野牛 トウ兵衛 さん プロフィール

  •  
野牛 トウ兵衛さん: とことん写真
ハンドル名野牛 トウ兵衛 さん
ブログタイトルとことん写真
ブログURLhttp://tocofoto.exblog.jp/
サイト紹介文海外で撮影。1日1枚、オリジナル写真を撮影に使ったカメラの解説を交えて紹介。
自由文こだわりの写真が満載。写真一枚一枚、工夫しながら撮ってます。今のところ数台のデジカメを使い比べてみてます。毎日撮っていて気づいた裏技なども紹介してますよ。
カメラ大好き、写真を楽しみたい人たちにぜひ見てもらいたいです。もちろん話はカメラのことだけではなく、風景や、自然についても語らせてもらってます。
熱帯雨林特有の自然、時にはポートレイトも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2008/05/08 21:51

野牛 トウ兵衛 さんのブログ記事

  • 自宅のサクランボの収穫
  •  岐阜市郊外にある自宅庭には、いろいろな木の実がなる木を植えてあり、収穫を楽しみにしているのですが、これまでずっと海外暮らしであったことから、実がなっているのかさえ実情をはっきり知りませんでした。 ただこれまで一時帰国の機会等にビックリグミの収穫は経験しており、渋みのある甘酸っぱい味は知っています。また、サクランボが熟す前に落ちてしまったことも。 5月初旬から庭木のサクランボが色づき始... [続きを読む]
  • ベリーズの自宅から見る Tricolored Heron (ツリカラード ヘロン)
  •  中米ベリーズに住んでいた頃の自宅は、ベリーズで最大の都市であるベリーズシティの住宅地にありました。 周りはもちろん住宅が多いのですが、まだ空き地もたくさんあって、それらが草地や沼となっており、また近くを大きな川が流れていたことから、その両岸にマングローブが茂り、緑豊かな自然がありました。 ベリーズシティは海岸にあって、土地が真っ平らで標高が低く、そのためまとまった雨が降ると、道路や空... [続きを読む]
  • 背景はベリーズ動物園の Harpy Eagle(ハーピーイーグル)
  •  中米ベリーズにこの国唯一の動物園があり、海外からの観光客に人気で、ツアーのコースに一つに入っています。この動物園は、様々な理由で野生で生きていけなくなった動物たちを保護している施設で、園内の檻はできる限り自然に近い環境にしてあります。 そして動物園の見ものの一つが、クロヒョウやジャガーと並んで、現在絶滅危惧種に指定されているとおり希少な種類となった Harpy Eagle(ハーピーイ... [続きを読む]
  • 背景は新緑の華厳寺参道
  •  昨日今日ととてもお天気が良く、2日とも空に雲はほとんど見られず青く澄み渡り、野山の緑がひときわ輝いて見えます。こんなにさわやかな5月の一日、どこかに出かけないわけにはいかないということで、困ったときの谷汲山華厳寺に向かいました。 華厳寺参道の両側には多くの古風な和風建築の店が並び、並木は桜ともみじが交互に植えられ、その枝葉がとても若々しく、そして美しい緑色を見せてくれています。 日本... [続きを読む]
  • ベリーズの自宅上空を飛ぶトキたち
  •  中米の国ベリーズに住み始めて、街中でも様々な生き物が普通に生活し、人間と野生生物が共存していること、その野生生物と人の距離がとても近いことなどに驚いたことについては、このブログ上で何度も話題にしました。 更に自宅に住み始めてもう一つ驚いたことがあります。それは今日の写真の通り、日が沈む前の時間になると、南東の方角から北西に向けて、たくさんの水鳥たちが自宅上空を通過することです。多い... [続きを読む]
  • ベリーズの人を恐れない野鳥たち
  •  ベリーズに着任して1週間後に住宅が決まって住み始めたところ、自宅敷地内だけでも様々な鳥たちに出会うことができたことは既にはお話ししました。そして、その野鳥たちが人間をそれほど恐れず、非常にフレンドリーであることから、近くで彼らの写真が撮れることに驚いたことも既にお知らせしたとおりです。 この国で1か月ほど過ぎたある日、初めての遠出として、車で30分ほどの郊外にあるリゾートホテルに行って... [続きを読む]
  • 自宅庭のサクランボ
  •  岐阜市近郊にある自宅庭には、様々な実の成る木を植えていますが、これまでに収穫できたのはびっくりグミと夏みかんだけです。これれ以外にナツメ、ブルーベリー、ハッサクなどがありますが、こちらはまだ収穫できていません。これ以外にスモモも植えたのですが、植えた場所が悪く邪魔になったことから途中で切ってしまいました。 これまでの経験で、びっくりグミは育ちが良く、すぐに実をつけてくれますから収穫の成... [続きを読む]
  • 背景は街中の野生の川(中米ベリーズにて)
  •  中米の国ベリーズに滞在していた頃に住んでいた家は、この国最大の都市の住宅地にあって、周辺は水場が沢山あったことから自然が豊かでした。緑はもちろん多かったのですが、人と共に暮らす野生の生き物たちの多さに驚きました。 そんな野生豊富な自宅周辺を楽しむためと、日ごろの運動不足の解消を兼ねて毎週末に自宅周辺を散歩したのですが、その時には必ず望遠ズームレンズを付けたカメラを携帯し、生き物たちとの... [続きを読む]
  • 自宅敷地の野鳥たち(中米ベリーズにて)
  •  私が初めて中米の国ベリーズに赴任して、鳥関連で最も驚いたのが、美しい鳥たちが人間の生活圏で共に生きているということでした。 着任して最初の1週間は街中のホテルで過ごしたのですが、その間でも緑色の美しいインコ、電柱に停まるキツツキ、街の空を舞うグンカンドリたちを目撃し、その様は、ここはまさに野鳥たちだけに限らず野生動物たちの楽園ではないかと思いました。 今日の写真は、市内の住宅地に今後... [続きを読む]
  • 背景はヤシの木陰 (ベリーズ)
  •  中米の国ベリーズに住んでいた頃、週末の過ごし方は土曜日に車で出かけ、日曜日は自宅近所の散歩をして過ごしました。 車で出かける場所の選択肢はそれほど多くなく、何年か繰り返して絞られたのは次の4つでした。 一つ目がピラミッドへ登って、普段の運動不足を補いながらのバードウオッチングを楽しむアルツンハのマヤ遺跡公園、二つ目が、自宅から最も近い近いジャングルで、橋の上からジャングルを流れる川を... [続きを読む]
  • ミツバチの仲間たち
  •  春になって野に花が咲くと、たくさんの虫たちが現れ、我々の目を楽しませてくれます。そしてその虫たちを花と一緒に写真に撮るのは楽しい作業です。 岐阜市近郊にある自宅周辺を散歩しながら、道端の目についた虫たちを撮るのですが、そんな中でこれまで見たこともない種類に出会うことがあります。虫に興味のある方たちならそれほど珍しい種類ではないかもしれませんが、私にとってはどれも初めて見る虫ばかりです。... [続きを読む]
  • 日本と海外の野鳥の差
  •  野鳥と人間の距離について、海外に長く住むとこの距離感の違いを強く感じることが多々あります。 日本の野鳥は非常に警戒心が強く、容易に人間を近づけさせません。これはどの種類でも同じで、特に感じるのが、狩猟の対象となっている鳥たちで、例えばカモやキジたちです。カモなどは100m以上離れていても、人を見つけると一目散に逃げだします。 キジも似たような状況で、こちらが彼らを先に発見しない限り、... [続きを読む]
  • 岐阜公園で高倍率と大口径レンズの比較
  •  以前2014年3月21日付のこのブログ上で「懐かしの岐阜公園」という記事を載せました。その時に使った写真は、園内の日本庭園をバックにした場面でしたが、先日岐阜公園を久しぶりに訪れたことから、その写真を意識して同じ場所で撮ってみました。 この2枚の違いは、3年の月日の移ろいはもちろんですが、カメラマンにとって大きな関心事はカメラとレンズの違いです。 以前の写真の機材は、Sony α70... [続きを読む]
  • 柿畑のキジ
  •  お天気さえよければ毎日、岐阜市近郊の自宅周辺をカメラを持って散歩していますが、近頃はめっきり野鳥を見かけることが少なくなっています。 今日の散歩も何も収穫のないまま散歩道の後半まで来たところ、柿畑の中に何か黒っぽい生き物が動いているのが見え、とっさにイタチかと思いました。すぐさまカメラを構えてファインダーをのぞいたところ、なんとキジではありませんか。それも、これは撮った後にモニターで見... [続きを読む]
  • 庭のブルーベリー
  •  岐阜市近郊にある自宅庭には、びっくりグミ、サクランボ、夏みかん、ナツメなどの果物のなる木が植えられていますが、今日の写真のブルーベリーもその中の一つです。 これまで海外生活が長かったことから、庭木の手入れはほとんどすることができず荒れ放題でしたが、今は何とか最低限程度ですが手入れをしています。 サクランボは毎年実がついているようですが、赤く熟す前にほとんどが落ちてしまい、これまで果実... [続きを読む]
  • 春の空を舞うトビ
  •  一年中いつも日本の空を優雅に舞うトビは、歌にもうたわれ親しまれており、私も大好きな野鳥の一つです。それはなんといってもいつも身近にいること、姿が立派な猛禽であること、そしてカメラマンの目としては、遠くても写真に撮りやすい大きな体であること、そして飛んでいる姿を容易に撮れることなどが主な理由です。 岐阜市近郊の自宅近所を散歩する際に、頭上近くをトビが舞う際には必ずカメラに収めます。鳥が飛... [続きを読む]
  • Sony F828の試写
  •  これまでにフィルム、デジタル共にたくさんのカメラを入手し、それぞれのカメラの個性的な写りを楽しんでいるのですが、さすがにフィルムカメラはもうずいぶん長い間使っていません。 でも、ソニーから発売されたα7シリーズは、フルサイズであることからレンズが持つ本来の持ち味を、そしてフランジバックが短いことから各種アダプターで色々なレンズを手軽に味わえるカメラであるため、フィルム時代の古いレンズで... [続きを読む]
  • 知らないミツバチ?
  •  近頃はめっきりと見なくなった野鳥の代わりに、足元の昆虫を撮ることが多いのですが、覗いてみると、虫の世界もまた見知らぬ世界が広がっています。 野鳥たちは普段目にすることが多くなじみがありますが、昆虫に関しては一部の種類以外なじみがないため発見があり、身の回りには知らない虫たちが、想像以上に多いことに驚かされます。 今日の写真の虫は、見たところミツバチの仲間でしょうか、でも触角が異常に長... [続きを読む]
  • タンポポとベニシジミ
  •  岐阜市近郊の自宅近くの散歩を、天気さえよければ毎日続けているのですが、近頃野鳥を見る機会はめっきりと少なくなっています。桜の時期に、散歩道上に咲いている花に来るのではとメジロを期待したのですが、結局見られませんでした。 花が散ってしまった今、カラスやトビ以外で見られるのはモズと、もうすぐ北に帰るツグミくらいです。ですから近頃は上を見るのではなく、どちらかというと足元の草花を見て歩きます... [続きを読む]
  • 呼び出されたウグイス
  •  岐阜市郊外にある自宅地周辺を、天気の良い日はカメラを持って散歩しているのですが、何時も野鳥に会えるわけではありません。 でも桜の時期になると野山でウグイスが鳴き始めますから、そのウグイスを誘い出せば写真を撮るチャンスを作ることができます。私はこれまでの経験で、ウグイスは好奇心が強く、彼らの興味を引くことをすれば、彼らからこちらに近づいてくることを知っています。 散歩道を歩いていて近く... [続きを読む]