¥Kama さん プロフィール

  •  
¥Kamaさん: ¥Kama’s Weblog
ハンドル名¥Kama さん
ブログタイトル¥Kama’s Weblog
ブログURLhttp://www.jf6yje.com/Weblog/
サイト紹介文気が向いた時にボチボチ更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 190日(平均7.5回/週) - 参加 2008/04/22 17:40

¥Kama さんのブログ記事

  • 帯解けば疲れなだるる夕薄暑/古賀まり子
  •  帯をネクタイと思えばわかりよい感覚かも。世の中よく判らないカタカナ語クールビズなどと唱えてノーネクタイの軽装を推奨していてすでにそのようにしているところ多数らしい。そもそもそんなことで服装のことをガタガタ言ったり気にするのもどうかと思う。服装は、その時の気候に合わせればいいだけでないのだろうか。若い頃一人クールビズを実施して暑い期間はネクタイをしておらずガタガタ言われていた時期があった。そのこと [続きを読む]
  • 第17回新潟コンテストに参加してました。
  •  5月21日13:00より19:00(JST)までJARL新潟県支部主催の新潟コンテストに参加してました。オール群馬コンテスト終了からら1時間後開始で、7MHz部門3時間、HFハイバンド部門3時間と続けて行われた。7MHzは時間帯があまりよろしくないのかあまり混雑しておらず肝心の新潟局もあまり聞こえない。昨年もそうだったけれども結果をみたらそんなにいたのかというくらいトップスコアと差があった。多分今年もそうだと思う。聞こえないのは [続きを読む]
  • 第45回オール群馬コンテストに参加してました。
  •  5月20日20:00より21日19:00(JST)まで(00:00~06:00休み)JARL群馬県支部主催のオール群馬コンテストに参加してました。昨年は、電信21MHz(15m)で参加していましたが今年は、電信マルチバンドHFで参加してました。20日は、1.9MHzから7MHzまでのローバンドで聞こえる群馬局を2時間弱でほとんど交信してしまいRUNするもほとんど応答無しでガーガーやかましいヘッドフォンをしたまま寝てしまっていた。お陰で21日は、早朝5時から起きて [続きを読む]
  • 特攻の真意 大西瀧治郎はなぜ「特攻」を命じたのか/神立 尚紀
  •  電子書籍で購入したのは、昨年のことだったと思う。テーマが重いせいかずっと保留したままだった。特攻とは、もちろん第二次世界大戦末期の神風特別攻撃隊のことだ。ネットで検索すると膨大な量の情報を得ることができると思う。その中の重要人物としてこの「大西瀧治郎」は、かなりの割合で登場すると思う。1945年8月16日に自刃した人だそれも介錯無用と言い放ち絶命するまで16時間ほどかかったとか。この人物について映画やド [続きを読む]
  • 産土神の針金細工子かまきり/合田秀渓
  •  産土神は「うぶすながみ」では字余りになるから「うぶすな」と訓むらしい。そろそろ孵化したばかりのカマキリがいるはずと思ってうろうろしていたらカラムシの葉の上にいる小さいのを見つけました。小さくても成虫と変わらない姿です。成虫と違うのは羽根がまだないというだけです。飛べない分成虫よりも動きが機敏でくさむらの中を軽やかに駆けています。今回はこの針金細工くんの後ろ姿だけの撮影がやっとだった。いったいぜん [続きを読む]
  • 愛しきれぬ間に天道虫掌より翔つ/加倉井秋を
  •  ナナホシテントウを捕まえて掌に置いて観察しようと思ったらこの俳句のようにタタタと指の先まで登って飛んで逃げてしまう。なかなかじっくり観察できない。このナナホシテントウは、見た目が可愛らしくておもちゃや雑貨製品のデザインモチーフにもなってるものも多いように思う。テントウムシの産婆サンバなる歌まであって身近な昆虫だと思う。でもこの昆虫は、アブラムシの天敵です。人間にとっては都合がよいので益虫などと言 [続きを読む]
  • 5U5R QSL arrived.
  •  5U5Rは、今年3月二ジール共和国から運用されたアマチュア無線局です。二ジール共和国は、1960年8月3日にフランスから独立した国。アフリカ大陸アルジェリア、リビア、チャド、ナイジェリア、ベナン、ブルキナファッソ、マリと七カ国に囲まれておりサハラ砂漠南部に位置し国土の三分の二が砂漠という国です。http://www.dxfriends.com/5u5r/ 今回は、40mでの交信がお初でした。過去には、何かの間違いで5UV386という業務局のコー [続きを読む]
  • ひろがりて雲もむらさきはな樗/古賀まり子
  •  樗は「おうち」と読む。センダンのことだ。俳句にするには一音少ないから都合がよいらしい。仲夏の季語となっている。今この花が満開になっている。新緑に覆われた山肌に薄紫色したもやもやとした雲がのっているように見えるのがこのセンダン(栴檀)の花と思ってほぼ間違いない。薄紫色の正体はこの真っ白な花弁と濃紺の蘂という花なのです。高木なので花の接近撮影は困難な場合が多い。職場近くのセンダンは、低い位置に枝があっ [続きを読む]
  • 九十歳。何がめでたい/佐藤愛子
  •  佐藤愛子の作品は、長編小説「血脈」しか読んだことがない。北杜夫の随筆の中にちょくちょく登場して文壇仲間から怒りの愛子ちゃんと呼ばれているらしいことだけは、存知上げている。タイトルだけでこれは面白そうだと思って購入した。しかも愛子さんがそんなものわけが判らないと仰りそうな電子書籍だ。簡潔で読みやすい文章はさすがだと思う。ただの高齢ばあさんの小言集ではなかった。新聞の人生相談への投稿欄に纏る話が多く [続きを読む]
  • 夏さむしここより奥に山の霊/宇多喜代子
  •  まだ暑い日が少ないものだからまだ春気分の人が多いみたいだけれども今は初夏。4月下旬くらいから夏の服装で通勤しているけれども日が沈んでしまったら涼し過ぎる日がまだ多い。今年の夏は暑くなるという予報らしいけれども本当のところはどうなるのだろう。個人的には、暑さ寒さに弱いので今くらいの最高気温25℃前後の気候を希望する。だがしかし本当にそんなことになったら色々なことが具合の悪いことにになりそうだ。なので [続きを読む]
  • 第16回オール山口コンテストに参加してました。
  •  5月13日18:00より14日15:00(JST)まで(00:00〜06:00休)JARL山口県支部主催のオール山口コンテストに参加してました。昨年は、QRP Sprintと重なってしまい当コンテスト参加局からコンテストナンバーだけ要求されて(あちらはQRPでないから無効)なんだか損した気分になっていた。実質今年が初参加となった。今年は28MHzでJA3コンテストと重なってしまったけれども影響なし。山口県の県内局と中国エリア(JA4)の各県内局との交信が有 [続きを読む]
  • 朱欒咲く五月となれば日の光り/杉田久女
  •  職場周辺の畑では、今柑橘類の花が咲いていて周辺にはいい香りがほのかに漂っている。キンモクセイとかハゴロモジャスミンみたな強い芳香ではなく落ち着く香りで私はこちらを好む。平安貴族は、この花を袂に入れていたそうな。以前は中年女性に強烈な香水の匂いが目立っていたように思うけれども最近は、若い女性にもそれが多いように感じる。犬でなくても通ったあとをその臭気をたどって追跡できそうな気がする。彼女たちにはど [続きを読む]
  • 全市全郡コンテストとオール大阪の賞状いただきました。
  •  昨年10月8日に開催されたJARL主催全市全郡コンテストの賞状を本日郵送で受領いたしました。改めまして交信いただきました各局に御礼申し上げます。オール大阪の賞状 2月にPDFで受領したはずの賞状を本日郵送でいただきまました。どういうことだかわかりませんが同封された文書には2017年分からと書いてありました。ともかくありがたく頂戴いたします。御丁寧にありがとうございます。 [続きを読む]
  • 長崎県コンテストと京都コンテストの結果が発表されていた。
  •  先月4月1日に開催されていた長崎県コンテストの結果が発表されていた。弊局JG6JAVは、お陰様で個人HF電信の部で9局エントリー中1位という成績でした。交信いただきました各局みなさまありがとうございます。県内局の参加がとても少なくてかなり残念な感じがするのは私だけでしょうか。http://www.jarl.com/nagasaki/2017NSTEST.pdf京都コンテスト 2月4日に開催されていた京都コンテストの結果も発表されていた。こちらは、シン [続きを読む]
  • 深海の波音聞こゆ立浪草/小玉真佐子
  •  ジャンコクトーの有名な詩「耳」を思い出してしまった。「私の耳は貝のから/海の響をなつかしむ(訳:堀口大學)」共通点は海の音かな。立浪草とはそのままな感じの名前で覚えやすいと思う。群生している様は尚更白浪立つ海の様そのものではないだろうか。花を観察するとその形が集音装置のようでもあり喇叭型のスピーカーのようでもある。もしかしたら海の音が聞こえるかもしれない。実際に耳を傾けたらせいぜい風が花をなでる [続きを読む]
  • 第8回QRP Sprint コンテストに参加してました。
  •  本日5月7日12:00から21:00(JST)まできゅうあ〜るぴぃ〜コミュニティ主催の第8回QRP Sprintコンテストに参加してました。当コンテストは、最大出力が5Wなので力押されることがなく好きなコンテストの一つです。そのため弱い信号を注意深く傾聴してないといけない。再送要求も再送も多い。想像力も時々必要。毎年21MHzと7MHzのシングルバンドで参加している。今年もそのつもりだったけれども開始直後からなんも聞こえない状態が続 [続きを読む]
  • VP6EU QSL arrived
  •  昨年のVP6Jに続いてドイツとオランダのアマチュア無線局が南太平洋のイギリス海外領土ピトケアン諸島で運用していた局VP6EUです。CLUBLOGより3月13日にOQRSしていたのが本日届きました。80m(3.5MHz)でお初のピトケアン諸島。連日ねばってやっととこ交信できたのがうれしい。 [続きを読む]
  • 第40回オール三重33コンテストに参加してました。
  •  本日5月5日08:00から12:00(JST)までJARL三重県支部主催の第40回オール三重33コンテストに参加してました。当コンテスト独自のルールで昨年県外局が同コンテストで入賞すると名誉県人として参加することができます。つまり県外局の有効交信対象となるわけです。弊局JG6JAVは昨年電信7MHzで入賞できたので名誉県人局として参加してました。どうせならということでマルチバンドで参加しました。7MHzから28MHzまで開けてそこそこ交 [続きを読む]
  • 第27回静岡コンテストに参加してました。
  •  本日5月4日12:00から20:00(JST)までJARL静岡県支部主催の第27回静岡コンテストに参加していました。昨年初参加で電信7MHzで参加してましたが今年は電信オールバンドで参加してみました。有効な交信は静岡県内運用局のみなのでそんなに多くの局と交信は望めない。この手のローカルコンテストはこちらから呼び出しても中々応答がないのだけれども21MHzとか28MHzではそこそこ応答があった。バンド別に運用できる時間が定められてい [続きを読む]
  • 第39回東京コンテストに参加してました。
  •  本日5月3日9:00から15:00(JST)までの6時間JARL東京都支部主催の東京コンテストに参加していました。当コンテストは、東京都外局との交信が有効で且つマルチプライヤーも有効なので参加局が多くて賑やかなローカルコンテストの一つだと思う。ただし運用できるバンドは、21MHzから144MHzとなっておりハイバンドが開いてくれないとどうしようもない。今年は、開始から2時間くらい21MHzと28MHzが開いた。もしかしたら50MHzも少しいけ [続きを読む]
  • 月がきれい
  •  中学三年生の陸上部の茜と文芸部の小太郎の二人が主人公の思春期の恋の話ということになっている。中学時代は、自意識過剰な思春期真っ盛り。好きになってしまってその先にあるものとか付き合うてどういうことなのかとか、いろいろもやもやしまくりですね。中学生と高校生になってからの男女の接し方の微妙な違いをよく表現しているなと思いました。おぢさんは二人を応援しながら観ています。https://tsukigakirei.jp/ どうでも [続きを読む]
  • 少年にコロンの香り五月来る/黒岩秀子
  •  とこでコロンの香りとは、どのような香りなのでしょうか。香り立つ花も多く咲いているのでそのような香りだろうか。もしかして若葉繁る柞の森の香りかな。あれらの花の独特の香りは、よく精液のそれに喩えられるのでやっぱり後者かな。なにせ少年は、毎日あふれんばかりの精液を生産して溜め込んでいるのだ。とまあ発句者からこのバカタレがと罵倒されそうなことを想像してしまうのは自由なのであります。ノイバラ/OLYMPUS OM-D [続きを読む]