秀(ひで) さん プロフィール

  •  
秀(ひで)さん: ベトナム・ホーチミン生活便り
ハンドル名秀(ひで) さん
ブログタイトルベトナム・ホーチミン生活便り
ブログURLhttp://vn-hochiminh.seesaa.net/
サイト紹介文ベトナムホーチミンでの生活風景や生き方を綴っております。
自由文コンサル会社経営と100%ナチュラル石鹸や女優肌で有名なエクスボーテ化粧品(日本製)、高性能ゴルフシミュレータ等をベトナム国内で輸入販売しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/04/20 16:45

秀(ひで) さんのブログ記事

  • 3月は何かと家庭内行事多し編
  • 3月生まれの誕生日が秀さん、Vちゃん、マー君と3名、愚息とVちゃんの結婚6周年も3月ですわ。また、3月は卒業や人事異動の時期、また、桜の開花時期でもありますねぇ。今月は賢者の皆さまも何かと忙しくしているのではないでしょうか?ホーチミンも日中は暑さが厳しくなっております。季節の変わり目でもありますので体調管理に気を付けなければいけませんねぇ。今週、マー君の幼稚園の制服も到着しまして4月から毎日幼稚園に [続きを読む]
  • 第92回ホーチミン品友会開催のご案内編
  • 今月は1週間遅れの第3土曜日の品友会開催になりました。3月は人事異動や進学など日本ではイベントの多い月ですが、ここベトナムでは通常運転です。秀さんの日常は相も変わらず貧乏暇なしですが元気だけが取り柄ですので無問題ですわ。3月は秀さん、義娘のVちゃん、孫のマー君の誕生月ですわ。身内の間でプレゼントのやり取りしたところで一家全体のお金は減るのですが普段自分では買わないプレゼントを貰う&上げる喜びはお金 [続きを読む]
  • 大愚さんこんな記事書いて大丈夫か?編
  • まぁ、言っていることは間違いではないのですが・・・思い切って書いたものですわ。戦後日本は独立した国家だなんて思っている方が大半でしょうが実際は隷属国というのが実態の日本ですわ。大音量の街宣車で迷惑をかけている自称 右翼・・・全部ヤラセ、ごまかしですわ。おっと! ヒートアップしそうなのでやめておきますね。では、大愚さんの辛口だが概ね正しい記事を転載です。なりすまし半島人間排除へ動く日本政治?  、い [続きを読む]
  • 昨日は誕生日のお言葉頂き有難うございました編
  • 多くの方からコメントやメール・電話&プレゼントを頂き誠に有難うございました。ブログ上ではありますがお礼を申し上げます。多謝!しかし、ええ歳こいてベトナムに長く住んで世のため人のためには何のお役にたたずこの歳(62才)になってしまいました。思えば遠くへ来たもんだですわ。これも何かのご縁や導きがあったのかも知れませんねぇ。数多く頂いたプレゼントの中には下記のようなものが・・・へい、タバコ吸いの方にはお [続きを読む]
  • 在越の日本人も様々ですね編
  • 10年位前だと日本食レストランで日本人の方を見かけても一人二人くらいは知り合いの方がテーブルにいたのですが、最近では全く面識のない方ばかりということもしばしばです。ベトナムで暮らす日本人の方の大半は会社の人事移動で海外転勤という方が多いのでしょうが、最近は駐在員の方以外の日本人も増えまた若い世代の方が多くなって来たような気がします。以前に比べると日本とベトナムの距離が縮まったというかそれだけ経済的な [続きを読む]
  • コンビニが一般住宅エリアでも出来てきた編
  • かれこれ1年前だろうか・・・秀さんが居候している愚息のアパートから歩いて30秒位の所にビングループのコンビニであるビンマートが出来た。大きさは60?くらいなので小さなコンビニですが一般食材に混じって一応野菜や果物に冷凍食品まで置いています。よく孫のマー君を連れてヤクルトやちょっとしたものを買いに行きます。十数年前ではベトナムでコンビニなんて想像すら出来ませんでしたわ。現在ホーチミンではあちらこちらに [続きを読む]
  • 天皇陛下が初来越されましたねぇ編
  • 天皇陛下、ご高齢にも関わらず公式行事のためとはいえご苦労さまです。ベトナムも天皇陛下が来越されるほど国の存在感を増して来たと言えるのかも知れません。両国との関係も今後更に高まることでしょう。良いことですね。はい天皇陛下はベトナムの後はタイ王国へと前国王逝去の慰問に行かれるとのこと・・・体調を崩されないよう公式行事をこなして頂きたいものです。さて、もう3月に入ってしまいました。日本では桜の季節ですね [続きを読む]
  • 義娘と四方山話をしました編
  • 2番目の子供が生まれて2ヶ月半が経過しましたが上のマー君は来月やっと3才なのでまだまだ手がかかる。二人の幼児をかかえて日々悪戦苦闘している様子は傍からみていると少し可愛そうですわ。現在週2回のマー君の幼稚園の送迎は秀さんの仕事になっているのですが昨日は義娘のVちゃんも同乗して行きましたわ。高島屋のヤマザキで愚息が好きな食パンや調理パンを買うとのこと。ヤマザキが出来るまではベトナムのパンで満足していたの [続きを読む]
  • ベトナム進出の話題が日本では多いですが編
  • 資金力や優秀な人材などの各種リソースを多く持っている大企業さんは別にして中小零細・個人事業主の進出となると日本で騒がれている程簡単にはいかないのが秀さんの率直な感想ですわ。長い間、秀さんもベトナムでそこそこ、いや間違いゴソゴソとやってきておりますが過去には騙されたことも複数回ありましたよ。だ か ら・・・今でも貧乏なのですがね! はぁ〜秀さん含め日本人の一番の問題は、直ぐに人を信用してしまうことが [続きを読む]
  • ドル・円等の為替相場の変動が激しいですが・・・編
  • 秀さんの会社も日本製の化粧品を輸入している関係やコンサルフィー等を円またはドンで受け取るかにより為替の影響を受けるのであります。とは言っても毛細血管企業なので1回あたりの取引額は大したことないので大きな影響はありませんがね。ベトナムに関わって17年になりますが、過去1万円が130万ドンから290万ドンまでの間で為替相場の影響で上下を繰り返したことを経験しております。現在、1万円は190万〜200万 [続きを読む]
  • 乾季なのに気温が高いホーチミン編
  • ここのところ乾季に雨が降ったり気温が高かったりと例年と違いホーチミンの気候はおかしい。って・・・お前の頭のほうがもっとおかしいわぃ! と言われても返す言葉がない秀さんですがね。へいベトナムはテトも終わり人々の暮らしぶりも通常に戻っておりますが秀さんの方は仕事上の様々な問題処理に追われ落ち着かない日々を過ごしております。過去を振り返っても落ち着いた日々が数年も続いたことなんてありませんでしたわ。いつ [続きを読む]
  • 今年中に100回になりますねと言われた編
  • 第91回目のホーチミン品友会ですが11名の参加を頂き無事終了致しました。皆さま、ご参加有難うございました。当初参加表明された方の人数が少ないので久しぶりに愚息夫婦に参加を依頼したのですが最終的には11名ということで何じゃこりゃ? 状態の秀さんでした。あるメンバーさんから今年中に100回になりますねぇ と言われて驚いた次第ですわ。月日の経つのはほんとうに早いですね。何のためにもならない食事会を続けて [続きを読む]
  • トランプ大統領の経済政策の誤りを論理的に説明編
  • Systems Research社の吉田繁治氏の統計数字を使った経済分析にはいつも勉強させてもらっている秀さんです。まぁ、勉強したところで・・・アホな秀さんが劇的に変化するわけではないですがね。アホはいつまで経ってもアホなのです。へいさて、今回はタイミング良くトランプ大統領の経済政策についての言及です。秀さんも目からウロコ状態でしたわ。江戸時代のような鎖国的経済政策をグローバル化した現代社会ではどの国も取ること [続きを読む]
  • 第91回ホーチミン品友会開催のご案内編
  • 長いテト休暇も終わり明日からベトナムも通常モードになりますねぇ。夏休み明けの子供のように気が重い方もおられるのではないでしょうか?出来ることなら1年中お休みが続けば良いのに・・・・と思う方もおられるでしょう。毎日が日曜日ですわ。人間様は勝手なもので毎日毎日何もすることがないと落ち着かずまた結構寂しいものだと過去秀さんはある方から聞いたことがあります。すること(仕事や学業)があるから休みが有難いのか [続きを読む]
  • 大愚さんは視点がやはり面白い編
  • 不動産投資はババ抜きの面がある  不動産屋のタチの悪いのはおだててカスをつかませて売り逃げるというのが基本路線です。医者や外資系なんか、基本お勉強バカですので、業者は金欲しさにおだてているだけなのに自分も信じちゃったりして。低金利で駆動されてきた不動産ミニバブルが終わるかもどうなんでしょう開始>不動産ミニバブルの崩壊迫る!! 高金利融資はまた、同じ悲劇を繰り返すのか?2016年12月5日付の週刊全国賃貸住宅 [続きを読む]
  • やっとテトが来ました編
  • 1月は様々な問題処理で多忙で心休まる時間がなく本日やっと落ち着いた感じです。長くベトナムに住んでいても会社を経営して行く上において日々問題多し。特にお役所関係の処理と言うか言いがかりと言うか社会主義独特の風習に憤りを感じることもしばしばでほんと! 嫌になりますわ。まぁ、勝手に異国の地に住んでいる身分なので気に食わなければ自国に帰りなさいよ! と言われてしまえばいえいえ、いえいえ、外国人には何かと住 [続きを読む]
  • 第90回(2017年度新年会)ホーチミン品友会開催のご案内編
  • 新年明けましておめでとうございます。皆さまの今年1年のご多幸をお祈りしております。日本の正月休みは終わりましたが、ここベトナムではテト(旧正月)の大型連休を待ちわびている方も多いでしょうねぇ。ベトナムの方々の嬉しそうな顔を見るたびに秀さんもなぜか喜んでしまいます。さて、品友会も早いもので7年半が経過いたしました。今年の1年のハッピーを願って新年会開催のお知らせです。初参加の方を含め多くの方のご参加 [続きを読む]
  • 確かに親孝行は親が生きている内にやるべき編
  • エエ歳こいて時々思うことは・・・もう少し親孝行しておけば良かったなぁ〜 とか 亡き妻ともう少し一緒にいる時間を意識して取るべきだったとか・・・後になって後悔の念がふつふつと湧いて来ますがもう遅いであります。後から悔やむから後悔と言うのでありまして、逆に何もないのに先に悔やむ人は秀さんのようなアホだですね  へい結局、俺がおれが! 自分がじぶんが・・・と何事にも自分中心でしか行動できなかったことがそ [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます編
  • いよいよ年も明けて新しい年の始まりですね。明けましておめでとうございます。本年もどうかこのあほブログにお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。新しく家族の仲間入りした2番めの孫も加え家族5人で仕出しを頼んで食事をとり日本の親戚等に電話を入れたりしておりました。 ベトナムでは正月と言えば旧正月のテトが最重要期間ですので一般のベトナム人にすれば西暦の正月は通常の祭日より少し休みが長いので嬉しいといった [続きを読む]
  • 再度、出光佐三さんのお話を編
  • 前にもブログで取り上げたことがあるのですが秀さんが最大限の尊敬を払う人物であり、また同じ福岡県出身ということもあり秀さんの心に 人間とはこうありたいものだ と強烈に思わせる人物のお話です。実業家 出光佐三さんその人です。下記の写真で見て頂くと分かるのですが良い顔をされています。人の思いはお金では測れない・・・・そんな生き方に震えが来ます。本日は、ねずさんの記事からの勝手に転載ですが出光佐三さんの生 [続きを読む]
  • 1年を振り返って編
  • この1年の大きな出来事のひとつは2人目の孫(孝寛)の誕生2番めは二十数年のゴルフ経験の中で初めて本格的にレッスンを愚息に逆らわずに素直に受けているという驚愕的な事実3番めは・・・うむぅ〜 もう無いですわ へいはぁ〜、凡夫の中の凡夫の秀さんの1年なんてこんなもんですわ事業に成功して大金が手に入るわけでもなく大病をするわけでもなく日々のんべんだらりとした生活の連続で人様に報告するようなこたぁ〜ありゃしませ [続きを読む]
  • この記事は是非読んでおいて損はないと思われます編
  • はぁ〜 よいよいっと! へい、いつものように転載時期ですが今回はとてもためになると言うかよく分析された記事だと思います。これが無料で読めるなんてラッキーというか筆者の懐の広さに感謝です。経済動向に関係のある方は是非お読みください。秀さんの場合は100%関係ないのですが元々長く経済を勉強して来た学生の気分で読んでおります。皆さまのご参考になれば幸甚です。ビジネス知識源様に感謝です。以下転載開始<Vol.366 [続きを読む]
  • クリスマスですが爺には関係ありませんわ編
  • 今年も1年あと僅かですねぇベトナムでもクリスマスはイベント盛りだくさんで街中に繰り出すカップルや家族も多いですね。人間様はなにかかにか理由を付けてお祭りをしたい生き物なのでしょうねぇ独り身の爺さんはクリスマスなんて関係が無いというかキリストからも お前には縁がないことだわ・・・と言われるかもですわ。しかし、クリスマスは一般的にはイエス・キリストの誕生日と言われていますが実際は違うのが真相です。一節 [続きを読む]
  • 視点がユニークな大愚さんの記事転載編
  • 転載記事ついでにもうひとつ。ってお前もう自分のブログ記事を自前で書く気ないだろう! と言われても反論できないアホでダラダラの秀さんです。来年から世界の政治経済は大きく変動するというか今までのアメリカを中心とした戦争・紛争を前提としたネオコンのデタラメなやり方からより協調性を持った政治経済に大きく変化していくことでしょう。だって、ロシアのプーチンとアメリカのトランプは仲良いですもん。ロシアのプーチン [続きを読む]
  • スマソ、ブログ更新出来ない時はいつもの転載記事です編
  • 今後世界はどう動くか?・・・なんてことを考えたところで我々凡夫の生活が劇的に上向くわけでなし アホらしいわぃ!と思うからいつまで経っても我が国の政治経済が良くならないのですがね。日本では1960年代の学生運動を最後に国民が自国の政治や経済を考えなくなったというか真剣に政治や経済を考えるような人間をダサ〜ぃ と揶揄したり排除するような気風になってしまいました。その結果、庶民の生活は現在悲惨な状況になって [続きを読む]