organvita さん プロフィール

  •  
organvitaさん: オルガニスト愛のイタリア山小屋生活
ハンドル名organvita さん
ブログタイトルオルガニスト愛のイタリア山小屋生活
ブログURLhttp://organvita.exblog.jp
サイト紹介文北イタリア・ドロミテ渓谷の麓で暮らすパイプオルガン弾き、吉田愛のスローライフを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/05/05 20:56

organvita さんのブログ記事

  • 「オルガンという楽器」投稿しました。
  • イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on line」の連載「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」が更新されました。第三回目は「パイプオルガンという楽器」。春に日本に搬入した三台のオルガンに纏わる話を中心に、熱く(笑)がんばって書きました。ここを してよかったら読んでくださいね。・・・・・・・リンク集2017年夏ドロミテオルガンアカデミ... [続きを読む]
  • チェンバロ弾き
  • たまたま重なって、チェンバロを二回弾きました。一つ目は、山の中にぽつんと佇むドロミテの一角のこの教会。普段は閉まっているのですが7月1日に教会開きをします。夏の間は観光客もたくさん訪れる、知る人ぞ知る名所。それに合わせた、恒例のオープニングコンサート。教会の中は一面の壁画。練習に疲れたら外に出てドロミテの山を眺めながら深呼吸。のどか。ここで弾くのは今年で3回目。今回は私の赤い... [続きを読む]
  • ハイキング パンペアーゴ Pampeago
  • おらが谷の裏山、パンペアーゴでハイキング。中腹のあの小屋まで、歩いて登れば20〜30分くらいだけど、始めから手抜きでリフトに乗って☆黄色い絨毯の上を飛びます。中腹まで登るとこんな感じ。子供でも乳母車でものんびり歩けるコースをまずはのんびり散歩気分で。こんな楽しいもの発見☆カウベルが音階でぶら下がってて、楽譜も置いてある。山の歌からキラキラ星まで。一通り全部弾いたよん。め... [続きを読む]
  • 神奈川のハウスオルガン
  • 神奈川県、三浦半島にあるご家庭に、アンドレア・ゼーニのハウスオルガンがやってきました。デザインや音色の種類、お部屋や用途に合わせて一台一台特注制作されるパイプオルガン。それぞれの楽器に、それが生まれるまでの温かいストーリーがあります。イタリアの工房で一度お披露目された後、解体し、大切に大切に梱包されて、長旅を終えた大箱が、無事に日本の玄関前に到着!駐車場で箱を解体しながら... [続きを読む]
  • おらが村の聖体節 Corpus Domini
  • 今日はカトリックの聖体節の祝日。いつもミサを弾いている教会は、今日は野外ミサでオルガンいらないので、久しぶりにおらが村のミサに行きました。今日は晴天、午前中から暑いです。ミサが終わると続けて、聖体を掲げながら村を行列します。聖体が進むところには、花びらが蒔かれます。村人が持ち寄った籠が教会前にスタンバイ。進むのは、村の聖歌隊、吹奏楽隊、消防士、山岳隊、そして村長や役員も。... [続きを読む]
  • 裏山の花目録
  • 山の頂には、まだうっすら雪が残る中、標高1000Mのおらが谷は緑が美しい季節。野花が咲き乱れています。よく見ると、あっちにもこっちにも、花に小さな虫が止まっているのを発見。見つけてね。これから開こうとするこんな姿に命を感じます。松ぼっくりの赤ちゃん。岩場に張り付くように生えていた植物。初夏のような陽気の今日この頃。夕立が降ったりしています。このままずっといい夏を... [続きを読む]
  • 名古屋のゼーニ・オルガン
  • 5月の連休明け、名古屋の某個人サロンに、アンドレア・ゼーニ工房のオルガンが建ちました。まずは完成の、美しい姿をご覧ください☆約一年半前からのプロジェクト。オルガンの目的、どんなレパートリーが主に弾かれるのか、楽器の仕様、置かれる場所のこと、などなど、本当に色々なことを噛み砕き噛み砕いて、一つの楽器の姿を見つけていきます。それから工房で一年以上かけて部品一つ一つを丁寧に制作。... [続きを読む]
  • ジロ・デ・イタリア通過!
  • 今日、ジロ・デ・イタリアが谷を通過しました!17ステージ、ティラノからカナツェイまでの219kmコース。昨日はステルヴィオ峠往復という、超過酷コースだったので、今日は比較的「易しい」道のりの感じ。明日は再び、厳しい山越えコースです。午前中に隣町カヴァレーゼにて買い物中、テレビ中継地点の準備しているゲートを、車で通過。ここからゴールのカナツェイまで40kmの地点。さて、午後一... [続きを読む]
  • 東京のハウスオルガン
  • 4月末の一週間。東京のマンションに、練習用のハウスオルガンを搬入&組立しました。イタリアの工房から一ヶ月前に船で旅立ったオルガンが、無事に到着!工房で音が鳴るまで完全に完成させたオルガンは、一度解体してこの頑丈な木箱に詰められ、送られました。それを今度は丁寧にほぐして、部屋に運び入れていきます。まずは、オルガンの土台部分を組立。チームは、社長のアンドレア、アレちゃんと私の三人。... [続きを読む]
  • 5月のおらが村
  • 3週間半の日本滞在を終え、無事にまたイタリア、おらが村に戻りました。日本滞在記はまたゆっくり書くとして、久々におらが村を散歩。しばし留守にしている間に、谷は緑が眩しい季節に衣替え。恋の季節をパパラッチ☆裏山の羊たち。夕食の時間。やっと立てるようになった子たちも、そろそろ小屋から出て、夏の長旅に借り出されます。がんばれ。巨乳マンマのおっぱいたくさん飲んでおーきくなーれ。日... [続きを読む]
  • ぼくをかまってコール
  • 紐&毛糸を入れてる箱を出しっぱなしにしてたら、こうなってた。もちろん、ぼくじゃないです。と、しらを切ってるこの目が笑える。実は私たち、バンブーをイタリアじいじばあば(犬付き)に預けて、もうすぐ日本へひとッ飛び!そわそわしてるアイアレの気配を、しかと感じている様子。。甘えさせてかまって指数がマックスに達しています。昨日もこうやって、ぼくを探してオーラ炸裂。アレちゃんが脱ぎ捨... [続きを読む]
  • イースター
  • ☆イースターおめでとうございます☆イースターミサ弾き前に、ステキなゆで卵を頂いたので、オルガンの鍵盤に乗せてみたら、立った!!先週まで「もう夏?」っていうような天気もあったのですが、なんと今日は雪が舞いました。イースター前後はいつもこんな天気のことが多いです。イースターの一連のミサを弾ききった足でそのままスイスに向かい、イースターコンサートを弾いてきました。フェスティバ... [続きを読む]
  • 2017年 ドロミテオルガンアカデミーのご案内
  • 2017年のドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内です。ドロミテの山を仰ぎながら、パイプオルガンを弾いてみませんか。世界遺産ドロミテ山塊の麓、フィエンメ渓谷を拠点に近郊の教会を巡りながら、様式の異なる様々なオルガンでレッスンを受講、聴講していただきます。また、オルガン工房を見学したり、ドロミテ散策もアレンジします。パイプオルガンを学んでおられる愛好家、教会オルガニスト、学生さ... [続きを読む]
  • 散歩。鹿。
  • 週末、近所をプチ散歩。タンポポの季節です。この小さな花もあちこちで恥ずかしそうに咲いてます。ヤギ&羊小屋。番犬に鳴かれて近づけず・・。もうちょっと温かくなったら、放牧されます。木の上でこんな鳥が鳴いてました。この鳥、なんていうの?遠くに鹿を発見!角がまだ若い子供ちゃんでした☆このあと二匹出てきて、ものすごい速さで戯れて遊んでました☆桜の開花も、もうすぐ。・・... [続きを読む]
  • 散歩。虹。
  • 夕飯前のお散歩中、突然虹が出現!5分もなかったくらいですが、こんなにはっきりと、二重です。太陽が山の向こうに沈みかけたときに小雨が降ってきて、タイミング絶妙。足元がこんな近くに見えたのは初めて。天使が現れそうな場所。夏時間になって日も伸びて、夕方の散歩が楽しめるようになってきました。谷は淡い緑色に衣替えを始めています。・・・リンク集イタリア旅行情報サイト「JAPA... [続きを読む]
  • バイカーの祝福式
  • 季節は春。これからツーリングの季節。いつもミサを弾いている教会で今朝、バイカーのための祝福式がありました。オルガンバルコニーからも、教会前にずらっと整列したバイクが見えたよ。祝福式は通常のミサのあと、教会の外の広場で行われました。続々と集まってくるバイクの重低音が、ミサの間中ずっとドドドドドドドドドドドドドドドドと教会の中まで聞こえてきて、一瞬、オルガンの低音の音が鳴りっぱなし... [続きを読む]
  • ヴェネトの春
  • バンブー連れて、週末にアレちゃん実家に日帰り帰省。2時間の車旅でも籠の中でおりこうさん。時々助手席の私の膝の上にも寝に来ます。ヴェネツィアにも程近いここ、田舎の実家は、すっかり春爛漫。庭の桜もいい感じ。花好きなマンマがかわいがっている庭が満開。↑↓蜂があちこち仕事中↑↓庭を探検隊。実家にはちょこちょこ連れてきているのでだいぶ勝手を覚えてきた感じ。新しいテリトリーが増... [続きを読む]
  • シモーネ・ヴェッバー 来日コンサート
  • イタリアの若手を代表する注目のオルガニスト、シモーネ・ヴェッバーが、4月に初来日します!実はシモーネとは、私もアレちゃんもイタリアの師匠が同門。彼のほうが一回り若いけど。家も近くて仲良くしてもらっているんですが、今回色んなご縁で、日本で演奏していただけることになりました!確実なテクニック、でもそれを更に超える包容力のある音楽性。とにかく音楽に対する愛情が人一倍溢れている熱い... [続きを読む]
  • コンサート。レッスン。
  • いつもミサを弾いている南チロルの教会で、ヴィオラの友達とコンサートを弾きました。チェンバロも運び込んで、楽器三台(オルガン、チェンバロ、ヴィオラ)で。受難節なので、「十字架上のイエスの7つの言葉」の現代曲を、祭壇前のスクリーンに受難にちなんだ7つの絵画を映し出しながら、朗読を交えて弾いたり、日本の「さくら」のメロディの変奏曲を弾いたり、あとはヘンデルからムゾルグスキーまで、色々盛... [続きを読む]
  • なんとなく春
  • 日曜午後の散歩道。まだ風は冷たいけれど、少しずつ春が近づいているのを感じます。山の斜面にエリカが咲くようになったら、季節の変わり目。もう積もるような雪が降ることは、たぶんないでしょう。そもそも今年はほとんど雪が降らなかったけどね。カラマツの森。ふかふかの地面。風が通り抜ける音と、春を告げる鳥のさえずり。日の当たらない山の中の、赤モミ。枝と枝がぶつかる音が、時々ギリリっと響... [続きを読む]
  • ピアノ発表会
  • 年二回恒例のピアノの発表会をしました。今回から場所変更して、おらが村の多目的ホールにて。数ヶ月前に、村の高齢のおばあさんが使用しなくなったアップライトピアノを寄付。そこを村民なら無料同然で貸してもらえたのです。親子連弾あり、数ヶ月前から習い始めた子供のデビュー戦あり、何年も習っている「ベテラン組」の上達が見られる演奏あり。雪が解け始めている谷を見下ろしながら、開放感溢れる発表会。... [続きを読む]
  • 20数年ぶりにスキー。
  • 先週末、大粒の雪が降りました。やっと山らしくなった風景。除雪車を運転するご主人と戯れるワンコ。「犬は喜び庭駆け回り猫はコタツで丸くなる」とはよく詠った歌だなあ〜ドイツ時代の友達が、5歳の娘ちゃんに初スキー体験をさせるために遊びにくることになってたんですが、それに合わせるかのように前日に降りしきり、そして、快晴!!スキーのメッカに住んでいながら、滑降スキーは一度もしてなかっ... [続きを読む]
  • バンブー籠
  • 何年か前に、お菓子が詰まった状態でもらった籠。スリッパ入れてたのに気に入ったらしくて、その上で丸くなってるから中に古いタオル入れてバンブー籠にしたんですが、「籠の淵が痛そう」と過保護パパが言うのでリメイクしました。じゃん。こんな感じ。実は、昔アレちゃんママが編んでくれた長い靴下が洗い間違えて縮んで履けなくなって、でも捨てるに捨てれなかったのが、見事に淵の円周とマッチ(笑... [続きを読む]
  • 映画「沈黙」、「高山右近」
  • 最近映画を二本観ました。一つ目は日本でも公開されている「沈黙」。イタリア語のトレーラー↓高校2年夏休みの宿題の、読書感想文を書く課題図書リストに入っていて、他と比べて一番薄い本だったから選んだ(!)遠藤周作の「沈黙」。それまで特別、読書が好きだったわけでもなかった私ですが、この本が私には衝撃的な出会いとなり、それからずっと遠藤周作の大ファンです。宗教や海外生活での異文化の... [続きを読む]
  • ヴェネージャ小屋でランチ Malga Venegia
  • おらが村から車で20分。赤モミが一帯に茂るパネヴェッジョ自然公園の一角、ヴェネージャ谷の山小屋で、ランチをしてきました。昨日、ワタシ誕生日でした。週末の誕生日は遊べるから嬉しいな☆メッセージ送ってくださった皆さま、どうもありがとうございました。FBにコメントくださった皆さま、お返事書いていたら途中からPCが固まり始めてかろうじて「いいね」しか押せなくなり・・・。ちゃんとお返事書... [続きを読む]