kintaro さん プロフィール

  •  
kintaroさん: お母さんの味を忘れたくないから
ハンドル名kintaro さん
ブログタイトルお母さんの味を忘れたくないから
ブログURLhttp://fushofugei.exblog.jp/
サイト紹介文猫短歌やってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/05/06 10:01

kintaro さんのブログ記事

  • 兼題 香水 青田 海月
  • モンローの纏ひし香水買ひ求む銀座の夜香水の香の往交ひぬ毒と云ふ香水纏ひいざ出陣フクシマに村と青田の戻りけり青田面するする滑り行く電車青田面雲の形に抉らるる こんな日は海月になりて漂はむ貴婦人のやうにくるりと舞ふ海月火星にも朋有りと聞く水海月エフ分の一の揺らぎの海月かな [続きを読む]
  • 蛍 汗 杏
  • サウナ風呂微動だにせず汗を待つ土産笑み汗携えつ母来る汗掻きつ一所懸命砂遊び手の内にうすらぼんやり蛍の火源平の合戦するや蛍池アイシテル撒き散らかしつ蛍舞ふ蛍狩る一夜の命と知りつつも杏食みまんづまんづと婆笑ふ杏捥ぐ兄に手伸ばす夢見たり昭和より酒中に浸る杏をり [続きを読む]
  • 兼題: 新茶 端午 葉桜
  • 葉桜のスウィングきらりきらりかな葉桜の日ごと体積膨らみぬ提灯を一つ残して花は葉に時薬服するうちに花は葉に新茶てふ旗の現る今朝の茶舗新茶の香纏ひて来たり茶舗の主走り茶を喫して嗚呼の二重奏ちやんばらと云ふ行為あり端午の日将来の夢は忍者や端午の日初孫の仁王立ちたる端午の日 [続きを読む]
  • 蝶 日永 沈丁花
  • 玄関のほのりとしをり日永かな日時計の影の縮みて日永かな廃屋の手水の横の沈丁花心の臓罷みて沈丁薫り立つ沈丁の香に動き出す海馬かな雑踏に行く宛の無き蝶の舞ふ展翅さる蝶美しく痛ましく弔ひの列を導くてふ一羽蝶の舞ひ二拍子五拍子三拍子一寸の身で翅を漕ぐ胡蝶かな [続きを読む]
  • ハインラインの夏への扉でピートは夏への扉を探し続けた。にぃにぃも病気になってから扉を開けてのサインを何度もやっていた。きっと苦しくて嫌なことは扉の向こうに行けばなくなると思っていたんだろう。お風呂場の扉が一番お気に入りで開けて開けてとせがんでいた。最後は天国への扉が開いたね。良かったね、にぃにぃ。 [続きを読む]
  • 空へ
  • 今日、空へ返してまいります。生を明らめ死を明らむるは、仏家一大事の因縁なり。生死の中に仏あれば生死なし。ただ生死即ち涅槃と心得て、生死として厭うべきもなく、涅槃として欣うべきもなし。この時はじめて生死を離るる分あり。ただ一大事因縁と究尽すべし。 [続きを読む]
  • 不死鳥
  • 三途リバーを三回は見たはずだが、クリティカルリキッドでそのたびに呼び戻してます。クリティカルリキッドさまさま。ご飯もお水もトイレもいままで通り。もう、フェニックスにぃにぃと呼びたい。お薬は見ただけで吐くようになったので、もうこのまま自然体で行こうね。納豆の糸のように細く長く粘って行こう。ありがとう、にぃにぃ。大好きだよ。 [続きを読む]
  • 兼題 木の芽 流氷 闘牛
  • 芽吹きより生命の輪廻始まりぬ死に向かふ猫の見つむる木の芽かな死への旅支度見つむる木の芽かな鋭角の直角となり木の芽立つ網走に流氷千里の旅を終ふ流氷の露西亜の記憶夜語りぬ流氷の青海の青空の青闘ひを終へて牛首うな垂るる闘ふと覚悟の牛の眼の据はる勢子煽る怒鳴る荒ぶる牛角力堂々と横綱牛の田に立ちぬゆっくりいこうね。 [続きを読む]
  • 生命力
  • 身体全体をふるわせながら吐いて吐いて倒れて尻尾もあがらず、失禁もしてもうだめかと思ったら、次の日の夜、クリティカルリキッドで復活。すごいぞ、にぃにぃ。がんばれ、にぃにぃ。 [続きを読む]
  • 兼題:クリスマス 人参 行く年
  • 飼葉桶人参入りて馬嗤う人参を振れば馬々馳せ参ず人参を巧みに避ける五十路かなムハマドも仏陀も集へクリスマス命日となりし聖夜に泣き崩る仏にもケーキ供へる聖夜かな不夜城のいよよ煌めくクリスマスマスカラの睫毛重たきクリスマス母と猫置き去りにして年逝けり黒縁の葉書届きて年逝けり [続きを読む]
  • 兼題: 初雪 枯葉 湯ざめ
  • 山の風枯葉天まで舞ひ上ぐる往生の出来ぬ枯葉の一葉在り枯葉道静か骨壷ことと鳴る初雪や掌までの命なり初雪に動きの鈍る大都会初雪に塵も芥も清めらる雨音のいつしか已みて初雪に桜島初雪纏ひ煙揚ぐ背中より掴み掛かりし湯冷めかな母の文湯冷め戒む言葉あり [続きを読む]
  • にぃにぃが早く良くなりますように。 [続きを読む]
  • へらへら
  • 夜中に吐くことを繰り返し、とうとう食べなくなって7キロの体重が4キロになり、へらへらのにぃにぃ。病院で点滴を受けて今5キロまで復活。がんばれ、にぃにぃ。 [続きを読む]
  • 兼題  霧 夜食 唐辛子
  • 唐辛子魔除けのやうに干されをり喧嘩の夜ちょいと多めに唐辛子舌に火を放つや青の唐辛子足の消ゆ手の消ゆ霧に溶けゆけり霧晴るる眼より鱗の落つるごと霧満ちて透明人間行き交ひぬ朝霧を突き抜けてゐる富士の山道路脇夜食搔き込む工夫をり残業と腹を括りて夜食買ふチャルメラの調子に乗りて夜食かな [続きを読む]
  • Taken at the flood
  • 土曜日にAXNでアガサクリスティのベストエピソード集をやっていてついついみちゃいます。「Taken at the flood 満潮に乗って」シェイクスピアのジュリアスシーザーからのタイトル。There is a tide in the affairs of menWhich, taken at the flood, leads on to fortune;Omitted, all the voyage of their lifeIs bound in shallows and in miseries. 清張もクリスティもタイトルが秀逸。 Elliot Cowan が素敵。 [続きを読む]
  • 夜寒 鬼灯 野分
  • 忍び寄る夜寒払ひつ星数ふ去年二人今年一人の夜寒かな縁の猫ぶるりと震ひ夜寒かな地上絵を描きて野分の過ぎ去りぬ野分中為す術もなく蝶の舞ふ先斗町野分真直ぐに吹き抜けり野分中だらりの帯の舞をどりほほづきや吉祥天女の如意宝珠ほほづきの業火の闇に二つ三つほほづきに微笑み御坐す菩薩像 [続きを読む]