一八 さん プロフィール

  •  
一八さん: 我が道・輪が道・一本道・自転車道
ハンドル名一八 さん
ブログタイトル我が道・輪が道・一本道・自転車道
ブログURLhttp://k1k8-kk18.at.webry.info/
サイト紹介文沈滞ムードの大阪競輪界を「盛り上げ隊」やね。
自由文平成23年は近畿のSS班が村上義弘だけやが、SS9人のうちの一人やから価値があるわ。大阪からのSS班誕生を楽しみにしてたんやが、当分は無理かも知れんなぁ。今後も南修二や稲川翔、佐川翔吾、岡崎智哉中心に応援していくけど、やっぱり基本は頑張れ近畿やろね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/04/25 16:38

一八 さんのブログ記事

  • 2/26四方山話
  • ◆昨夜は午前2時に床に入って、今朝は10時前まで睡眠をむさぼったわ。「りんくう」への推奨・予想もメール送稿してあったし、ゆっくりと過ごせたわ。とくに出歩く予定も立ててないし、とにかくロードレーサーに乗る時間を決めるだけ。どっちみち花粉が飛んで、PM2,5も黄砂に交じって大気中に多いし、覚悟して大泉緑地へ出向くしかないからね。ただ、日曜日で気温が上がり、風も無いとなれば家族連れが多いわ。スピードを上げら [続きを読む]
  • 東海ダービーは井口佳典がV逃へ。四国ダービー予選最終日
  • ◆津「GⅠ東海地区選手権」は優勝戦や。予選トップの井口佳典選手は準優勝戦12Rもイン一気の逃げ切りを決め、地元優勝へ大きく前進や。11R.10Rも坪井康晴選手、赤岩善生選手が順当に勝ち上がり、井口佳典選手とパワー対決に持ち込む。さらにGⅠ初優出の藤田靖弘選手は超抜エンジンを味方に果敢な一発を見舞う。波乱を起こすなら藤田靖弘選手やろね。坂本浩仁選手も伸びるわ。ただ、菊地孝平選手だけは見劣るエンジン力や。 [続きを読む]
  • 東海ダービー2日目。九州ダービー予選最終日
  • ◆津「GⅠ東海地区選手権」初日12Rドリーム戦はインの井口佳典選手が菊地孝平選手の差しを封じて逃げ切り、一番人気の支持に応えたわ。さすがに気合のこもった逃走劇や。このまま優勝まで突っ走るか、注視していくわ。初日の連勝は地元・東本勝利選手や。3、6コースからの捲り差し2連発で、まさしく「勝利」で気を吐いたんや。2日目は4R⑤号艇なんで、ここで大崩れなければ内枠でポイントをアップできる。勝率の無いエンジンやが、 [続きを読む]
  • 近畿ダービーは今垣光太郎が優勝。九州ダービーは初日
  • ◆三国「GⅠ近畿地区選手権」の優勝はイン死守から逃げ切った今垣光太郎選手やった。スタート展示でインに入った松井繁選手を入れず、3カドにした木下翔太選手の捲りも制し、一気に逃げ切ったんや。さらに絶好気配の岡村仁選手の差しも許さず余裕たっぷりに2011年以来、16年ぶり3度目の近畿ダービーを制したわ。この優勝はGⅠ28回目、通算98回目。3月15日からの児島「SGボートレースメモリアル」で10回目のSG優勝へアタックする。 [続きを読む]
  • 近畿ダービーは準優勝戦。中国ダービーは茅原悠紀V有力
  • ◆三国「GⅠ近畿地区選手権」の準優勝戦メンバーが決まった。得点トップは地元のスター今垣光太郎選手が、4日目11Rで差し抜けて①号艇を手に入れたわ。エンジンも力強さが増して、16年ぶりに近畿ダービーを獲得できるか。まずは準優12Rを逃げることや。2位は木下翔太選手、3位は田中信一郎選手や。大阪支部は6人、兵庫支部が7人、福井支部3人、滋賀支部2人が準優入りを決めたんで、優勝戦へはどんな顔ぶれになるのか、注目するわ。 [続きを読む]
  • 近畿ダービー2日目、中国ダービー3日目
  • 三国の「GⅠ近畿地区選手権」初日は降雪の中で熱戦を展開や。スタート展示や本番が見合わす時もあったけど、無事に終えたわ。12Rのドリーム戦は石野貴之選手のイン逃げを支持されてたが、松井繁選手のツケマイを鋭く差した天才・守田俊介選手が突き抜けたわ。ちなみに滋賀勢は1Rの遠藤エミ選手が逃げ、9Rの深井利寿選手が展開を突いて穴を開けたのを含め3勝をマーク。1着回数は兵庫支部の6勝がトップやが、実力派スターを揃えた大 [続きを読む]
  • 2/8四方山話。徳山で地区ダービーの開幕戦
  • ボートレース界は地区ダービー週間に入るんや。前後半、3地区づつの開催で、トップを切るのは徳山での「GⅠ中国地区選手権」で9日が初日。山口、広島、岡山の3地区から出場で、ドリームも3日間連続や。それも各支部の選手権や。まず初日は山口支部の「長州ドリーム」が12Rで行われる。ちなみに2日目は広島支部の「安芸ドリーム」、3日目は岡山支部の「備前ドリーム」となってるんや。 [続きを読む]
  • 2/7四方山話。
  • 寝たんが午前3時ごろというのは中途半端やったわ。マッカラン3杯の気持ち良さも消えて素面状態では熟睡できへんのやなぁ。寝酒を飲めばスキッとしたかも知れんが、家で酒を飲む習慣が無いのが辛いかな。酒を飲むようになってからは外ばっかりで、お客さんが来た時だけは飲んだけどね。まあ、贅沢な酒飲みやったかな。帰宅後に歯を磨いて直ぐに寝ればいいのに、エンジン調べや推奨・予想を考えると、しばらく神経が勝ちすぎて眠れん [続きを読む]
  • 2/6四方山話。
  • 尼崎の女子レース「GⅢオールレディース競争純烈祭」は①号艇・長嶋万記選手が完璧な逃げ切り勝ちやったわ。差しに構えた小野生奈選手も順走のスタイルで及ばんかったんや。長嶋万記選手は前走の丸亀に続き連続優勝で、尼崎でのデビュー初優勝から通算19回目の優勝を飾ったんや。次走は2月15日からのナイター若松の男女W優勝戦を走り、28日からはファン投票第3位で選出された宮島で開催の「GⅡ第1回レディースオールスター」に出場 [続きを読む]
  • 2/5四方山話。浜名湖賞は菊地孝平の差し切りV
  • 浜名湖63周年記念「GⅠ浜名湖賞」の優勝はトップスタートから差しに構えた②号艇・菊地孝平選手やった。インの坪井康晴選手もコンマ08のスタートで先マイに出たが、菊地孝平選手は稲田浩二選手を牽制しながら余裕の差し切りやった。坪井康晴選手にすれば残念無念の境地やろうが、僅かの差が地元記念初優勝への野望を打ち砕いたんや。2マークで差し返しにかかると最内を伸びた重成一人選手に塞がれて万事休したということ。勝負の世 [続きを読む]
  • 2/5四方山話。浜名湖周年初Vへ坪井康晴が①号艇
  • 浜名湖63周年記念「GⅠ浜名湖賞」優勝戦の①号艇は坪井康晴選手が勝ち取り、地元GⅠ初優勝へ逃げ切るのみや。2コースは菊地孝平選手と、地元ワンツーが濃厚な優勝戦や。波乱が起こるならエース機を駆る稲田浩二選手が準優勝戦のように0台スタートをぶち込んだ場合やが、ボート界屈指のスタート巧者・菊地孝平選手を叩き切れるかやわ。まあ、難しいやろうが穴では一考かな。 [続きを読む]