南から北上を始めるのももうすぐなんですな。まぁキャンプとはシーズンに向けたチームとしての準備期間につき段階があるわけで、それ自体に折り返しがあるとは思えませんが、そう言うならそれで結構です。 齢80、キャンプ期間中に歳を重ねるミスターですがお元気そうでなりよりです。ブ [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その117)
  •   日米首脳会談… めずらしい歓待…。ホワイトハウスでの首脳会談、その後は大統領専用機に同乗して大統領の所有する施設等々で食事に宿泊にゴルフにと。しかもゴルフについては別の施設をはじごしてのラウンドと、手厚いもてなしであったといってもいいでしょう。まぁケミストリが合うそうでありますから、内向きと外向きの言動を使い分けられても、日本が足を引っ張らなければ問題はなしですかね。 そんな中、北がミサイルを [続きを読む]
  • 侍ジャパン予備登録出揃う…。
  •    基本的には…。 怪我による選手の入れ替えは投打共にその限りではないが、一次および二次リーグにおいて上位2チームが勝敗で決められない場合に限りプレーオフを行うそうでありますが、ひと試合余計に行う事になり球数制限や連投制限もあるので投手陣の台所事情を考慮したルールに応じた投手の発表がありました。このルールは準決勝進出時にも利用可能ですが、小久保サンはあまりアタマの中にはないようです。 まぁそれは [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その116)
  •   都のお話しが多い件… そんなに興味ありますか…。首都圏に向けたメディアならまだしも全国に向けた報じ方で東京都の知事と都議団の構図や都の事業について連日のようにあれやこれやと取り上げられていますが、どれだけの人が興味をもって見聞しているのでしょうか。一説にはワイドショーなどは数字(視聴率)が取れるとかでそうしているそうですが、内容は他の道府県に関係する内容でもなくナントか劇場とされるチープなお話 [続きを読む]
  • 侍ジャパン再考…。
  •    あれれ…。 出場できるという話しだから選んだのか、大丈夫だろうという話しだから選んだのか、まぁいずれにしてもすったもんだ感の否めない大谷サンの出場騒動でありました。結局、小久保サンは大谷サンを代表から外し武田サンを選び直したという結果に落ち着きました。当然の結果かとは思いますが、ここに至る経緯は決して褒められたものではなく、野球における代表監督とNPBと球団の三者の関係が浮き彫りになった感じ [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その115)
  •   球春到来… いい響きか…。言葉なのか、打球なのか、ミットの音なのか、まぁこの時期の風物詩であり基本的には12球団横一線という地点ですからどの響きでもいいでしょう。今季はどのチームが日本一となるのかは8ヶ月も先のお話しですが、おそらくあっという間に来るでしょう。年々扱いも変わってきている様には思えますが、されどプロ野球なんでしょう各チームのキャンプ情報が報じられることはなによりです。 今季は1シ [続きを読む]
  • 【新化】今年も巨人のキャンプだホイ!
  •   それはさておき…。今季の巨人のスローガンは「新化 〜GIANTS PRIDE 2017〜」だそうである。昨年の"一新"から"新化"と新しく化けようとしているのでしょうか、メンバーは豊富(?)な資金力をバックに一新しそうでありますが、化けるよりは変化して欲しいと願うのはファンも一緒であります。 ということで、オレの記憶が確かならば明けて2月1日はプロ野球のキャンプインである。開幕日に次ぐ重要な日でありますが、今は昔、 [続きを読む]
  • 侍ジャパン出揃う…。
  •    う〜ん…。 3月6日に一次ラウンド(東京ドーム)が開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。侍ジャパンの登場は7日の対キューバ戦という事になりますが、まぁ地域的なものが考慮されているのでしょうが一次ラウンドは4プールに分けられているものの、要はあっちとこっちで試合をやって上位2チームが1位vs2位の形式で準決勝を戦いましょうというもの。また大人の事情によっては今大会で幕を閉じるかも [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その114)
  •   グルメンピック… 好きなんだろうね…。いつからですかね、全国各地でご当地の食材を使った料理や自慢料理を競ったり集めたりするようになったのは。提供する側はそれなりの場所にテントを並べて何百食もさばき、それを食する側は長蛇に近い列をなしあっちこっちと何食も口にするというスタイルが殆どかとは思いますが、まぁ世間の方々はお好きなんでしょう。 だからビジネスになる?! あの手この手なのか出店要請を受け、 [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その113)
  •   WBC侍ジャパン… あと1名は…。3月に開催されるワールドベースボールクラシック(WBC)の侍ジャパンのメンバーが発表されたという事で、昨年末に19名、本日8名の計27名の選手が決定しました。あと1名の選手枠を残していますが、まぁ何事もなければこのメンバーで戦うという事ですね。中継を担当するメディアは世界一奪回と囃し立てておりますが、そう簡単でない事は間違いないでしょう。米本土(準決勝以降)に [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その112)
  •   19年ぶり誕生へ… 花を添えたね…。果たして日本人横綱誕生という表現が相応しいのかどうかいつも疑問に思うわけではありますが、初優勝に加え千秋楽結びの一番横綱戦にも勝利し19年ぶりの日本人横綱誕生という流れになりそうです。新入幕から73場所を要したというのは史上最も長いそうですが、15年、大関になって5年、今まで賜杯を抱いていない大関ではありましたが、ようやくたどり着いたという事になるのでしょう [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その111)
  •   客室の本… 誰が騒いでるのか…。あっちの国こっちの国と、これだからアジアに平穏が訪れることはないのだろう。日本がおこなった行為として多くのでっちあげと種々の反日行為を繰り返している国に、一冊の本に対して云々と問題にされる筋合いはない。ホテルのサイトは攻撃を受けているのか繋がりにくく予約の対応も電話になっているそうでありますが、何が愛国心かどうかは知りませんが当局の教育しか受けていないモノには知 [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その110)
  •   豊洲新市場… 正解か…。いやはや、何が原因なのかという調査をしないとどうしようもなくなった豊洲新市場の豊洲新事情…。もうここまで来ると誰かの陰謀じゃないのかとバカげたことでも考えたくもなりますが、事実は小説よりも奇なりですな。こんなの市場移転後に出ていたらどの様に収まりをつけたのか、まぁ移転延期はある意味で正解だったのではと思いますな。 それにしても検査にはそんなに日数を要するものなのでしょう [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その109)
  •   オフシーズン… 私もトレーニング中…。さて、日本のスポーツカレンダーに一貫性があるのか否か。この国にもいくつかのプロリーグがありますが、シーズンの時期が大きく重なります。他の国、例えば米国ではテレビ中継の関係も影響しているようですが、プロスポーツの重なりを最小限に抑えたかのようなスポーツカレンダーとなっている感じです。まぁそれによってオリンピックの開催時期の影響も受けているわけですが…。 果た [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その108)
  •   真珠湾スピーチ… 和解の力…。どうもこの手のお話しとなるとメディアは謝罪云々となる。一国のトップやその周辺にその言葉をぶつけ、国民には謝罪すべきか否かを問うている。先日の日ロ会談では、北方領土問題で政府が突っ走りメディアもそれに乗っかった形ではあったが四島返還云々となる。その前のオバマ大統領がヒロシマを訪問する際も謝罪云々となっていた。 メディアは両国間についてしか伝えていないのではと思うのだ [続きを読む]
  • 喜怒哀楽。(三篇・その107)
  •   リメンバー・パールハーバー… 75年…。安倍首相が12月末に訪問する事で久しぶりに日本で注目されることになったパールハーバー。過去には日本でもアメリカでも真珠湾攻撃を題材とした映画などが制作されていましたが、我々には現実味がなくとも両国の政府や当事者にとっては今現在もどこかに引っ掛かっていたものであることは間違いないでしょう。 謝罪ってなんでしょうか…。 奇しくも2016年に現職大統領の広島訪 [続きを読む]
  • 一新の去る人・来る人、巨人軍2016年…・冬。(その12:その手は緩まず…)
  •    まだまだ…。 いやはや三人目のFA選手獲得が間違いないという情勢ですが、後ろを任せられる様な助っ人外国人投手にも触手を伸ばしているということで、稀に見る大型補強を敢行中でその手が緩まる事を知らないご様子の巨人。まぁルール上はなんの問題もないわけですから結構ではありますが、来季終了後にシーズンの結果を受けて巨人の誰がなんと発言するのかひじょ〜(非常)に楽しみですな。 ミスターの欲しい欲しい病は [続きを読む]
  • 一新の去る人・来る人、巨人軍2016年…・冬。(その10:FA入団会見)
  •    ようこそ…。 これにて打ち止めではないらしいのですが、いの一番に手を上げていた二人の投手の入団会見が由伸サン同席のもとに行われたようですね。これに先立って交換トレードで獲得した選手の会見が行われていたようですが、こちらの件については後日という事で、先ずはオレの誠意をみせ敬意をもってお二人のお話しをいたしますかね。(助っ人合意も後日…) それにしても巨人の今オフはお忙しい。シーズン中の成績とチ [続きを読む]
  • 一新の去る人・来る人、巨人軍2016年…・冬。(その9:契約更改)
  •    今は昔…。 まぁ人様の懐事情なんてのはまったくもって興味のないオレであります。誰が、いくら貰おうが、どんだけアップしようが、どれだけダウンしようが、どうでもよい。また貰う金額だけで順位づけするのもどうかとも思いますね。同じチーム内ならいざ知らず、球団(企業)体系も査定観も異なる12球団を一列に並べるのはどうかということです。 それでもプロ野球には懐的な現実的夢もあるという事を知らせる指標の一 [続きを読む]
  • 消滅か…、ワールド・ベースボール・クラシック。
  •    悩ましい…。 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が来年3月の第4回大会をもって消滅するだろうというニュースが配信されました。相当の収入が得られない限り来年の大会が最後となるだろうと各方面から聞かされている、という様な内容で配信したのがWBCの放映権を持つESPNというアメリカスポーツ専用チャンネルということから、かなりの慎重性があるのではないかとされています。 そもそもWBCは時の [続きを読む]