GLAMDY-BOSS さん プロフィール

  •  
GLAMDY-BOSSさん: GLAMDYデザイナー・塩谷昇の詩情
ハンドル名GLAMDY-BOSS さん
ブログタイトルGLAMDYデザイナー・塩谷昇の詩情
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/glamdy_boss/
サイト紹介文和柄ブランドGLAMDYのデザイナー兼社長のポエム・散文集。毎日更新
自由文GLAMDYのBOSSこと塩谷昇(ファッションデザイナー・マルチアーティスト)の私的ノート。ユニークかつシニカルな視点でポエムや散文を書き留めています。読者からの「お題」にポエムで答えるのがマイブーム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/04/30 11:09

GLAMDY-BOSS さんのブログ記事

  • SMLuxury 完全公開
  • 2005年から書き始めた このビートニクブログ。当時はまだ、GLAMDYのデザイナーで、ダーワイコミュニケーションの社長でもありました。今は、喜多征一という名で縛り屋なるものして、SMLuxuryというサイトの編集長をしています。そして、今日そのサイトが完全公開しました。http://smluxury.jp/こちらのブログで、後半書かれていたSMや緊縛の記事は今後SMLuxuryのサイトで書いてゆきます。よって、このブログは閉鎖.........なんて [続きを読む]
  • 泣いたって、謝ったって、
  • オリンピックがはじまって柔道で銅メダルでも悔し泣きをし、水泳で同級生ライバルで金と銅でお互いをたたえ合うそんな日本人選手。プロではないんだよ純粋に感動だね。全員がプロのサッカー選手。言い訳はダメだよね。プロだもん落ち込んでる場合じゃない。なにも失うものはないじゃないか、私はビジネスのプロで傲りと過信と実力のなさせで、社会的信用と全財産を失った。泣いたって、謝ったって、言い訳しても許してはもらえない [続きを読む]
  • www.smluxury.jp
  • 27年間手塩にかけた会社を倒産させ、名古屋に移り住み、元従業員が作った会社㈱SHIBARIで、GLAMDYデザイナー、縛り屋、SMLuxuryというサイトで、日本初のBDSM関連キュレーションメディアの編集長としてこの秋には、グランドオープンに向かって、変態活動に勤しんでいる。自分で言うのもおこがましいが、才能ってやつは、潰しがきくもので、いや今に至っては、性癖と言うべきかそれなりに仕事になるものなんだ。53 [続きを読む]
  • エロでもグロでもアートでも
  • 縛られるの正しい気持ちよさなんてない。セックスにおけるオーガズムも同じで、個人差もあれば、経験値によっても違うし、精神状態によっても変わる。ただありのままを感じればいい。痛ければ痛いといって、苦しければ苦しいといって、眠たければ寝ればいい。縛られたらこういう気持ちよさじゃなければいけないという先入観のきめつけがよくない。セックスだって、ほらクリトリスだGだPだ、中逝きだ、オーガズムは全部脳で逝って [続きを読む]
  • 無我の境地へ導く縄
  • 縄で縛ると言っても趣味嗜好がある。もちろん縛られる側にもだ。SMの人の縄は、受け手に催眠術のように暗示をかけて行く。視覚聴覚を遮断し呼吸を管理して血流をコントロールして判断能力を奪って無にして行く、そうまさにアングロサクソン的だ。全頭マスクを被せるなんて言うのはそのいい例だろう。縄師の縄は、背後座った瞬間から、縄を通して受け手の心の中には入り静かに眠っている感情を縛り出して行く。座禅にもにた無我の境 [続きを読む]
  • 変態S男華麗なる戯れ
  • 自分でデザインした服を着せて縛る。デザインを壊す、縄でラインを潰す。縄でたぐって寄せてドレープを作る、絞りを入れる。なんと気持ちがいいことだろうか縄で縛って過去を壊し、新たなものを創造する。一方的に押し付けたデザインをそれを着た女と一緒にデザインし直す。世界でただひとりの緊縛デザイナー(多分)あるモデルが言ってた。私を縛ったお気に入りの写真は、お気に入りのブランドの服を着たご機嫌な私と同じ気持ちに [続きを読む]
  • 儚い縛り
  • 縛りとは切ないものでどんなに凝って縛ろうが完璧なテンションで受け手に入りまくって恍惚の表情と淫靡な曲線を体がえがいたとしても受け手のからだの限界や意識の昏迷が見られればそれを最優先に縛りをほどくのがあたりまえだそしてその縛りはもう二度と出来ない受け手の精神状態、汗の滲み具合にそれが縄に染み込む縄のしなり湿度、温度、風、雨、日の加減、時間そして受け手の性の成熟度すべてが同じ条件のときは、二回としてな [続きを読む]
  • 喜多の縄あそび
  • 私に縛られた人は、9割の確率でリピートして来ます。それも凄く楽しみであったり、もうがまんが出来なくて、精神的な欲求であったり、性的な欲求であったり縄が忘れられなく、もう縛られたくてしょうがない状態を縄切れと言うのですが、ちょっと薬物の常習性のようなニュアンスですよね。「喜多さんちょっと縄切れ気味なので縛ってもらえますか」ある人が言ってました。「抱いて下さいより縛って下さいって言うほうが恥ずかしいで [続きを読む]
  • 合法薬物
  • 本来緊縛なんていうものは、体にはよくないものなんだろう。縄で縛って、血流は悪くなるんだから、まぁ飲酒や喫煙も体にはよくないけど、精神のバランスをとるためには、多少のリスクもね。加圧トレーニングなんてものもあるし、ルールを守って注意深くより安全にこころがければ、少リスク多快感といったところじゃないかな。不思議なもので一縄目(一本目の縄)で体がふにゃふにゃしてきて、ふらつき始める人もいる。まだ血流も正 [続きを読む]
  • なぜ彼女たちは縛られるのか
  • なぜ彼女たちは縛られるのか男の目線の被虐性や猥褻性のポルノチックな緊縛ではない女としての奥底にある少女のときの芽生えたエロス記憶の中の秘めごと緊縛とセックスを結び付けない性内面にある自分との対話社会で生きるために封印した人として生きる本当の意味今の自分が自分でないことの確認麻縄で縛られる魅力なのか写真としての記録は必須だ女性の脳のイマジネーション、想像力もしくは妄想アーティステックでエロチック写真 [続きを読む]
  • もうなにもしなくていい
  • いろんな悩みを持った子が、縛られにくる。心療内科に通った子もカウンセリングを受けてる子も性的に焦燥感持つ子妄想が止まらず一日中自慰に耽る子自分を痛めつける子そんな子たちを縄で縛る君たちの親もみんな多かれ少なかれ変態だなにも変わりはしないよ罪深く情けなく弱い人間だ私もね君を助けることも変えることも出来ないでも手足の自由を奪って縛りあげてなにも出来なくしてあげることは出来るもうなにもしなくていいし考え [続きを読む]
  • だからもう社長と呼ばないで!
  • 生まれて初めて会社員やってます。20年以上前からの知り合いの社長のご厚意で、キャリアや名声やお金よりも人と人とのつながりですよね。こころある人のもとで、こころある人生をやり直そうと思い暮らしてます。毎月の支払がない。めんどくさい従業員の文句を聞かなくてもいい。なんかよくわかんない会合に引っ張り出されない。取材を受けなくてもいい。意味もなくぺこぺこしなくてもいい。大垣〜岐阜〜名古屋と流れついたから、 [続きを読む]
  • 染縄縛り師の変態デザイナー
  • SMとか緊縛と言うと変態の代名詞になっている。男目線での暴力的な猥褻な行為、今まで植えつけられたイメージなんだろう。私が表現する緊縛は、美しく妖艶に、女性の内面にある年齢に関係ないエロスそしてそれは、良質なアートでなんだ。着物の概念も壊し、合皮やエナメルといった素材。迷彩や洋花といった柄それを縛る。染縄で彩り縛り上げる。着物や帯をデザインして、麻縄を染色して、緊縛する。世界でただひとりの染縄縛り師の [続きを読む]
  • 縛り屋デザイナー
  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。私は緊縛師ではないのです。縛り屋です。どうやら、緊縛師と名乗るといろいろ狭い業界から異論が出るのです。緊縛師の中には染縄を作っている人もいてそれを販売してる人もいます。染色はとても、難しく。湿度や気温や水質によって発色が変わり、素人にはとても手を出せる代物ではありません。簡単に説明しますと、綺麗に縄を染めるには、まず下処理が必要です [続きを読む]
  • GLAMDY[SHIBARI]
  • 2015年私にとって、あまりにも惨めで屈辱的な年でした。ここ数年創作意欲は皆無で、このまま年老いて行くのかという恐怖に苛まれ、生きていくことさえ息も絶え絶えで流れ着いた長良川の川原。全てを失くして、気力も失くした。毎日、養老山脈に沈む夕日がうつる長良川を見つめ自分の人生をひとつひとつ思いおこしてみた。あの時の想い、失敗、怒り、喜び。どれもこれもこれからの私には、なにも必要でなかった。SMブログを書き続 [続きを読む]
  • 情熱の欠片
  • 欲望というもには、常に劇場的でドラマチックだ。快楽の名のもとに理性をひっくり返すんだ。性の執念は、まさに生への執念だ若いころのセックスを表現するなら、かつて満足させられていた奇怪な情熱とでも言おうか。情熱ほど危ういものはない…半世紀を生きた今、制御することの出来る忘れられた残酷な本能をS紳士としてコントロールする。情熱の欠片もなしに… [続きを読む]
  • 上品に不純な愛
  • 性欲には、性格がある。未知の感覚と積極的に出会おうとしているM女は、才能がある。知る悦びを感じられる性女、なんと可愛い性格の性欲だ。男は女を、また女は男をいつも性愛の形で引き寄せ合ってるんだ。上品に不純な愛がいい。 [続きを読む]
  • 選ばれるオス
  • オスは求める性、メスは選ぶ性これは、人間を含む動物界の原則なんだ.だったら選ばれるオスになれるよう努力しないと。セックスに相性があるなんて言ってるのは、まだまだ経験が足らない証拠だ。性のコミュニケーションは、パートナー同士で高めて、合わせて行くものだ。S紳士のコントロールは絶妙なのさ、本能が満たされると快感に、満たされないと不快に、やがて不快は不安になり怒りと化すんだ。だから私の前では、本能のまま泣 [続きを読む]
  • 幻覚的まどろみ
  • 愛や性を平均的に常識的にしかとらえられない普通の人がSだと虚勢をはっても、薄っぺらな見せかけだけのニセモノだ。変態とはそんな甘いものじゃないんだよ、宿命づけられているような幻覚的まどろみの中にいるお前…気がついていないのかい、痛いのが好きになる。苦しいのかが好きになる。それが全部快感になるだよ。生物的意味での男としても、文化的意味での男としても優れていなければ、S紳士にはなれないんだ。 [続きを読む]
  • 口に含んで噛みついて
  • 肉体全体を享楽の手段、目的、道具として使うことに嫌悪感を持ってるだろ、その生真面目な肉体を快楽の虜にしてあげよう。この手も指も足も口も生きるエネルギーが集中して熱く波打つコレも、全部お前を可愛がるためだけにあるんだ。それ以外なんの役にもたたない…性器や乳房だけが性感帯でないよ、肉体全体をエロス化しなきゃ、優しく触れて、口に含んで、噛みついて、叩いて、抓って、撫でてさ…強く弱く強く弱く、そして縛りあ [続きを読む]
  • 嗜好的創造性
  • 快楽へと吹き寄せる風が気持ちいい。気まぐれな嗜好が創造性をかき立てる。無限に多様に理性的判断を超えて、性器の結合が快感じゃないんだよ、創造性を触発する 音、匂、触、そして痛みだ。それらがよく脳に伝わるように目隠しをしておくね、快楽は万人共通の目的だ。質がよく量が多いほど人生は楽しく、生きるに値するんだ。 [続きを読む]
  • メンヘラ女子とM女
  • 精神の中に神秘性を見いだしたいと思うのは誰しも同じだろうだからといって、SとかMといった記号を曖昧なまま持ち出して、セックスの道具するのはいかがなものかな、メンヘラ女子とM女は、真逆だから勘違いしませんように、メンヘラ女子となんちゃってSの似非SMほど危なっかしく醜いものはありませんね。 [続きを読む]
  • 小宇宙のリズム
  • したたかさと、しなやかさを持ち合わせて生きるM女の脳は、小宇宙のリズムを内蔵している。痛みを快感変えるリズムをね、誰もが心に秘め、それを自覚しきれないおぞましい本能があるんだ。心配することはない自分でない淫靡な自分、本当の自分を見せなさい。 [続きを読む]
  • 性の美学
  • 性の美学の内容がチープで女のエロスの開発もままならないのに、どんなに多くの女を征服したところで本当の快楽快楽主義とは言えない。ふたりをおびやかす社会や他人に完全に背を向けて、ふたりの世界に閉じこもり極限の恍惚感で、瞬間の死を美しく永遠化する行為なんだ。 [続きを読む]