ゆめえび さん プロフィール

  •  
ゆめえびさん: 見て、見て、チリメンモンスター(チリモン)
ハンドル名ゆめえび さん
ブログタイトル見て、見て、チリメンモンスター(チリモン)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tirimon_osaka
サイト紹介文普段はめったに目にすることのない、海の中の微小な生き物たちのコレクションをご紹介します。
自由文お店に並ぶチリメンジャコやしらす干は、食べやすいように、きれいにお掃除されていますが、原料となるカタクチイワシの稚魚の中には、色々な海の生き物の子供たちが混じりこんでいます。
それをチリモンまたはプチモンと呼びます。
写真を撮り始めて3年、いろいろ集まりました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/04/28 09:53

ゆめえび さんのブログ記事

  • でっかいプチモン!
  • プチモンの袋の中からゴロリと出てきた大きなお魚にビックリ!プチモンに添えているスケール代わりの青い線の一片は5ミリですから、5センチ近くもあります。稚魚の専門家の方に、写真を見ていただいたらセミホウボウの子供だそうです。ホウボウ科セミホウボウ... [続きを読む]
  • やっと来ました新プチモン
  • 熊本の大地震のとき、かなりの被害を受けられた大久保水産さん、平常に戻られたらプチモンをと、お願いしていたのですが、全然来ないので心配でしたが、なんと昨日の夜に突然届きました。ビックリ! 懐かしいものが色々出て来ました。その中からお魚などをまとめ... [続きを読む]
  • 新しいプチモンが来ました!
  • 長らく新規更新が出来ずにいましたが、やっと新しいプチモンが手に入りました。とりあえず「そよ風つうしん」の方へ最初の写真を載せていますので、お手数ですがこちらでご覧くださいよろしくお願いいたします [続きを読む]
  • 三月になりました!
  • もう少し暖かくなれば、大久保水産さんのプチモン漁・・・じゃなかった、チリメンジャコの原料の漁が始まります!!そして、しばらく大人しく待っていると、プチモンが手に入りますねぇもう、目新しいものにはめったに会えない私ですが、それでもやっぱり、新しい袋を開けるときはワクワクです。何か見つけてご報告できるかな?しばしお待ちを!!写真は昨年のものですが、たぶんヤドカリの仲間のお子様かと・・・違っていましたら、ご指 [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・9
  • これもゴミの中からの救出(?)です。カニの仲間のゾエア名前はわかりませんが、手(ハサミ脚)がとても長い種類のようです。体の本体は2ミリそこそこなのに、手は6ミリくらいあるのではないでしょうか?チリモン、プチモン共に、普通サイズのものも面白いですが、こういったレアものというか、多くの人が見過ごしているものを探すのも、楽しみ方の一つだと私は思っています。どんなものでしょう?(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖 [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・8
  • なにしろゴミの中のものを探すのですから、見つかるチリモンも極く小さいものになります。これはカワハギの仲間。こんなにいると、何がなんだか・・・!一つの大きさの平均は、というと約3ミリくらいですね。体長のわりに尾びれが長いのがいますね。大人... [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・7
  • どうもウシノシタっぽいな〜と想いましたが、稚魚のご専門の方に見ていただきました。背びれが目のしたあたりから始まっているのでトビササウシノシタとのことでした。東北以南の海にいますが、あまり大きくならないので(大人になっても10センチくらい)、食用に... [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・6
  • 長い間に色々なワレカラヲ見ましたが、こんなに気持ちが悪いのは初めてでした。大きくすると、色がキモチワルイのです。まあ、それはそれとして・・・お腹が丸くなっているので雌でしょうね?中にお子様が入っているのかな?開けてみる勇気はありませんでした。... [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン5
  • エビとはいうけれど、ヤドカリの仲間です。まあ、形を見てもそう思いますけどね。長いハサミ脚は、さすがにほとんど取れてしまっています。もう少し大きな固体だと付いているのを見かけますが。一番左の端に、とっても小さいのがあるのをみてください。自慢じゃないけれど、ゴミの中から見つけ出したものです!愛媛から頂くチリモンの中には、コシオリエビの幼生がよく見つかります。きっとたくさんいるのでしょう。以前にも写真を [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・4  メガロパ
  • このメガロパはものすごく小さいでしょう?今まで見た中でも、一番小さい部類に入るのではないかと思います。せいぜい2ミリ、あるかないかです。面白いので、少し大きくしてみます。目玉が、体の本体の三分の一位もあって、愉快な形でしょう?私の指の指紋の... [続きを読む]
  • 愛媛のチリモン・2
  • これもかなり珍しいものです。ヒメムツアシガニまたはその近縁種と、専門家の方に教えていただきました。鹿児島の大久保水産さんのプチモンの中で、2度ほど見たことがあります。種類があるようで、少しずつ様子が違うのが見つかっています。こちらにそのときの... [続きを読む]
  • 久しぶりの愛媛のチリモン
  • 久しぶりに愛媛の知り合いから、チリモンのゴミの部分を送ってもらいました。チリモンが入っている最後に残るゴミの部分には、すごく面白いものが入っているのですが、業者さんだと、遠慮されるのかなかなか送ってもらえません。と言っても、10年も見てきまし... [続きを読む]
  • 15年9月下旬のプチモンより・その5
  • コシオリエビのグリモテア幼生と呼ばれる時期です。シッポの辺りを体の下に畳み込んでいるので「コシオリ」と呼ばれます。お腹のほうを見てみましょうね、たたみ込んでいるでしょう?たくさんの仲間がいるようですが、こう小さいと全然種類はわかりません。グ... [続きを読む]
  • 15年9月下旬のプチモンより・その4
  • これはメガロパを卒業して、カニの形になったばかりの子供の姿でしょうか?専門家に見ていただいたところ、オウギガニの仲間かな? とのことです。オウギガニの仲間のメガロパ時代の姿はこちらにありますもう一つ、よく似ているけれどちょっと違うのが出て来ました。これはちょっと解りませんとの事でした。上の写真のもそうですが、甲羅の大きさに比べてハサミ脚が大きいですよね?メガロパも可愛いですが、こんな姿になりたての [続きを読む]