¥Kama さん プロフィール

  •  
¥Kamaさん: ¥Kama’s Weblog
ハンドル名¥Kama さん
ブログタイトル¥Kama’s Weblog
ブログURLhttp://www.jf6yje.com/Weblog/
サイト紹介文気が向いた時にボチボチ更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 281日(平均7.2回/週) - 参加 2008/04/22 17:40

¥Kama さんのブログ記事

  • 第38回KCJコンテストに参加してました。
  • 2017年8月19日(土) 21:00から20日(日) 21:00(JST)まで全国CW同好会(KCJ)主催の第38回KCJコンテストに参加してました。弊局JG6JAVは、シングルオペ・マルチバンドでエントリーしました。コンテスト中の運用状況は以下のチャートの通りです。 80m(3.5MHz)と160m(1.9MHz)は、ワイヤーアンテナということもあるけれども都心部の運用局の絶対数の多さには敵わないのであまり局数が伸びることはなかった。けれどもマルチプライヤーが稼 [続きを読む]
  • 三人の娘かしづく生身魂/稲畑汀子
  •  生身魂は「いきみたま」と読む。広辞苑には「【生見玉・生御霊】陰暦7月の盆の頃、生存している父母に祝物を贈りまたは饗食する儀式・行事。またその贈物・食物。」と記されています。写真は、8月16日義父宅で賑やかに花火をしているひ孫たちの図です。SONY DSC-RX100M5写真は11枚あります。1800×1200picels Please click this picture. [続きを読む]
  • XU7MDC QSL arrived.
  •  XU7MDCは、カンボジア王国で2016年11月4日から13日までの運用していたアマチュア無線局です。カンボジアは日本から比較的交信が容易で比較的多く交信実績があったのですが今回は、80m(3.5MHz)で交信できたのが嬉しくてClublogよりOQRSでダイレクト請求していました。二つ折り四頁構成のQSLカードです。カンボジアはベトナム、ラオス、タイに囲まれた人口は約1,558万人の国です。1976年ポル・ポト波(クメール・ルージュ)による [続きを読む]
  • 第39回東京コンテストの結果
  •  2017年5月3日に開催されたJARL東京都支部主催第39回東京コンテストの結果が発表された。弊局JG6JAVは電信21MHz6エリアで4局中1位でした。交信いただきました各局ありがとうございます。Webより一部抜粋全結果> http://www.jarl-tokyo.com/contest_data/2017tk.htm それにしても入賞局に某社団局構成員のみなさんがいらっしゃるし。他にも存じ上げている局のがちらほら。すごいなあ。 [続きを読む]
  • 山の日は第1回上川宗谷支部コンテスト
  •  8月11日09:00から21:00(JST)までJARL川宗谷支部主催の第1回上川宗谷支部コンテストに参加してました。弊局JG6JAVは、電信HF部門にエントリーしてHF全バンド交信できました。 仕方のないことかもしれませんが参加局が少ないのが少し残念。ユニーク局数5、マルチプライヤー3がやっとでした。こちらがRUNしても応答はなさそうなので1回もそれはしなかった。いろいろやりながらの参加で途中お通夜にも行った。電信電話だと [続きを読む]
  • TY2AC QSL arrived.
  • TY2ACは、アフリカ大陸ベナン共和国に2015年より3年間の予定で滞在しているフランス人ニコラスさんが運用しているアマチュア無線局です。Clublogより8月1日にOQRSして一週間くらいで届きました。ベナンは、西アフリカにありナイジェリア、ニジール、ブルキナファソ、トーゴと接している人口1,069万人の国です。ゾマホンさんがベナン共和国駐日大使になられたことでご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • けさ秋や瘧の落ちたやうな空/一茶
  •  瘧は、「おこり」と読む。意味は、お手許の辞書なりネットなりでお調べ願う。偉そうに言う私は、この漢字まったく読めなかったし意味も存じませんでした。ところで7日が二十四節気の暦では立秋だったのです。まったくもって実感の伴わない初秋の候となりました。そもそも秋は、「飽き」だそうだ。食物の収穫の時期でもあり飽きるほど食べられる季節というような意味だったはず。涼しい季節という意味は含まれていない。天文学的 [続きを読む]
  • 第60回フィールドデーコンテストに参加してました。
  • JARL主催第60回フィールドデーコンテストに2017年8月5日(土)18:00から6日(日)12:00(JST)まで参加してました。野外運用するとスコアが2倍になって断然有利というコンテスト。野外運用することで多くの人の目に触れるので広報活動でもあるのではないかと思っています。2年前にルールが変更されて送信出力が50Wを限度とし固定局同士の交信も有効になった。ということで暑さに滅法弱い上に移動運用機材もないので私は空調が利 [続きを読む]
  • 第11回オール青森コンテストの結果
  •  7月15日から16日かけて開催された第11回オール青森コンテストの結果か発表されていた。早いですね。弊局JG6JAVは、【県外局】◎電信の部◇HFマルチ参加21局中1位いただきました。ありがとうございます。PDFより一部抜粋全結果 > http://jarlaomori.sblo.jp/article/180535591.html☆KANHAMコンテストと東海QSOコンテストの賞状いただきました。☆ [続きを読む]
  • 本棚を増設した。
  •  文庫本が既存の本棚の容量をかなり前から超えてしまって箱詰めされて部屋のあちこちの隙間に埋められてしまって行き詰まりを感じていたので文庫本なら500冊強の容量があるという本棚を注文した。それが届いたので土曜日の午前中から部屋の中で汗をタラタラ流しながら組み立てた。写真の左の背高の本棚が件の物です。一人で組み立てたはいいけけれどもこれがけっこう重くて狭い部屋で目的の場所に設置するのは少しばかり大変でし [続きを読む]
  • 夏の果南溟に雲立並び/川崎展宏
  •  昼休みの昆虫撮影徘徊中にチクッ!!と左脇の下に激痛、みたらアシナガバチがそこから飛んで逃げた。いったいオレが何をした。ザボンの木の下だったので巣でもあったのだろうか。濃ゆいネイビーブルーのTシャツがヤツの気に障ったのかもしれない。ガキのころは、アシナガバチの巣をみけたら突っついて落としたりしてよく刺されていた。ともかく何十年も忘れていた痛みだ。これはヘルペスの時の激痛に似ている。ともかく事務所に [続きを読む]
  • 炎天や目をやるたび人遠し/上田五千石
  •  空から雲が消え35℃超えの猛暑日であった。華氏96度超えだ。今でも現役で活動しているジャマイカのレゲエグループのサードワールドのヒット曲に96 Degrees In the Shadeという局があるけれどもそんな状態だった。なんでこの私が知っているかと言へばヒットした当時彼等のレコードを買っていたのです。アナログLPレコード盤と言っても今の人には判ってもらえないかも知れないけれど。今一部のオーディオマニア間ではアナログ盤 [続きを読む]
  • ツクヽヽボーシツクヽヽボーシバカリナリ/正岡子規
  •  8月になりました。毎日30℃を超える日が続いていますけれども7日には立秋です。まったくもって実感が伴わないですね。二十四節気ではそういうことになっていて天文学的には秋分から冬至前日までを秋ということになっているそうです。台風の季節でもあり少し派手目なアンテナ鉄塔が建っているのでいろいろと心配で精神衛生上よろしくない。現在日本の南に非常に強い台風5号(NORU)が九州に向かっている進路予報になってい [続きを読む]
  • 2017年7月の運用状況
  •  7月は11のコンテストに参加していた。交信数は少なかったけれどもオホーツクコンテストと全国高等学校アマチュア無線コンテストは予定になかったけれども参加してみた。短波帯の伝播状況も悪く毎朝毎晩ワッチだけはしていたけれども31日中17日の運用となっている。HFの伝播状況はなかなかよくなってくれない。クラスターを見ていると最近JTとかFTとかのデジタルモードが多く流行っているらしい。無線機のLINEをPCの [続きを読む]
  • 夏旺ん木の下に木の落とすもの/布施伊夜子
  •  連日30℃を超える日が続いている。通勤往復ものすごい量の汗が流れている。体重は減るかなと思っていたらまったくもって変化なし。水分補給は十分にしているという事だろうか。そもそも食欲減退ということがないから当然だろう。昼休み30分ほど外に出て虫探しして撮影しているのだけれどもそれがとんでもなく暑い。年中一定温度を保つように24時間空調された仕事場から出るとくらくらしてしまう。カメラのレンズが結露して [続きを読む]
  • 2017 Birthday Contest
  •  2017年7月30日12:30から13:29(JST)まで三重コンテスターズクラブ主催のBirthday Contestに参加してみました。初参加です。RSGB IOTA Contestの途中でもあるし参加予定はなかったのですが一応対応済みにしていました。そもそもIOTA局はあまり聞こえないし聞こえているのは交信済みばかりでRUNしても応答もなくしょぼしょぼだったので3時間中断してしてこれに集中してみた。いい気分転換になった。 IOTAで国内ハイバンドができて [続きを読む]
  • 2017 RSGB IOTA Contest
  •  2017年7月29日21:00から同月30日21:00(JST)までRSGB主催のIOTA ContestにCW ALL BAND Single OP Assisted Low Power 24Hoursというカテゴリ参加でしていました。IOTAとは、Island On The Airのこと(『島オタでもいいんぢゃね。』と個人的には思っています。)で世界中の島で運用するアマチュア無線局と交信しようというのが主旨なコンテストです。ということで一応DXコンテストではあるけれども遠くの大陸より近くの島と交信 [続きを読む]
  • 木から木へ火をつけまはる油蝉/小川朋久
  •  自宅は、山に囲まれた谷底に在り早朝から蝉の大合唱で起こされる。特にクマゼミとアブラゼミは暑苦しい。一本の木に何匹いるのか判らないけれどもたとえ一匹だとしても木の数分居るとしたらとんでもない数になる。その総数は多分想像より多いと思う。成虫の寿命は短いと言われているが案外しぶとくま生きている個体もいると言う。そもそも雌と交わるまで死ねない。めでだく成就できたらそのまま昇天しているのではないだろうか。 [続きを読む]
  • 視線あふまで青蜥蜴石にゐる/橋本美代子
  •  年に一度は、家の中で青くギラギラ光ったものがパタパタ動いているものを発見する。それはニホントカゲの尻尾だ。家の中に持ち込んでくるのは我家の黒猫くるみしかいない。その不幸な尻尾の本体は、部屋の中のどこかに隠れていることが多い。くるみに見つかる前に外に出してやっている。ということはくるみは尻尾有り状態で連れてきていることになる。部屋の中で捕まえたトカゲを放した後尻尾切りして逃げているということだ。く [続きを読む]
  • 家持よ源内よとて鰻の日/松村日出子
  •  家持とは大伴家持(おおとものやかもち)の事。「石麻呂に吾物申す夏痩せに良しといふ物ぞ鰻漁り食せ」とか「痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻を漁ると川に流るな」という和歌を遺しているそうです。源内は、江戸時代のキテレツ発明家エレキテルで有名な平賀源内の事。土用の丑の日は鰻というのを広めた人となっているけれども確証はないらしいです。いかにも言いそうなのでそのように言い伝えられているのでしょう。真実 [続きを読む]