shu さん プロフィール

  •  
shuさん: ホームシアターBライフ
ハンドル名shu さん
ブログタイトルホームシアターBライフ
ブログURLhttp://dfly1.seesaa.net/
サイト紹介文サラウンドの音にこだわる管理人の、ホームシアターの実践記です。
自由文「Bライフ」とは2流とか中流とかの意味と取ってください。(実生活はそれ以下ですが)
そんな管理人がホームシアターの持論を書いている、自己満足型ブログです。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/04/20 16:03

shu さんのブログ記事

  • サラウンドの日に寄せて。
  •  今日は、5.1・・サラウンドの日ではなかったでしょうか?知りませんか?そうだったはずなのですがね。(笑)サラウンド・・僕が今の部屋で5.1chスクリーンシアターを始めたのは、H10年(1998)の新築時からですから、もう18年は経過したことになってます。画像は当時のものです。「ハイト」の位置には、シネマDSP用の「エフェクトスピーカー」(現フロントプレゼンスSP)この間のノウハウと言うか、能書きですかね。それをこのブ [続きを読む]
  • トップフロントスピーカーの位置再考。 その3
  •  前回書きました通り、トップフロントスピーカーを仮設で300mm前方に移動して試聴したところ、良い感触を得まして、本格的に設置位置を変更してみることにしました。せっかくならと今回、取付け方法には一考を加えることにしました。スピーカーの位置を前後に移動可能な仕組みとしたのです。  これはパイプの上をスライドさせる事で、前後に最大300mmの調整幅を得られます。 試聴は以下の3箇所で行いました。1. トップフロント [続きを読む]
  • トップフロントスピーカーの位置再考。 その2
  •  天井スピーカーのフロント側を、従来の位置よりも前に設置したらどうなるか?というテストです。 まず、従来の天井スピーカーの配置のおさらいです。・基本的には、視聴位置の前後に均等配置としたものです。前後のスピーカーの距離に数値の違いがありますが、施工誤差です。(または施工ミスとも言いますが。笑)・なぜ45°前後均等にしなかったのか?トップフロントで言えば、あと140mm前に移動すると45°になりますが、リア [続きを読む]
  • トップフロントスピーカーの位置再考。 その1
  •  天井(トップ)スピーカーを2本、トップミドルスピーカーとして設置する場合、試聴位置のやや前側が良いとAVアンプの取説に記載しているメーカーがあります。僕も経験から、2本設置の場合の角度はほぼ70°で良しと判断して実際に取付けていました。なぜ視聴位置の真上でなく、やや前なのか?真上では音が後方、つまり後頭部に廻ってしまうためです。音を真上に自然に定位させるには、トップミドルスピーカーはやや前側に設置する [続きを読む]
  • サブウーファー用ケーブルの新調。
  • 唐突ですが、サブウーファー用の接続ケーブルは何をお使いでしょうか。そもそもサブウーファー専用が必要?映像用ピンケーブルでも音は出ますし。それに専用品を探すと選択肢は多くないように感じます。だからここは自作という選択もあります。そういう訳で、うちで稼働している2台分のサブウーファー用ケーブルを自作で新調して、従来の使用ケーブルと比較してみました。まあ、僕なんかがここにわざわざ書かなくても、先達の方々 [続きを読む]
  • 2017年の予測。
  • 明けましておめでとうございます。さて、ご挨拶だけでは文字数が足りないので、無理やりに個人的視点から今年のオーディオ・ビジュアルシーンの予測を羅列することにしました。まず、大きな流れの中心となるのはUHDブルーレイでしょうね。プレーヤーの方もOPPOの動向を注視している人もいらっしゃるでしょう。しかしまだ、出始めなのでこれからです。モニターがTVの人はとっつきやすいですかね。プロジェクターは高価過ぎますから [続きを読む]
  • ブログ納め。
  • なんだか、もうこんな時期になってしまいました。個人的な今年の振り返りをしておきます。一番大きい出来事は、3月にAVアンプをパイオニアのSC-LX78からデノンのAVR-X7200WAに買い替えたことでした。これはDTS:X関連の対応に後手を踏んだパイオニアを見限る形にしてしまったものの、実際にソフトがリリースされたのは6月の事。その後はその存在さえ霞むような有り様になろうとは思いもよらず・・。それでもNeural:Xが半年早く使え [続きを読む]
  • サウンドスクリーン導入のシミュレーション。
  • 唐突ですが、これを実行すると思われるのは早計ですよ。個人的に考えてもみなかった案件なのですが、シミュレーションのご要望にお答えしたまでです。120インチサウンドスクリーンを拙宅に導入するならばどういう感じになるのか・・という内容となっております。そもそも何で、サウンドスクリーンなのか?映画館と同じ音を通す特殊なスクリーンですから、スピーカーを覆い隠す形で設置出来るのです。なので以下の懸案の解消がメリ [続きを読む]
  • これまでと、この先。
  • 今月までで、旧モデルのAVアンプユーザーに対しても、ようやくDTS:Xのファームウエアが行き渡った事と思います。それと、最近になってデノンとマランツ製品に追加されたアップデートの内容がこちら。待っていた、ドルビーのアップミックス「Dolby Surround」と、DTSの同じく「Neural:X」の相互乗り入れ再生が可能になったのです。これは当該ユーザーしか知らないような話ですが、ヤマハで最初にDTS:Xのアップデートを受けたCX-A510 [続きを読む]
  • DTS:X初期4タイトルのインプレ。
  • この秋、新型AVアンプの購入や、待ちに待ったというアップデートなどで晴れてDTS:Xの再生環境を手にした人も多いと思います。ちなみにDolby Atmosはスピーカー配置を例えば、7.1.4で表しますが、DTS:Xではそのスピーカー配置を特定しないということで、7.1.4配置を11.1と表すようです。 Dolby Atmosに対抗してそのアナウンスだけを、どんだけ先行させたのかっていうDTS:X。その肝心の対応ソフトが何本あるのか、意外にはっきり知 [続きを読む]
  • ドルビーアトモス ホーム2周年。
  • BDソフト「ネイチャー」で家庭用のドルビーアトモスが国内でスタートしてから、丸2年が経とうとしています。 自身も天井スピーカーを2本の7.2.2ch環境でスタートし、5.2.4chを経て7.2.4chまで実践して来ました。この2年間の印象なのですが、当初はもっとソフトが進化するはずだと思っていました。・・伸びしろがあるはずだと。しかしソフト自体の出来は変わっていないように思います。むしろその伸びしろの一部は、ユーザー自身に [続きを読む]
  • EH-TW8300?の導入シミュレーション。
  • 『買うんだ!』って思われるのは早計ですよ。(笑)もう何年もプロジェクターに関して触れていないので、シミュレーション記事だけでも書いておこうというわけです。初めてのプロジェクター導入を考えた時に、EH-TW8300Wに決めた前提で検討するのは以下の事ですね。1.スクリーンのサイズ2.設置位置3.設置方法4.ワイヤレスが必要かどうか?順に見てみます。1.スクリーンのサイズ多くの人の心情としては、スクリーンのサイズを部屋の [続きを読む]
  • オーディオラックを動かすには?
  • 本格的なオーディオラックが欲しいのだけど、スパイクが標準なので配線の時の移動はどうするのか?やはりオプションでキャスターを選んだほうが無難だろうか?こういう迷いをお持ちの方へ・・せっかくなので、キャスターは止めてスパイク仕様のままで行きましょう。ご懸念のラックの移動には、こういう道具を使ったら良いのです。これは家庭の家具の移動に使うもので、「リフター(てこ)」と「台車」のセットで、〇〇キャリーとか [続きを読む]
  • オーディオラックの話。
  • ホームシアターあるいは、オーディオ機器をこれから揃えようと考えた時に、機器そのものについての吟味は散々行うとしても、オーディオラックについてはあまり深く考えないか、優先度が低いということになりがちではないでしょうか?そういう僕自身もオーディオを始めた頃はホームセンターにある、カラーボックスに近いようなAVラックを使っていたものです。その後、必要に応じてそれらしいラックに段々と買い替えて来たわけです。 [続きを読む]
  • 新製品ウォッチ '16-08
  • 例年の事ながら、この秋に向けてAV機器の新型が発表され始めています。いくつか取り上げてみましょう。まずは既に発売中の製品から。・DMP-UB90 ・DMP-UB900世間の主流が未だにDVDにあろうかという一方で、意識の高いと言うか、新しもの好きな皆さんお馴染みのUHDブルーレイプレーヤーですね。思ったよりも低価格でリリースされたので、既に所有の方も多いようです。現時点で4Kレディ環境にある人にとっては、このパナソニックの2 [続きを読む]
  • AVアンプの聴感補正機能は不要なのか?「Dynamic Volume」編
  • ここのところ、音量に関連する記事を書いているわけですが、大音量も「経験による慣れ」だというように思います。住環境などの問題が無ければ、機器のグレードと比例して音量も出せてしまいますから。最近いただいたコメントなどから察しますに『うちではそこまで出ていないよ』と、おっしゃられても実測値はそこそこの大音量が出ているようです。こういう形のホームシアター実践者の中でも拙宅は「小音量派」の方に属するはずで、 [続きを読む]
  • AVアンプの聴感補正機能は不要なのか?「Dynamic EQ」編
  • 前回までの記事の中で触れていた、AVアンプの聴感補正機能についての考察です。デノンとマランツが採用する音場補正技術、Audyssey (オーディシー)MultEQ XT32が用意する機能としては以下のようなものです。(製品WEBページより)「Dynamic EQ」・・小さな音量でも臨場感を損なわない。「Dynamic Volume」・・小さな音は明瞭に、急に出る大きな音は小さく抑え深夜の視聴などに便利。これらは専門誌のレビュー記事において「小音 [続きを読む]
  • ホームシアターの音量について。 その2
  • ホームシアターにおける音量の話なのですが、評論家さんの試聴時の音量と一般家庭のそれが、かい離しているのではないか?そういう疑問がこの話の元になっています。『じゃあ、あんたのところはどうなんだ?』・・ですよね。まず、うちの住環境です。1軒家の木造2階にあるシアタールームの防音工事はしてありません。3方位は道路と用水路と駐車場で開放です。しかし1方位のみ、アパートが(2階建て2世帯)隣接と言うか壁まで1.5m [続きを読む]
  • ホームシアターの音量について。 その1
  • ホームシアターでは、その「音量」をどれだけ出すか、出せるのか?一方で評論家諸氏が、評価記事を書くための試聴時「音量」は、はたしてどの位なのか?・・この辺りについての考察です。その前に、以前からどうにも腑に落ちない事がありました。これがホームシアターの音量と関わりが有ることなので、まずこれから先に触れます。その事とは・・AVアンプのオートセットアップで、全てのスピーカーの音量は同じに設定されるはずなの [続きを読む]
  • イマーシブ・オーディオ? その3
  • 先般リリースされた国内初のDTS:Xソフトと、ドルビーアトモス収録ソフトの多くはリミックスなのか?という邪推による独り言を書いています。いつの間にか、天井にスピーカーを配置するサラウンドフォーマットを、チャンネルベースのAuro-3Dまでを含め、イマーシブ(没入型だったかな?)オーディオと呼ぶようになっています。むしろオブジェクトベースでは無い、リミックスまでも内包する意味だと捉えると分かりやすくなる(と言う [続きを読む]
  • イマーシブ・オーディオ? その2
  • ドルビーアトモスのソフトを幾つか鑑賞すると、サラウンドが空間構成ではない5面構成のソフトがあることに気付きます。という話の続きです。(個人が感じたままの意見です。意味がわからないとか、理解し難い場合にはスルーしてください。これはそもそも、それほど重要なことではないかも知れません。)ドルビーアトモスのサラウンド音場のイメージは、枠の中の空間の任意な座標にオブジェクトを定位出来るということなので、音場 [続きを読む]
  • イマーシブ・オーディオ? その1
  • 近頃の当ブログ訪問者さんの検索ワードを見ていますと「ドルビーアトモス」の認知度がやや上がって来たように思います。あるいは局地的に認知度を上げたのが、某男性アイドルグループのファンのによるものかも知れません。「V6」「ドルビーアトモス」ワードでのツイートも結構見られますので。もっとも、V6?・・V8(マッドマックス)の間違いじゃないの?と一瞬思いましたが。(笑)そんなドルビーアトモス収録のブルーレイが国内 [続きを読む]
  • 使用機器について。 2016.5 スピーカー編
  • 現在の7.2.4ch構成するスピーカーの紹介です。と言ってもここ数年顔ぶれは変わっていませんで、その配置が変わっているだけです。こういう紹介っていうのも、単にイコール自己顕示欲の発露なのでしょうから、どうかと思いますが、本人の備忘録として書いていると思ってください。●スピーカー フロント     KEF Q700    センター     KEF Q600c サラウンド    KEF iQ7 サラウンドバック KEF iQ1 サブウ [続きを読む]
  • 使用機器について。 2016.5 機器編
  • 最新の所有機器の紹介です。●AVアンプ デノン AVR-X7200WA      + 電源ケーブル ゾノトーン6NPS-3.5 Meister+オヤイデ029プラグ 自作品。デノンのAVアンプは自身通算で3台目となります。正直、最新サラウンドへの未対応が、我慢できるはずも無かったがゆえの買い換えです。そもそも、Bライフの人がなぜにフラッグシップなのか?普通なら購入対象にならない(出来ない)製品ですが、本機は登場してから1年余り。価格 [続きを読む]
  • 2016.5配置図更新 7.2.4ch。
  • スピーカー配置を7.2.4chに変更しましたので、右コラムの配置図も更新しました。AVアンプをX7200WAに決めた理由のひとつ、既にプリメインアンプのPMA-2000REを持っていたことがあります。これをフロントスピーカーの外部アンプとして使う、7.2.4ch配置を見越したからです。当初はX7200WAの素性を知るために5.2.4chのままでしたが、音が後頭部にまとわり付くような感じで、どうも後ろの音場が近い(狭い)のです。これは前にも書い [続きを読む]