野牛 トウ兵衛 さん プロフィール

  •  
野牛 トウ兵衛さん: とことん写真
ハンドル名野牛 トウ兵衛 さん
ブログタイトルとことん写真
ブログURLhttp://tocofoto.exblog.jp/
サイト紹介文海外で撮影。1日1枚、オリジナル写真を撮影に使ったカメラの解説を交えて紹介。
自由文こだわりの写真が満載。写真一枚一枚、工夫しながら撮ってます。今のところ数台のデジカメを使い比べてみてます。毎日撮っていて気づいた裏技なども紹介してますよ。
カメラ大好き、写真を楽しみたい人たちにぜひ見てもらいたいです。もちろん話はカメラのことだけではなく、風景や、自然についても語らせてもらってます。
熱帯雨林特有の自然、時にはポートレイトも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2008/05/08 21:51

野牛 トウ兵衛 さんのブログ記事

  • オールドレンズの旅 Minolta AF24-105 F3.5-4.5
  •  今日の写真は去年の秋に、岐阜市郊外にある自宅近くのイチョウの畑で撮った二枚ですが、時間は11月17日の午後3時過ぎです。日本の秋の午後の穏やかな日差しを感じていただけるでしょうか。 明るい順光で撮る写真は絞りが絞り込まれ、早いシャッタースピードが可能になりますから、対象物を鮮明に捉えることができ、またレンズ鏡胴内、ガラス表面での光の反射が小さくなりますからコントラストも高くなり、更に先鋭... [続きを読む]
  • オメガとセイコー
  •  我々の世代で精密機械と言えば真っ先に思い浮かぶのがカメラと腕時計です。その両方の精密機械は日本が得意とする工業生産品ですが、その先輩はヨーロッパであることはみなさんご存知かと思います。 その2つの工業製品のうち、カメラ生産はかつてヨーロッパやアメリカでたくさん生産されていましたが、現在では日本が独占状態と言って過言ではないと思いますが、しかし腕時計はそうではありません。 腕時計生産で有... [続きを読む]
  • ベリーズ 水たまりの Common Black-Hawk (コモンブラックホーク)
  •  中米の国ベリーズに住んでいた頃、自宅はこの国最大の都市ベリーズシティの住宅地にありました。 自宅周りは住宅が多いのですが、街道沿いには各種の大型店舗があり、人や車の多いところでしたが、所々に空き地もあり、そこはこの街の特徴である市内全体の標高が低いことから、所によっては湿地になっている土地もあり、緑が多い街でもありました。 自宅東隣は幅8mほどの道を挟んで大きな空き地があり、雨が降ると... [続きを読む]
  • ベリーズ 民家敷地の White Ibis (ホワイト イビス)
  •  中米の国ベリーズは、ユカタン半島の付け根に位置して東側がカリブ海に面し、日本の四国ほどの大きさの国土の大半が平野で、そしてその標高が低いことから水場が多く、よって開発は進んでおらず豊かな自然が残されています。 水場は自然に潤いを与え緑のジャングルを育て、また人間の手が入りにくいことから、国土の多くが野生生物の宝庫となっており、日本ではあまり知られていませんが、その自然を求めて世界中から観... [続きを読む]
  • ベリーズ 道路端のカッコウとオリオール
  •  中米の国ベリーズに住んでいた頃、この国の最大の都市にある自宅から車で30分も走ると、緑濃いジャングルとそれを切り開いた牧草地、そして所々に人家がある農村風景があります。 その道の両側は切り開かれた牧草地がほとんどですが、一部に大木の茂る、樹木の密度の濃いジャングルの縁になっている区間があります。 樹木の少ない開けた場所では、鷹などの猛禽類やトキ、サギなどの水鳥を多く見かけ、樹木の密生す... [続きを読む]
  • 散歩道の身近な野鳥たち
  •  岐阜市近郊の自宅周辺の散歩コースは、川にいたカモや、地上にいたツグミたちが北に帰った頃から、他の野鳥たちも見る機会がぐっと減り、それほど重くないカメラでも持ち歩くのが気後れするほどです。 しかし時には遠くにちらほらと、それほど珍しくはない種類ですが見かけたりしますから、やはりカメラを持たずに出かけることはできません。 今日の写真は、そんな近頃の散歩の途中に出会った鳥たちで、大きな写真のウ... [続きを読む]
  • 散歩道の草花
  •  岐阜市近郊にある自宅近くの散歩コースで、現在興味ありそうな野鳥の姿はほとんど見られず、運が良ければたまにキジが登場するのですが、これも柿畑に農家の人や、川に釣り人がいたりしたら決して現れません。 そうなると目は自然に路傍の草花や虫たちに行き、そうして撮ったのが今日の写真ですが、野草でも花が意外と大きかったり、或るいは色鮮やかな種類があるのだと気づかされます。 この写真を撮ったのは、休耕... [続きを読む]
  • オールドレンズの旅 TAMRN 35-70 1:3.5 CF MACRO ニコンとの比較
  •  今日の写真、今年7月6日にこのブログ上に載せた場所、神社前のアジサイのある石垣が背景になっているその同じ所で撮っています。 でもカメラボディは同じですが、レンズが違います。6日のはニコンの35? F2.8の単焦点レンズ、今回のはタムロンの35-70 F3.5のズームレンズです。 二枚の写真を比べる場合、様々な条件の違いから安易に結論を出すのは危険であるのは十分承知の上ですが、あえて感想... [続きを読む]
  • 散歩道に咲く花
  •  今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くを散歩するコースに咲いていた花で、マメ科の花でしょうか。 毎日同じコースを散歩していると、季節と共に見かける花の種類が変わっていくのがよく分かります。特に春から秋にかけては本命の野鳥が姿を見せなくなることから、自然と道端の花や虫に注意が行きます。 道端に咲く雑草でも大きく立派な花をつけるのがあり、その美しさは人口的に改良され、花壇に咲く花に劣らない... [続きを読む]
  • オールドレンズの旅  Tamron 35-70 1:3.5 CF MACRO
  •  今日の写真は、タムロンの古いレンズをつけて、自宅近くの谷汲山華厳寺に行って撮った2枚です。 このレンズは大昔にどこかのお店で買いながらも、これまで使う機会なくずっと防湿庫で眠っていました。 現在、ソニーから発売されたミラーレスカメラを持っており、適合するマウントがあれば昔のどのレンズでも使えることから、今回登場となった1本です。 このレンズ、発売からすでに30年以上が経つクラシックレ... [続きを読む]
  • 散歩道のトンボ
  •  岐阜市近郊にある自宅近くを、カメラを持って散歩するのを日課としており、そこで出会う野鳥の写真を撮っているのですが、冬が終わると野鳥の数はぐっと少なくなり、帰宅するまで一度もシャッターを押せない日は珍しくありません。 そうなると望遠レンズより、道端の花や昆虫を撮るのに便利なマクロレンズをつけて出かけようかとも思うのですが、もしかしたら珍しい野鳥に出会うかもしれないと思うと、なかなかレンズ交... [続きを読む]
  • 散歩道のカルガモ
  •  岐阜市近郊にある自宅近くをカメラを持って散歩するのが日課になっているのですが、夏になってこのコースで見かける野鳥が少なくなり、最近は毎日出かけることが無くなりました。 これではいけないと先日久しぶりに歩いてみたところ、川の中央に2羽の水鳥を発見しました。最近川で見かけるのは白いサギばかりで寂しかったのですが、久しぶりにカモの仲間です。 写真がその2羽のカルガモで、番でしょうか、のんびりと... [続きを読む]
  • ベリーズ 背景は近くのリゾートホテル
  •  このブログ上で野鳥をご紹介するために、最近度々登場しているホテルの話題です。 中米の国ベリーズの最大の都市は、内陸部にある首都のベルモパンではなく、カリブ海に突き出た岬全体に広がっているベリーズシティです。 空の玄関である国際空港や、カリブ海に面する海の玄関もこのベリーズシティにあり、商業の中心地となっていますし、ベルモパンに遷都する前は首都であった頃の名残りである、いくつかの政府機関... [続きを読む]
  • ソニー α7Ⅱ+Nikkor 35mm F2.8 の試写
  •  デジタルカメラのミラーレス機は、レンズの取り付け部であるマウントから、カメラボディのセンサーまでの長さであるフランジバックが短いのが特徴です。これは光軸を変えているミラーが無いためで、構造的にはライカのレンジファインダーカメラと同じです。 この短いフランジバックを活用して、これまでに世に出た様々なレンズを、アダプターを利用して取りつけることができます。このアダプターさえあれば、理論的には... [続きを読む]
  • コスタリカ 背景は公園の巨木
  •  中米コスタリカの首都サンホセの市内郊外に、広々とした森林公園があり、そこには子供たちのためのプールや、サッカーコートが南面も取れるような大きな芝生広場があります。 また公園外周は散策道が整備されており、市街地近くであるにもかかわらず規模は小さいながらも、植物が密生したジャングルを体験することができます。 ただこの公園、これだけの広さを持っておりながら、休日であってもなぜか訪れる人は少な... [続きを読む]
  • コスタリカ 巨木とシロアリ
  •  先週28日のこのブログ上で、中米コスタリカの首都サンホセ市内のはずれに、大きな緑地公園があることをお知らせしました。 その公園は市街地の近くで、小規模ながらも熱帯雨林を体験できたり、大きな緑地広場でのびのびとスポーツを楽しんだりできる市民の憩いの場となっています。 そして公園の一角に巨木が林立する林があり、その巨木の中にはシロアリの被害にあっている現実があります。 今日の写真はその林... [続きを読む]
  • 日本の地方は猿の惑星
  •  岐阜市近郊にある我が家周辺は、他の日本中の里山の地方と同じく農業や家庭菜園への鳥獣被害が深刻です。 昔昔の農村はどこも広々とした田や畑風景だったのですが、今では金属や青や緑色のプラスチックの網があちこちに張られ、何ともみっともない景色になってしまっており、風景写真は全く絵になりません。 自宅近くの農家の人によれば、畑の周囲に網を張ってもサルには何の効果もなく、収穫前のジャガイモを掘り起... [続きを読む]
  • ベリーズ 種類の特定が難しい Warbler の仲間
  •  中米のベリーズで、日常の生活の中や、休日を利用して出かける観光などで、地方で見かける野鳥は非常に数が多く、そのどれもが日本では見かけない珍しい鳥たちですから、種類を知るためには図鑑が必要になります。 幸いなことにここベリーズでは、コスタリカと同じく何種類かの詳しい図鑑が店頭に並んでおり、手軽に入手することができますから、いつまでも名前が分からないということはありません。 ところが、実際... [続きを読む]