利根の暑太郎 さん プロフィール

  •  
利根の暑太郎さん: 利根の暑太郎の文
ハンドル名利根の暑太郎 さん
ブログタイトル利根の暑太郎の文
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/toneno_atutarou
サイト紹介文詩、エッセイ、ポップ音楽の詩、解説、自分の文載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/04/23 00:09

利根の暑太郎 さんのブログ記事

  • 豊洲モンダイ
  •   豊洲の問題は、地下の盛り土をしなくて、工事費が安くなり  そのお金はどこに行ったのか 追及していないようだ  そして、そのため地下に湧く湧水が汚染されている  それを改善するにはどうするかで解決できるのに  触れていないようだ  土の中の水処理装置がなおったなら、大分改善されたはずだ  地下の湧き水はコンクリート塗って遮断すれば解決するとも言う  しかし、作った時の地下の様子はおかしい  地下 [続きを読む]
  • Andrea Berg
  •              私をよく見て    夏の夕方 静かな時を    楽しんでいても とても退屈なの    突然 あなたの声がして    私はうれしく 外に出ます    あなたが私を 見てくれないと    夜はよく 眠れないの    私に好意を持って でも私は    応えません    私を見る目から 愛の強さを    感じたい            星の下で踊る 熱い吐息と空気    あなたが [続きを読む]
  • Andrea Berg
  • ドイツ語の原文で、あらましがわかったのを、まとめました。             私をよく見て    夏の夕方 静かな時を    楽しんでいても とても退屈なの    突然 あなたの声がして    私はうれしく 外に出ます    あなたが私を 見てくれないと    夜はよく 眠れないの    私に好意を持って でも私は    応えません    私を見る目から 愛の強さを    感じたい       [続きを読む]
  • たりないものが満たされたと
  • 夜更けの中、いつも詩作はしたいと思っていたが活字の魅力に恥じらうように驚いた時期もあったが詩はやっていても進歩するものでなく退化することもあると知った。他の世界では、熟練していくのが当たり前のことなのにだ。若い日に太陽が光に当たる風景 葉らの輝きを求め葉裏の風の揺らぐものらの文句を書いたり南の風景を求めた それは自分が闇があるからなのだ現に夢に見た物は 悲惨なものだった黄色い寒天の大気を愛した真鍮 [続きを読む]
  • たりないものが満たされたと
  • 夜更けの中、いつも詩作はしたいと思っていたが活字の魅力に恥じらうように驚いた時期もあったが詩はやっていても進歩するものでなく退化することもあると知った。他の世界では、熟練していくのが当たり前のことなのにだ。若い日に太陽が光に当たる風景 葉らの輝きを求め葉裏の風の揺らぐものらの文句を書いたり南の風景を求めた それは自分が闇があるからなのだ現に夢に見た物は 悲惨なものだった黄色い寒天の大気を愛した真鍮 [続きを読む]
  • NYUSHA / НЮША - Наедине (Official Clip)
  • NYUSHA / НЮША - Наедине (Official Clip) HDОбъединение моей мечтыНаедине теперь я и тыЭто облако из огняРастопило мои снегаТо ли я - не я, то ли ты - мечтаЯ надеждой окутанаИ теперь дни я путаюТо ли без тебя жизнь моя пустаОбъединение [続きを読む]
  • NYUSHA / НЮША - Наедине (Official Clip)
  • NYUSHA / НЮША - Наедине (Official Clip) HDОбъединение моей мечтыНаедине теперь я и тыЭто облако из огняРастопило мои снегаТо ли я - не я, то ли ты - мечтаЯ надеждой окутанаИ теперь дни я путаюТо ли без тебя жизнь моя пустаОбъединение [続きを読む]
  • 南スーダンの自衛隊駆けつけ警護
  • 南スーダンの自衛隊駆けつけ警護について考えてみた。国連の平和維持活動、PKOとしてやっているわけで。国際紛争を解決する手段として、武力を行使するわけでない。それは憲法違反か紛争の当事者のどちらかに、駆けつけなければ良いのか。平和維持活動している、団体が誰かに襲われたら、駆れけつけ警護は人道的に行っても、良いように取れる。平和維持活動は紛争当事者でない。 [続きを読む]
  • 南スーダンの自衛隊駆けつけ警護
  • 南スーダンの自衛隊駆けつけ警護について考えてみた。国連の平和維持活動、PKOとしてやっているわけで。国際紛争を解決する手段として、武力を行使するわけでない。それは憲法違反か紛争の当事者のどちらかに、駆けつけなければ良いのか。平和維持活動している、団体が誰かに襲われたら、駆れけつけ警護は人道的に行っても、良いように取れる。平和維持活動は紛争当事者でない。 [続きを読む]
  • ロシアの侵略
  •               北方領土をロシアは               先の戦争で取ったのだから              自分の物と言う              おかしくないかい              負けた日本は他国を攻めたと                      言って悪かったとみな思っているんだ              隣国は今もそれをたてに攻め立てる            [続きを読む]
  • ロシアの侵略
  •               北方領土をロシアは               先の戦争で取ったのだから              自分の物と言う              おかしくないかい              負けた日本は他国を攻めたと                      言って悪かったとみな思っているんだ              隣国は今もそれをたてに攻め立てる            [続きを読む]
  • アポリネールの詩の一部の解釈
  • たまたま、アポリネールの詩を家を失った男の歌                      飯島 耕一 訳 1903年とある。   一部     家々の門の ありとある灯で      燃えている とある通りの曲がり角に     灯は血の色をした霧の傷口     いくつもの門が悲しんでいたそこに     あの少年に似た一人の女がいた   ロンドンでと書いてあるのでパリでない。パリと思 [続きを読む]
  • アポリネールの詩の一部の解釈
  • たまたま、アポリネールの詩を家を失った男の歌                      飯島 耕一 訳 1903年とある。   一部     家々の門の ありとある灯で      燃えている とある通りの曲がり角に     灯は血の色をした霧の傷口     いくつもの門が悲しんでいたそこに     あの少年に似た一人の女がいた   ロンドンでと書いてあるのでパリでない。パリと思 [続きを読む]
  • 彫像萌え出でて
  • タヒチ密林のヒノイ、と書いたように木々に囲まれて、西洋人のマスクの彫像当時、カメラのフイルムが滑っていて、撮り直しに再び撮りに行ったし覚えていて行けた。歩いて行けたのだから、パピエテのそばだった。車は殆どなく、娘さんも、せいぜいスクーターに乗っていた静かな環境だった二度目に来た時は、年月が経ったのと、街は変わっていた。どこかわからない、もう、彫像はないのかも知れない。ヒノイという地名はガイドに見あ [続きを読む]
  • 彫像萌え出でて
  • タヒチ密林のヒノイ、と書いたように木々に囲まれて、西洋人のマスクの彫像当時、カメラのフイルムが滑っていて、撮り直しに再び撮りに行ったし覚えていて行けた。歩いて行けたのだから、パピエテのそばだった。車は殆どなく、娘さんも、せいぜいスクーターに乗っていた静かな環境だった二度目に来た時は、年月が経ったのと、街は変わっていた。どこかわからない、もう、彫像はないのかも知れない。ヒノイという地名はガイドに見あ [続きを読む]
  • バーベキュ
  •             ランボ゛ー君が笑っている            見者になるには燃えなくては            体調を健康を整えていては無理とか。     真夏の中の 昼間のバーベキュ     暑さの中の 焼肉と野菜だ     けやきの木肌のようなすべすべした木々の横で     多くの日陰を持ち せめてもの救いだが     親交をこれらで 深めたことだ     愛の家族のように      [続きを読む]
  • バーベキュ
  •             ランボ゛ー君が笑っている            見者になるには燃えなくては            体調を健康を整えていては無理とか。     真夏の中の 昼間のバーベキュ     暑さの中の 焼肉と野菜だ     けやきの木肌のようなすべすべした木々の横で     多くの日陰を持ち せめてもの救いだが     親交をこれらで 深めたことだ     愛の家族のように      [続きを読む]
  • 心配な自民の憲法改正草案。
  •            ときどき目にする改正草案。  驚いたのは、天皇が、象徴から、元首になることだ。逆戻りだ。戦線布告も、天皇がやるのか。  平安の時代から、天皇を奉じた方が、正義とされた。現代も奉じて、国民を従わせる。  象徴天皇として、現天皇が、近隣諸国に慰問の気持ちを,しん酌しているのだろうか   アメリカは今の憲法つくらせた、何も言わないのか。今のところ、アメリカ、その他に不利になる  こ [続きを読む]
  • 心配な自民の憲法改正草案。
  •            ときどき目にする改正草案。  驚いたのは、天皇が、象徴から、元首になることだ。逆戻りだ。宣戦布告も、天皇がやるのか。  平安の時代から、天皇を奉じた方が、正義とされた。現代も奉じて、国民を従わせる。  象徴天皇として、現天皇が、近隣諸国に慰問の気持ちを,しん酌しているのだろうか   アメリカは今の憲法つくらせた、何も言わないのか。今のところ、アメリカ、その他に不利になる  こ [続きを読む]
  • 詩作したわけを問いたけど
  •   これは、一年に一回の詩誌に書いた下書きなのですが。       山村慕鳥さんは       牧師だから       聖書のみことばを今頃読んでも       とてもかなわない       山村慕長さんは       れっきとした詩人だから       その詩誌に詩を載せてもらうには       とても赤面なことと思っている       それで詩を書いてきたのは       自分勝手なものか知り [続きを読む]
  • 詩作したわけを問いたけど
  •   これは、一年に一回の詩誌に書いた下書きなのですが。       山村慕鳥さんは       牧師だから       聖書のみことばを今頃読んでも       とてもかなわない       山村慕長さんは       れっきとした詩人だから       その詩誌に詩を載せてもらうには       とても赤面なことと思っている       それで詩を書いてきたのは       自分勝手なものか知り [続きを読む]
  • Группа ЛИЦЕЙ
  • группа Лицей - Облака新しい動画、みつかりましたので。                               雲      果てしない青い はじに      散歩道の板のある 小川の向こう      草の中に矢車菊がある      私は静かに浮かぶ 雲に見とれる            遠くの静けさに スモーク [続きを読む]
  • 書かせた方はいるかと
  •                                梅雨のぐずつき              暖かくなったり寒かったり              循環器の負担を感じる              車に乗って胸の痛み              エコノミー症候群かと              水源が足りないと言ったら               [続きを読む]
  • 取り調べ
  •       そのⅠ   取調官   「やったんだな」   容疑者   「今は第三者の弁護士におまかせしており、精査してます」     その 2   取調官   「 先日は自白したが、撤回したいのか」   容疑者   「自白でなく、新しい判断で言いたいのです」                おもしろい社会になっていく、考える会より [続きを読む]
  • あおい海がとても
  •          あおい海を見て                  生きていたいと思って         外国に行けない時代で゛         少年らは多く望んでいたらしく         そのころ勉強したけど         きっとそれでは家庭に縁ないとか         余計なこと考えて         転身して船のエンジンを学んだが         計算ばかりで あおい海をみられないと   [続きを読む]