名古屋RJ管理人 さん プロフィール

  •  
名古屋RJ管理人さん: 名古屋ランニングジャーナル
ハンドル名名古屋RJ管理人 さん
ブログタイトル名古屋ランニングジャーナル
ブログURLhttp://ingweb.seesaa.net/
サイト紹介文日々の小ネタ、ニュースコラム、ランニングネタなど、あらゆる話題満載で毎日(平日)更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/04/24 09:08

名古屋RJ管理人 さんのブログ記事

  • 1日わずか1分のランニングで骨が強くなる!?
  • 健康のためのランニングについて、「1日○時間以内」とか「週に○回まで」とか、日々さまざまな説がネットや雑誌をにぎわせています。健康のために走っているわけではない私にはどうでもいいことですが、「ランニングで効率的に健康になりたい」と考える人にとって好都合な研究結果が発表されましたので紹介します。骨を強くするために、1日どれぐらいの時間ランニングする必要があると思いますか?International Journal of Epide [続きを読む]
  • ランニング中の事故防止のキーワードは“トリプルH”。
  • すべてのスポーツにはリスクがつきもの。マラソン大会においても、毎年かならずといっていいほどどこかの大会で不幸な事故が起こります。死に至らないまでも、心停止など重篤な状態に陥るケースはさらに多いでしょう。日本スポーツ振興センターの統計によると、スポーツの現場で起こる死亡・重度障害事故原因のうち圧倒的に多いのが「突然死(主に心臓疾患)」で、頭部外傷、脊髄損傷、熱中症と続きます。こうした状況をうけ、NPO [続きを読む]
  • 知らない町を走ってみたいvol.46【阿寺渓谷(長野県大桑村)】。
  • エメラルドグリーンに輝く清流と渓谷美で、訪れる人を魅了する「阿寺渓谷」(あてらけいこく)。“阿寺ブルー”と称される美しい水辺の景観を楽しみながら、往復12kmの渓谷を旅ランしてきました。阿寺渓谷は、長野県大桑村に位置する自然の宝庫。木曽川の支流、阿寺川に沿って林道が整備されています。渓谷入口(木曽川流入部分)の駐車場は、川遊びやキャンプ目当ての観光客で満車に近い状態でした。JR中央本線「野尻」駅から1.5k [続きを読む]
  • 人間関係に疲れた!?「お一人様」ランナーが増加中。
  • ランニングは基本的に単独競技。1人で完結できるからこそ、誰でも気軽に始められるといえます。ゴールドウインが実施した「スポーツを楽しむサラリーマン・OL」に関する調査によると、現在行っているスポーツのうちトップがウォーキング(47.5%)、2位がランニング(43.1%)という結果となりました。上位には他にも筋トレ、ストレッチ、スポーツジム、ヨガ、ピラティスなど1人でできるものばかり。この傾向を裏付ける結果として、 [続きを読む]
  • 雷鳴が聞こえたらすぐ避難!ランニング中のカミナリ対処法。
  • 夏のランニングは、脱水、熱中症、熊、スズメバチなど、ランナーが注意しなければならないことが盛りだくさん。とりわけ雷は、屋外を走るランナーにとって大きな脅威。街なかならまだしも、それがもし逃げ場のない山の中だったら・・・。そこで今回は、ランナーが落雷の被害から身を守る方法を調べてみました。もっとも確実なのは、少しでも雷が発生しそうな予報や空模様の場合は外出しないこと。しかし出かけるときに晴れていたり [続きを読む]
  • 1日30〜40分の定期的なランニングが細胞の若返りに効果的。
  • 適度なランニングは様々な健康効果もたらしますが、ときに私たちにとって走ること=「青春の泉(※)」になりうることがブリガム・ヤング大学(BYU)の研究によって解明されました。 ※Fountain of Youth。その水を飲むことで誰もが若返ると言われている伝説上の泉。転じて若返りや不老の比喩に用いられる。BYUの研究によると、定期的なランニングを行っている人たちのDNAを解析した結果、運動習慣のない人よりも長い「テロメア」 [続きを読む]
  • ランナーはつらいよ!?エントリー合戦の次はホテル争奪戦。
  • マラソン大会の壮絶なエントリー合戦を勝ち抜いても油断はできません。参加が確定してホッとしたのもつかの間、次は「ホテル争奪戦」という大きな戦いが控えています。地方都市で行われる大規模大会の場合、とくに宿探しは困難を極めます。ホテルを「選ぶ」なんて悠長なことを言っている場合ではなく、「なんとか寝床を確保」するためみんな必死。よくあるパターンは、大会主催者が大手旅行代理店と組んで市内のホテルというホテル [続きを読む]
  • 夏本番!熱中症に強い体づくりと予防あれこれ。
  • 早いもので今年も半分が過ぎ、いよいよ本格的な夏がやってきます。ということで、ランナーがもっとも注意しなければならないのが「熱中症」。そこで本日はアーカイブの中から熱中症関連トピックをピックアップ。暑さに強い体づくりや予防に関する情報を集めました。まずは2014年7月に掲載した「おっさんは若者より約2倍の給水が必要。」。これはある大学の研究室が「熱中症を防ぐには、中高年は若者の約1.7倍の水分補給が必要」で [続きを読む]
  • 締切間近!ランナーの夏フェス「Summer Night Run NAGOYA」。
  • 真夏の夜を徹して走るナイトランイベント、「SUMMER NIGHT RUN 名古屋」が今年も開催決定!スタートは18時。イルミネーションに照らされたコースを1人またはチームで走り、早朝6時のフィニッシュをめざします。今年で4回目となる「SUMMER NIGHT RUN 名古屋」は、RUNNET・月刊ランナーズでおなじみのアールビーズが全国6ヵ所で開催する「ナイトランシリーズ」の愛知ステージ。「あいち健康の森」に特設された1.5kmの周回コースを走 [続きを読む]
  • 酔っぱランナー歓喜!日本酒とビール2つのイベントが名古屋で開催。
  • 走った後の一杯・・・ただそれだけのために走っているランナーはけっして珍しくありません。走れば走るほどアルコールの量が増え、健康的なのか不健康なのかよくわからない方も。そんな酒好きランナー待望のイベントがこの夏、名古屋で開催されます。ナゴヤランナーが集まる名城公園北園のとなり、名古屋城西の丸エリアで開催されるのが「第一回 名古屋城酒まつり」です。その名のとおり、東海地方の酒蔵・酒造メーカーが一堂に会 [続きを読む]
  • 週末はバラ&アジサイ鑑賞ランがおすすめ。
  • 庄内緑地のバラ園&ハナショウブ園、千種公園のユリ園につづく初夏のお花見ラン第二弾は鶴舞公園。園内では3500株のアジサイ、そしてローズガーデンの色鮮やかなバラを鑑賞しながらランニングを楽しむことができます。現在は満開とはいきませんが、赤・黄色・ピンクのバラが咲くローズガーデンの中を走るのは心地よいものです。公園関係者によると、ピークは過ぎたもののツボミをつけている花もあるのでまだまだ楽しめるとのこと。 [続きを読む]
  • ランナーの汗は社会の迷惑!?街ラン中の汗対策あれこれ。
  • これから暑くなるにつれ、少し走っただけでも滝のような汗が流れます。本人は爽快な気分でも、他人からみれば「汗ダラダラの人」が隣にいるだけで不快なもの。汗ダクになる機会が多いランナーは、とくに周囲への気配りが必要です。夏は真剣に走り込んで疲労を溜めるより、かき氷ランなど途中でお店に立ち寄りながら、気ままに走って距離を稼ぐのがおすすめ。そんなとき、気になるのはやはり「汗」。ビタビタのままお店の椅子に腰を [続きを読む]