pepper さん プロフィール

  •  
pepperさん: Artな日々 おたより帳
ハンドル名pepper さん
ブログタイトルArtな日々 おたより帳
ブログURLhttp://artnahibi.exblog.jp/
サイト紹介文平凡な毎日でも面白いことがいっぱい!わたしなりの見方感じ方を写真に切り取ったり描いたり楽しんでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/05/07 14:39

pepper さんのブログ記事

  • 6月はパープル
  • 先週、梅雨らしいしとしと雨が一度降った位でこのあたりは梅雨前線はさっぱり・・でも、我が家ではちゃんとこの季節の花、デュランタが咲き始めています。むらさき色が爽やかです。ところで福岡でとてもきれいなむらさき色の植物を見かけました。歩道に溢れるほど繁茂して見事!街の中央を走る狭い道路には多すぎる車の列。そんな、人も車もぎゅうぎゅうなんだけど街中、緑が溢れているんですね。セイヨウニン... [続きを読む]
  • 山あいのあじさい
  • 北九州市小倉南区、長野緑地へ行きました。竹林の根元を引き締めるような見事なむらさきあじさいに出会いました。強い酸性土がむらさき色を決定づけているんですね。山あいのそれほど人が通る道ではないけれどひっそりと、でもしっかりと主張しているその存在感に感動してしまいました。 [続きを読む]
  • 池のスケッチ
  • 夕方、子供たちや年配の方々がゆったりと過ごしている池の辺りをスケッチしました。茶封筒の紙にカラーマーカーで。大きなクスノキやアシの群生も淀んだ池に共生しているような水辺の様子です。水鳥が蓮の葉の上を大股で歩く様子がユニーク。赤いくちばしの方がオスかもしれないな・・・マガモより少し小柄。バンとかいう水鳥かも・・・(?)ペアでえさを探していたから地味なグレーの... [続きを読む]
  • 白い蓮の花が咲き揃いました
  • 福岡の息子たちの住むご近所に蓮に覆われている大きな池があります。早朝からアオサギやカモが元気良く飛び回り日が高くなるとつぼみだった蓮の花がようやくパッと開花するのです。暗い池の面に数え切れないほどの白い花の点々がキラキラ輝いてとってもきれい!池の環境にはこれまで全く馴染みが無いのでこちらへ来る度に四季折々の池の様子に興味をそそられます。今朝は... [続きを読む]
  • 天声人語、今も昔も
  • 書棚の隅から1990年代の「天声人語」が出てきました。朝日新聞紙上の日々のコラムを書籍としてまとめたものです。つい、拾い読みしてしまいました。ある日のページには「近頃、若者の価値観が変わってしまった・・」とあります。1993年のコラムですよ。それは、1977年前後を境にして新しい価値観へと変動していった〜というのです。他人への尊重より個人の楽しみを優先する新人類が登場した、とあ... [続きを読む]
  • 孔雀サボテンの昼の顔
  • またまた登場です、孔雀サボテン。昨日の夜の開花はちょっぴり妖艶な雰囲気。でも、日中はこんなですよ。。。ラテン系の華やかさ!ギラギラとしたオペラピンクの花びらも微妙に濃淡あり。おいでおいでしているような雌しべはまるでチョウチンアンコウのものにそっくりだと思いません? [続きを読む]
  • 多肉植物との付き合い
  • その辺にポロリと放置していても気がつけば発根していて芽が出て葉が成長してもっと成長して花が咲いてしまいました!土に植えてるわけでも無いのにね〜多肉植物のマニアでは無いけれどどんどん増えるところを眺めるのはそれはそれでとっても楽しいと思いますね^^グラプトペタラムという個性的なお名前の多肉です。.................................... [続きを読む]
  • ヨーコさんの 5分
  • NHKのEテレで「ヨーコさんの言葉」が連載されています。絵本「100万回生きたねこ」の作者佐野洋子さんのエッセイをテレビで動画として構成しているのです。毎回、なるほどと感心したりクスッと笑えたりするんですが第34回は深い話でした。以下、その5分間の内容です・・・私の乳がんは女の耳鼻咽喉科の先生が見つけてくれた。「すぐ病院に行きなさい」と言われやっぱりがんだったので 切って... [続きを読む]
  • ブラシの木、開花お久しぶり!
  • 大きくなり過ぎて植え替えも困難なブラシの木。根の負担もあったせいでしょうね花が数年咲きませんでした。機嫌を直したように今年は次々と咲き揃いました。薄緑色のつぼみの衣から折りたたまれたような糸状の花がしわくちゃのまま現れてくるところがとってもおもしろい。宇宙旅行にはいかにコンパクトな形で物を運ぶか、が難題だそうですがブラシの木の開花までのプロセスはいい... [続きを読む]
  • 1分動画アプリのクラシルを見て作った料理
  • ものすごい数のレシピの中から数日前に紹介された炊飯器を使って作ったチキンの煮込みを選びました。「炊飯器で作る手羽元のサムゲタン風」というのですがごはん以外で炊飯器を利用するなんて初めてだしサムゲタンもしかり。おもしろそうなのでトライ!おもちを一個と大さじ2の米を加えるのが想像出来なかったのだけどつまりとろみをつけるんですね。ホロホロの鶏肉にとろりとしたスープ... [続きを読む]
  • いきものいっぱいの海〜港にて
  • 門司港です。停泊しているタグボートなど眺めていたらたっぷんたっぷんしている海面に漂うものが・・・きゃっ!アカクラゲ、シロクラゲいったいどれだけいるの?しかも、クラゲの他にもなまこみたいなブヨブヨにゲジゲジそっくりのスゴイ数の足のイキモノが・・・海面を覗いていたら今にも海に引きずり込まれそうな気がして思わず後ずさりしてしまいました!海上保安庁の船影には小さな... [続きを読む]
  • 青空に白いクルーズ船ロストラル
  • フランスのクルーズ船ロストラルが門司港に寄港。ヨット型客船だそうです。斜めの煙突一対白と黒の船体に赤い救命ボートが特徴ね。歓迎セレモニーで日常では絶対拾えない音楽が流れて苦笑。♪〜のざき参りは 屋形船で 参ろう〜♪日本舞踊が披露されてました。1万トンのロストラル巨大な豪華客船とは比較にならないけれどスマートな船体は晴れ渡った海峡によく似合っていました。... [続きを読む]
  • 子供の描いたものに額装すると〜
  • 頭の中でぐるぐると駆け巡っているイメージがそのまま絵になってる6才の作品。マットはコミックバットマンの記事にアクリル絵の具をペタペタ塗って使ってみました。次男の息子は最近、恐竜に夢中です。しかし、恐竜がどの位デカイのかまだまだ考えは及ばないでしょう。シンゴジラを映像で見た後心配してました。あのモノレールの向こうからシンゴジラがやって来たらぼくはどうしたら... [続きを読む]
  • バラ園にて
  • 花びらの微妙な色合いにすっかり魅せられてしまいました!ディスタントドラムスというバラです。名前もカッコイイね!デパートのバラ園へ行ってみました。まわりには、濃厚な赤やピンクのバラが次々と咲き始めているんだけど結局、お気に入りのバラはこの色合いです。まだ、硬いつぼみもいっぱいあってそれはそれで期待感もあって楽しめました。以前、まだわたしの視力ももう少し安定していたころは... [続きを読む]
  • 青菜のこと
  • めずらしい青菜です。アスパラ菜というそうです。黄色い花が菜の花そっくり。花びらが4枚で十字花植物(って、中学の理科で習ったような?)同じナバナの一種ですね。クセも無く柔らかい野菜です。知らない野菜がいろいろ出回り面白いですねー青菜といえば古典落語にもありました、「青菜」わたしは落語に詳しいわけではないのですが以前、落語の本を読んでいてさわやかな内容がとても気に入って葉野菜を見る... [続きを読む]
  • イラストレーター黒田征太郎を楽しむ
  • ニューヨーク暮らしにピリオドを打ち帰国後はなぜか北九州の門司港に。そんな黒田征太郎さんとお仲間たちの門司港駅の路上ギャラリーです。わりと自由な北九州人とのお付き合いが合ってるんでしょうかね。作品の軽妙なタッチはイラストレーター黒田征太郎さんの人物そのまま。楽しいエリアです。インテリアデザイナーの森田恭通さんは京都嵐山駅舎を手掛けられた・・・と説明があります。ち... [続きを読む]
  • ユニーク福岡市、ロープウエー構想
  • 福岡市って事件とか事故とかも含めてホントに派手!例の道路陥没の映像は世界中でびっくりしてしまいましたよね。陥没の道路はあっと言う間に元どおり。そこを息子の車で通りました。正面に博多駅が迫ってきます。今度はその博多駅から眺めてみたら・・・大穴の道路の隣のブロックですね。駅から博多港まで大博通りが一直線に伸びています。ここにロープウエーを通すんだそうです。街の中をね。びっくりで... [続きを読む]
  • きのうの15分、きょうの15分
  • 昨日は、新幹線で博多まで。小倉⇔博多間はピュウッと15分です。毎度思うことですが早くてほんとに便利だけれどわずか15分じゃ、広がる景色を楽しむことはあきらめて〜ほとんどトンネルだし。それでもがんばって帰りの新幹線の窓越しに一瞬見えた景色をキャッチ!広い水田が見えました。もう田植えの準備の季節なんですね。新緑が山々を覆って清々しい風景が数秒目にとまりました。今... [続きを読む]