ito_plus さん プロフィール

  •  
ito_plusさん: どんふぁんウェブ庭園wp
ハンドル名ito_plus さん
ブログタイトルどんふぁんウェブ庭園wp
ブログURLhttp://www.donfuan.com/green/
サイト紹介文硬いのから入門して軟らかい葉の多肉植物から球根多肉まで。 そしてチランジアも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/05/05 14:42

ito_plus さんのブログ記事

  • 宝草錦の仔を外す。
  •  冬の寒さで葉先を痛めてしまったけど、しっかりと根を張って仔を2株付けていた宝草錦。数年前には4株ほどあって、吹いた仔に白い斑が混じってキレイだったんですよね。 この株は当時に仔として吹いていたもの。それがある程度大きくなって、今回仔を吹きました。白い斑が消えているのが残念ですけど。 これは1月の時に比べたらホントに勢い良く生長しているのが分かるので、当時に萎れた写真を残しておけばと悔やまれます。気 [続きを読む]
  • オブツーサ。
  •  この冬も乗り切ったオブツーサ。これ、約10年に購入して徒長させてしまい、そこから山が出来上がってきたものです。その間、土の入れ替え数回、置き場所は夏期も冬期も同じ場所。そろそろ鉢を大きくしてやろうと思います。 記録用の記事でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハオルチア、冬越しはできそうだけど。
  •  冬越しはできるんですけど、無残な姿ですね。 原因は管理怠慢に尽きます。朝晩の寒さを凌ぐこと、水遣り、適度な日光浴、何一つできなかった(やらなかった)冬でした。もう何年同じことを繰り返していることやら。 美しい姿を楽しむこともそうなんですけど、私の場合はこの姿から夏場に向けて整えていくことも楽しみのひとつだったりします。他にも仔が吹いて形が乱れているブツもあり、3月下旬頃から仔を外してまたキレイな姿 [続きを読む]
  • ヴィッタータはグリーンのまま冬越し中。
  •  ヴィッタータは仔を吹いては外してを何度も繰り返し、親株は整った形で維持しています。そして関東地方の冬を何度も経験しているので屋外で冬越し中。本来は寒さのストレスがかかるとオレンジ色に変化するのですが、5年前にオレンジ色になったきり、その後は1年中グリーンのままなんですよね。現在のヴィッタータ5年前の冬に寒さのストレスがかかったヴィッタータにほんブログ村 [続きを読む]
  • そのまた3ヶ月後のピリフェラ錦。
  •  こうもブログの更新が無いと、ハオルチアの飼育をやめたんじゃ無いかとWeb上の自分自身では思うのですが、毎朝の巡回で日々の生長を確かめております。たまには他の品種をアップすることも考えたのですが、ピリフェラ錦が続いていたので生長をお見せするために連続で。 良い感じになってきました。 油断していたら仔が吹いています。これはもう少し大きくなったら外します。 ピリフェラ錦の生長シリーズはトータルで半年以上 [続きを読む]
  • 3ヶ月後のピリフェラ錦。
  •  真夏の暑さにも負けず(溶けず)、台風にも飛ばされず、9月に入ってから少しづつ生長を始めましたがこんな感じ。 これからなのかもしれませんが、もう少し幅広く生長して、縦への生長はいらないんですけどね。(徒長になるから)にほんブログ村 [続きを読む]
  • オブツーサを仕立てる。
  •  記事としては何年ぶりかのオブツーサ。 10年前に購入したオブツーサは徒長させてから見事にオブ山として復活させ、その形を維持しているので記事にするような出来事は無かったんですね。で、今回はそのオブ山から仔吹きしたものが、2年で掲載写真のように少しいじけてしまったので、ここからまたオブ山にする記録的なもの。 毎日、ハオルチアの棚は観察していて、3月頃に比べたら生長してきているんだけど、その時を写真又はブ [続きを読む]
  • グリーンネックレスの花が咲いた。
  •  今年もプクプクになったグリーンネックレス。今年はまともに育ててみようかと思っています。というのはこれ、桜の木の鉢の上に放置していたら、いつの間にか根付いて増えてきたんですよ。風雨は当たるし直射日光も当たる最悪な環境。それでも植物は強いですね。 目標はすだれのように長くすること。当初、グリーンネックレスを購入した時の楽しみはすだれにすることだったのです。そのように育てている方を見て購入したはずなん [続きを読む]
  • センペルビウムに春が来た。
  •  春というより初夏の陽気ですが、センペルビウムのクラクフに仔が吹きました。 購入後、ハオルチアと同じ棚に置いて徒長させてしまったのが反省点。センペルビウムは春と秋には日光がよく当たる場所に置くんですね。いつの間にか脇からビローンと伸びてきたので、ブログの記事にしようと調べたらこの伸びたのは「仔」で、置く環境は日当たりの良い場所とのこと。仔が吹く前にも徒長じゃないかと思ったこともあったので、その時点 [続きを読む]
  • セダム、メキシコ万年草の花が咲いた。
  •  今年の2月11日にネットで購入し、あまりにもモワモワと増えたので植え替えたのが3月21日。これはその時の写真です。 置いてある環境は、風通しが良く、程良く日光浴もできる場所。勢いよく上に伸びてきたので、花が咲かなければヒョロヒョロの雑草に見えてしまいます。 ヒョロヒョロに伸びて来て、「十字型」に広がり黄色い花を咲かせるんですね。 ここからはiPhoneにマクロレンズを付けて撮影してみました。 コンデジのマク [続きを読む]
  • 今年も元気に宿根草。
  •  初めて宿根草を植えたのが2013年3月24日。その時の写真の左側に写っている品種が、今年も元気に出ています。わずかに写っている名前が読み取れないんですよねぇ。だから大くくりで宿根草のタイトルになってしまうんですけど。 紫色の花弁で、黄色の花粉が吹くはずです。ブラックバローに似ているけど、そうでもないような。 花が咲いたらまた記録として写真に収めます。にほんブログ村●stコレオプシスマーキュリーライジング3 [続きを読む]
  • ハオルチアをバラす。
  •  見て見ぬ振りをしていた第二弾の名無しハオルチア。Flickrに保存してある過去の写真を見ても、相当前から名前が分からなくなっていたようです。 デジカメの設定を「晴れモード」にして撮影したら「絵」のようになっていますが、これが現状。 バラしてみたら5つも仔を吹いていました。 それぞれを植え直してこのように。 親株の形も変形していなかったのでホッとしたけど、名前が分からないのがイマイチ愛情を注げない原因か [続きを読む]
  • マキュラータに手をつける。
  •  4年前に某オークションで入手し、3年前を最後にブログ記事にしていなかったマキュラータ。その理由はどうにもこうにもならなくて、見て見ぬふりをしていたからです。<おい(笑)。 このように滅茶苦茶な状態。 根元も枯れているのかどうなっているのやら。 で、バラしてみたら再生できる状態にあることが分かりました。 かなりピンぼけしたけど植え直した状態。これで明るい日陰で風通しの良いところに置いたので、1〜2ヶ月後 [続きを読む]
  • セダムの寄せ植え第二弾。
  •  写真を撮ったらすぐ記事にすればいいのに、1週間以上経過してしまいました。他のセダムの寄せ植えです。 ひとつのプランターに2株では寄せ植えする意味がないと思ったので、今回は4株を無理やり押し込みました。それが良いのか悪いのかは別として。これで残りは4株のセダムが単独プラ鉢に植えてあるので、それらを寄せ植えにすれば12株の寄せ植えが完了。 多肉植物もそうですが、寄せ植えした時はキレイなんですよね。そこから [続きを読む]
  • モリモリのセダム。
  •  セダムへの知識が不足していました。ボワッと増えるんですね。季節的なことも関係しているのかもしれませんが、先般、4号プラ鉢でちょうど良いと植え替えたけど、僅かの期間でモワモワ状態になってしまいました。4号プラ鉢からあふれちゃう感じです。 寄せ植えにしようとホームセンターで木製のプランターを購入したのですが、帰宅して植え替えてみたら、このプランターでも小さい感じ。これではまたあっという間にあふれてしま [続きを読む]
  • 南十字星を購入。
  •  前回、セダムを購入してから1ヶ月も経つんですね。そのセダムもこの1ヶ月で生長しています。鉢の土が見えないほど広がってきました。 さて本日。ホームセンターに買い物に行き、最後に植物コーナーを覗いたらチランジアやハオルチアがいつも通りにあったんだけど、その中で白っぽいせいか、南十字星が目立っていたので購入しました。特に物欲があったわけでは無いんだけど、クラッスラ属の多肉植物は持っていなかったなぁと思い [続きを読む]
  • まとめてセダムを購入。
  •  セダムを購入しました。近隣で販売しているところが無かったので、楽天ショップを利用。どのような状態で届くのか少し不安はありましたが、良い状態で届きました。 たった一つの残念が札落ち(笑)。これ、分かる方いらっしゃいますか? タイトゴメ。 コーラルカーペット。 丸葉万年草。 レクレクサム。 デジフィルム。 白覆輪丸葉万年草。 オーレア。 ゴールデンカーペット。 メキシコ万年草。 モリムラ万年草。 オノ [続きを読む]
  • エアープランツ、霜にやられる。
  •  昨年、ヘゴ板に着生させようと幾つかのチランジアを縛り、屋外でビニールを被せていたのですが、いつの間にかビニールが外れていて枯してしまいました。 1月下旬〜今月にかけて、朝の最低気温がマイナスだったので、そこでビニールが外れていてはダメージを受けてしまいますね。今後、冬期のチランジアは屋内かなぁ。 上手に飼育される方をお手本にして、もう一度着生にはチャレンジしますが、それは3月以降に。 かわいそうな [続きを読む]
  • アクミナータに花芽。
  •  うちに来てから4年目のアクミナータ。仔も毎年のように吹いて、秋に外して親株の形が崩れないように注意していますが、今回も順調です。 花芽が出ると順調だと思っているんだけど、本当のところはどうなんでしょうか。この時期に花芽が出るということは動いているってことだけど、これだけ寒くても動くものなんですかねぇ。 産地がどこだか忘れちゃったけど、輸入品なんですよ。寒さに強いのか? 不思議。 [続きを読む]
  • ヴィッタータの冬越し。
  •  気がつけば多肉を始めて9年目。これだけ長く続いているのは、タバコと仕事とブログの次かしら。<長い順。 さて、本日はヴィッタータ。これは今年初めて仔株を吹いたので、それらを外して植え替えたのが10月。今年のヴィッタータは調子が良かったんですよ。しかし、仔株を外してから調子がイマイチで。 少し焼けちゃった現在のヴィッタータ。何でもないような感じですが…。 全く根が張らなかったのです。土の上にチョコンと [続きを読む]
  • 宝草錦の仔株を外す。
  •  これは2012年4月28日に撮影したので、今から3年半前。あまり、というかほとんど白い斑が無かったんですけど、大きくなるにつれて白い斑が出てきました。 それがこちら。仔株が吹いて徒長気味であまり良い形ではありません。 仔株を外すか、こんな時期だけどと、よく見てみたら…。 左側の仔株は3年半前の親株の色と同じで、白い斑が出ていません。 今の親株と似ている方。 3年半前の親株と同じような色のもの。 徒長気味だ [続きを読む]
  • ヘルバセアを植え替える。
  •  この時期に植え替えはしないのですが、ずっーと気になっていたヘルバセアを植え替えました。(植え替えた日は11月29日) ヘルバセアを購入したのは2011年5月。約4年前ですが、その時から全くと言っていいほど生長が見られなかったんですね。仔を吹くわけでもなく、大きくなるでもなく、徒長することもなく全くそのまんま。 2号鉢でちょうど良い感じだけど、根がパンパンでした。 これを3号鉢に植え替え。本当は4号鉢にしたかっ [続きを読む]
  • エアープランツ(チランジア)をヘゴ板に着生させる。
  •  過去にいくつものエアープランツ(チランジア)を持っていましたが、調子が良い時と悪い時の差が激しく、それを繰り返して2年未満で枯らせてしまう、でも何も手を打たなかったという反省から、今回はネットで調べて見よう見まねで、ヘゴ板に水苔とチランジアをステンレス製の針金で括り付けてみました。それでも水苔の乗せ方は違うんですけどね。ネット上ではチランジアの根元だけに水苔を用意するように書かれていたんだけど、ど [続きを読む]