マルセルサンバ さん プロフィール

  •  
マルセルサンバさん: マルセルサンバの日記
ハンドル名マルセルサンバ さん
ブログタイトルマルセルサンバの日記
ブログURLhttp://yaplog.jp/marcel_sembat/
サイト紹介文ホルンとワインについての日常を書いていきます。
自由文1997年から四年半フランスに駐在しワインにどっぷりはまりました。帰国後、日本ではワインの値段と質が離れているものもあり記録していくようにしました。それをブログにつづっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2008/04/26 16:18

マルセルサンバ さんのブログ記事

  • マーラー
  • 四川料理の特徴である「花椒」は鮮度が大事で四川省から上海や果ては日本に送ると鮮度が落ち独特の痺れた感じがなくなります。これが四川料理が四川以外の場所で食べるとただ辛いだけの料理になってしまう原因です。上海の蜀九香。違ってました。新鮮な花椒です。最初のに舌が痺れ、唇が痺れ、胃が痺れ、今は腸が痺れています。会食ではいろいろな立場やバックグランドの人とテーブルを共にします。が、ここではみな戦友。人類と花 [続きを読む]
  • sushi
  • 初めてそれを口にした四川出身の友人。う、っと言ったまま口を手で押さえました。気分悪くなったかな・・・・そして目をカッと開き僕を見つめもぐもぐやっています。四川省は内陸部なのでもしかしたら「中トロ」はきついかも知れません。フランス人でさえ生の刺身や寿司を食べられない人をたくさん知っています。?「なに、これ!?すごく美味しい!」びっくりして感動してたのか・・・じゃあ、大トロを食べてみる??今度は相手は体 [続きを読む]
  • 管から
  • 「私の人生の大部分をフルートが占めています。はい、今年10歳なのでもう3年間もフルート吹いています。学校は忙しいですが、好きな曲を上手に吹けるととても楽しいです。先生、お父さんお母さんありがとう!」「ええとぉ、小さい頃親がこのヤマハのトランペット買ってくれて、ずっと吹いていて、それから何年たったかな…まあ、言って見ればこのトランペットが僕を育ててくれたのかな。」と高校生。「私は医者です。医者の立場か [続きを読む]
  • 河豚とスッポン
  • 中国人友人と食事の約束で「河豚を予約したよ。」というと「わかった!楽しみ」とすぐに返事が来た後しばらくして「ねえ、河豚って毒のある魚でしょ?死んだらどうするの!」と誰もが同じ反応なのが面白いです。そんなに死んでたらこの店繁盛しないよ。と話し、河豚ひれ酒で乾杯するときも今までありがとう。天国でも一緒だよというブラックなジョークを飛ばして食事します。今回はこれに加えて新鮮なすっぽんが入ったのでこれもス [続きを読む]
  • アワビ
  • 主役は、アワビのしゃぶしゃぶでした。刺身でもいけどうな新鮮な北海道のアワビを出汁に潜らせます。ツヤツヤした身がまるで恥ずかしがるかのように一瞬くねくねとよじりタレに付けて食べると艶っぽさとしっかりした身の味がほとばしります。そしてもう一つの主役は久保田。昨年、下倉楽器の皆様が来られた時に頂いたお土産です。勿体無くて今まで開けてませんでしたが、帰国前にここで飲みました。素晴らしい酒です。ありがとうご [続きを読む]
  • 勝負あり
  • 蟹と蟹の勝負でした。先日の蟹専門店「王宝和」に続いてここ上海オークラガーデンホテル「白玉蘭」の上海蟹コース。前菜からいきなり蟹の半身で攻撃開始でした。海老と貝柱を蟹肉でいためるオーソドックスな第2弾に続き蟹肉入りフカヒレの煮込み・・・・これで勝負ありました。たっぷりのフカヒレ。こんなにくれるの?そして蟹の味が各種調味料で絶妙に仕上がってます。これだけお代わりしたいくらいです。メインの上海蟹登場を待 [続きを読む]
  • 上海へ
  • Welcome to Shanghai!久しぶりに日本食を堪能しました。ストレス解消!朝3時に起きて貴陽を出発。上海への戻りは飛行機でした。「飲み物はいかがですか?」「今日は牛肉麺か点心が選べます。どちらにしますか?」とその度に大声で起こしにくるCAに悩まされながらも機内は熟睡。夏の疲れを少しずつ取り戻します。? [続きを読む]
  • 終了
  • 貴陽編終了しました!遠藤先生、瞿亦敏さん、ありがとうございました!さあ、上海に帰ります! [続きを読む]
  • 花溪公園
  • 貴陽に着きゆっくり食事していると店員が次々に花渓公園を勧めてきます。「こんにちは、私はミャオ族です。今回はご旅行ですか?花渓公園がお勧めですよ。」「私は回族です。お時間あれば花渓公園に・・・」残念ながら出張なのでそんな時間ありません。が、なんと出張のイベントの場所が花渓公園の至近距離にあると判明。昼休みに行ってきました。中国とは思えないきれいな空気。そして晴天。貴陽は貴重な太陽、つまりめったに晴れ [続きを読む]
  • 鉄道の旅
  • 台風18号が上海を直撃するかもしれないと言われた3日前。どうしても15日中に貴陽に着かなければいけないのでフライトをキャンセルし、鉄道で貴陽に行くことにしました。上海から貴陽まで1850キロ。飛行機なら2時間半ですが鉄道なら8時間半です。本当に鉄道で行くのですか?と同僚に何度も確かめられ決行。朝8:55上海虹橋駅を定刻に出て貴陽着17:20の旅。幸い進行方向の最後部窓側がとれ、僕の後ろは自分のスーツケースという幸先良 [続きを読む]
  • お別れ
  • 帰国を来月に控え、いろいろな人にご挨拶しています。?いつものフィオーレ。彼女はソムリエではないのですが、よく店のワインのことに詳しく、僕の好みや、いつ頃どんなワインを飲んだかよく覚えている人でした。最近新しいワインをテイスティングしていないと聞いて不思議に思ってましたが理由がわかりました。産休で来週には故郷の湖北省に帰るとの事。元気な赤ちゃんを産んでまた上海に戻るころ僕は居ません。なので最後の挨拶 [続きを読む]
  • 上海人と食事してなかなか上海蟹を注文しないのはそれが上海人にとって家庭料理だからだそうです。家族で行儀を気にしないでかぶりつくのが楽しいそう。値段もスーパーで買えば安いです。こうしたレストランで改めて料理として注文すると「高い、高い」と言ってました。?でもレストランはさすがにレストラン。美味しかったようでご満足いただけました。さて、季節到来です。? [続きを読む]
  • 時間
  • ワインショップに来ると時間の流れがゆっくりになります。週に何度も来ているこのお店。店に入ると店員も笑顔でゆっくりと近づいてきます。見慣れたワインの棚。今日はなんとなくシャンボール・ミュジニーが僕を呼んでいる気がしたので購入しました。店では買ったワインを手数料なしで飲ませてくれるし、食事も出来ます。まずは生ビールを飲みます。ここでも店員はゆっくりとした手つきで何度も余分な泡を掬い取りながらゆっくりと [続きを読む]
  • (無題)
  • 子供っぽい話題で恐縮ですが・・・昨日スターウォーズのRogue one(2016)とEpisode IV(1977)を続けてみました。改めて感動しました。Rogue oneはEpsiode IIIとIVの中間の物語でどうやって帝国軍のデス・スターの設計図を手に入れたかという話です。IVは手に入れた設計図を求めて両軍が戦うというストーリーです。IVを見たのは1977年。子供の時。今こうやって続けて観るとこれまでIVで何気なく観ていたシーンがRogue oneから繋がり [続きを読む]
  • 牡蠣
  • 9月に入り牡蠣フェアが始まりました。店に着いて話を聞くとアイルランド牡蠣1ダースと白ワイン1本で238元(3800円くらい)との事。結構魅力的ですが、ここはステーキハウス。やはり肉も食べたいです。ねえ、半ダースではダメ?店員「じゃあ、238元で残り半ダースを保存しておきます。」次いつ来るかわからないし、鮮度が心配。やはり今日は半ダースでその後肉を食べたい!店員「分かりました。では半ダース今日はサービスします。」 [続きを読む]
  • 笑いの…
  • 会っていて愉快な友人がいます。いつもよく笑う。生活のちょっとしたこと、自分のおっちょこちょいを話して自分で爆笑しています。聞いていて気分がいいのは他人を貶める笑い方をしないこと。いつも自分が如何にドジかを話し爆笑しています。こちらも負けずに下手な中国語でやり返すと同じくらい笑ってくれます。すべてくだらない話ですが気分が良くなります。笑う門には福来るを何とか中国語で説明しました。これにも笑っています [続きを読む]
  • 送別会1
  • 部門の予算達成祝勝会が、僕の送別会になりました。上海にある広東料理のレストラン。美味しいのですが・・・広州出身の同僚:「ちっとも正統的な広州料理ではない!」上海出身の同僚:「そうですよ、だって上海人の私が料理注文したのですから。」?結局上海料理風なものばかりでした。加えて北京ダック。もはやどこの料理かわかりません。季節最後の上海蟹の「六月黄」。まだあるなんて、嬉しいです。六月黄は一生の間に5回脱皮す [続きを読む]
  • 名前
  • 鶏肉料理にぴったりな(名前の)ワインを見つけました。その名もl'OISEAU。牛肉料理にLA VACHEというワインがないか探したくなります。? [続きを読む]
  • 時間延長
  • 帰国の話を学校に報告しました。事務スタッフが来る前に掃除のおばちゃんといつもおしゃべりしているので彼女にまず報告。問題は残り2ヶ月で太極拳のレッスンが12時間残っていることです。このペースでは帰国まで消化しきれません。なので違う曜日にレッスンを追加しようかなとも考えていました。でも掃除のおばちゃん。「それなら一回のレッスンを60分から90分にしたら?」と提案。さっそく昨日から試してみました。案の定とても [続きを読む]
  • 今回の演出は?
  • 毎回、新しい趣向で楽しませてくれる上海の地球美食劇場。定番のドライアイスを使った演出のほかに、今回は美食と書道のコラボでした。有名な書道家に料理名を書いてもらうだけでなく料理にも墨のソースで煮たマグロ。びっくりしましたが、イカ墨味のようで美味しかったです。次の企画が楽しみです。? [続きを読む]
  • 上海でアロハ
  • 中国の陰と陽を模したガスパチョ(これにフォアグラサンドを浸して食べます)。マルティーニに漬けたマグロの漬け、そして鹿児島産紅鯛の良くわからない清蒸料理。?またハワイアンに来ました。今回ポルトガルのヴィーノ・ヴェルドを合わせましたがこれが大正解でした。このワイン、ポルトガルではお昼に飲むような微発泡の軽いワインですが、料理を選ばないですね。オーナーが日本人で料理長はアメリカ(シカゴ出身)人とニュージ [続きを読む]
  • 辞令
  • 8年にわたる中国の旅もいよいよ終わりです。本日人事異動の通知を受け、帰国準備に入ります。これからは業務引継ぎなどを行いながら10月末には本帰国になる予定です。残された時間、魔都上海生活を楽しみます。? [続きを読む]